★神主の遠吠え日記☆

2005年11月29日(火) あれこれと

昨日はお休みを戴いてました(^^)v
私自身何十年ぶりかに障子の張替えをしましたが、今は便利な紙がありますねぇ。アイロンでくっつくんです。それも一枚物で。

昨夜から強い風が時折吹いてます。お蔭で朝から掃除が大変!

今日は団体さんの正式参拝が2件ありました。
朝は大分の春日神社の職員さん達。研修旅行の第一斑だそうです。
ここの宮司さんとは神道青年全国協議会で共に役員を務めた仲間です。
皆さん交替で車を運転し四国からこられ、鞆で泊まられ、今日は呉から広島に行かれるそうです。無事にお帰りになられることをお祈りいたします。
午後には金光教学院のご一行。
教祖様のご縁があって毎年ご参拝されます。学院の学生といっても老若男女で、修了されれば各地の教会に就かれることと思います。
若い学生さんの中には失礼ながら、ちょっといただけない服装といいましょうか風貌といいましょうか態度といいましょうか、そんな方もいらっしゃいました。宗教者としての修行もこれからでしょうから、信者さんからも尊敬されるような指導者になって戴きたいものです。

指導者といえば、民主党の西村代議士が逮捕されましたね。
誠に残念です。民主党にいること自体おかしな話でしたが、拉致問題やら特定アジアの国々の問題には、はっきりと物事を言われて行動されてましたので、残念としか言いようがありません。

首相官邸に送った「異議あり」のメールに下記返信がありました。
『ご意見等をお送りいただきましてありがとうございました。
いただきました国政へのご意見・ご要望は、今後の政策立案や執務上の参考とさせていただくとともに、内閣官房、宮内庁へも送付させていただきます。     首相官邸ホームページ「ご意見募集」コーナー担当』
ありきたりのおきまり返信でした。
多くの方のメールやFAXで声を届けましょう!


そういえば例の蕁麻疹、薬を飲んだその日に消えてなくなっちゃいました!(^^)!



2005年11月26日(土) 異議あり!

例の皇室典範に関する有識者会議の報告書について、首相はじめ政府の良識ある判断を願いたく、国民の声を大にしなければ、との思いにより、首相官邸HPに下記の点をふまえて、異議のメールを出しました。

々聴矛兢気箸い重要問題について、皇室の制度や歴史に関する専門知識を持たない委員による一年にも満たない審議結果を基に、制度の抜本的改正を進めようとすることはあまりに拙速であり、多くの国民が違和感を抱いていること。
⊇性天皇賛成の国民世論は、女性天皇と女系天皇の区別を理解した上でのものではなく、男系継承の維持を求める声も多数ある中、最終報告書を基にした典範改正は国論を分裂させ、将来に禍根を残すこと。
8什漾∧数の皇位継承者がおられる中で、女系天皇の容認にまで踏み込んだ現行制度の改正に、緊急性が認められないこと。
い海譴泙派監鷭集淆紊砲錣燭辰討涼坊呂砲茲蟾聴未継承されてきた歴史的な意義と重みを軽視し、「安定性」や「国民の支持、理解」などの点のみを重視していること。
ッ坊話忙劼砲茲觜聴矛兢気任蝋聴矛兢欺膂未覆匹療世不安定であり、「国民の期待やご養育の方針が定まりにくい」としているが、その根拠は説得力に欠けること。
Σ罎国の少子化傾向を皇位継承制度変更の理由に持ち出すのは、極めて不自然であり、また皇族の方々に対して不敬であること。
Ч聴未男系で継承されてきた歴史を、一般社会における「女性の社会進出」や「性別による固定的な役割分担意識が弱まる」という特定の価値観を尺度として、安易に改変の方向へと導いていること。
┻豕棆箸旅沈夘帰などによる男系男子継承の方途について、「国民の支持、安定性、伝統のいずれの視点から見ても問題点があり」としているが、その論拠からは、皇室の伝統を尊重する姿勢が窺えないこと。
女性皇族の宮家の継承・創設を認めながら、旧宮家の皇籍復帰を問題視するのは説得力がないこと。
女性皇族の摂政を認めている現行皇室典範において、皇族としての教育は男女の別なくなされていると解されるにも拘らず、敬宮殿下の教育問題を理由に改正を急ぐべきとするのは説得力がないこと。
重要課題である宮中祭祀のあり方について、ほとんど議論されていないこと。

多くのご賛同とご協力を願うものです。



2005年11月25日(金) の〜んびりと

今日は少し暖かいのかな?
それとも薬のおかげ?蕁麻疹もひいて痒くな〜い!(^^)!

参拝者もひじょーに少なく静かです。
例の有識者会議があのまま報告書を出しちゃいました。
あとは良識ある保守の議員さんに頑張ってもらうしかありません。

耐震強度偽装問題やら広島の女児事件やら命に関わる事件が多いですねぇ。
皇位継承のことも日本の命の問題かもしれません。

この町にいると、というより静かな社頭にいると、な〜んにも問題のない世の中にいるような錯覚があります。のんびりしすぎかもしれません。
でも、多くの方が神社を訪れて、こののんびりとした気持ちをもってくれれば、ひょっとして事件も減るのではと思います。
都会の喧噪を離れ、神様のおそば近くで、木々からの沢山の息吹をもらって、新たな活力にされては如何かと。
鎮守の杜は日本人のこころの故郷です。いつでもお帰りなさい。



2005年11月24日(木) 悲惨な事件

広島で、悲惨な事件が起きた。
小1の女児が何者かに下校途中に殺害され段ボール箱に入れられ遺棄されたというのだ。この8月に引っ越してきたばかりだという。
ご家族のお気持ちいかばかりか・・
一日も早い犯人の検挙と、女児のご冥福をお祈りする次第です。

何故このような事件がおきるのであろうか?
もちろんこのような惨事を起す犯人はまともな精神の持ち主ではないことは明らか。では犯人が犯行に及んだその背景は・・・?
この手の事件が起きると、だれもが誰かを悪者にする。犯人は当然のことだが、学校が悪い、いや先生が悪い、警察官の巡回が悪い等々と広がっていく。
気持ちは分からなくもないが、大事なのは学校・家庭・地域が、地域の大人が力を併せて弱者を見守る共同体、共同社会の確立ではないでしょうか。
戦後日本が失ったものが沢山ありますが、時代は変わった、昔とは違うよ、なんて言わずに良いものは遺していくべきだし再興すべきと思います。
このような事件が再び起こらないようにするためにも。


蕁麻疹がなかなか引かず、今日はとうとう医者にかかった。
薬を戴いたので2〜3日の様子見ということに・・・
久しぶりに血圧も測ってもらったがとりあえず正常。こちらは安心。



2005年11月22日(火) 万世一系だっつうの!

《産経新聞抜粋引用》
小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は21日、16回目の会合を都内で開き(1)皇位継承順位は男女に限らず天皇直系の長子(第一子)を優先(2)女性皇族は結婚後も皇室にとどまり宮家を創設―の方針で一致した。女性、女系天皇を認める報告書の骨格が固まり、議論は終了。報告書の文案を最終調整した上で24日の会合で首相に提出する。
政府は報告書に基づき皇室典範改正案を次期通常国会に提出する。改正が実現すると、現行の「男系男子」に限定した皇位継承資格が女子やその子どもの「女系」皇族にも拡大、皇太子さまの次に愛子さまが皇位を継ぐ道が開けるとともに、伝統的な皇位継承制度は大きく転換する。
《引用終了》


有識者会議の吉川座長は会合後の記者会見で、皇室の伝統尊重の立場から、男系による皇位継承維持を求める学者らの発言が相次いでいることについて「私たちは歴史観や国家観で案を作ったのではない。歴史観は国会で議論すべき問題だ」と強調したそうだ。

?????????
歴史観や国家観で作らずに何でつくったの???
隣のお家の跡継ぎをどうしましょ、ってな次元ではないでしょ!
怖ろしい人たちだ!
皇室の、我が国の根本の将来を歴史観も国家観もなしで、どうやって、一体何を検討したと言うんでしょう。それこそ誰かのブログにもありましたが、大変失礼とは存じますが、もしも、もしも愛子内親王殿下が外国人とご成婚されたら、その人も皇族ってことになるわけで・・・
結論ありき?これも改革?国際化?人権?男女平等?
何だか大きな意図があるような・・・
それともな〜んにも考えず難しいややこしいことは抜きにして、こんなんでエエんちゃう?的発想?


明日は新嘗祭(にいなめさい)。世間一般には勤労感謝の日。



2005年11月20日(日) 慰霊感謝は日本人の心

<朝日新聞社説抜粋引用>
 首相は、胡主席ら首脳がそろった席で、日中関係に触れ「心配している国があるかもしれないが、全く心配はいらない。自分は日中関係を重視している」と発言した。その言葉にうなずいた首脳がいったい何人いただろうか。
 締めくくりの記者会見で、首相は「一つの問題があるから(といって)、全体の関係を損なうようなことにはしない」と述べた。ならば、と中韓両国は言い返したいのではないか。首相も靖国参拝という一つのことに固執せず、全体を見たらいかがかと。
 それを一方的に突き放して、果たして外交は成り立つのか疑問である。ましてこの「一つの問題」は、首相自らが作り出したものだ。自分が決断すれば取り除ける問題である。
<引用終了>(太字禰宜)


あっはっはっ!笑止千万!何中韓の気持ちばかり大事にするの?日本人の心の問題まで他国に踏み込まれ、言いなりになればいいの?

「全体を見たらいかが」なのはこの新聞であり、「一つの問題」も首相自らが作り出したものではなくこの新聞が騒ぎ立てた結果ではないのか?!
この新聞には書いてないが、他の新聞によると、良い演説だったと声をかける首脳もいたというではないか!
「深刻な事態」「大きなマイナスになるのは間違いない」とも書いてあるが、すべてこれは「己が姿を写してや見む」じゃないの?



今日は、鞆戦没者慰霊奉賛会主催の慰霊祭が当社にて斎行された。
この奉賛会は鞆町出身の戦没者の英霊に感謝し、悲惨な戦争の再発を防ぎ、平和で豊かな市民社会の創造に努めることを目的に結成されているもので、毎年、当社と鞆仏教会が交互にその奉仕に当っている。
奉賛会、遺族会、市議、軍恩連盟、町内会等々の方々数十名の参列であった。
年々遺族の方や参列者は高齢化してはいるが、是非次の世代に継承して感謝の誠を捧げ続けていきたいものだ。
護国神社や編△麻られているであろうこの英霊方は、上記のような新聞をどのように見てられるのだろうか?さぞかし・・・



2005年11月19日(土) あほらしくて

日韓首脳会議、あほらしくて物が言えない!
と言いながら書くけど・・・(~_~;)

韓国の大統領とやらは、「これ以上の謝罪を要求しない」「個人補償は別にして国家による賠償は求めない」と、のたまわれたそうな。
おいおい!そんなこと過去にも何回も言って、同じこと繰り返してんのはどこの国の大統領だっけ?
日本の首相が変るたんびに謝罪を要求し、賠償についても国への賠償は放棄した上に、個人賠償も日韓基本条約で韓国側が自分達で個人に支払うことで約束して、とっくに決着してるじゃないの。
中韓外相・首脳会議で「編∋嫁卮紳弌廚魍稜Г靴燭蕕靴い韻鼻△修鵑覆瞭眄干渉だし、教科書だって一緒!
竹島のことだって、過去の歴史を勉強しないのは、あんたの国だっつうの!
いつまでこんなの続ける気でしょうかね?


2〜3日前から蕁麻疹が出て、かゆくて仕方ありません(>_<)。
今までこんなのなったことないのに・・・
最初は食べ物かと思って、共通して食べたものを避けてみましたが、関係なさそう・・・
こりゃ、ストレスでしょうか?今まで外によく出てたのに、今は殆ど出張することがないので・・・?あ〜かゆい!



2005年11月17日(木) 慶祝(遅くなりました)

一昨日は電話回線やらADSLの工事でパソコンが使えず、昨日はパソコン前に座る時間がなく、日誌も書けませんでした

よって、大変遅ればせながら、清子内親王殿下、黒田慶樹さんのご結婚、誠にお目出度く、益々のお幸せをお祈り申し上げる次第であります。
披露宴も今日日の派手なものと違って、品位を保ちながら和やかな雰囲気だったようです。
また両陛下には結婚式・披露宴とご臨席になり、慈愛満ちた笑顔がとても印象的でした。
清子内親王殿下には、黒田清子さんとなって皇籍を離れられ、違う環境でお暮らしになられますが、お二人の愈々のご多幸をお祈り申し上げます。


規制緩和によって、焼酎の新規加入が可能となったとか・・・
焼酎ブームであれだけ種類があったので、てっきり今までもOKだったと思ってたら、あれは既に許可を得ていたメーカーだったそうで・・・
神社へのお供えは日本酒、でしたが、米焼酎なんかもOKなんですかねぇ?
私どもは神様へのお供えのお下がりとして戴きますので、神様が召し上がるものでしたら、何でも頂戴しますが。



2005年11月13日(日) 誕生日で七五三

誕生日を宿直の朝、迎えました。
5時半前に起床して昇殿。清掃の後、御日供(神様へ毎朝のお供え)奉仕。
夜明けが遅くなってきてまだ暗く、少しずつ起床が辛くなってきてます(~_~)。

さぁて、いくつになったんでしょう?
また今年も年を重ねることができました、感謝・感謝。

今日は七五三のお子たちが多くお参りになってます。
この子たちもひとつずつ年輪を重ね、りっぱな日本人になってもらいたいと思います。



2005年11月11日(金) 人権法案

友人からメールでこんなのを紹介してくれました。
携帯でも見れるそうです。

こういうのもあるようです。

危険!危険!危険!

皆さんよく考えましょうね。
人ごとじゃないですよ。



2005年11月10日(木) 売国議員?

「国立追悼施設を考える会」の設立総会が昨日あったそうな。
自民・公明・民主三党の有志議員で入会申込のあったのは約130人だという。
まあ公明はわかるわなぁ、政教一致ですから。

「追悼」って手元の辞書ひいたら“死者の生前の事を思い出して、その死を悲しむこと”ってあった。へ〜、そしたら死んだ人の生前知らんかったら当然思い出せんし、こりゃ私ら「追悼」できませんなぁ。
ほんでもって、無宗教って。死んだ人に対して悲しむ心とか拝むとか祈るってのは宗教心ってことじゃないんですか?
お参りの仕様とか作法だけが宗教と違いまっせ!

この会は特定アジアに迎合して、日本人から宗教心を無くそうってな思惑があるんと違いますかぁ?
まあ今のところ小泉首相はこれについて「編⊃声劼紡紊錣觧楡澆任呂覆ぁ廚噺世辰討襪修Δ任垢ら。せいぜい特定アジアの顔色でも伺っといて。


中国からの輸入そばの実から発ガン物質のカビがみつかったそうな。
そばも中国製だったとは・・・



2005年11月08日(火) 昨日・今日

昨日は千葉県の、とある宮司様の祝賀会に行って参りました。
東京から京葉線に乗り(東京駅の京葉線乗り換えには随分時間がかかります)ディズニーランドを通り過ぎ幕張に。500名以上の出席者でした。
久しぶりにお会いする宮司様や先輩方、大勢いらっしゃいましたので御挨拶をしてたら、祝宴の美味しい料理も随分手付かずになってしまいました(>_<)。ザ・ン・ネ・ン!

今日は朝から、神札に使用する竹を伐採に近くの知り合いの竹やぶに。
竹を伐る時期というのがあるようで、今頃伐ると虫がついてないそうです。
これをまた寸法に合せて切り乾燥をさせる作業に入ります。時間もかかるので、まあのんびりとやろうと思います。

例の「皇室典範に関する有識者会議」が昨日会合を開き、「男女を問わず出生順に継承順位が決まる長子優先案を軸に調整する」ことになったそうです。
皇位継承資格を男系男子に限った現行制度と大きくかけ離れることについても「大方の国民の理解は得られる」との意見が大勢だったそうです。
あはっ?!理解できません!そういう答えしか出せないほうがよっぽどおかしいと多くの国民は理解するでしょう。
小泉首相、こんな答申があっても国民の理解は得られませんから、学者も含めた本当の“有識者”に再度諮問して下さい。



2005年11月05日(土) 名舞台

せとうち堪能名舞台の第三回目(最終)「羽衣」の能舞が当社秀吉ゆかりの能舞台でありました。
全席指定でしたが、私たちは特権?で社務所から拝観。
「羽衣」は三保の松原の羽衣伝説を基にした曲で、つかの間、地上に降立った天女が美しい舞を舞いながら、地上に宝物をふらし、再び天上界に帰っていく物語、だそうです。
私なんぞは能の世界には全くの無知ですから、よくわかりませ〜ん(~_~;)。



2005年11月04日(金) 万世一系

「皇室典範に関する有識者会議」が、先般「女系・女性天皇容認」を決め、第一子優先案で集約する方針も固めたそうな。
皇位の継承については既に神社本庁をはじめ学識経験者からもそのあり方について見解が示されている。
この「有識者会議」の答申は果たして正しいのだろうか?

昨日の報道によると、この方針に対して、三笠宮寛仁殿下が、ご自身が会長を務める福祉団体の会報で「プライベートに語る」とお断りになって、「歴史と伝統を平成の御世でいとも簡単に変更して良いのか」と疑問を呈され、「万世一系、初代神武天皇から連綿として一度の例外もなく“男系”で続いているという厳然たる事実」を強調されたという。

また、驚くことにあの、あの朝日新聞編集委員が「女系天皇容認への疑問符」とした記事を週間朝日に載せているが、これまた「有識者会議」での議論への疑問を投じ、「長い歴史を通じて父祖たちが伝え遺してきたものに終止符を打つ歴史的転換を提言するのなら、有識者会議には、その意味するところについて説得力ある説明が求められるだろう」と結んでいる。

男性天皇・女性天皇、男系天皇・女系天皇、歴史と伝統そして未来へとよ〜く考えなくてはなりませんぞ!



2005年11月03日(木) 今日は明治節

今日は「文化の日」。
昭和23年に、近代文化が目覚しい発展を遂げた明治の時代を念頭に定められたそうです。それまでは、明治天皇のお誕生日であったこの日を昭和2年「明治節」として祝日に定められていました。
また、今日は日本国憲法が公布された日でもあります。
我が国ではこのGHQによって作られた憲法を60年間も変えずに大事に大事に守っております(~_~)。昨今ようやく与党野党共に(もちろん野党でも断固はんた〜いてなところもありますが)その改正にむけて動き出したようです!(^^)!。国民の多くの支持を得るには、おそらく時間がかかることでしょうが、日本人自らの手で作った本来の憲法に是非して戴きたいと思います。

海の向こうの特定アジアでは今「キムチ戦争」とやらで賑やかです。
寄生虫の卵があったとやれば、オマエんとこのにもあったとやり返し。
お〜もっとやれ!やれ!
でもそのおっきい方の国内で作ったちっちゃい国の工場のものは何と日本輸出用だとか!
そう言えばちっちゃい方の国でも過去に生ゴミ入りのギョウザを日本に輸出してた!
も〜何でもかんでも輸入するのは止めましょうよ。特にこんな国から。ワシらが日本人の食い物作ってやっている、こんなもんでエエやろ、って思ってんじゃないの?



2005年11月01日(火) 引越・リニューアルオープン

本日より日誌の名前も変えて新規出発いたします!(^^)!。
が、内容は今までと同様に書きたいと思います。

さて、昨日は広島県神社庁福山市支部の神宮大麻頒布始奉告祭が市内の艮神社でありました。「神宮大麻」(じんぐうたいま)とは伊勢神宮の御札のことです。伊勢の神宮で調製され、神宮・各県神社庁での奉告祭を経て支部で改めて祭典をし、各氏神様より年末に各家庭にお配りするのです。
現代は神棚も仏壇もない家庭が増えているようですが、今私たちが生きているのも神様のお恵みと祖先のお蔭に他なりません。その感謝と明日の平穏を祈願する意味でも是非各家庭にこの神宮大麻と氏神様の御神札をお祀り戴きたいと存じます。

第三次小泉改造内閣が発足しました。「改革続行内閣」と首相は語っている。マスコミの言う“サプライズ”は余り感じませんが、同年代の安倍氏が官房長官に就任されたことは、大変意義深いことであります。
しかし、親中派(福田氏ははずれましたが)やジェンダーフリー推進の閣僚がいることが少し気になります。特定アジアの国々の反応やいかに?
とにかく、しっかりとした国づくり、日本にして下さいね。


 < 過去  INDEX  未来 >


鞆祇園 [HOMEPAGE]

お気に召したら押して下さい↓

My追加