MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2016年04月06日(水) 桜の花とカエルの卵

遅れ気味だった桜の開花が、一斉に満開を迎えた。一晩でしっかりと開花するエネルギー源はなんだろう?つぼみから花を開かせる植物のエネルギーは、水だろうか?

動物なら、炭水化物等をエネルギーに変える仕組みは理解できるが、植物もそのような働くがきっとあるのだろう。

ラジオから桜にちなんだ曲が流れ、桜を話題にしたトークが行われて、日本中が「桜祭り」状態である。そんな中で「桜の花をよくみると、田んぼに浮かんでいるカエルが産んだ卵のようにみえて気持ち悪い」という意見がラジオから流れた。

運転中だったので深くは考えなかったが、同じものを見てそのように感じる人もいるのだと思った。「今度そんな先入観で見てみよう」と思っている。と思ってる間に散ってしまう。これが桜だろう。明日から雨が続き、散りも早いだろう。

桜が終わると、ツツジ・サツキ、ショウブ・カキツバタとこれから花の季節を迎える。最近、デジカメが活躍していない。充電して持ち歩こう。


MOTOYAN |MAILHomePage