初日 最新 目次 MAIL


タマモクロスの日記
タマモクロス
MAIL
掲示板

My追加

2011年11月28日(月)
鍋材料掘り

11月16日(土)晴れ 風南東2m 波0.5m 大潮 満潮16:51(157cm) 干潮翌01:38(−15cm) 月輝1.1% 釣行時間21:30〜翌03:00



すっかり(((((((;´д`))))))) 寒くなりましたな〜
同じ釣りものでも、少し前は刺身で食ったが、これからの時期、根魚系暖かお鍋がよろしい
ちゅうーわけで、鍋材料でも掘りに行きますかな・・・





潮汐表を見ると、あり得ん位(ノ゚゚)ノにが引きますわ
ここまで引いて釣れるんだろうか?
初っ端に稼がんとエライことになりそうですな(笑)

[実釣]
現地にベストタイミングで来たつもりが、すっかりが引いております( ̄▽ ̄;)!!ガーン
ちゃっちゃと用意して材料掘りスタート(≡ ̄ー ̄≡)/

2投目に目の覚める浮入れで15cmガシラゲット^0^
む・・・初っ端からこのサイズですかい?
このサイズでも片身で、鍋食材一切れになりますわな!!┗(  ̄◇ ̄)乂( ̄皿 ̄ )b
ポンポンと3匹ゲットするも、この潮位&この浮き下で、頻繁に根係するのはなぜだ?
おまけに道糸が劣化しているのか?高切れ連発(▼ω▼) で、浮きはロストするわ仕掛けの作り直しで、餌を入れてる時間の方が短いぞ(笑)
そろそろグレも終盤か?ガシラしか釣れんし・・・

そして、潮位が50cmを切った頃、ぱったりと当たりもロスト(>ω<、)
高級魚だが、素人がさばけんし、食う程デカクない奴の地合い到来(いらん)
こっからもどんどんが引いていきますわ・・・
ゆっくり引くから釣りを続行してますが、一気に引くと一目散にノ(−−)ノ(((((((((逃げなアカン引き方ですわ

普段絶対に見えんところ、いつもの駆け上がりの竿1本沖に波高が立ってます
今までの経験から、そこに落ち込みがあるとは思ってたが、改めて肉眼で見ましたな

零時現在・・・・背中と腰がメッチャ痛いです
何度も猫のように背中を伸び〜したりしますが、もうギブアップ寸前(笑)
極限状態のワシを支えるのは、妻と娘に旨い鍋を食わせてやる!!という地球より重い一念のみ(爆)
今の釣果では、家族が満足できる鍋具材量ではない・・・(頼まれてないけど)
ガンバレ!ワシ!!フレー※\(* ̄▽ ̄*)/※フレー

しかしこの潮位では、いつも狙う際から、竿1本までは釣れんでしょう・・・
もし狙うなら、テトラ竿でのホンマの穴釣り(笑)
潮も止まってるし、出来るだけ前に出て、落ち込みをズルズル横へ引く作戦に変更!




どや?




狙いがバッチシ当たり、グレが連発(うっしっし〜)時々ガシラ

手前が浅すぎて、抜き上げるときにラインが瀬に触れてここでも高切れしまくるやんけ(怒)
そして、今まで見たことのない石畳がついに姿を現したぞ\( ̄^ ̄)/

恐らく、その先落ち込みを順番に攻めていくと、ピンポイント有視界攻撃なので効率よく釣れるでしょうが、背中と腰の痛みが限界MAXでホンマにギブ・・・

おお妻と娘よ( ̄◇ ̄)
ワシの心は折れそうやが、こんだけの釣果でお父ちゃんの帰還を笑顔で迎えてくれるかい?
1時間後に帰宅すると、二人は爆睡中@4時過ぎ
流石に本日は、漁場で下処理をする気力がおまへんし、早く帰りたい( ̄◇ ̄)ボソッ

でも、折角ここまでが引いてるので、しっかりとポイントを観察しよう(☆o☆)
いつかにでも来て、潜って海底の様子を見たいと思ってたんだな
ちょうどエエ機会なので、ジャブジャブ入水自殺海に入り、普段見えん石畳の穴を確認、観察してみよう(≡ ̄ー ̄≡)/

ほほ〜
上げ潮の時に、かつてここでグレが3連発したことがある
なるほど!このは、下げではの中に餌が行きまへんわ・・・
ハイパワーペンライトで、穴の中を照らすとグレがお休み中(笑)
他にもよくHITするあたりを観察すると、適度な穴があり、ガシラにへばりついてたりします
それなりに開いたは、住み心地がエエんでしょうね〜
エエ勉強になりましたわ


[釣果]



ちょっと小さめもおるが、ワシは食うための釣りなので成仏してくれm(_ _)m

今年初めての根魚鍋材料集合



>゜))))彡以外の材料は、水菜キノコ揚げワカメ豆腐で、相変わらず見た目はマズそうな色合いや(笑)

グツグツ煮ると幸せ♪が待ってますな


完成





どれどれ・・・






う、う旨ス(┗┓( ̄∀ ̄)┏┛)



しかしガシラ鍋はなんちゅう旨さや




もうワシは四万十川のアユを食った京極万太郎状態!!


でもね・・・
娘にガシラを勧めても頑なに拒否り(p´Д`;)ます
「アカンかったら返してエエ。不味かったらワシの首をやるから食うてみ・・・」ワシ
「おぇ〜…(T〜;T)」娘





ひょっとして、ワシ打ち首け?




楽しんでいただけましたらポチっとよろぴく〜



2011年11月21日(月)
2011親子祭り

11月20日(日)曇り 

本日は、ボーイスカウト尼崎26団秋の親子祭りへ行ってきました〜
前日は大雨で、中止かも知れんなと心配しておりましたが、何とか曇りまでこぎつけれましたな♪

さて、今回は東北地震を踏まえ、災害時の調理救急ですな
お勉強ブースは、
救急として、三角巾の巻き方とタンカの作り方及び119番への掛け方、危険予知訓練〜
調理コーナーでは、災害時に台所に転がっているだろうと思われる材料での調理

また、いつもはスカウトが調理しますが、特に飯盒での飯炊きはご父兄にやってもらいましょう(笑)
当然、ガスは止まっているであろうという仮定より、熱源メタ缶


日本のシンボルを掲げ


いざ!


実は今回、調理個所が二つに分かれ、火の番をしていたので活動写真がほとんどない(笑)

ワシの受け持ちは、立ちかまど周辺の火遊びコーナー(笑)
早速を取りに行くも、流石に昨日の・・・
ブルーシートで覆ってても、結構湿ってるやんけ( ̄∩ ̄)
その中でも、ましなをチョイスし、手斧で薪に



アックスボンバー

を食らわしていきます


安全のため、左手はケプーラーグローブをしておりますが、間違って指に振りおろすと、良くても指がつぶれ、最悪仁義なき戦いの菅原文太




しみるのぉおおお〜





になること間違いなし



最近、新しくお仲間になったカブ隊女子Hちゃんのお父さんTさんが来てくれてます
折角ですので、立ちカマの火つけはTさんにお願いしましょうm(_ _)m
ワシが薪を割りながら、Tさんはキャンプファイヤー状に薪を組んでます
それからしばらくして振り返ると、速攻で薪に火がついております(; ̄Д ̄)!
かなりの




兵です(笑)





ご父兄でどんどん調理しますが、本日は結構な風彡がキッツ〜(≧▽≦;)アチャー
による高出力では風もなんのそのでっけど、メタ缶の方は火力




弱っ!




鍋の底に小さい泡が出来たまま、一向に湯が湧く気配がおまへん(ー’`ー;)
やはりメタ缶程度は、風防が要りますな・・・
鍋釜で作る調理が一通り終えた頃、ホイル焼きが手渡されましたな!( ̄_ ̄|||)
ホイル焼きと言えば、かつてかつて鮭を大量に無駄にした経験がおます(笑)
ワシホイル焼き苦手なんやけどね・・・
1個や2個やと簡単でっけど、熾き火ではなく焚火状態で沢山預かると、焦げまくりなどムラがでますけんのぉ(言い訳)

さて、11:30になりましたので、皆で食べましょう
初めて食べましたが、不思議な飯袋で炊いたご飯も結構いけます
多少ぬか臭いが、水不足で米を洗えん非常時には十分でしょうね(≡ ̄ー ̄≡)/
非常時の食事では、ちょっと贅沢かもしれませんが、パスタ、筑前煮、量を増やし暖ったまる芋おかゆなど、ご父兄の方が工夫をこらせてくれました^0^
子供もご父兄も楽しめ、ちょっとした勉強も出来たのではないかと思います

ボーイスカウト尼崎26団は、下坂部を中心に活動しております

より大きな地図で ボーイスカウト尼崎第26団 を表示


年末は、
12月18日餅つき&ユニセフ募金
去年の餅つき風景はコチラ参照
12月25日クリスマス会
2010,2009年のクリスマス会が見当たらんので2008年はコチラ
と団行事目白押し!!

健全な青少年の育成に力を入れております
アドベンチャーの中に自分を探そう(∇ ̄ )(  ̄ ∇)

参加ご希望の方はコチラまで


楽しんでいただけましたらポチっとよろぴく〜





2011年11月07日(月)
ボーイスカウト尼崎60周年カブラリー

11月6日(日)曇り時々雨

本日は生憎の雨でっけど、尼崎地区カブラリーに岐阜連盟カブ隊と滋賀連盟カブ隊180人が来てくれましたo(^-^)o
総勢350人(; ̄Д ̄)!久しぶりの大所帯で、楽しい♪カブラリーになりそうです
場所は尼崎の築地地区で、築地と言えば忍たま乱太郎生誕の地であります



より大きな地図で 2011兵庫県尼崎地区カブラリー を表示


まずは全員集合


大輪になろう(≡ ̄ー ̄≡)/




カブ隊員がどっさりおりますので、大輪のカブコールも中々迫力がおました


さて、開会のセレモニーが終わり、忍者からカブラリーの説明




各組へ忍者から指令書が渡される!
指令書には、関所で問題をクリアーした証に暗号を貰い、16マスの空欄を一文字ずつ入れ、暗号を解読するのだ
また、街中の所々にいる忍たまキャラクターも、暗号解読の文字を教えてくれる
早速地図を片手に探索へGO!

わかるかな?



皆で知恵を絞っております(┗┓( ̄∀ ̄)┏┛)


全く地図の見方が分からんようでんので、阪神高速を目印に正置だけ教えました・・・
12か所ある関所の一つ


ココは隠された手裏剣を探す関所


短いロープを班の皆で結び、長いロープを作ります
結び方は、スカウトの基本本結び


鉤縄が完成!


他には大きい声で歌を歌う関所水を計量する関所
難問に向かい、考え協力するカブ隊員
強い絆が生まれました\(^O^)/



では完成した暗号はなんと書いているでしょうか?


最後に子供たちは、自己紹介カードを思い思いの仲間と交換しました
メール全盛の昨今、昔で言うペンパルになるのでしょうか?
本日も仲良しの輪が広がりましたね^0^
全員で記念写真1+1は^0^



全然顔わからんし(笑)





二日間お疲れ様でしたm(_ _)m
これから岐路につく、岐阜連盟と滋賀連盟の皆さんを送り出し終了!















カブラリーの様子は、翌朝の神戸新聞に掲載されました(∇ ̄ )(  ̄ ∇)



下坂部を中心に活動中(≡ ̄ー ̄≡)/


11月13日は、カブ隊組集会
11月20日は、親子ふれあい祭りを行います
ふれあい祭りでは、東日本大震災を踏まえ、ボーイスカウトのスローガン「備えよ常に!」がテーマです
災害時の救急法非常時における料理にトライV)o\o(V)フォフォフォフォ

お問い合わせはコチラまで

楽しんでいただけましたらポチっとよろぴく〜



2011年11月04日(金)
サヨリ狙い@堂の浦

11月3日(木)晴れ 波0.5m 風北東2m 小潮 干潮05:54(47cm)満潮14:33(116cm)釣行時間06:30〜14:30


そろそろ堂の浦のサヨリが本格化しているとの情報が、渡船店ネットに出てきだした
堂の浦のサヨリと言えば、去年の2月に1匹6,000円もしたな(爆)
それも高速1,000円時代にな( ̄◇ ̄)



そんな不安をよそに、本日お世話になるのは、はまべ渡船
ここは恒例の堂の浦杯GWで最近お世話になっている

電話予約では、

「明日サヨリ狙いしたいんやけど」ワシ
「ちょっと多いけど、単独いけるよ」船頭
「サヨリの回遊する筏がエエんやけど」ワシ
「そらわからんなぁ・・・」ワシ

そりゃそうだ
釣れる筏であっても、潮回りによってはこんし、居っても食わん場合もある
また、釣り人の技量にも大きく左右されるしね
釣れる筏やちゅーて、釣れんと何言われるかわからんし(笑)
乗せてもらった筏は、鳴門海峡入り口近くの潮通しのよさげな所


より大きな地図で 20111103 を表示
多分ココ





潮汐はこんな感じ


ド干潮から始まり、終わりに向かって盛り上がって来る?
前回のサヨリ釣りではスイチで狙ってエライ目にあった(笑)
今回は何ぼ干潮でも朝はエビ撒きでおみやを確保しつつ、上げ潮でサヨリ狙いの計画だ


上陸後、早速エビ撒きの仕掛けを作り、サヨリ仕掛けを組み、糠を混ぜ混ぜ
噂によると、撒き餌はしゃぶしゃぶで、アミエビはほとんど要らんらしい・・・
何でやろ?
多分、しゃぶしゃぶは棚を深くせんためで、アミエビは要らんもんを寄せんためでしょうな

準備は整ったので、実釣開始♪
取りあえず、浮き下は40cm



まずは潮上に糠をポイ サヨリ仕掛けもポイ


こっちゃの浮き下は底約11m



潮の流れは西から東だ
つまり釣り座は北か南になるわけだが、南は真ん中にロープがあって釣りづらいし、北はトイレがあって釣りづらいぞ

愚痴を言っても始まらんし、エビも撒き撒き、糠もポイポイしまひょ
エビ撒きの誘いを入れながら羽浮きを注視し、述べ竿も時折誘いを入れながら水面を飛行する魚群をサーチ
開始してすぐに、何やら水面をワラワラ〜〜と踊りながら滑って来る軍団をロックオン




早速おいでか!?




本日は0.6号ハリスに、道具箱から出てきた推定30年物のガマヘラ3号をセットしてきております
こりゃ〜サヨリ束釣り決定ですな♪
当たりキラーの沈降を今か今かと待ちわびるワシ・・・
浮きが沈まんが、代わりに5cm位のイワシ?が時折跳ねるのが見えますわ




サヨリちゃうんかい!!





その後ろから、グアバと捕食者が追っかけてますわ
ルアーは車の中(爆)
チラッとエビ撒きの浮きを見ると、目の覚めるような勢いで浮きが急速先行
のべ竿をポイして、合わせをくれてやるとスカ・・・
仕掛けを回収してみると、真っ白なシラサが返ってきましたな
こりゃメバルではないだろうか??
生きのエエエビに交換し、同じラインをトレースすると前当たりの後、浮きがスーッと入り合わせると乗りました♪

この時点で前当たりから候補は、真鯛チヌ鈴木君メバルがノミネートされております
10m下から回収する割には引きがイマイチやし、頭振らんので

真鯛×
チヌ×
鈴木君○
メバル○

更に巻くと走らんので
鈴木君×
メバル○





水面まで来るとやっぱりお前か!






それも泉南サイズ



救いは鳴門海峡から流れ込む激流のせいか、同じ大きさでも泉南より胸板が厚くチビマッチョですな
まぁええわ・・・・
ポツポツメバルが釣れるが、その間絶えず糠を撒きまくる(*・_・)ノ⌒*
あぁああああ暇じゃ( ̄◇ ̄)



堂の浦はやはり美しい


何時まで経ってもサヨリは回遊してこんな・・・
随分潮も上がってきているはずやが・・・
む・・・
これだけ暖かいと水温も下がっておらんので、棚が深いとは思えんが取りあえず1m程の棚にして見るか?
やや撒餌のポイントを潮上にしてみる

泉南メバルも7,8匹釣ったがココまで来てこれではオモロない
エビ撒きの棚を2ヒロに上げてみよう
当たりがあるがすぐに浮きが上がりそれっきり攻撃続発(笑)
食い込ませるのが悪いのか?
次回は電光石火の即合わせをしてみよう・・・


コン!バシッ!!








グン♪







よっしゃ♪キタ━━━゚(∀)゚━━━!!







グングンカリカリ・・・・







ブンぴよん。針外れ(笑)






む・・・
なんだったんだろ?
1分程格闘し、バラス最悪の結果
二度と当たることは無かった(T△T)


何故か全体的にサヨリは釣れておらず、鯵は何ぼでも釣れてたらしい
帰り際の船長との話
「どやった?」船長
「エビでメバルは釣れたけど、サヨリはさっぱり」ワシ
「堂の浦の筏は慣れんと難しいけん」船長
「薄めの糠で撒きまくったけど、サヨリはこんかった」ワシ
「鯵はクーラーは入りきらんぐらい釣れてたで」船長
「鯵はいらんねんけど」ワシ
「底からチョイ上げたとこにおるけん」船長
この当たりは水深が約10mちょい・・・
ワシはサヨリの表層の話をし、船長は鯵の底の話
一見話が食いちがってる真上と真下の話





真上と真下!!







>中心核層を狙え!?







船長はん。。。ひょっとしてデスラー総統でっか?

船長は堂の浦のサヨリは、見えんときは深い棚2ヒロぐらいを狙えということか??
やんわりとワシに白色彗星サヨリ攻略のヒントをくれたんだ!!
急いで波動砲を発射したいとこやが、既に釣りは終わり我がヤマトは、地球尼崎に向け発信するところだ_| ̄|○
次回又来いっちゅうことやね(笑)

地球我が家へ向かう前にちょっと寄り道
いのたにで中華蕎麦を食うのであった



これは持ち帰りで、妻と娘に作った奴





鳴門で買ったサヨリの干物


一串7匹入り500円
これでは活きでないにしろ、280匹釣ってチャラですな(笑)


[釣果]



泉南サイズメバル8匹
小鯛針のみ1匹



まさに道楽でんな(爆)



楽しんでいただけましたらポチっとよろぴく〜