★神主の遠吠え日記☆

2006年08月29日(火) 夏休みももうすぐ終わり

八月は更新を随分サボりました
暑さ続きの中、余計に熱くなるので夏休みってところ。
といってるうちに八月も終わりに近づいて、子どもたちは新学期。
九月には徐々に通常に戻したいと思います(~_~;)


《朝日社説引用開始》
ビラ配り無罪 うなずける判決だ
 マンションの各戸に政党関係のビラを配って回ることが、住居侵入の罪にあたるかどうか。これが争われた裁判で、東京地裁が無罪判決を言い渡した。
 見知らぬ人間が出入りすることに住民が不安を抱く気持ちは分かる。立ち入り禁止を掲示したり、やめるよう言ったりしても効き目がなければ、警察を呼ぶのも手だろう。だが、ビラを配った人がそれで逮捕され、さらに23日間も拘束されるほどのことなのか
 今回の事件にはそんな驚きと違和感を禁じ得なかった。それだけに、罪にはあたらないとした判決にはうなずける。
 判決によると、被告の住職、荒川庸生さん(58)は、オートロックのないマンションに玄関から入り、最上階から順に各戸のドアのポストにビラを入れて回った。配ったのは共産党の区議団だよりや都議会報告などだった。
 マンションの管理組合は、部外者が共用部分に立ち入ることを禁止していた。1階には「チラシ・パンフレット等広告の投函(とうかん)は固く禁じます」などの張り紙もあった。荒川さんを見つけた住民は、呼び止めて抗議し、警察に引き渡した。
 東京地裁は、次のような考えで無罪と判断した。
 ビラを配るためにマンションの共用部分へ入ることが住居侵入罪になるとは、まだ社会通念にはなっていない。今回の場合、住民側は、政治ビラの配布も含めて立ち入り禁止であるとははっきり表示していなかった。
 もちろん、配る側に節度が必要なのは言うまでもない。腕章など身分を示すものを着けるといった配慮があっていいし、嫌がられるなら1階の集合ポストに入れるしかあるまい。反感を抱かれるようでは元も子もないだろう。
 しかし、そうした節度の問題と、配布していた人をいきなり逮捕して刑事罰を求めることとはまったく別の話だ。
 自衛隊のイラク派遣に反対するビラを防衛庁官舎で配った市民団体のメンバーが逮捕され、75日間も拘束された事件を思い起こさせる。
 この事件は一審で無罪だったが、二審で罰金刑の有罪判決が言い渡され、上告中だ。
 政治ビラなどの表現の自由にかかわる行為をむやみに罰すると、言論自体が萎縮(いしゅく)しかねない。この種の事件が続くとそれが心配だ
 検察の中には、住居の安全性を重視するのが時代の要請だという考え方があるようだ。しかし、表現の自由は民主主義の基本であり、それを制限することにはよほど慎重でなければならない。
 今回の事件にしても、そもそも荒川さんを拘束し続ける必要があったとは思えない。逃走や証拠隠滅の恐れがあったと言えるのか。住民が迷惑がっていると諭して釈放し、必要があれば任意で事情を聴けば済んだはずだ。
 勾留(こうりゅう)を認めた裁判官も、その妥当性をもう一度振り返ってもらいたい。
《引用終了》

「住居侵入罪にはあたらない」というのはわかった。
しかしアサヒが言いたいことは、一般市民の考えとは随分かけ離れているように感じる。
いつものアサヒなら、住民側の立場でいやがっているものを何故行うのか、なんて書くんじゃなかった?「住民の安全性を重視するのが時代の要請」ってのは検察側よりアサヒの主張だったような気がするんですが・・
そんなことはどうでもいいわけ?検察が憎し?
「政治ビラなどの表現の自由にかかわる行為をむやみに罰すると、言論自体が萎縮(いしゅく)しかねない。この種の事件が続くとそれが心配だ」ってのが本音のようですが、誰もビラを配ることまで(例えば街頭でのビラ配り)言ってないし、表現も罰しているわけじゃないでしょ。
大体がこの住職、本業は何なの?共産党のビラまくのが仕事?
どこの宗派かしらないけど、もっとすることがあるんじゃないの?



2006年08月20日(日) ごぶさたです

随分休んでしまいました
別に忙しかったわけでもないんですが、例の編⊃声匯嫁劼悗料ぎが嫌なもので大人しくしておりました(^^)v。

アサヒを筆頭に「とにかく反対」派は総裁選まで引っ張るんでしょうか。
しかし、どのマスコミでの参拝についてのアンケート調査は賛成が上回っているようですが・・・
先帝陛下のいわゆるご発言メモが出てきたときには、進んでアンケート調査してたのに、どうして今回はアサヒはアンケートしてないんでしょう??
「世論を無視するな」なんてアサヒの常套手段ですが、賛成多数の声は聞こえないんですかねぇ(^^)まあ勝手な分析をして理屈をこねてるようですけど・・
特アも事前にこぶしを振り上げてましたけど、何だか拍子抜け。
安倍さん狙いに移行してるんでしょうね。
でも安倍さんは小泉首相よりもっとしっかりはっきりしてますよ。どうします?
総裁選の頃は大変でしょう。またぞろ皇室典範の話やら出てきそうですし。
いったい、暑い夏はいつまで続くんでしょう。



2006年08月14日(月) 文句しか言えない国

《朝鮮日報引用開始》
【社説】次期首相も靖国神社に参拝するのか
 日本の小泉首相が15日に靖国神社に参拝する可能性が高いと日本のメディアが報じた。靖国神社には東条英機をはじめ、第2次大戦でのA級戦犯が合祀されている。来月退陣する小泉首相がまた靖国神社に参拝すれば、2001年の就任以来、毎年欠かさずに参拝したことになる。韓国政府は小泉首相が再度靖国神社参拝を強行した場合、公式に抗議し外交措置をとるとの立場を日本に伝えたという。
 小泉首相は来月選出される新しい自民党の総裁に首相の職を譲る。小泉首相が就任してからの5年半の間、韓国、中国をはじめとしたアジア諸国と日本の外交関係はずたずたに壊れた。韓日、中日間の首脳会談も中断を余儀なくされ、歴史教科書問題や独島(日本名竹島)問題をめぐる摩擦も絶えなかった。何より周辺国の懸念をものともしない小泉首相の靖国神社参拝強行が周辺諸国との溝を深めた。
 次期首相の有力候補である安倍晋三官房長官も毎年靖国神社に参拝してきた。今年4月にもお忍びで参拝したという。「安倍首相」も小泉首相に続き、靖国神社を参拝するならば、アジアの多くの国々との関係は破局状態にならざるを得ない。
 日本の政治指導者らの靖国神社参拝は、かつての日本の軍国主義が数百万人のアジアの人々の命を奪った侵略戦争を美化し、その責任を否定する行為だ。この歴史を否定する厚顔無恥な行為に目をつぶり、日本をアジアのリーダーと認める国はアジアのどこにも、もちろん世界のどこにもない。日本国内でも右派の政治指導者らの靖国神社参拝に反対する国民が過半数を超えたとの世論調査結果が数日前に公表された。昭和天皇でさえも1978年、A級戦犯が他の戦没者とともに靖国神社に合祀されるや、「平和の精神にそぐわない」として参拝を中止したという事実が最近明らかになった。
 小泉首相の後を継ぐ新しい首相もまた靖国神社に参拝するとすれば、それは日本が韓国、中国をはじめとする隣国を見下すという宣言をしたに等しい。新しい日本の首相は靖国参拝問題で周辺諸国の人々の自尊心を傷つけ、心の傷に塩を塗るようなことをこれ以上慎むべきだ
《引用終了》


相変わらずだね。
悪いのはとにかく日本ですか・・・
「周辺諸国との溝を深めた」って特アだけでしょ。
「この歴史を否定する厚顔無恥な行為に目をつぶり、日本をアジアのリーダーと認める国はアジアのどこにも、もちろん世界のどこにもない」ってのも特アだけでしょ。
「それは日本が韓国、中国をはじめとする隣国を見下すという宣言」ってのも特アだけが思ってんでしょ。
「人々の自尊心を傷つけ、心の傷に塩を塗るようなことをこれ以上慎むべきだ」って特アのほうでしょ。
もう放っておいてくれないかなぁ。編△蝋馥發任舛磴鵑般簑蟆魴茲垢襪ら。問題ってもそもそも問題はないんだけど、反対する連中が消えてなくなるまで待ってよ。そうすれば韓国も文句言いようがないでしょ。
小泉首相、公約通り明日お参りして下さいね。
そして特アがヒステリーおこしたら国交断絶だね、安倍さん。



2006年08月11日(金) 鳩もきません

ほんと、いやになりますね、この時期は。
えっ?はい、暑いってのも当然いやです。
わが社ではできるだけエアコンは入れてないんです。(エアコンはあります!)
でも室内の温度が午前中から30℃を越え、熱中症にかかるかもしれないので、どうしようもない時(あれ?どんな時なんだろう)には入れます。
いやになるのはそれだけじゃありません。
慰霊の月になると、編△どうだとか、日本のした戦争は侵略だから反省しろとか、日本人は悪いことばかりしてきたとか、もううんざりですわ。
テレビや新聞はそんな報道ばっかり。
明るい記事いっぱい出しましょうよ。そうすれば皆気持ちも明るくなり、少年も含めて犯罪が減るんじゃないの?

一昨日、京都での呑み会にお誘いがあり行ってきました。呑み会のためだけに。
京都は盆地で暑いのは有名なんですが、タクシーの運転手さんに聞くとここ数年はわりと湿気がなくて過ごし易いんですよって。確かに夜四条通を歩いても汗も出ない。
二年半ぶりの京都の夜でしたが、人は少ないですねぇ、以前に比べると。
まだ景気はよくないんでしょうね。それとも祗園さんのお祭が終って皆さんほっとしてお疲れが出てるんでしょうか。
新幹線を待つのに汗かくのが嫌いな私は車で京都まで参りました。
PAやSAは行楽の人でわりと賑わってましたよ。まだ盆休みじゃないでしょうに。
昨日は帰るだけでしたが、ここまで来てたら八幡に寄らないわけにいかないと石清水八幡宮にも参拝しました。次々と職員も退職したり転勤したりで随分寂しくなりました。
ついでに(ついでは失礼でしたね)義父の墓参りをし、前夜の呑みすぎでお腹の具合も良くなく八幡の公園の便所を拝借。二十数年暮らしてましたが、八幡の公園の便所は初めてでした。
事なきをえて(笑)、無事我が家に。

この時期はご参拝の方も非常に少なく、暑さと孤独との戦いです。
そんなわけで無口になっていく私をお許し下さい(笑)



2006年08月04日(金) どうしていつもこの時期は暑いの?

《朝日新聞社説引用開始》
靖国参拝 嘆かわしい首相の論法
 靖国神社参拝にこだわり続けた5年間の、小泉首相なりの最終答案ということなのか。それにしては、なんともお粗末と言うほかない。
 3日付で配信された小泉内閣メールマガジンで、首相は年に1度の参拝に改めて意欲を示した。
 そのなかで「私の靖国参拝を批判しているマスコミや有識者、一部の国」に、こう反論している。「戦没者に対して、敬意と感謝の気持ちを表すことはよいことなのか、悪いことなのか」
 悪いなどとは言っていない。私たちを含め、首相の靖国参拝に反対、あるいは慎重な考えを持つ人々を、あたかも戦没者の追悼そのものに反対するかのようにすり替えるのはやめてもらいたい
 首相はこうも述べている。「私を批判するマスコミや識者の意見を突き詰めていくと、中国が反対しているから靖国参拝はやめた方がいい、中国の嫌がることはしない方がいいということになる」
 これもはなはだしい曲解である。
 日本がかつて侵略し、植民地支配した中国や韓国がA級戦犯を合祀(ごうし)した靖国神社への首相の参拝に反発している。その思いにどう応えるかは、靖国問題を考えるうえで欠かすことのできない視点だ
 ただ、それは私たちが参拝に反対する理由のひとつに過ぎない。首相の論法はそれを無理やり中国に限定し、「中国なにするものぞ」という人々の気分と結びつけようとする。偏狭なナショナリズムをあおるかのような言動は、一国の首相として何よりも避けるべきことだ。
 その半面、首相が語ろうとしないことがある。あの戦争を計画・実行し、多くの日本国民を死なせ、アジアの人々に多大な犠牲を強いた指導者を祀(まつ)る神社に、首相が参拝することの意味である。
 戦争の過ちと責任を認め、その過去と決別することが、戦後日本の再出発の原点だ。国を代表する首相の靖国参拝は、その原点を揺るがせてしまう。だから、私たちは反対しているのである
 昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感を抱き、それが原因で参拝をやめたという側近の記録が明らかになった。国民統合の象徴として、自らの行動の重みを考えてのことだったのだろう。もとより中国などが反発する前の決断だった。
 国政の最高責任者である首相には、さらに慎重な判断が求められる。
 憲法に関する首相の強引な解釈もいただけない。憲法20条の政教分離原則は素通りして、19条の思想・良心の自由を引き合いに、こう主張した。「どのようなかたちで哀悼の誠を捧(ささ)げるのか、これは個人の自由だと思う」
 19条の規定は、国家権力からの個人の自由を保障するためのものだ。国家権力をもつ首相が何をやろうと自由、ということを定めた規定ではない。
 こんなずさんな論法で、6度目の参拝に踏み切ろうというのだろうか。15日の終戦記念日に行くとも取りざたされるが、私たちはもちろん反対である。
《引用終了》

クソ暑いのにもっと暑くさせる気?
『「私を批判するマスコミや識者の意見を突き詰めていくと、中国が反対しているから靖国参拝はやめた方がいい、中国の嫌がることはしない方がいいということになる」 これもはなはだしい曲解である』と言いながら『日本がかつて侵略し、植民地支配した中国や韓国がA級戦犯を合祀(ごうし)した靖国神社への首相の参拝に反発している。その思いにどう応えるかは、靖国問題を考えるうえで欠かすことのできない視点だ』とは??
『首相の論法はそれを無理やり中国に限定し、「中国なにするものぞ」という人々の気分と結びつけようとする』
国内問題とも言いながら中国と結び付けようとしているのはアサヒの方ではないのか!「中国・韓国の思いにどう応えるのか」とはっきり言ってるじゃない!
『首相が語ろうとしないことがある。あの戦争を計画・実行し、多くの日本国民を死なせ、アジアの人々に多大な犠牲を強いた指導者を祀(まつ)る神社に、首相が参拝することの意味』って、「戦没者に対して、敬意と感謝の気持ちを表すこと」と首相は言ってるじゃない!
それにそんな戦争を煽りに煽ったのはアサヒ新聞じゃなかったっけ!
きっとそれはそれで言い訳するんだろうけど、そんな状況だったということじゃないの、当時は。
天皇を政治利用するなと言いながら都合によって一番利用している。先帝陛下の発言かどうかの検証も済んでいないのに、既成事実にしてしまっている。おまけに「中国が反発する前のことだった」と!?中国が反発するように仕向けたのはあんたらじゃないか!何故突然参拝に公か私かなんて聞くようになったの?!
憲法まで持ち出して反対を叫ぶのなら何故中国や韓国からいちゃもんつけられるもっと前からそれを言わなかったの?!
政教分離を声高に言うのなら合祀以前から問題にできたじゃないの?
もう完全に思惑はバレバレだと思うけど・・。


 < 過去  INDEX  未来 >


鞆祇園 [HOMEPAGE]

お気に召したら押して下さい↓

My追加