32歳の毎日

32歳の毎日


32歳から日記を書き始め実は現在37歳なのです(>_<)
てなわけで元32歳の毎日でございます
32歳で検索して来て下さった方ごめんなさい<(_ _)>



 

2007年02月28日(水)      イヤだな(-_-;)







今日はヤツの会社の給料日。

したがって強制執行後初の会社から養育費が振込まれる日なのだ!!

仕事帰りに銀行に寄り、記帳してみるとちゃんと振込みされてました(^^♪

よかった♪

このままヤツが長く勤務してくれることを祈るのみ・・・







今日は和也からメールをくれると約束してくれた(^^♪

私が家に帰るとすでにメールが頻繁に鳴っている。

何故かウキ♪ウキ♪している私

でも相手は修也だったんだよね_| ̄|○ガク・・・




「こんばんわぁ〜↑↑ インフル大丈夫?」

「オウ〜★もぅ治ったょ〜明日から学校行きます♪ 」

「よかったぁ〜↑↑ 明日4時間ぽいよ♪」

「らしぃね★姫菜んち行くゎ↑↑ 」  来るなっ!!

「ゥチ知ってるの?」

「ロイヤル■■■■でしょ〜」

「でもその先知らないでしょ〜」  部屋番?

「だから玄関で待ってて★ 」

「ゃだぁぁぁ↑↑
 つか今からホームワークやらなきゃいけないからぉわったらメェルするねっ(^^)」


「ゥィゥィ↑↑今日は1時ぐらいまで起きてるょ=3  0時からパケホだから」




「ぉわったぁぁ↑ シュウヤ〜♪」

修也からの返信は無い。

「しゅうやぁぁぁぁぁ ぉわったよ〜↑↑ 寝ちゃった!?」

1時間ほど待ったけど返信が無いので、修也のケータイに送信した姫。

「0時なったらメェルする」  寝ろっ!!

今度はケータイからすぐに返信が来た。




↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン









姫はパケホの意味がわからないんじゃないかな!? うちauだし・・・







修也は前からそうだけど、かなりケータイ料金を気にしている。

なのでほとんどPCからメールしてくるのだ!!

友達と居るときは友達のケータイから返信してくる。

そしていつもケータイは電池切れだからと理由をつけている。

家にいるトキは充電出来るのに、ウソがバレバレなんだよっ!!

男のくせにチマチマしやがってヽ(`Д´)ノプンプン




で、きっと3月1日からパケホに加入したんだろう。

だからって何も0時にメールすることないと思うけど・・・

なんとか早く姫を寝かせなくてはっ!!







そこに和也からメール

「姫菜ちゃぁ〜ん↑昨日はゴメンね↓」  素直でかわいい和也

「和也くぅ〜ん↑↑ ゆるさない↑↑」  姫サイアク

「許してヨォ〜(T_T) お願い(^^)」

「ゃだぁぁぁ(^^) 絶対許さない!!」

「こうゆう話してるとまた惚れそうだからやめヨォ(T_T)」

「リョ〜カイ!!学年末何点だった!?」

「うっそー↑↑【ワラ もっと話そっ↑↑ 125点だったよぉ!!ヒメわぁ↑!?」

「プッ!バカぢゃん((ワラ」

「ヽ(`Д´)ノプンプン」

「めちゃウケるっ」

「やっぱ姫菜Sだぁ〜【ワラ」

「かもねぇ〜((ワラ 和也カワイイからイジメたくなる↑↑」

「萌ェェェェ↑↑【ワラ オタクかっ(゜o゜)\(-_-)」

「ぅわぁぁ〜自分でボケて自分でツッコミかよっ!!さみしい〜((ワラ」

「どうせ絡んでくれないしッ(+_+)・・・絡んで・・・【ワラ 風呂行ってくる」

「ゃだね・・・((ワラ いってらっしゃ〜い」



「ただいまんこ↑」  ヲイッ!!

「おかえりんこ↑↑」

「姫菜テスト負けたら誰かに告るとか言ってたけど告ったん!?」

ノブと勝負して負けた方が告るってノブが言い始めたんだよね。気にしてくれてたのね

「勝ったからぁ〜↑↑」

「そっかぁ〜よかったね(^^)」

「ゥンッ

「彼氏いらないの!?」

「めっちゃほしい 和也わぁ〜?彼女ほしくない!?」

「ホシイヨォ〜 チョビショック(+_+)」

「だよねぇ〜 何でショック!?」

「姫菜に彼氏できたら・・・(T_T)」

「できないから安心してぇ〜(^^)」

「でもホシイんでしょ↓↓」

「それわねぇ〜↑↑ 和也だって彼女欲しいって言ってるぢゃん」

「べつに姫菜はショックじゃないでしょ!?(+_+)」

「前に進まなきゃ(^^)」

「進んでるヨォ=3 オヤスミィZzz」

「ぉたがぃガンバろぉねぇ〜 おやすみ」



和也に返すメールは冷たいね(-_-;)

それにバカにしすぎててムカつく!!

姫の性格なんとかしたいけど、言えないのが辛いところ。・゚・(ノ∀`)・゚・。





そして約束通り0時に修也から受信

「0時ぃ〜  だから何?

「やったぁ〜やったぁ〜待ってたよぉ〜♪」  喜ぶなっ!!

「起きてたんだぁ〜」

「普通に起きてる」

「背ぇ伸びないよぉ〜」

「ブタの絵文字×3 修也こそ伸びないよ(^^)」

「今日だけだも〜ん。だからィィのだぁ〜↑↑」

「ブタの絵文字×20」

「意味がわからんぞ↑↑↑」

「イミわかんなくっていいもん↓↓」

「学年末全部で何点だったぁ?」




「寝ちゃったぁぁ〜!?んぢゃォレも寝るとするかぉゃすみぃ(^^♪」


0:30頃まで続いたけど、姫は薬飲んでるから寝ちゃったんだろう^_^;

やっぱりもっと早く薬飲ませればよかった!!




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月27日(火)      両思いじゃん!!






今日は普通に登校した姫。

学校がイヤってわけじゃなく、ちょっとサボッってみたかった程度だと思う。

そんなんだから上級生にチェックされるんだよね(>_<)

今日担任から警告されたみたいで・・・

頭髪&服装は校則違反しない姫なのに、何かが上級生の気に障るんだろうな(-_-;)




ちなみに同級生からも何か言われたっぽく姫は怒ってた。 サボリがバレバレか???

「もっと違う事にエネルギー使えよ。バカじゃね」  ロボットかよっ

同級生から『姫は生意気』とか言われるんだろうか???

上級生ならともかく、同級生ってナメられてないか!?

姫は何とも思ってないらしいけど、私の血が騒ぐ(^^ゞ

「同級生からやられたらやり返してこいよ!!
 ケガさせたら謝りに行くコトや治療費払うぐらいの覚悟はあるから!!」


私の性格的にやられっぱなしが気に入らない。

「ありがとっ」

まぁ集団リンチじゃ敵わないけど、こんな風に考えてしまう私は親失格か(+_+)

そして今日も下校は早く、ミホとの遊びに忙しい姫(+_+)





昨日は修也からのメールが無くてホッとしてたのに、今日は15時前から受信だし(-_-;)


「よぉ♪」

「よっ↑↑」

「誰かと遊んでる?」

「今ゎまだぁ〜 シュウヤゎ?」

「今はまだって遊ぶの〜??
 ォレは遊べない…インフルエンザだもん↓↓」


「マヂぃぃ!?大丈夫?って大丈夫ぢゃナイよね↓↓ ヒメも昨日学校休んだぁ!!
 つかゥチのクラス今日も人休んで/輿畭爐靴謄瓮奪船磴磴个しぃ〜(T_T)」


「ャバィなぁ〜!!インフルエンザきっつぃぜ…のど痛いし、食べ物食べても味が分からないしぃ…。
 モゥ治ったけど明日も休まないとぃけなぃらしぃ↓↓


「まぢぃ〜↓↓ 味わかんないならキライな物も食べれるぢゃん↑↑」  

「姫菜って…変な子♪♪」

「変な子好き!?」

「別にィ〜天然の子好き↑↑」

「ねぇ好きな子いる?」

「姫菜は??」

「ぃるょ(^^)」

「姫菜が教えてくれたら教えてあげてもいいんだけどなぁ〜」

「シュウヤが言ってくれたら絶対ぃうょ(^^)」

「姫菜誰かにィゥもん…」

「言わないし(T_T) 約束するょ♪」

「姫菜だょ(o'u≦o)☆」

「まぢでぇぇぇぇ↑↑ ヒメも好きだよっ」

「まぢかぃ!?てかさぁ〜写メ送ってよ〜」

「ホントだょ(^^) 写メムリ↓↓」

「なんで!ヽ(`Д´*)ノォレは送ってあげたじゃん」 あぁ。ヘン顔の写メあったね

「もう1回くれたらあげる(^^) どうしてほしいの?」

「ゃだょ〜!!前あげたからそのお礼でちょうだい」

「ちがうのぁげる♪」

「何くれるのぉ〜」

なかなか姫の返信はない。

「いらなぃ〜。もぅィィやぁ〜じゃぁね〜」

「ゎかったあげる!」  まだメール続ける気か!?

「どぅせうそだろ」  だよね

「はぁい」 写メ添付だぜっ!! しかもブザイク(+_+)

「センキュゥ(●>з<)いつ撮ったの?? 」

「マヂハズィ↓↓ 今だよぉ〜」

「ソッカァ(*´艸`) 」

「なんでぇ〜?」

「聞いてみただけー 」





「さっき好きって言ったじゃん?好きには好きなんだけどメッチャ好きじゃなぃんだ。
 気になってるぐらい?だから気にしないで」


「そっかぁ〜 でもヒメゎホントに好きだから」  ヤメテ!!

「アリガトヾ( ^ω^)ノ」

「ぅん」




修也が姫のコトめっちゃ好きじゃなくて救われた^_^;

これなら今の所は付き合うとかはなさそう♪




それにしても姫はやぱりお調子者だよな!!

先に修也に言わせてから『ヒメもぉ〜』みたいのが気に入らん!!



↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン








それから姫の気持ちが変わってきたように思うんだけどなぁ・・・


姫は『好き』って言われると、相手のコト好きになっちゃうっぽく思える。

メールしてると好きになるって話もあったし、バカだよなぁ〜(+_+)









修也のコトを好きとか言っちゃったわりに、和也にメールする姫(>_<)



「HELLO!!ゲンキデスカ?((ワラ02 体育のテスト何点だった?」

「40だったよォ↑↑(^^)」  おぉ〜!!姫は28点(T_T)

「マヂかよっ!!!ゥソだよねぇ〜((ワラ
 つーか始めたばっかで悪いけどぉふろ入ってくるぅ〜急ぐからっ!!」
  失礼!!

「うんわかったヨォ(^^ゞ」

「でたょぉ〜メッチャ暑い〜」

「オレ明日ライティングださ ダサナイトいけないから明日オレからメェルするね↑↑オヤスミZzz」

「ださ((ワラ02 ダサナイトいけないのねぇ〜↑↑  おやすみぃ  打ち間違いを指摘する姫



姫ってみんなに聞くだけ聞いて、自分はイイ点数のトキしか教えないんだよね(-_-;)

そーゆーところが姫のイヤな性格。

私だったらこの体育の28点教えて、珍回答で笑いを誘いたくなるけどね(^^)




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月26日(月)      キタ━━━━ヽ(゚ー^*)ノ━━━━!!!!






今日姫は学校サボリです(+_+)

1日だったら休ませてあげようと朝も起こさなかった。

私は昨夜のWiiのボクシングで背中が筋肉痛(>_<)

私が仕事休みたいくらいだよ。



日中ヒマだろうと姫にメールすると、めっちゃテンション↑↑だし(-_-;)

クセになられても困るんですけど・・・




夕方帰るとまだパジャマの姫。

「さっき先生から電話があって普通に出ちゃったよ((笑
 欠席者多いから明日も朝遅い登校なんだって」


「先生心配してくれて電話くれたんでしょ。罪悪感あった?」

「ないなぁ〜・・・それより『ヤバッ』って思った」  ないのかよっ!!

「今日は塾の日なんだから着替えなよ」

「あっ!そっか」

塾も休むとか言うかと思ったけど、塾には行く気らしい。





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン












キタ━━ヽ(゚ー^*)ノ━━!!!!












チャンスよ!!  チャンス!!  大チャンスじゃないのよっ!!

ここの所塾にもケータイ持参だったから、朝の数十分しか見れるチャンスがなかったのよ(^^ゞ


って、ロックナンバー解除から始まる地味な作業だけど_| ̄|○ガク・・・






また変えてる可能性もあるので一応和也の番号でトライしてみたけど違う。

修也の番号やノブの番号も入れたけど違う(-_-;)

姫の番号2連続も違うし・・・

今日は時間がたっぷりあるので、姫の番号+誰かの番号でやってみる事にした。

誰かってのも姫の関わりのある人でね(^^)



するとあっさり姫+ミホの番号でヒットした(  ̄ー ̄)*キラン

てか、姫単純すぎるね!!






そして、めっさ気になってたミホとのメール内容も明らかになった。

ミホが昨日言ってた『リュウジ』って1年のリュウジかと思ってたけど、2年のリュウジだった。

しかもその2年のリュウジはアユミの彼氏って、2週間くらい前に姫言ってたんだけどなぁ・・・

ミホの好きな人がアユミの彼氏じゃ姫も複雑だろうな(+_+)




あと大問題の姫がメール送ったけど返事が来ないって(T_T)なってた相手も発覚!!

和也だったらいいなっ♪と私は願っていた。



































願いもむなしく1番イヤな修也だったよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。







しかも姫はミホにこんなメールを送信していた。

「どぉしよぉぉぉぉ=3 シュウヤのコト好きになっちゃったかも〜」  ヤメテ!!

ちなみに昨日の夜にね。

その後、修也にメールして返事が来ないと言っていたのだ(>_<)



でも22時半すぎに修也からメール受信

「ゴメン↓↓返事返せなくて…もぅバタ△世隋。家かえってスグ漢字ャってそれで風呂入って、だから…。
 ァト携帯ではメール返せないと思うカラ…。マダ風邪は治ってナィ↓↓逆に悪化したΣ(゜□・)
 今日はもぅヘトヘトだから寝るね〜。。ォャスミぃ〜。。」


修也は大会だったみたいで・・・

「大丈夫?↓ おやすみぃ」

修也のどこがイイんだろ(-_-;)

でも今日は修也からのメールはなく、姫も送信してないからよかった(^^)



ちなみにミホのお母さんに見せてねメール。

姫は見せたとウソをついてたのかと思ったけど違ってた。

「全然怒ってないから大丈夫だよ。今も普通に話してるし」

「また遊ぼうねぇ〜↑↑そのトキはゥチ来てね(^^)」

姫が送ったメールでミホは納得したようだった。




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月25日(日)      一難去ってまた一難






今日は夜にミホとしか絡みがなかった。

また入浴中にロックナンバー解除を試みたけど、どれも失敗(>_<)

ちなみに修也の番号とノブの番号を入力してみたんだよね。

またこっそり後ろから覗くしかなさそうだけど、結構ガードがキツイんだよ(T_T)




以下、ミホ受信メール


「ミホだったら〜・・・好きになるかわからなぃなぁぁ(+_+)」  恋愛相談?

「全然メェルしてなぃし」

「だってぇ〜」

「正解↓↓↓ 今メェル送ってみた」

「マジで〜!?!? かんばれ」

「お互いがんばろっっ」

「ぉたがぃ

「ぁりがとぅぅん・・・約束

「どぅだった!?」

「くる〜」

「なにが」

「きたよ〜でももぅ寝たみたぃ・・・」

「だねぇぇぇぇ・・・姫ゎどぅ!?」

「リュウジおきた・・笑笑笑笑笑」  ミホはリュウジ?

「まぁね・・でもまたねたっぽい・・ワラ」

「そぅ!?(^^) なんか適当って感じしない!?」

「メェルこなぃかぁ  なんて送ったの!?」

「だょね」

「シュウヤがぃるじゃん  ってことは修也以外か!?

「もぅ告ったの・大丈夫・・・頑張れ」  

「なにゃってんだシュウヤ(+_+) 寝ちゃったのかなぁ?」  えぇ!!修也なの!?

「がんばれ!!姫ぁきらめるなぁぁぁぁ(^^)」

「ぃぃょ〜」





送信メールがないと全然わかんないね(-_-;)

でも、誰かにメールを送って返事が来ないんだろうな。

その誰かを知りたいんだよね!!  ミホが名前入れてくれたらいいのになぁ〜・・・

もしくは返信だなっ!!

だけど、ミホ以外からの誰からもメールは受信しない(+_+)





そのうちに姫はため息ばかりつき始める^_^;

相変わらずわかりやすいヤツなのだ。


「さっきからため息の連続なんだけど?」

「はぁ〜(ため息)」

返事までため息かよっ!!

そのまた数分後にため息。

メールの返事が来ないからため息なんだろうけど、多すぎだよっ!!



「ため息グラフでも作ろっかなぁ」

「そんなしてないよ」  全く自覚がないようで

「1分おきぐらいにため息してるよ。何かあった?ババァ(私)ムカつくとか!?」

「うぅん、違う(ため息)」


その後も何をする訳でもなく、ケータイ小説見ながらため息の連続(>_<)


「・・・・・・・・・学校休もうかな」

「不登校ですか?休むなら今夜のうちに決めてよ。早起きしなくていいから((笑」

「う〜ん・・・・・(ため息)」

「難しい年頃なのね。13歳の気持ちは理解出来ないからもっと主張していいよ」

「・・・・・・・」

「誰でもみんな落ちるときはあるんだし、1日1日を楽しまなきゃね」

「あっ、ゲームしよっ!!」

「いいよ」



そして姫とWii対決が始まり、結局1時までやってしまった!!

姫を元気づけるつもりが、結構私が楽しんでやってたり(^^ゞ

でも一応、姫が負けるともっと落ちてしまうと困るので、姫に勝たせて。




「もう1時だし寝ようよ」


↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン











_| ̄|○ガク・・・







私がわざと負けてたのがバレてたの!?

それとも遅くまで付き合ってくれてありがと!?






まぁどっちでもいいけど、結局学校には行きたくないようで(>_<)

私もよくサボッてたから、休みたい気持ちはわからないでもないけど、

姫には、過去の私のようになってもらいたくないんだよなぁ(+_+)




そんなこと考えてると、自分の親はすごく大きかったと今頃思う。

私が深夜遊びまわってパクられてたのも中△世辰拭

夜中2時、3時でも警察から電話が入れば親は迎えに来てくれた。

そして私に何も怒らないんだよね。

怒っても繰り返すから同じとでも思ってたんだろうか???



でももし姫が私と同じような事したら確実にガミガミ怒るだろう。

家に監禁しちゃうかもしれない。

何も怒らずに毎回毎回警察に出向くなんてゴメンだ!!



↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月24日(土)      またやられたよ(-_-;)    





昨夜も和也とメール♪

でも今週末はずっと部活が無いからメール見れないんだよね_| ̄|○ガク・・・

しかも昨日&今日と修也とヒロトともずっとメールしてるから、私のイライラは募る!!





今日姫はめずらしくミホと遊んでる。

ミホは週に2〜3日は学校に来るようになったっぽい。

そして17時半頃に姫からメール受信。

「今日ミホの家泊まっていい!?」

(゚Д゚ )ハァ?

姫は昨日病院に行き、安定剤を飲んでいる。

先生は、最初ちょっと心配だから5日分だけにして様子をみて、良くなったら20日分出すと。

なので就寝前だけ5日間飲み、その後また診察を受けることになっているのだ!!

自分の身体のコトなのに忘れてるのか???

メールはシカトした。

すると30分後にまた「今日ミホの家泊まっていい!?」

図々しいヤツだ(-_-;)

急に泊まると言い出したコトにもムカついたけど、修也とずっとメールしていて、

夜に修也を呼び出そうとしていたので、絶対に許したくなかったのだ(^^ゞ



てか、何としても阻止しなくっちゃ!!




「はぁ!?お前調子のんなよっ((怒
 部活が休みの理由わかってるのか?」
数分後に怒りメール送信

「ダメ!?」 呑気にまだ聞いてくる姫(+_+)

メールじゃ怒りが伝わってないみたいだ_| ̄|○ガク・・・

もう好きなようにしてくれっ!!






すると30分ほどして姫から電話がかかって来た。


「やっぱりダメ?」  シツコイ!!

「薬のこと忘れてない?」

「あっそうだ!!」

「それに着替えだってどうするのよ!! 夕食だってご馳走になるわけでしょ?
 お母さん、ミホのお母さん知らないし挨拶だって出来ないでしょ!!」


「わかった」



ミホの話は姫から少し聞いている。

ミホの家は母子家庭でお姉さんとお爺ちゃんがいる。

運動会の時にすごぉぉぉ〜く目立つ場違いな団体さんが来た。

みんな金髪ギャル系ファッションでどう見ても運動会の応援スタイルじゃない。

その団体がミホのお母さんとお姉ちゃん、お姉ちゃんの友達だったと。

みんな周りの保護者も引いてたもんな・・・

入学したての頃はお母さんが入院していて、入学式もミホ1人だった。

お爺ちゃんがボケているので、お姉ちゃんとお爺ちゃんの世話をしてるとか。

お姉ちゃんの友達もミホの家に住みついて、お爺ちゃんの世話を手伝ってくれてるみたい。

あのすっごく派手なお姉ちゃん達がエライ!!

人は外見で判断したらダメだね。






そして姫は19時頃に帰宅してきた。

私はもう姫に怒る気はない。

ミホから「大丈夫!?」と心配してくれてるメールが来た。





その後またミホからこんなメールが来た。


件名:お母さんにみせてね

本文:今日、姫菜ちゃんを遅くまで遊ばせてすいませんでした。
   私が泊まってく?なんて言ったからなんです。
   本当すぃません。これからも姫菜ちゃんと仲良く遊ばせてください。 
   今度姫菜ちゃんのお家にも お邪魔させてください。
   これは姫菜ちゃんが考えたことじゃなく、私じたぃが考えてゃったメールなので
   姫菜ちゃんを怒らないでください。本当遅くまですぃませんでした。

   鈴木ミホ




姫のコトを心配してくれて、ミホは自分が悪いと言いたいみたい。

それに姫はいつも19時頃まで遊んでるし・・・

ミホはすごくいい子に育ってるよね。

それにひきかえ姫はこのメールを私に見せてこない!!

ミホは「お願い見せて」「私の苦労が水の泡じゃん」とか言ってるのに。

その後ミホは「嬉しい♪」って言ってたから、姫はウソついたんだろう・・・

やっぱり姫って最悪だな(>_<)

私はミホを責める気もないし、ずっと仲良くしてほしい。

家に遊びに来るコトも私は賛成なんだけど、姫がイヤがるんだよね(+_+)

いつも私が留守の時しか友達を呼ばない。

私が友達と話すのがイヤなんだろうな・・・あいさつ運動の時もそうだったし。

余計な話されたら困るとか思ってるんだろうな(^^ゞ





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン













ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!









どうしてなのよっ!!





昨夜の和也の受信メール見た限りでは特に問題なさそうなんだけど・・・


もしかして修也の番号に変えたとか???




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月23日(金)      まだ好きなくせにっ!!





学校で欠席者続出もため、部活動中止&登校時間遅れ(>_<)

こーゆーの迷惑なんだよね(-_-;)

土日の部活がなくなるとメールが見れない!!

それに登校時間が遅れてもメールが見れない!!

結局すべてメール絡みなんだけどね(^^ゞ





「知ってるかもしれないヶド別れた!!じゃぁおやすみぃ★」

「えぇ〜!! ヒデはそれでいいの???」

「しょうがないだろぉ...!!  じゃぁ返信いらんから!!おやすみぃ★」


とうとうヒデはKと別れちゃったみたいね(>_<)

あのセリフ言ってもKは靡かなかったのね・・・





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン






「姫菜さぁ〜ん↑↑ヨッ!!【ワラ」  20時に受信したけど姫は塾(+_+)

「返事ぉくれちゃってゴメン↓↓ てか誰だっけ!?」  ヒドイ!!

でもお風呂に入り30分以上経過しても和也からの返信は無かった

ゥソだよっ  じゃあ送るなっ!!

「返事遅れてゴメン(T_T) 今日眠いからまた明日メェルします↑↑オヤスミ」 もう23:40

「ゃだぁぁぁぁ〜((ワラ  おやすみなさい」  本音!?

「なんですかっ(^^)」

「ブタの絵文字×3」  ブーイングの意味かな!?

「オヤスミ」

「おやすみぃ〜」





和也から受信 →  


眠いんじゃなかったの!?



「和也夜になるとます02ェロくなるよねぇ〜(^^)
 まぁひとりでャってなぁ〜((ワラ」


「それはあなたヂャン【ワラ 1人でイヂッテルナヨォ・・【ワラ」

「ありえないしっ((怒 もしそうだとしても和也の方が↑だよ〜
 負けるね((ワラ ニャンコとでもャってなっ。ちゃんとつけなよぉ〜((ワラ」


「ニャンコじゃモノタリナイシィ〜あの穴の感触がないとテマンできないからダメだし【ワラ  
ヒデと付き合ってる!?」


「ものたりないとかニャンコわかいそぉ〜↓↓
 ぢゃあバレンタインにチョコもらった子にャる〜!?って言ってみれば↑↑
 つか、ェロすぎだろっ=3 付き合ってるわけないぢゃん↑↑
 しかもヒデとかありえないしぃ〜何でぇ〜!?和也は彼女できたぁ〜?」


「マヂやろうかぁ〜【ワラ メッチャ声出させてやるシィ・・どうだろうね(^^)」

「うわぁ〜〜まぁガンバってぇ〜(^^) ってドコでやャるの!?イエ!?
 ドンドンェロくなってるしぃ〜
 つか、和也のせいでヒメまでェロくなっちゃうぢゃんかぁ〜」


「姫菜さんやりますか!?」

「はいっ!?!? チョコくれた子とャるんぢゃないですか!?」

「姫菜の久しぶりに聞きたいしね【ワラ 姫菜の方がカワイイし」

「お世辞はぃぃよっ
 その子の方がャりがいあるんぢゃない!?声とかもぉ〜 キャハハ」


「お世辞じゃないしぃ〜 あっちの人やり方わからなそう(+_+)」

「そんなェロくないのぉ〜?」

「ワカンナインダヨォ…
 姫菜はもう冷めてるからオレとはやりたくないよね(+_+)」


「ぢゃあどれだけェロいのかメェルで確かめれば↑↑
 つか誰でも今わイヤかも〜 しかもできないしぃ〜=3」


「今はまだその娘と付き合う気はないから…」

「けど聞いてみるだけ聞いてみれば
 さっきわホントにャっちゃおうかとか言ってたくせにぃ〜(^^)」


「別にやるのはいいんだけどまぁチョビ理由があって無理なんだよ…」

「何かあったのぉ〜!?!?」

「好きじゃないから付き合えないんだよ〜(+_+)」

「そっかぁ〜↓↓でも好きぢゃなくてもメェルとかしてると、
好きになるから大丈夫だよ↑↑
 無理して好きにならなくても徐々に好きになればいいしねっ



メールしてるだけで好きになるか!?

そんなヤツは姫ぐらいだと思うけど・・・_| ̄|○

そーいえばシンゴなんてメールしかしてなくて顔見たことなかったしね。



「姫菜はナリナヨ…」

「何を!?」

「好きにナリナヨ… ヂャァまたね・オヤスミZzz」  えぇ!!和也???

「ぢゃあ和也のことも好きにならないようにきぉつけますぅ=3
 おやすみぃ〜」



気をつけなくてもいいと思うけど。

つーか、姫はまだ和也の事好きだと思うけどなぁ〜!!




↑ 日記才人投票ボタンです。



2007年02月22日(木)      今どきスタイル






今日は学校の【あいさつ運動】の当番だった(+_+)


あいさつ運動は校門と自転車通用門の2ヶ所で生徒の親が登校してくる生徒に挨拶する。

7:45〜8:05まで行われ、出席番号順に6名(校門3名・通用門3名)参加。

1年中あるので、全校生徒の親が必ず1度は強制参加。

兄弟がいる場合は2回参加になったりもする。





「あいさつ運動ダルィなぁ〜」 と嘆いていると

「お母さん!!ユカとかミホとか会ってもあいさつしないでよっ!!」

「はぁ???あいさつ運動に行くんだけど・・・」

「いいのっ!! お母さんすぐに友達と喋るからダメ」




私は姫の友達と普通に話す。

私的にはフレンドリーな感じなんだけど、姫はすごくイヤがるんだよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

いくらなんでも私だって、登校中の生徒捕まえてまで話なんてしないわよっヽ(`Д´)ノプンプン






時間にルーズな私は、どうしても遅刻してしまう(>_<)

今日も早起きしたわりに着いたら7:50だったしね(^^ゞ

駐車場に車を止め、遅刻の私は走って校門を目指す!!

途中で歩いてる人がいて、追い抜きざまに「あいさつ当番ですか?」って聞かれた。

「はい」と答えると、その人も走り始め2人で校門に向かった。

遅刻仲間がいたと思ってたけど、その人は違う日の人で勘違いしてただけだった_| ̄|○ガク・・・





校門に立ち、登校してくる生徒に「おはようございます」と笑顔をふりまく(^^♪





時間が経つにつれ、登校してくる生徒の雰囲気がどんどん変わる。

コイツら悪そ〜うってカンジにね(^^ゞ




「ちゃんとYシャツ着てこなきゃダメじゃないかっ!!」

学生服の前ボタンも閉めず、中は体操服で登校してくる生徒に先生が注意する。

「はいはぁ〜い」先生の方すら見ずにそのまま行ってしまう生徒。

先生軽くあしらわれてますよ(+_+)



「お前昨日上田のチャリで帰っただろ?どこ行ってたんだよっ」

また他の登校してきた生徒に声をかける。 人のチャリで勝手に帰っちゃったの???

「ちゃんと家にいたよ〜!!」叫びながらそのまま通過(+_+)



↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン













Σ(゚△゚;)







確かにこの池野君って子は髪が長かった。

トップの方は短いけど前髪や後ろ髪は女の子のシャギー風ロング。

ちなみに顔もすごく綺麗で、制服じゃなかったら女かと思えるほどだ!!

ソフィアだっけ?松岡くん風の顔ね。



でも男の子だぜ!?

男の子でもロン毛は女の子みたいに2つに縛るんだろうか・・・ギャハハハ(≧▽≦)




こ〜ゆ〜現場見てると県下1バカ中って納得。

保護者が正門前まで車で送ってきて、降りてきた生徒は思いっきり茶髪だったり・・・

この道路は小中の通学路なので、9:00まで進入禁止になってるんですけどね(>_<)

てか、進入禁止になってなくても校門前横着けはないだろっ!!

近くで降ろせよ!!!!!!





夜になり、姫に今日のあいさつ運動の話をした。


「男の子でも髪が長いと縛ればいいの?」

「そうだよ」 

「後ろで2つとかで縛るの?」

「うん」  普通に答える姫

「マジで!? 女の子みたいじゃね!?」


私の中学の頃(かれこれ20年も前だけど)は男の子は坊主だった。

長髪禁止だったからね。

だから中学生の男の子が髪を縛るって感覚がどうもつかめないのだ!!


「んなことないよ。2つもいるけど、3つや4つや5つとかもいるし」

えぇ〜!!!!!

5つなんて縛るの面倒じゃないのかな(+_+)

男だったら1つでいいじゃんと思うのはババァだからか?

もうババァには理解不能だぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。





相変わらず修也とは毎日続くメール(-_-;)

一応チェックはしてるんだけど、ここに書くのが面倒になってきちゃったよ。



↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月21日(水)      パクリかよっ!!






「もしさぁ・・・・・
 姫が【スキだヶド・・・・心からスキになれない】って誰かにゅぅとするじゃん・・・・・
 そしたらそのゅった相手からなんてくれば嬉しいって思える!?たとえばだょ!!」




ヒデからこんなメールが来た。

ヒデは翔先輩の出現でKとの仲が最近うまくいってないみたい(+_+)

Kを説得するために手紙を書くことに決めて、姫から便箋をもらって書いたようだけど・・・

↓ 前のメール

「手紙書くのはいいんだけど書く紙がない」

「便箋トム&ジェリでよかったらあげよっか?」

「うん、欲しい!! それで書けたらKに渡してくれる?」

「いいよぉ〜、わかったぁ」


で便箋渡したら「3枚も書けねぇし↓↓」ときてた^_^;

その後姫はKにヒデからの手紙を渡したようだけど、まだ2人の関係は危ないみたい(-_-;)





それにしてもヒデ、【例えば】を強調してるけどKに言われたに違いない!!

だってそうそう言われる言葉じゃないからね。







「よっ↑↑  もしかぁ・・・・・・・
 【今わそぅでもイイ。でもこれからわオレを心から好きになれるように努力してほしい・・・
 オレも好きになってもらえるように頑張るからさっ!!
 だからオレだけの女でいてほしい】みたいなぁw
 なんかハズイかも(>_<)  まぁガンバレッ↑↑」



ヒデのメールに対する姫の返信メール


『オレを好きになるように努力してほしい』って・・・

相手に努力させちゃマズイだろっ(+_+)

こーゆーとこは姫らしい。




↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン













パクったのかよっ!!








うんうん。絶対そうだね!!

特に最後のほうの言葉は、嬉しかったから私だって確実に覚えてるもん♪ 




「【今ゎそぉでもぃぃ、でもコレカラゎ俺を心から好きになれるように努力してホシィ..
 ォレも好きになってモらぇるょぉニ頑張るからサッ...だからォレだけのォンナでぃてほしぃ】
 ↑ こぅゅぅ風にゅってみまぁす!!ありがとっ↑↑」












_| ̄|○ガク・・・

そのままやん!!










『オレを好きになるように努力してほしい』ってトコだけは止めた方がいいと思うけどな(-_-;)







「ガンバレッ↑↑」

「もぅすぐ別れるかもしれないから・・・・・・ちょっとデモ伸ばしたい!!」

「Kから聞いた・・・別れたい理由とヵ・・・まぁガンバレ↑↑」

「うっそぉ・・・・・ゅって腓気・・・・」

「ゴメン・・・それわゅえなぃよ↓↓ てか今から勉強しないといけないからまたね」

「えぇぇ・・・」






姫逃げ上手!?


↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月20日(火)      銅賞





またまた先週土曜日にイヤな通知が届いたよ(T_T)



↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン










遅くね!?













だって引き落とし日は10日後だよΣ( ̄□ ̄;)ナント!!





忘れてた私が悪いんだろうけどさっ!!



中3の受験も終わり、3月からは新学年の授業になる。

なので通常授業料に加え、諸経費・教材費・模試費が追加されるってわけ(+_+)



しかもよくよく見たら、教材費は年額だけど諸経費は前期になってる_| ̄|○ガク・・・

ってことは9月頃には後期分の請求が来るだろう・・・

それに模試費ってヤツが1期になってるよ。

一体何期まであるのさ(>_<)

またきっと何らかの通知が来ると思われるけど、どうせきっと10日前でしょヽ(`Д´)ノプンプン








姫が学校から 銅賞の賞状を貰ってきた!!

この賞状は、冬休みの課題だった書初めのもの。

習字がキライな姫にしてはよくやったなぁ〜(^^♪ と冬休みの事を回想してみた。




冬休み初日 「習字キライだから先にやる」

習字がキライというよりも、筆やすずりを洗うのがキライみたいなんだよね。

面倒だとかで・・・(^^ゞ

書初めを始めて4枚ほど書くとすでにイヤになってきたようで他の事をしている姫(+_+)

飽きっぽくて1つの事が続かない性格なんとかしてほしい!!

で、その後また書初めをやるのかと思いきや「もうやめた」

まぁ、毎日少しずつ練習すればいっか。と私は勝手に思っていた。 勝手にね。



その後、冬休み中に書初めをしてる姿は見ていない。



結局最終日に2枚の書初めを見せ「どっちがいい?」と聞いてきた姫。

その書初めって初日に書いた1枚目と2枚目なのだ_| ̄|○ガク・・・

それって練習じゃなかったのかよっ(>_<)

3枚目からはイヤになり始め雑に書き、4枚目共々ゴミ箱行きになっていたから1.2枚目。





どっちがイイ?って言われても選びようがないし(-_-;)


「そうだっ!!名前書いてなかった」と名前を書き始めた。

その名前を1枚は失敗し、筆のせいにして怒る姫(+_+)

あぁイヤイヤ。・゚・(ノ∀`)・゚・。




そんなわけで練習のつもりで書いた最初の2枚のうちの1枚を提出したんだよね。

したらそれが銅賞ってどうよ!?

姫は習字なんて習った事はない!!  



「先生が決めたのかな?」   思わず口にしてしまった(^^ゞ

「当たり前!! 姫スゴイよね♪」  




自惚れるなっ!!

たまたまだよっ!!





↑ 日記才人投票ボタンです。



2007年02月19日(月)      ウザ男復活(-_-;)





土日と部活が無く、姫のケータイチェックが出来なかった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

その間修也とメールが続いてたのが1番気に入らない私(>_<)




↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン










ナイスアイデア(* ^ー゚)





そして問題のロックナンバー!!

またもや【15091619】になってたしっ

諦めずにやってみるものだね!!



そして前回私がロックの方法が分からなく、苦労してやっとロックするコトが出来たと思っていたのは














勘違い_| ̄|○ガク・・・







無操作のまま一定時間が経過すると自動的にロックされるようでして(^^ゞ

前回はたまたま押したボタンとロックが同時だったみたい。

あぁ、ババアになるとメカに弱くなってくるんだよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。






で、金曜の修也のメールからいってみよ〜(* ^ー゚)ノ



「おぃ〜もしォレが姫に好きって言ったらどぅする?まぁぁりぇん話だけどね〜」
 
ありえないんだったらいちいち聞くんじゃねぇよっ(#゚Д゚)ゴルァ!!

「どうしたらィィ〜??」   へっ!?

「私も↑↑って☆((笑    うそだよ。。。」

「・・・でぇ、好きな子ダレ?」

「話変えたしぃ〜〜〜☆☆今カラ出かけるからパソコンでゎメールできんゎ。ンぢゃ」

「バイ02↑↑」  ホッ!!




「ひめぇ〜」   ケータイからだよ _| ̄|○ガク・・・

「なんだぁ〜〜〜〜い=3」

「なんでもナィ〜」  ウザッ!!

「好きな子おしえてぇ〜〜!?」  続くのかよっ!!

「またぁ!?」

「またぁ〜(^^)」

「姫菜

「ウソわつかないように〜=3
 今から勉強しないといけないから早くぉわったらメェルするねぇ〜」


「ォゥ・ュックリでィィョ」




2時間半後  「ヨッ!!しゅうぅゃっ↑↑↑」

「ぅいっす」

「しゅうぅゃっ↑↑↑」

「ひめなぁ〜」

「なにぃぃぃぃ!? 呼んだだけぢゃない・・・
 好きな子教えてほしいなぁ〜


「姫菜だから何回も言わせんな」

「えぇっ!?何で!?」

「恥ずかしぃから」

「かわいい〜
 ヒメ修也のコト信じられないよ(T_T)」
   修也ウソつきだもんね(-_-;)

「何でよ↓↓」

「何かみんなに告ってるって聞いたし・・・バカかもしれないけど、
 付き合ったりするなら真剣につきあったりしたいんだぁ〜。アソビとかぢゃなくて!!
 ゴメン(T_T) 変なことゅっちゃって(+_+)」


「付き合うのは全部まじめにゃった…ぉれ、遊びでは絶対付きあわないから!!!
 ぁと好きな人にしか言わナィように心がけてるし〜↓↓ だから本当なんだょ!!」


「なんかゴメンね(T_T) アリガトッ(^^)」

「大丈夫。ャバィ程言われたコトぁるし↓↓姫菜〜同中でゎ好きな人ぃなぃんだよね(T_T)」

「本当にゴメンね(T_T) ゥン・・・他の中学の人もう諦めたけどねっ=3
 だから今わダレもいないんだぁ〜」
   やっぱりシンゴ!?

「ィィって〜気になってる人ゎ?」  今日はキレないのね

「ィナィ〜」

「てか誰にも言わないでよ!!ケンヤにも!!」

「わかったぁ〜ってか何でケンチャン!?」

「仲ぃぃぢゃん」

「そっかぁ〜(^^) おやすみ」




↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン













なんやソレ!!










やっぱり修也ってメチャメチャだ!!

取り消しなんてありかよっ!!











それに対し姫は  「わかったぁ〜」   軽っ(+_+)

まぁ、修也の事は信用出来ないって言ってたからね(^^ゞ

こんな事ばかりだから余計に信用失くすコトに修也は気付かないんだろうな・・・




その後も止めればいいのに(私の勝手な願望)修也とは毎日くだらない話で夜まで続く(>_<)


「しゅうやぁ〜  こんばんわぁ〜」

「なんでゴメンネ?」  ゴメンねなんて言ってない!!

「イロイロ」  えっ!?

「意味不」

「イミフでもいいもん」

「ふぅ〜ん」

「とにかくゴメンね(T_T)」

「ィィよ!!何かゎからないケド・・・」

「ありがとぅ〜」  和也にもこのくらい謝ってほしい!!

「ぉれスグ忘れるから・・・」

「((ワラ  老化現象?」

「かもね」

「キレてる!?」

「キレてナィっすよ。    ってゃらすなぁぁ〜」

「ノリいいぢゃぁぁぁぁぁん↑↑
 すいませぇん(>_<)  なんとなく反省してまぁす(+_+)」


「なんとなくかぃ」

「ちゃんと反省してまぁ〜す(^^)」

「ならょろしい」

「はぁい♪」

「姫菜ぉれのコト好きじゃね((ワラ」

「なんでぇぇぇぇ!?」

「なんとなく   冗談に決まッてんぢゃん」

「好きだよっ((ワラ 修也わぁ〜?」

「好きだょっ((ワラ」

「ぅちら両思いぢゃぁん↑↑((ワラ」

「だねぇ((ワラ」

「お風呂入ってくるね↑↑」

「オゥ」

「出たよっ

「おかえりっ  なんか話すことァル!?」

「修也ってキスしたことぁる〜!?」

「さぁ〜!?姫菜ゎぁ!?」

「その時って目閉じてた?開けてた?」  この前私にも聞いてきた(>_<)

「閉じるかなぁ!?」

「へぇ〜閉じてたんだぁ〜」

「姫菜ゎぁ!?」

「何がぁ〜!?」  またまた!!

「目閉じた!?」

「したことナイんで↓↓」

「したことなぃんかぃ〜〜↑↑姫菜ってノリぃぃねぇ☆
 さっきのもノリじゃね?? 聞かれたからそぅ答えたってとこじゃねぇ↑↑」


「したくても相手がイナイんだよぉぉぉぉ(+_+) さっきのって!?」

「彼氏とだょ♪さっきのってのは!!
 俺の事好きじゃねって聞いてその質問に答えた事だよ〃」


「彼氏ねぇ〜当分出来ないなぁ↓↓ それわ言えないなぁ〜」   好きなの?

「姫菜ならできるし♪ぉれも欲しいなぁ↓↓」

「出来ないよぉ〜((涙 彼女ほしいの!?」

「欲しいョォ↓↓返事は携帯にw」

「feel lonely?」




自分からケータイに返信しろと言っておきながら、修也から返信は途絶えた。




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月18日(日)      ウルサイ女






ずっと書きたい事があったんだけど、書けずにとうとう1週間が経過してしまった。

なので今日は1週間前からのお話。



にいにの友達の子供で、姫と同級生のシンゴがいる。

シンゴとは小学校低学年くらいまでたま〜に遊ぶ仲だった。

市外に住んでいるのでホントにたまにだったんだけどね。

そのシンゴと同じサッカークラブに所属する姫と同小出身者のリョウがいる。

リョウとシンゴが遊んだ時にリョウの卒アルを見て、シンゴは姫の事が分かったと親に話していた。

そんな話を聞き、先週シンゴのアドをゲットし姫とシンゴはメールしていた。

シンゴの顔を全く覚えていない姫は「写メ送って」とお願いしてたけど、

シンゴは『写メはムリ』と顔を見ることは出来なかった。

お互いの中学の話をして、その日は結構盛り上がってたように思えた。

姫的にはシンゴの事をあまり覚えていないようだったけど・・・





「シンゴはすごく優しくてイイ子」



前に姫とシンゴと他2名で遊んだときのこと。 たしか小学校低学年だった。

その他2名の中に、めっさ気が強くて超自己中のナツキがいた。

その自己中ぶりに他3名はほとほと嫌気がさしはじめた頃(みんな顔に出てた(^^ゞ)

またナツキのワガママが始まったのだ!!


「ナッちゃんが1番にやるの!!」

その時姫はどうしても許せなかったらしく、姫とナツキはケンカになった。

姫はジャンケンで順番を決めたいようで、ナツキからというのが気に入らない!!

でもナツキはジャンケンはイヤだと言う。



↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン






理由が理由になってないところが笑えるけどね(^^♪




そしてジャンケンすることもなく姫の次にナツキで、シンゴの言葉にナツキはふて腐れながら納得。

他2名は順番なんてどうでもよかったんだろうね(^^ゞ

姫とナツキのケンカは、なんとか丸く収まったことがあった。





この時の話を姫は全く覚えてなかったようで、私が話し終わると

「シンゴ、カッコイイ〜(〃▽〃)キャー♪」   過去話で惚れた!?




そして2日後にまたシンゴにメールをした姫。

でもシンゴからは返事が来なかった(+_+)

きっとサッカーかもしれないと姫は言っていた。



そしてまた翌日、「チョコもらえた〜?」とメール。

でもね、またシンゴからはメールが来なかったんだよね_| ̄|○ガク・・・

次の日も次の日も・・・

姫はもうシンゴに送らなくなったけど、シンゴから返信がないコトを気にしてるようだった。






姫、シンゴにも毒吐いたのか???






12日からまた私の1番嫌いな修也とのメールが復活してる(-_-;)

先週は毎日修也とメールなので、私はまたケータイ止めたくなってきたりしてるんだよね。

でも、シンゴからメール来るかもだし・・・と思いとどまる。

それに修也とのメールでまた好きな人の話になり、「同罎帽イな人はいない」と言っていた姫。

そして「気になる人はいる」と!!









やっぱりシンゴか!?






でも姫はシンゴの顔知らないんだよね(>_<)








そして今日、シンゴパパから新情報。

シンゴがリョウに『鈴木姫菜ってどんなヤツ?』と聞いたらリョウは









「顔はイイんだけど・・・













ウルサイよ








それでシンゴはシカトしてたんだろうか???




「くっそぉ〜!!!!! リョウのヤツ余計なコト言いやがって!!」

姫、超怒りモードです(+_+)




でもね、姫の卒アルの寄せ書きのページをみると納得出来るのだ(^^ゞ

男の子のほとんどが同じコトを書いてくれてる。




いつも明るくて楽しかったね

気さくで明るくて元気だったね

明るくていつも笑ってて話しやすかったよ

いつも大声で話して目立ってたね

リアクションが大きいけど、そこが面白い

いつも元気で明るくて声がデカイ

声がデカくてウルサイときがあったけど話しやすかった

悪口いうとすぐに大声で追いかけられるけど楽しかった


共通点は・・・









声がデカイ・うるさい







しかも今の担任にも『いつも笑ってて明るいけど、声がデカイ』と言われるようで(-_-;)






その話を聞き姫はにいにのケータイからシンゴにメールしてみた。

「今何してる?」

すると1分も経たないうちに「勉強してる」と返事が来た!!



「シンゴのヤツ、姫には返事くれないのにムカつくぅぅぅぅ」

そしてそのままにいにのケータイからシンゴにメールする姫。

すると内容で姫とわかったシンゴは「この前ゴメンね。サッカー行っててメール出来なかった」と。

う〜ん・・・・どう見ても言い訳だなっ!!

勉強してるみたいなので邪魔したらダメだからと今日は数通で終了。



↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月16日(金)      謎のフォルダ





おそらく姫は和也に未練があると思われる(-_-;)

先日も姫との会話で私は確信したわよっ!!



フィールドワークのコトが学校からお便りになってきた。

何組かのグループに分かれて、いろいろな会社訪問をするフィールドワーク。

その時はみんなチャリで学校に行った。


「ヘルメットをかぶらない生徒、改造自転車に乗ってきた生徒」 の事がお便りに書かれていた。



「改造自転車って!? ちょっとハンドルとか変えてるだけでしょ?」

「でもそれはダメなの。チャリ没収されてチェーンで自転車置き場に縛られてた。
 だからその人達は自分が訪問する会社まで走ってたもん」


「大変だねぇ〜!! それって誰?」

「カズマとか・・・」

「カズマかぁ〜。カズマってそんなヤツだっけ?」

「うん。あと和也もそうだった。
 カズマは比較的近い会社だったけど、和也なんて市外の会社だったんだよ。
 あんなに遠くまで走って行ったなんて、あの人大丈夫なのかなぁって・・・」




和也を心配する姫(^^ゞ

普通別れたらそんなコト思わないけどね。

でもまたココで私がいろいろ探りを入れると「お母さんウザッ」って言われるのでガマン(>_<)

てか、こーゆー素直な気持ちを和也にメールしたらいいのに、姫は出来ないんだよね(-_-;)







そしてここから昨日わからなかった送信メールの続き!!


「女子結構交換してるらしぃヨォ↑↑」  チョコの話ね

「ぅんっ 作るの面倒だったからぁ〜」  姫じゃ作れないよ^_^;

「彼氏がいればあげられるのにねぇ〜 作らないの!?」

「和也わ好きな子出来た?」

「姫菜はできたの??」  また探りあい

「秘密  和也わぁ〜?」  イナイだろっ!!

「まだ少しだけ姫菜が頭に残ってるよ↓↓ 姫菜は??」

「ヒメもぉ〜」  おぉ〜↑↑

「でも姫菜すぐに男できそうだね」   ムリだからっ!!

「そんなに男好きぢゃないからっ!!
 つーか勉強しなきゃいけないから早く終わったらメェルするねぇ〜↑↑」


「ちゃう◆.皀謄襪らさッ!!  待ってます」



3時間後・・・「かぁぁぁずぅぅぅやぁぁぁぁぁ  ぉわったぁ〜

「おかえりィ」

「ただいまっ」

「ゴメンヨォ今日チョー眠いからまた明日メェルするね オヤスミ」

「オッケェ↑↑ おやすみ」




やっぱり和也が『待ってる』ってのはチョコじゃなくてメールだったのね(+_+)







↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン









私も予想外の展開にビックリしたし^_^;






そんなわけで、昨夜の和也メールもいってみよ〜(* ^ー゚)ノ


「今日塾だよね!?」  やっと塾の曜日学習したね

「そうだよ((汗」

「じゃぁ終わったらメェルしようねぇ」  わぁい↑↑

「わかったぁ〜 おわったらメェルするねぇ〜」




「ぉわったよぉ〜 起きてる?」

「起きてるよ 塾お疲れ

「起きてるのっ=3 珍しい〜 なんちってぇ((ワラ
 めっちゃ疲れたぁ(>_<) まだ学校の勉強あるしぃ〜(+_+) 和也ってよく髪の毛触ってるよね」


「しっかり塾やってきた!?【ワラ そうかな!?よく観察してるね(^^)【ワラワラ」

「ちゃんとではないけどやってきたよ(^^)
 観察日記でもつけてみようかぁ〜w 髪そんなに気になるの?」


「つけたらオモシロソウだね【ワラ なんか触っちゃうんダヨォ

「へんなのぉ〜 おふろ入ってくるぅ〜=3」

「ヒメも観察してるとかカワイイシィ↑↑【ワラ  アイネ」



相変わらず姫のメールってカワイクないね(T_T)

毒吐きまくりってカンジで・・・



「全然だしぃ〜(>_<) バカ丸出しだしっってカンジぃ〜(+_+)
 持久走タイムいくつだった?」


「距離違うしタイム覚えてないヨォ↓↓」

「距離違うのくらいわかるよっ=3 音楽室から見てたぁ(^^)」

「今日走ってたやつ!?」

「(^^)」

「意味ワカンナイィ【ワラ」

「うんっ(^^)」

「オモシロイネ!! じゃぁまたメェルするね(^^) オヤスミZzz」  面白いか!?



『明日』じゃなくて『また』だからしばらくメールはくれないのね(+_+)





ケータイロックは解除されてたけど、受信メールの中で1つのフォルダだけはまたロックされてた。

これがちょっと気になるんだよね!!

ちなみに和也のメールは普通に男の子のフォルダに入ってたもん。

ロックされたフォルダに入ってるのは誰のメール!?





あっ!!

ってコトはロック忘れたわけじゃないのかな???

今もロックされてる1つのフォルダだけは誰にも見られたくないだけ???

やっぱり毎回セットや解除繰り返すコトに、面倒くさがりの姫はイヤになったコトもありえる。




↑ 日記才人投票ボタンです。



2007年02月15日(木)      上4ケタ解読成功!!






洗面所の鏡の前で何気に髪を触ってみたら、異常なくらい白髪が大発生してた(>_<)

髪の内側にチラホラと出始めたことは知ってたんだけど、

今日発見したのはツムジ近辺の表面だよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

普通35歳ってこんなに白髪ある!?

確かに普通よりかなりいろいろある人生だけど、苦労の白髪なのか???

抜くと増えるとか聞くし、どうすりゃいいのさ_| ̄|○ガク・・・






昨夜、姫のケータイのロックナンバー下4ケタが発覚。

上4ケタもだいたい想像ついてたから待ちきれなくて待ちきれなくて・・・


















姫が入浴中にやっちゃった(^^ゞ






ロックナンバーはもちろん【1509(姫の番号)1619(和也の番号)】で入力!!


やっぱりその番号はドンピシャなわけで、あっさりメールが見れちゃったのよ( ̄ー ̄)ニヤリ


でも昨日はバレンタインってこともあって、かなりのメール数!!

送信メールだけでもかなりの数で和也のものだけチェックしてみた。




「髪切ったんだねぇ〜♪ チョコ何個もらったの!?」  送信は姫から

「髪似合わないでしょ((涙
 チョコ今日持ってきたらダメなんじゃない!?でも1個もらった(^^)v」


「よかったじゃ〜ん♪ 誰にもらったの?」  

「秘密だヨォ〜!!12日に手渡し〜」

「えぇ〜女の子?」

「当たり前じゃんッ!!」

「その人趣味悪いね((笑 食べた?」  毒

「姫菜くれないのぉ〜((笑 ウマカッタよ」



前に和也は、好きな子からのチョコじゃなきゃ返すような話してたのに、

チョコ食べちゃったってコトは本命からのチョコだったのかなぁ〜(-_-;)

これには姫も少なからずショックを受けたんじゃないかな???

だから毒で攻撃してるんだろうか・・・素直じゃないから可愛くない姫(+_+)





おっと!! 今姫は入浴中なので危険危険!!

残りは明日の朝にするとして、もうこの辺で止めることにした。








が!! 






問題発生(((( ;゚д゚)))アワワワワ






















ロック解除したのはいいけど、セットの仕方が分からないのよ(T_T)




見るときに毎回解除するだけかと思っていたら、再びセットしないと普通に見れちゃうんだもん!!

これはヤバイ!!

早くしないと姫がお風呂から出ちゃうよぉ〜!!







それともそのままにして姫がセットし忘れたことにしちゃう?

だってまさか、8桁のロックナンバーを私が解除出来るとは思わないだろうし。







でもなぁ〜、セットの仕方を覚えないと朝も見れないし(>_<)






ケータイ片手に格闘してたら、なんとかロックをかけるコトに成功(^^♪

よかった!!

これで何も疑われるコトはない。







↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン













ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!









何でなのよっ!!

せっかく・せっかく・せっかく解読したのにぃ〜。・゚・(ノ∀`)・゚・。






そんなわけで和也からの受信だけで推測


「くれないじゃんか!! ヒメも貰ったでしょ〜!?」

チョコ? もらわないよ

「女子結構交換してるらしぃヨォ↑↑」

友チョコってやつ!?

「彼氏がいればあげられるのにねぇ〜 作らないの!?」

ムリだし(T_T)

「姫菜はできたの??」

出来るわけねぇ!!  てか好きな人の話かな?

「まだ少しだけ姫菜が頭に残ってるよ↓↓ 姫菜は??」

メチャメチャ思ってます!! ロックナンバーが和也の番号だもんね(^^ゞ

ここで姫、素直に言ってればいいのになぁ〜!!

「でも姫菜すぐに男できそうだね」

んなことないっ!!

「ちゃう◆.皀謄襪らさッ!! 待ってます」

待ってますってチョコ???   姫、和也にあげるのかな(^^♪





でも多分違う↓↓  ここで3時間ほど勉強のためメールストップ。

なのできっと『勉強するからまた後でメールするね』とか送ったんだろう・・・


「おかえりィ」

「ゴメンヨォ今日チョー眠いからまた明日メェルするね オヤスミ」



まだ23時前なのに・・・

でも『また明日メールするね』ってのに期待しちゃうよっ(* ^ー゚)ノ




でも姫は何かしらで機嫌を損ねたんじゃないかな???

それか和也がチョコもらって美味しかったとか言ってたコトにショックだった???



じゃなきゃ、ロックナンバー変えないでしょ〜(+_+)

もう和也の数字は使われてないだろうし・・・



↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月14日(水)      うひょぉぉぉぉぉ!!!!






今日はバレンタイン

学校でも持ち物検査があったりで、学校でチョコを渡すのには苦労するらしい。

でも姫は誰にもあげないっぽい(-_-;)




で、どっちからメールが始まったのかは不明(送信見れないから)なんだけど、

今日はまた1週間ぶりに和也とメールしてるんだよね♪

まぁ他からも『チョコくれよ〜』なんてメールは来てるけど・・・



それにしても送信見れないから面白くない_| ̄|○ガク・・・

ここにも書けないし。







↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン














Ψ(`∀´)Ψケケケ













ロック解除出来る日は近いぜ!!












あと残る解読は上4ケタ!!












その上4ケタもだいたい想像はついてるんだよね〜♪












ちなみに下4ケタは【1619】     











何なんだ!? この組み合わせは・・・・・












考えるコト数分でヒラメキ!!












この数字は和也の数字  1年6組19番













てか、和也絡みって事にビックリしたよ( ゚Д゚)ヒョエー












すると上4ケタは姫の1509なのか!?












それともまた和也絡みで誕生日の4ケタとか!?












明日の朝は解読のために早く支度しなくっちゃ(^^)v




↑ 日記才人投票ボタンです。



2007年02月13日(火)      いいかげんにしろっ!!







↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン











こんなすぐに来るとはいくらなんでも予測できなかった(>_<)

しかもまた会社だし(T_T)







「どうだった?」

「何が!?」

「Wiiに決まってるだろっ!!やった?」

「うん」

「ソフトは買ったの?」

「買った」

「何買った?」  どーでもいいだろっ!!

「スポーツ」

「姫菜もやってる?」

「うん。ありがとうって電話しなって言ったらヤダって」


一応姫に言ったけど、あんなバカと話なんてしたくないと・・・やっぱりヤだよね(>_<)

姫にかなり嫌われてるコトアピールしようとわざわざ言ってやった!!


「バカヤロー!!なんだよっ((笑 オレが買ったソフトってゲーム出来るの?」


ヤツはそれほど気にしないようでゲームの話ばかり(+_+)



「うん。くだらないヤツが9種類入ってた」

「あれってゲーム以外にも何か出来るんでしょ?」

「出来るらしいけど、まだゲームしかやってない」

「ふ〜ん。じゃあね」




私仕事中なんですけど!!

そんなコト何も考えずに自分の思いつきですぐに電話してくるから大迷惑(T_T)




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月12日(月)      別れの理由






3連休ですっかり狂った睡眠時間

気付いたら昼で二度寝して14:30

あぁ、ダメダメな私(-_-;)





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン



















Σ(゚△゚;)










突然こんな質問してくるなんて何かあったのか!?





「閉じるよ。でもたまに開けてる時もある。
 したら相手も開けて目合ったりとかして笑っちゃうとかね」


「えぇ〜!!開けないよ。お母さんエロイ」

「だってキスしてる時の顔とか見たくなったりするから。
 で、相手も開けるんだから、目開けてる人もいるんだよ」


「姫はイヤだなぁ〜。ファーストキスっていつだった?」

「中2だよ。コウジだから」


私は中2の初めから卒業後までずっとコウジと付き合ってた。

その話したら姫は私の卒アル見たいって言ったから見せたし、コウジの話は前に姫に話してあった。


「どこで?」

「保健室」

「学校かよっ!! ありえねぇ〜」



あぁ、懐かしいなぁ〜!!

私だってあの頃は純粋で夢見る少女だったのよっ♪

でも残念ながらファーストキスの味はタバコの味で、夢見るどころじゃなくなったけど・・・

それにしてもナゼ今こんな質問なんだろ???




「姫はもうファーストキスしちゃった?」

「してないよぉ〜!!」

「だって和也と何ヶ月か付き合ってたじゃん」

「アノ人とはしたくなかった」

「ヒドイねぇ〜!!和也かわいそっ」

「お母さんっていつも和也ばかりヒイキしてムカツク((怒」

「だって、別れの理由が何か合わないだけでしょ?
 それに付き合ってるのにキスしたくないとか。和也には同情するもん」


「理由は他にもあるの!!ヒメすご〜〜〜くガマンしたんだもん。
 その話Kにしたら、『私じゃそんなにガマン出来ない。ヒメすごいね』って言ってたし」


「それならわかるけど、姫がお母さんに全部話さないから知らなかったし」

「そのイヤな部分がどうしても許せなくてガマン出来なくなったの」

「でもね、誰でも完璧な人はいないよ。
 人間誰でもすべて合うわけじゃないからね。少しは挫折しなきゃ」


「だからすご〜くガマンしてたって言ったでしょ!! おやすみ」






逃げられた(+_+)





もう少し引っ張って和也の『すごくイヤな所』を聞き出そうと思ったのに・・・

会話をさりげなく持ってくよりも、直球で「何がイヤ?」と聞けばよかったよ。





↑ 日記才人投票ボタンです。



2007年02月11日(日)      喜んでくれてる!?





今日は母の3回忌だった。

お兄さんとお姉さんも遠くから来てくれた。

見るたびに思うけど、姉の愛子さんは母にソックリなのだ!!

そんな愛子さんを見てると、母が生きてる時に会わせてあげたかったと思う。

そしたら母も愛子さん&りょうさんに直接謝る事が出来ただろうし・・・

ちょっと切ない1日だった(+_+)





今回の法事はもう3回忌ということもあり、親戚関係だけの集まりだった。

でも義姉の兄弟も来てくださった。

その義姉のお姉さんがとても驚く発言をした。


『お母さん、とても喜んでるわよ』


何の事なのか分からず( ゚Д゚)ポカーンとしていた私。


「和尚さんがお経を読んでるとき、身体で感じることが出来るのよ。
 お母さんが見えるとかそーゆーのじゃなくて・・・でもお経の間ずっと身体に感じる。
 お母さんが喜んでいる事を身体が感じるのよ。ありがとうって・・・」









( ゚Д゚)ヒョエー







スゴイ人だなっ!!

霊感とかあるのかな!?



私は全然感じない。

夢に母が出てくることも1度もない(-_-;)



「特に親しい人だから感じるとかでもないのよ。
 自分でもよく分からないんだけど、時々あるの。
 前にもダンナの従兄の葬儀に出席したとき、葬儀中その方が起き上がってみんなに挨拶したのよ。
 誰一人気付かなかったけど、私には見えたの。
 その人が起き上がり、みんなにありがとうありがとうって頭を下げ始めたの。
 それほど交流があったわけでもなくて、ダンナが入院中で私が代わりに出席しただけなのに」



こんな話を聞くと、母が喜んでるってのもきっと本当なんだろうと思えた。

わたしももっと真剣にお経を読んだほうがいいのかな???


こーゆー能力、私も欲しいなっ!!







法事終了後にいにに、姫のケータイがロックされてメールが見れない話をした。

姫のメールはみんな見たいんだよね(^^ゞ




その後ちょうど姫も来て、また誰かとメールしていた。

「また姫はメールばっかりしてるのか?」

「そんなコトないよ・・・今始めたばっかりだもん」

そして姫のケータイを覗き込むにいに。

「Kちゃんって女? ありがとうって本文はそれだけなのかよっ!!」

「普通に女の子の名前だしぃ〜」

「ちょっと見せてよ。俺姫のメール見たいもん」  


そう言い姫のケータイを借りるにいに。

大胆行動ね(^^ゞ








「何コレ!?何も出来ないよ」  ちなみににいには機械音痴(>_<)


何も操作出来ない姫のケータイ

「見られないようにロックしてあるから」

「じゃぁ〜姫の誕生日から・・・・0102・・・あと4ケタは・・・3756!!  ダメじゃん」

適当に数字を入れ解除しようとするにいに(^^)

「全然違うもん」   ケータイ触られても余裕の姫

「なんでわざわざこんな事するわけ?教えてよ〜俺姫のメール見たいしっ!!」

「そんなコトしてるってコトが怪しいよっ!!」






↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン








あぁ、そーゆー理由だったのね。

前にもちょっと聞いた事があったから、そうかな?とも思ったんだけどね。

でも遊ぶ時だけでよくない!?

つーか、是非そうして欲しいもん(-_-;)





↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月10日(土)      とうとうこんな日がきてしまった(>_<)





昨夜和也からメールはなかった。

別れたんだから毎日はこないだろうけど、やっぱり寂しいな。

これからは週1くらいになるのかな???





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン













キタ━━━ヽ(-_-,,)ノ━━━!!!!












早かれ遅かれこんな日はやってくるとは思ったけど_| ̄|○ガク・・・






昨日までは受信メールだけだった。

でももう送信メールも着歴もリダイヤルもアドレス帳もすべてロック!!

やっぱり私疑われてるのかな!?


これからは転送かかってる受信しかわからないから、話がよめなくて面白くないよ(-_-;)







そして今朝またヤツから電話があった。

Wii買えたのかな???


「お前の車、ロック解除しておけよ」

「買えたの?」  まだ9時だよ

「まだだけど買えるから。俺夜中3時からずっと並んでるんだぜ!!
 だから2番だし。10時に店開くから買ってそのままそっち届けるから」



おぉ〜!! やるじゃん!!

てか、並んでる人に抽選券配って抽選とかじゃないのかなぁ???

早く並んだ順に買えるの???





すると10時10分くらいにまた着信。


「車の中入れといたから。一応ロックしたけど早く出せよ。
 リモコンとセットの付属ソフトがあって、それで少し遊べるみたいだから買ったから」


「リモコンは本体に付属してるんじゃないの?」

「1つはついてるけど2人で遊ぶともう1つ欲しいと思って」

「ありがとうございます」

「おう、じゃあね」






今日はとてもあっさり電話を切った。

いつもこうならいいんだけど・・・











Wii本体+はじめてのWiiパック

おそらく合計金額 29800円と思われる。

使っていいんだよね!?  もらったんだよね!?

怖すぎる(((( ;゚д゚)))アワワワワ





↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月09日(金)      何考えてるんだろ・・・ 






強制執行もやっと終わり、あとは毎月の入金を待つだけになった。

てか、まだ終わってないのか??? 毎月報告しなきゃいけないからね(>_<)

でも気持ちはかなりスッキリした♪



昨日は書けなかったけど、夜ユウキに電話した。

一応終った事を報告したいし、またヤツが勤務先変わったら調査してもらうつもり(^^♪

ヤツから電話があった内容を話すと、ユウキは呆れていた。

まぁ誰もが思うだろうけど・・・・・


「これからはあんまり溜め込まないで何でも話せよ。いつでも電話して!!」


私溜め込んでたのかな!?

強がりな私の性格見抜いてる???



でも弱ってる時にユウキの言葉は素直に嬉しかったよ・・・ありがと(* ^ー゚)








そして今日会社にヤツから電話があった!!

私はヤツに自宅電話だけでケータイを教えてない。 

会社にまでかけてくるなんて、何か急ぎの用なのかな???





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン











へっ!?  Σ(@∀@-;)












何考えてるのか全く理解出来ません!!

しかも昨日の今日でこの電話(-_-;)





「欲しい」   即答よ!!

「もしかしたら明日朝並べば買えるかもしれない。6台あるから。ソフトは何がいい?」

「知らないからいいよ」

「じゃあ自分で買って。明日買えたら電話するから」




朝からじゃなく今夜から並べ!!って言いたかったけどね(^^ゞ

まぁ、期待はしないでおこう。





それにしても【Wii】って25000円じゃなかったっけ?

金あるんだったら普通に養育費の未払い分として払ったらいいのに。

したら残金も減る。  でもヤツはお金で払いたくないようだ(>_<)




物品じゃプレゼントだからもらっちゃうだけだよ( ̄ー ̄)ニヤリ










和也のアド変更事件後、アドレス帳から和也は消されて終ったと思っていた。

先週日曜からずっとメールもこなかったので、もしかして拒否登録?なんて思ったりもした。

でもそれが今日来たのよ!!  和也から



「久しぶり」  (〃▽〃)キャー♪

「今塾だからぉわったらメェルするっ」


姫は返信しないと思ってたけど、予想に反してウキウキしてるっぽいよ_| ̄|○ガク・・・


「ぉわったぁぁぁ〜久しぶりっ↑↑」

「塾お疲れ様〜↑↑ 今日遼平ウケたでしょ((笑」

「みんな遼平の話だね(+_+) めっちゃウケタし↑↑ コケる前からずっと見てたからね」

 ケンチャンもヒデも遼平のコケた話してきたからね

「カッコつけようとしてたけど残念!!みたいな((笑」

「コケた時メッチャ笑っちゃった(^^) 今からオフロ入ってきまぁす

「いってらっしゃい」

「デタヨォ〜↑↑」

「姫菜彼氏できた〜!?」

「できるとぉもぅ〜(T_T)  和也わぁ〜?」  何で(T_T)

「できないヨォ〜↓↓ マヂデキルの!?!?」

「マジデキルの!?!? って何?」

「できるとおもう〜(T_T)って言ったじゃん!!」

「ゅったぁぁぁぁぁ(+_+) 和也勘違いしてる(T_T) ヒメわヒメに彼氏わ出来ないってゅったんだよ=3
 好きな人わぁ〜?」
  勘違いじゃなくてヒメの言葉が違うんですけど

「そっかぁ〜↑↑ 姫菜は好きな人いるの!?」

「ヒミツ 和也わぁ〜?」

「いるか教えたら教えてくれる!?」  また探りあい(>_<)

「ゥンッ

「いるヨォ〜  姫菜は!?」  いるのね(T_T)

「まぢぃぃぃぃぃ↑ 誰02!? ユウナ!?
 ヒメわビミョーかな(+_+)」
  だってこのアドじゃユウナっぽいもんね

「姫菜〜〜 なんちって・・・」   誤魔化された(-_-;)

「つーか、ヒメも早く和也を諦めなきゃ(+_+)」  自分からフッてまだ好きなの??

「姫菜あきらめたいと思う?」

「和也ヲォォォォ!?!?」

「うん」

「諦めたいとは思わないよ(+_+) ケド、諦めなきゃダメだんだよねぇ〜」

「なんで〜〜〜〜〜〜〜」

「何で〜?って何が!?」

「なんでアキラメナキャいけないの!?って事↑↑」

「だって和也が迷惑ぢゃん(+_+)」  どして???

「全然迷惑じゃないよ〜」  だよね

「つか、和也わ何が言いたいの!? ヒメに質問しすぎだしぃ〜」

「なにか言いたいんだと思うんだけど、よくワカラン(T_T)(T_T)
 質問しすぎたぁ〜ゴメェェン↓↓」
  すぐ謝るとこ変わってないね^_^;

「う〜ん=3 それならヒメわもっとわかんないよぉ〜 全然ィィよっ

「ヒメ前より優しくなったネ

「何ソレ((怒 前は優しくなかったってコトね」

「前よりだから前も優しかったよ

「ムリすんなっ」

「優しくなくて惚れるか!?」

「わかんなぁい

「なにそれ((笑 おもしろいし・・・」

「??? 何がオモシロイの???」

「意味不明な答え返してきたから〜」

「意味不かなぁ〜!? 
 わかんないからわかんないってゅっただけなんだよなぁ〜=3」


「そうですかぁ〜 じゃぁ最近寝不足だからもう寝るね・オヤスミZzz またメェルします」

「オヤスミィ〜Zzz ぢゃメェル待ってるね(^^)」



毎日メールするよりも時々の方が姫は優しいんじゃないかな???



↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月08日(木)      決戦日終了





今日はいよいよ決戦の日。

昨日ヤツが電話で言っていた「社長はお前と会わないって言ってる」はやっぱり嘘。

家を出る前に電話を入れると社長さんは『待ってます』だったし。

9時着を目標に家を出て、ヤツの会社へ向かった。

事前に地図で調べておいた場所近辺にいるのだけれど、どうしても会社がわからない(>_<)

同じ道を何回も往復してるのにナイ!!

何でなのよぉ〜。・゚・(ノ∀`)・゚・。




時間に遅れそうなのでユウキに電話してみた。

「おう、ちゃあじゃん!!元気ないけどどした?」  私暗かった?

「今ね、ヤツの会社に向かってるんだけどどうしても会社がわからなくて・・・
 おそらくこの近辺にあると思うんだけど」


「今どこ?」

「青田町のセブン」

「その道を西に向かうとすぐ左側にあるよ」

「それがその道をさっきから何往復もしてるんだけどないの」

「あっ!!そういえば今工事してたような気がする。隣はアパートだよ」


そういえば工事中の建物があった。

工事中なので建物すべてがネットで覆われていて、看板も何も見えなかったもん(-_-;)


「わかった。ありがとっ」

「俺、今から電話しておいてあげよっか?」

「いいよ。社長さんにさっき電話してあるから。ありがとう」

「おう!!じゃあ頑張れよっ」


またユウキに助けられた(^^♪

その後すぐに会社に到着。  だって200Mくらいだったもん(^^ゞ






会社に着くと応接室に案内された。

社長さんは話をしたイメージ通りの優しそうな笑顔で迎えてくれた。




「昨日ね、彼と話をしたよ。すごくいい人じゃないか」









エェェェェェ Σ(゚Д゚;)






社長さん、ヤツの本性見抜けてないです!!

人当たりがいいのは分かってるけど、会社でもまだネコかぶってるんだぁ〜(+_+)


「彼は虚言癖があります。
 昨日私の所に電話してきて『社長はお前と会わないし払わないって言ってる』と言いましたよ。
 それに今日で会社辞めるとも言ってましたから」


「でもね、彼はあなたの事を一切悪く言わないよ」  だって私に非はないからね!!

「私の所には電話で1時間半以上も攻撃してきましたよ。外面がいいだけです」




「この前も話した通り、やっぱり給料の半分を差押える事は出来ない。
 それに今彼に辞められると会社も困るからね。さてどうしよう」


「社長さんの思いは理解できますけど、私は彼を許せません。
 生活に困るも何も実家暮らしで食べさせてもらってる身です。
 なので給料の半分は確実に差押えてもらいたいです」


「でもね、今彼が会社を辞めたらまた裁判所へ行かなきゃいけないでしょ。
 そんな何回も大変じゃないか。だったら少なくても確実にもらえた方があなたもいいと思う」


「最初から何回も強制執行をする覚悟でやってます。
 早かれ遅かれ彼は仕事が長続きしませんから辞めますよ。
 早く人を募集しておいた方がいいと思います」


「だからそれは困るんだよ。人を募集してもなかなか続く人はいない。
 仕事を覚えるまでは何ヶ月もかかるし、すぐに辞めてしまう人もいる。
 金額は例えば7万としたらそれは私が確実に責任もってあなたに振込みますから」


「でもここで彼の思うとおりにするとまた甘えが出てダメなんです」



〜〜〜以下、ずっとこのような話の繰り返し〜〜〜



気がつけばもう10:30を過ぎていた(>_<)



「彼のお給料を差押える事は、一応彼の許可をもらいたいんだよ。
 いくら裁判所からの指示でも、私はそこまで勝手に出来ないし、したくない。
 それは彼が働いて得たお金でもあるからね。
 だから彼を交えてもう1度話して、振込める金額も相談しましょう」


どうにも話がまとまらないので、そうする事にした。

結局、私が折れるしか方法はないのだろうか???




社長は事務所に行き、ヤツが何時に帰社するのか聞いていた。

「15時にまた来れる? 明日でもいいけど・・・」

「はい」

「じゃあ15時〜15時半くらいの間に来て下さい。
 僕から彼に話をしておくから、3人で話しましょう」






帰り道、ナゼか涙が出てきた(T_T)

悔し涙なの!? 自分でも分からない。

涙がどんどん流れて止まらない。

法律は味方してくれないよ・・・司法書士Nさんの言葉を思い出した。

今頃実感したよ。





午後になるとどんどん気が重くなる(+_+)

今日の私はかなり弱ってる。 でも負けたくない!!  

社長さんや会社に迷惑をかけているのは悪いけど、ヤツの思い通りに進むのが気に入らない私。

ヤツの給料を半分だけじゃなく、すべて差押えたいくらいだ!!





重い足取りでヤツの会社へ向かう。

時間はピッタリ15時だ。  ヤツはここに居る。

事務所から応接室へ案内され入ると、社長さんとヤツはそこに居た。



「そこに座って」と社長さんが指した場所はヤツの隣。

「イヤです」

二人掛けソファーに並んで座るなんて絶対にイヤ!!  近づきたくないもん!!

いきなりそんな態度の私にヤツは苦笑い。ヤツを睨みつける私。

私のワガママに社長さんが気を遣い、社長さんのいた場所に私が座り、社長さんがヤツの隣になった。

いわゆる私が上座ってヤツね(^^ゞ




「じゃあ話してよ」

いきなり二人で話をしろって???

社長さんはどこまでヤツに話してあるのか全然わかんないのにぃ〜(-_-;)




↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン





やっぱりね(+_+)

これは調停の時も同じだったし、そーゆーヤツというのはわかってる。

昨日とは別人なんだよね。

あぁ、昨日の会話をボイスレコーターにでも録っておきたかった!!

是非、社長さんにお聞かせしたいわぁ〜。



「月々いくら払えるの?」  ケンカ口調

「5万かな」

「5万!? ってことは養育費4万引いたら1万が未払い分の分割かよ。
 27万あるから2年以上もかかるんですけどっ!!」


「ボーナスでも払えるから」

「ボーナスも半分差し押さえ出来るからね。で、いくら払えるの?」

「3万」








ふざけんなっ!!








てか、この業界でボーナスあるって事はいい方だな。

だとしたら、ボーナスと言ってもわずかな金額かもしれない。




「じゃあさ、その5万を給料から引いて、
 会社の方でちゃあちゃんさんに振込みしてもいいかな?」


「はい」  ヤツはペコペコ頭を下げる

「それは今月末の給料からで大丈夫?」

「はい」  ペコペコ頭を下げる

「ホントにいいんだね?会社辞めないでよ」

「はい」  ペコペコ頭を下げる



てか、いつの間にか5万になってないか!?

でももう私は金額はどうでもよくなってしまった。

回収できるんだから、もういいや的考えに変わってきたのだ。

別人のヤツを見てると情けなくなってきた。

夜私に電話してきた時は、確実に酒が入っていた。

酒の力を借りないと何も言えない小心者のちっぽけな男なのだ!!



「ちゃあちゃんさんもね、確実に毎月もらえた方がいいでしょ?
 そこは会社の方でしっかり振込みますから、長い目で見てやって下さいよ。
 
 何だかんだ言っても、1度は結婚した仲の二人なんだから」






「それが私の人生最大の汚点です。

 1番消したい過去なので思い出したくもないです」




「ガハハハハッ。そうそう、仕事辞めたらダメだよ。
 ちゃあちゃんさんは何回も強制執行しそうだからね」



またもや苦笑いのヤツ。

相変わらず借りてきた猫状態・・・それよりも招き猫の置物だ!!


「しそうじゃなくてしますからっ!!
 会社変えたらまた迷惑掛けるし、自分の恥を晒すことになるんだからね」


招き猫の置物のヤツは言葉を発することができないようだ。

「じゃあ会社から振込みますから振込み先教えてくれる?給料日は月末になるから」


私はバックの中の通帳を出しながら気付いた!!

強制執行の未払い金は12月分までの養育費なのだ。

今月末の給料からとなると、1月分の養育費も未払いに加算されることになる。


「今月末になると1月分が未払いになるから、今1月分をもらいたい。
 昨日15万払うって言ったんだから、4万くらいチョロイだろ!? 払えよ」



「払えるの?大丈夫?」  心配する社長さん

「はいはい。大丈夫です大丈夫」 財布を出す

バッチリ4万出してくるヤツから受け取る私。

「領収書とかもらわなくて大丈夫なの?」

「あっいいです。大丈夫です」

「私こんな4万ぽっきり、ごまかしたりしませんからっ」

無事に1月分を回収出来た。  だけどまだまだ先は長い(-_-;)


そして面倒なことに回収するたび、裁判所に報告をしなければならないのだ。

郵送OKだけど・・・








そういえばヤツの財布がヴィトンだったので昨日の会話を思い出した!!


「俺、いい値段つくモノたくさん持ってるからお前にやるよ。
 それを質屋に持ってって金に換金しろ。金が欲しいんだろ?」


「お前が換金して私に金を払うのが普通じゃね!? アホか!!」

「めんどくせぇ」



昨日のヤツは今日とは別人だ!!

モノでもらったらプレゼントとみなすし、養育費未払い分には入れないよ。

しかもいくらで換金したかもウソつける。




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月07日(水)      来た来た!!






いよいよ明日は元ダンナの会社の社長さんとの面談の日だ!!

すると、ヤツから電話があった(>_<)

今更遅いよ!!


ディスプレイにヤツの名前が表示されてたけど、ゲーム中で手が離せないのでシカト。

すると2〜3分後にまた着信。

そーいえばヤツってシツコイんだよね(+_+)

まだまだゲーム中の私はまたシカト。



したらまた30分ほどしたら着信。

電話に出るまでずっとかけ続けてきそうなので、イヤイヤ出ることにした。



「もしもし」

・・・・・・・・・・  無言かよっ!!

「もしも〜し」

・・・・・・・・・・


こっちは相手分かってるんだけど、ヤツは嫌がらせでもしてるつもりなのか???

切ろうとした時やっと話し出した。

「お前さぁ〜、何やってんの? どーゆーつもり」   相変わらず態度デカイ

「はぁ?こっちのセリフだぜ!!てめえが金払わねぇから悪いんだろっ」

「こんなことするから会社も迷惑してるんだぜ」

「履行勧告2回も無視するからこーなっただけで、
 その時の勧告通知にもちゃんと強制執行の事は書いてあったはず。当然のこと」


「明日社長に会うの?社長は迷惑だから会わないし、お金も払わないって言ってるから来ても無駄だよ」

出た出た!!

私に来られたら困るから嘘ついてるよ!!

実際社長さんは二つ返事で会うことをOKしてくれた。

会いたくないにしても、私は電話で話したときにお金は払うと言ってくれた。

ヤツの嘘つき癖は今だ健在だ(-_-;)

「てか、明日行ったらお前もいるのかよっ!!」

「オレは仕事だからいない」

「じゃあ約束してあるから会社には行くよ。お前には関係ないし」

「だからこれからオレがちゃんと払うよ。会社は絶対払ってくれないよ」

「てか、もう強制執行してるから遅いんだよ。会社が債務者になってるから会社からもらうの」

「社長も裁判所に電話して聞いたら、払わなくていいって言ってたらしいからムリだぜ」

「会社が私に払わないとなると取立訴訟を起こします。私は会社の財産まで差押えることが出来るんだよ」

「そんなこと出来るわけないじゃないか」

「てか、お前強制執行の意味分かってるのか?」

「知らないよ」

「自分がこーゆー状況になってるんだから勉強しろよっ!!
 何も知らないヤツと話しても話になんねぇよっ」


「毎月4万に上乗せして払うから辞めてくれない?」

「だからお前の話は何も信用出来ないし、取立の相手は会社なの!!」

「じゃあいいよ。俺会社辞めるから」  やっぱりね!!

「おう。辞めればいいよ。でももう遅いから!! 強制執行の後に辞めても差押え分は有効だよ。
 それにまた他の会社に変えても、迷惑を掛けるだけで自分が恥かしいと思うけど」


「何でお前オレがこの会社で働いてること知ってるの?」

「すべて分かるようになってんだよ!!だから仕事変えても同じことの繰り返し」

「社会保険か?それともすれ違ったの見た?」

「全然知りません!! 勤務先はわかるようになってるから、もうお前は逃げれないんだよ」

「それでホントに明日会社行くのか?」


ヤツはどうしても会社に行って欲しくないようだ(^_^)

債務者は会社になってる話しても、法律を全く理解していないヤツなので話にならない。


「明日15万振り込むからさ」

「あるなら振り込めよ!!でも会社には行く。
 強制執行はヒメが20歳になるあと7年後まであるんだよ。
 今後の毎月の養育費についても会社から払ってもらうから話はしておかないと」


「だからオレ明日会社辞めるから関係ない」

「辞めたければ辞めろ!!でももう未払い分は差押えてるから話し合いは必要なんだよ」

「でも俺にも生活があるから」

「私にだって生活はあります。お前なんて実家暮らしで食わせてもらって、
 どうせ給料は借金の支払いで自分の使った金だろ!?
 こっちは家賃払って子供育てて両親だっていないんだよ。お前のなんて生活じゃねぇよ」


「そんな金に困ってるのか?」  困ってません!!

「困ってるとかの次元じゃなくて、調停で決まった養育費の未払い分ですからっ!!」

「お前は金だけよこせっって言ってるだけじゃないか」  それが何か???

「子供に養育費払うのはお前の義務だろ?」

「お前が通知表見せないから悪い」  はぁ!?

「何の話???」

「前に話したと思うけど、通知表見せてくれないからお金もあげない」

「聞いてないし!! だったらその時に電話して言えばいいじゃん。
 それに仕事辞めたからお金払えないって言ってきたくせに!!」


「でもムダに電話すると、そんなコトでってお前怒るし」

「前にお前が『ハンゲームにログイン出来ないけど何で?』ってのには言ったよ。
 それは全然関係ないし私も迷惑だ!! でも通知表の話は聞いてない。
 言ったと思うなら人間誰でも忘れる事もあるんだから、電話で催促だって出来たはず」


「じゃあ俺も金払うの忘れてた」










(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻









まぁ、ヤツはどんな言い訳してもムダだけどね。

それにしても話せば話すほどムカつくんだよヽ(`Д´)ノプンプン


「忘れてたにしてもいいけどね・・・ただの言い訳だし。
 調停調書に記載されてる事項は忘れてたでは済まされないのよ。
 通知表の話は記載されてないからね!!
 でも今までの未払い養育費は消せないからね。お前の義務だし、調停で納得したんだから」


「でもさぁ、何で今更なんだよ!!お前が離婚するって出てったんだろ?」


そこまで話を戻されてもねぇ(>_<)


「調停で話し合って合意のもと(半ば強制だったけど)で決まった養育費。
 話は調停後からでいいはずですけど。もう、そんな過去の話出されても意味がない」


それでもヤツはずっと同じような話を繰り返してくる。

車を買ってあげたのにそれはどうなってるのか!?

もう10年以上前の話だし、とっくに転売しちゃいましたよ!!


「たかが100万ちょっとの金でいつまでもグズグズ言ってんじゃねぇよっ!!
 そんな昔の話まで出してくるなら、過去10年以上分の養育費も請求したろか?
 何百万って金額になるぜ。もっと男なら男らしくなれよ!!」


「それもそうだな」  _| ̄|○ガク・・・

ヤツと話しても時間の無駄なので、強制的に「じゃあね」と電話を切った!!






すると即また着信(-_-;)


「お前勝手に電話切るんじゃねえよ」

「じゃあ話って何よ?」

「だからお金は振込むから、毎月分割にしてほしい」

「ムリ」

社長さんとの話の時にはいいと思ったりしたけど、ヤツと話してたら絶対に給料の半分差押えようと思えた。

「5万5千円払うから。それに会社は払ってくれないよ」

さっき『明日15万払う』って言ってたのに、ナゼに5万5千円なんだよ。

「つーか、お願いしてる頼み方じゃないじゃん!! ムカつくんだよ!!
 何でそんなに態度デカイわけ?お前殺すリストナンバー1だな」


「お前が怒るから悪いんだよっ」  また私のせいですか(+_+)

「てかどうでもいいけど、何回も騙されてる相手の言葉は信用出来ませんから。
 なので何を言ってもムダです。強制執行に従いましょう」


「・・・・・あれ? 男の声がする。男がいるだろ?」

「いるわけないし。TVじゃない?」




TVの音もかなりしぼってあったので、TVの音が聞こえると思えない。

私だって聞こえないもん。

要は、ムカついたヤツは私に何かしら文句を言いたいんだろうな・・・あぁ、低レベル(-_-;)

それにしてもイライラは限界になってきた。

私はずっと電話口で怒鳴りながら話してるんだよ。

明日は声が嗄れてたりして(^^ゞ




「前の嫁にも私ならソコまでしないって言われた。お前何やってるのかわかってるのか?」

前の嫁!? あぁ、私の後に結婚し即離婚した16歳年下の子のことか。

「人それぞれだから関係ない。私は法律に基づいてやってるだけ。
 払わない方が悪いんじゃないの?でも二人にされたら大変だからよかったじゃん」


「だから払うって言っ・・・・・・ほら、やっぱり男いるだろ!!」

いや、もし男がこの部屋に居たとしても関係ないよ(+_+)

何が言いたいんだろうか?

「男がここにいて私がお前とこんなに怒鳴りながら話すわけがないだろ。
 男がいたら養育費払わないとでも言うのか?お前の子供だぜ!!」





もうね、ここに書くのも疲れてきちゃったよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ヤツの話はずっと同じような話の繰り返し。



↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン






姫も「お母さんの話聞いてるだけでも、バカだなぁ〜って分かるよ」と ギャハハハ(≧▽≦)

もう切りたくて切りたくて・・・



「もう言いたい事はないの?私他にやる事あるし忙しいから」

「俺だって忙しい」  (゚Д゚ )ハァ? ありえん!!




禁錮3年くらいの刑で済むなら、私はヤツを殺したい!!



きっとヤツが1番言いたいことは、会社を通さずにお金を払いたい。

でも5万5千円しか払えないので分割にしてほしい。

なんとか私との話し合いで解決したいようだけど、もう遅いんだよっ!!




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月06日(火)      決戦は木曜日!!






↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン










朝にしようか?昼にしようか?それとも夕方?








私はしようと思えばいつでも出来るのだけど、また不在と言われたらと思うとなかなかね(+_+)

あぁ、気分が重い。

いっそユウキに電話してしまおうとも何度も思った。

先日まで自分でやると言っていたわりに、意思の弱い私(-_-;)





そんなコトをずっと考えながら、全然仕事する気になれず退社時刻。

家に着くと17時15分だった。

着替えをしてからも、何もする気になれない(>_<)

頭の中はずっと電話の事ばかり考えてしまうのだ。

今日電話しないと、このままズルズル先延ばしになってしまう可能性大。

やっぱり電話しよっ!!

不在って言われてもかけ続けたらいい!!


自分でもよくわからないけど、1日悩んでたわりに急に決心できた(^^ゞ




「■■■■株式会社です」   また専務さんらしき人

「ちゃあちゃんと申しますけど、社長さんはいらっしゃいますか?」

「少々お待ち下さい」 



( ゚Д゚)ヒョエー 居るよ!!

居ないだろうと決め付けていたので、逆にビックリしてしまった。




「はいはい」  調子のよさそうな社長さん。 声の感じは60代後半?

「私ちゃあちゃんと申します。お忙しいところ申し訳ございません。」

「いえいえ、こんにちは」

「先日裁判所から強制執行の通知が届いていると思いますが、

 その件で一度詳しいお話をさせていただきたいと思いまして」


「そう、その件でね。まぁここは皆がいるからあまり話せないんだけど、

 その・・・・・あの・・・・・あなたの前の・・・・・あの・・人・・・のコトね」




今って社長室とかじゃないの!?

社長さんめっさ話にくそう(+_+)  でも笑える。



「えぇ。私がそちらの会社にお伺いしたのですが、ご都合のよい日時をお聞き出来たらと」

「いつでもいいよ。明日でも明後日でも。

 時間は朝のうちの方がいいな。まぁ来る前に一度電話くれたらいいから」


「明日はちょっと都合が悪いので、明後日でもよろしいでしょうか?」

「いいよ。明後日ね。電話してね。そしたら僕の方も彼に話をしておくから。

 通知書は彼の所にも同じものが行ってるみたいだよね」


「はい。同じものが送られています」

「でもね、この内容見ると給料の2分の1ってなってるでしょ。

 仮に給料が20万としたら10万を差し押さえるって話だよね。

 給料の半分を貴方の方に振込とすると彼の生活もあるから彼も困ると思う。

 一応彼のお給料でもあるわけだし、差押だからと彼の許可なしで差し引く事はしたくない。

 だからと言って貴方に払わないと言う事でもなく、そこはしっかり振込みの形で送金したい」


「未払い分は今まで払わなかった彼の責任です。

 毎月ちゃんと払っていればこんな事にはなりません。

 彼に生活はあるかもしれませんが、私にも生活はあるのです!!」





実際ヤツは実家暮らしで、両親は健在。

家にお金を入れるようなヤツではないので、お給料はすべて自分のものになると思う。

私なんて両親はイナイし、家賃払って子供育ててるんだよっ!!

今度会ったら言ってやりたい言葉だね。




「そう。僕もこんな事は30年以上商売してるけど初めてで。

 裁判所に電話して聞いてみたんだよ。差押えの事はちゃんと理解している。

 それに責任持って毎月貴方の方に振込みはしますよ。ただ、金額がね・・・・・
 
 私も彼に会社を辞められたらすぐに人不足で困るし、あなたも困るでしょ?」


「そうですね。また1から手続きですから」

「僕が思うにはあなたに振込むために給料を半分にされたら、

 彼も会社を辞めたくなると思うんですよ。

 そうなるとあなたもまた勤務先探しから始めないといけなくなるでしょ?」


「いえ、勤務先はすぐわかります」




めっさ苦労して挫折しかけた勤務先探し。

でもそんな事をここで話して、もしヤツに伝わったりしたら困るのでこう答えた。

実際辞められたら困るケド・・・




「そうなの!? でもやっぱり彼の事も考えて、貴方の事、そして会社、

 どちらにしてもすべて1番いいようにした方がいいと思う。

 給料の半分はキツイと思うし彼の生活も考えて、例えば毎月7万を払うようにしていくとかね。

 この金額についてはまた彼と話してみるつもり。

 彼の働いた給料なわけだし、差押えだからって勝手にウチの方で差引くのはちょっと。

 僕の考えは分かってもらえるかな?」


「はい。よく分かります。ご迷惑おかけしてすみません」

「いや、それは別にいいんだよ。でもこの先まだ何年もあるんでしょ?」

「あと7年です」

「だったらまだまだ先は長いわけだし、上手くやっていくには彼の負担にならない程度にしないと。

 彼も会社を辞めてしまうと困るし」


「そうですね。社長さんのおっしゃりたい事はとてもよくわかります。

 でも彼はどちらにしても仕事が長続きする人ではありません。きっともうすぐ辞めるでしょう。

 なので私は取れる時に回収してしまいたいという思いはあります。

 彼には何回も騙されてきたので、彼の言葉は一切信用できません」


「ガハハッ(笑)貴方の方が彼の事はよく分かってると思いますよ。

 彼も『どうしてココに勤めてる事知ってるんだろう?』なんて不思議がってたよ。

 まぁ、明日でも明後日でも待ってるから、1度来て見てください。

 僕から彼にも話しておきますから」


「はい。一応明後日を予定していていただけますか?電話してから伺いますけど」

「はいはい。じゃあ明後日ね。よろしくどうぞ」






耳が痛い。・゚・(ノ∀`)・゚・。






電話を切ったら20分も経過していた(-_-;)  

最初は『皆がいるから』ってあまり話せないような口ぶりだったわりに、

話せば話すほど普通の会話になっちゃってたし。




ちなみに上記会話分はかなり省略されている。

てか、長すぎて覚えきれないし(^^ゞ

話好き?の社長さんは何回も同じ事を繰り返し言っていた。



「会社を辞められたら困る」

「いくら法律でも彼のお給料から勝手に半分引くことは出来ない」

「こちらで責任持って貴方に振込みます」



このセリフはかなり多かった。

なので社長さんの特に強い思いだと思う。

実際社長さんと話をしてみて、人柄の良さは感じる事ができた。






私は話の途中で何回も、未払い分を少しづつの分割(社長さん提案)でもいいかなと思えたりもした。

でもヤツの事を考えるとそんな簡単に許せなかった!!

私事で社長さんまで巻き込んでしまい、迷惑を掛けていると思う。

迷惑を掛けている事を考えたら、社長さんの提案通りでも構わないと思える。

でもそこでまた許してしまう事で、ヤツから回収出来ずに終るんじゃないかという不安。

ヤツは甘やかすと調子に乗りやがるから、ガツンと1発脅しが必要なんだよね。






はぁ・・・どうすりゃいいのさ(-_-;)





↑ 日記才人投票ボタンです。



2007年02月05日(月)      避けられてる?







今日も元ダンナの会社に電話を入れる。

先週金曜に電話した時、専務さんが『月曜の午前中なら』と言っていたから。



11時すぎになってしまったけど、一応まだ午前中だ。

電話をすると今日は男の人が出た。 



「■■■■株式会社です」  先日の専務さんの声に思えた。

「ちゃあちゃんと申しますけど、社長さんはいらっしゃいますか?」

「今外出中です」  

「じゃあまた電話します」


月曜午前中なら社長は居るって言ってたのにぃ!!

でも外出してるんじゃ仕方ないし、また同じ話になりそうだったので電話を切った。






夕方、17:30に再び電話。

「■■■■株式会社です」  たぶん昼間と同じ人

「ちゃあちゃんと申しますけど、社長さんはいらっしゃいますか?」

「外出中です。今日はそのまま帰宅するので会社には戻りません」

「・・・・・そうですか」



なんだか避けられてるんじゃないかと思えてきた(+_+)  

でもここでくじけたら先に進めない!!



「社長さんは不在が多いのですか?」

「いや、そんなコトはないです。今日はちょっと会社の方がバタバタしてまして」

「社長さんが確実にいらっしゃる時間とかわかりませんか?」

「ほとんど会社にいますよ。ただ、17時半〜18時には帰宅します」

「わかりました。また連絡します」



今日だけ、たまたま忙しいのか!?

ちょっと納得できないけど、またしつこく電話してみよう。








今日姫のケータイを機種変した。

ワンセグなのでアナログTVと比べてみたら、受信が3〜5秒ほど遅れてるんだよね(>_<)

何でだろ???

でもいつでもどこでもTV見れていいなぁ〜♪




今日新機種にしたばかりのケータイは、塾に行ってる間は充電中。



↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン









しかも8桁!!


(−_−#)











8桁もムリ!!


それよりも私疑われてる!?






受信メールはPCで見れるもん( ̄ー ̄)ニヤリ

送信メールはロック出来ないのか見るコトが出来た。



ここんとこヒデやケンチャン、たま〜に女友達だから別にいいけどね。

面白くないし・・・(-_-;)


でもまたいつ面白くなるかわかんないから、メールチェックは続けるわよ(^^)v




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月04日(日)      Wショック!!





今日は1ヶ月ぶりのスノボ(^^)

姫も中学になり忙しくてなかなか行けなくなったからね。

でも今回姫は『辞めとく。疲れてるから。お母さん行っていいよ』と・・・(-_-;)

来週も法事があって行けないから、姫お留守番でちゃっかり行ってきました。

と言ってもメンバーも集まらず、結局Tと2人だけになってしまった。





夜中、御岳に近づくと雪が降り出して、明日は最高のコンディションと確信!!

ウキウキ♪で眠りにつく。





でもね、朝起きると天気は快晴なのに、すご〜〜〜〜〜い強風(>_<)  

風速25Mとかでゴンドラも止まり、リフトも1本(1番下)しか動いてない(T_T)

地吹雪!?

降り積もった雪が強風でビュービュー舞ってくる!!

駐車中の車も揺れる揺れる!!






1日券買ってもこれじゃ勿体無いし(+_+)

でもせっかくココまで来たのに・・・私は同乗してただけだけど^_^;





10時近くなると少しだけ風が弱くなったので支度を始めゲレンデへ。

ゴンドラは動いてなかったけど、リフトでなんとか山頂まで行けるようになっていた。

下のほうは風も静かになっていたけど、やはり山頂に近づくにつれまだ強風だ。

そのおかげでリフトは低速運転。

途中途中で強風のため、何度か停止。

もう顔が切れそうなくらい寒い(T_T)

やっと山頂に着き滑り始めると、あっという間にリフト乗り場についてしまう(+_+)

でも雪質はフッカフカで最高なので、なんとかガマン出来た。

遅めの昼食を取り2〜3本滑ると、Tが大転倒したみたい。

私は先を滑っていたので全く気付かずにリフト乗り場でTを待っていた。

足を捻ったか何かで、もう思うように力が入らないと言うので今日はこれまで。

でもなんだかんだ15時になっていた。

今日は姫もお留守番してることなので、20時に早めの帰宅。






帰宅後は早速メールチェックね!!

和也とせっかくイイ感じになりつつあった金曜のメール。

その後の進展を期待してたんだけど、土曜はメールなし(+_+)



そして今日1通だけメールが来た。

「アド変わりましたぁ↑↑ 登録ヨロシク!!」




↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン









Σ( ̄□ ̄;)



どゆこと!?











金曜夜には、好きな人いないって言ってたのにぃ〜!!

まだ2日しか経ってないよ!!

しかもアド変更メールは午前中に受信してるんだから、正確には1日半だよ!!




しかもCCで一斉送信してるから、他に送った子のアドも全部分かっちゃう!!

1番最初にその女の子(ユウナ)の名前がバッチリあった。

他にも私が知ってる女の子のアドなんかもあったりして、これはかなりショックを受けた(T_T)

せめてBCCにしようよ_| ̄|○ガク・・・

アドだけでも確実に特定出来る女の子の名前入ってるんだからさ。




ちなみにこんな感じのアド(多少変えてますよ)

【 *5yu.-u.12na.love********@docomo.ne.jp 】

これじゃユウナってバレバレだよ(-_-;)


ちなみにユウナは姫と同クラ。

で、保育園から一緒なのでメッチャ仲良し&幼馴染。

これがまた辛いね。

まだ和也に未練あったぽいから、姫が可哀想になってきたもん(>_<)





これにはいささかニブイ姫も気付いたんだろう。

普通アド変更完了メールを返信するのに、和也にはもちろんしていなかった。

そして受信メールも削除!!



↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月03日(土)       私の思い込み!?






いつものように夕方ヒデからメール


「翔先輩に別れろ!!ってゅゎれてボコられたぁ・・・・・まぢ痛いし
 今日ボールとってやったの俺だョ♪   わかってるかぁ 」


「はっ!! 殴られたの!?大丈夫?? 翔先輩って今停学なんぢゃないの? 
 ってかいつヤラレタの? わかってますよぉ〜ぁりがとぅございましたぁ



中学で停学ってあり???  だって義務教育中だよ!?

ちなみにこの翔先輩とかは2年だった。


「停学だけど。 姫菜たちが帰る、橋のもう1本向こうがわでボコられたぁ
 大丈夫だょ↑↑ちょい痛かったけど      どぅぃたしましてぇ♪♪」
  停学かよっ!!

「もう1本向こう側って北側?南側? なんか痛そぉ〜↓↓
 もしKと翔先輩が付き合ったとしてもすぐ終るし、あの2人ぢゃ合わないと思うんだよね↑↑
 だから別れなくてもよくない!? Kにちゃんと言った!?
 明日か明後日くらいに聞いてみようか? ヒデのことわ言わないから!!!!」


「北側の方・・・大丈夫。俺らたぶん別れない。
 バレないように聞いといてクダサイ・・・・・お願いねぇ♪」


「マヂ〜!!今日わそっちから帰ったし=3 2年までわ続けなよっ↑↑
 ぢゃあバレないように聞いてみるよぉ〜


「わかった!! 頑張る    ありがとねぇ↑↑」

「ィエ02↑↑ ガンバッてよ

「ありがとっ♪  姫菜もねっ↑↑  恋愛ガンバ」

「ィエ02↑ 恋愛かぁ〜(+_+) 
 ヒメさぁ〜今度のテスト、ある人に負けたら告らないといけないんだよねぇ(+_+)
 だから気になる感じの人はいるんだけど、絶対ムリだし(T_T)  恋したいよ((汗」


「ある人って誰ぇ? 何組? おしえろよォ〜俺もおしえてんだからさぁ」

「つーか、そのある人が気になってるんだぁ〜(T_T)」









Σ( ̄□ ̄;)







それってノブじゃん!!

私はてっきり和也に未練があると思ってたんだけどなぁ・・・


ちなみにノブが負けても告らなくてはいけない!!

それでノブは一生懸命勉強してて、全然メールしてこなくなったんだろうか???




姫なんて宿題オンリーで全然勉強してないから負けは確実だな(-_-;)

ノブに告るのかなぁ???

だとしたら、やっぱり鎖の長さの話は理解していない姫(>_<)



「教えろ〜!!」

「ウルサイなぁ((怒  ハズカシィ〜」

「何組〜何組ってしぼってよぉ・・・・・」

「んぢゃ、1組〜6組で〜↑↑」  7組までしかないのに(-_-;)

「せめて3、4択!!!!お願い〜誰にもゅゎないんでいいじゃん」

「ゅぃそうだもぉん=3  4、5、7でわない」

「じゃぁ、1236か   1組だったらタクマ?2組わユウタ?シュウジ? 
 3組・・・・修也かマサキ?? 6組・・・・いないなぁ・・・和也???」


「全部違うよっ!! ヒデはあんまり知らない人↑↑ 今日目合っちゃった

「うっそォ・・・・・・おしえなさい(−_−#)」


こんなやりとりがヒデと永遠と続くが、姫は絶対に言わなかった。





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン







私が気付いたのは後からだったけど、今思えば姫のテンションも↑↑だったような気がする(^^ゞ

これも私の思い込みなのかな!?

どうも和也の事になると冷静になれない私(+_+)

メル友だけでも繋がりがほしいのよ!!




「今日ボール取ってくれてサンキュー!!」  部活中?

「ィエ02〜 コッチこそ何回も取ってもらったよねぇ〜((汗
 ヒメが取れるのあったんだけど、ボールが怖くて取れなかったしぃ(+_+)
 しかも2回もスネに直撃したし、手にもあたって痛かったよ(T_T) 今日の部活わ最悪だった=3」


久々メールだからか、めっさ長文だよ(^_^)

「大丈夫〜!?ゴメン当たらなかった!? メール久しぶりだねぇ〜↑」

「大丈夫だよぉ〜↑↑ 何かヒメが野球の方にボール取りに行ってるトキ、
 和也が打ったボール当たりそうにならなかった!? 久しぶりだねぇ〜↑


「なかチャンにソフト部の方打たれたから、やりかえしたら姫菜にあたりそうになっちゃった(+_+) ゴメン◆

「発想がコドモみたいだねぇ〜↑ カワイイヨッ

「そうかなぁ〜そんな事ばっかしてるんだぁ〜。最近少し幼くなったぁ〜(^^ゞ」

「最近つーか前からぢゃない?w  すみませぇぇぇん(+_+)」

「幼いの好きダシィ〜そんなんもあった方がイイジャン

「そぉだねぇ〜

「姫菜好きな人できたぁ〜↑↑!?」

「ビミョウ〜=3 でも今度の学年末勝負してる人いて、その人に負けると
 告らないといけないんだよね(+_+) だから勝たなきゃ↑↑ 和也わできたぁ〜?」


「まぢ!? 告る人いるのぉ〜!?   イナイ(>_<)」  いなくてよかった♪

「ィナィからガンバルんぢゃぁん(+_+)」

「そっかぁ〜テストガンバッテね↑」

「ガンバルよぉぉぉぉ↑↑↑ ヤル気ナイけど=3 
  勝負する人頭イイんだもん(T_T)   ▲▲高行くみたいだし〜」


「誰〜?ケンチャン!?」

「ケンチャンぢゃナイ!!」

「新谷!!▲▲高行くって言ってたし↑↑」

「話したことないしっ=3」

「誰!?まっいっか↑↑」  この軽さが好き

「ゥンッ↑↑ そんな深く考えなくても(+_+)」

「数学のテスト何点だった?授業でやったやつ↑」

「ヒデにも聞かれたw それで自慢された((怒
 うちら先生が違うからわかんなぁい=3 1枚やったけどメッチャ悪かった↓↓」


ヒデは50点と40点とか言ってたなぁ・・・

「それ□ 何点だった!?」

「31・・・・・・w 誰にもゅわないでよ」

「超イイじゃん↑↑ オレε世鉢点だった(^^ゞ」  普通に言うトコがカワイイ

「バカだね」   毒復活(-_-;)

「ヒドイネ(T_T)((笑  授業罎佑蠅韻刑遒辰討(^^)v」
 ヒメっていつも男子と喋ってるよねぇ〜」


「そぉかなぁ〜?和也が見るときちょうど話してるんぢゃない?」

「そう?男子とイルヨォ〜」

「ナンカ女友イナイみたいぢゃんw 今日わムカついた人が多かった((汗」

「ナンデェ〜〜〜〜」

「わかんないけど。白岩とかヒメがキレそうなこと言ってくるんだもぉん(+_+)」

「モテ△犬磴  

「何がモテ△茲〜=3 意味わかんない↑↑ 和也の方がモテ△里せに
 あっ、バレンタイン何個もらったか教えてぇ〜
 前に聞いたよね?

「姫菜の方がモテルシィ〜↑↑ 去年はΩ弔世辰拭繊

「ぁりぇねぇ〜(+_+) 多くね?」  そうか?

「そうかな? よほどイヤな奴以外だったら返すヨォ〜↑」

「へぇ〜↑↑ いい子ぢゃぁん

「返さないと可哀想じゃん!!去年は本命いたけど  やっぱり優しいね(^^♪

「おぉ〜

「今チョー嫌ってるけど((怒」

「何でぇ〜?」

「付き合いすぎ((怒」  何股もかけられたとか?

「男好きでしょぉ〜=3 B小ってそーゆー人多いよねぇ〜」  和也B小

「オレは違うからねぇ〜〜!!」

「でも多いよねぇ〜」

「そうかなぁ〜↓!?」

「ぅん=3 ヒメわそう思う」

「ヒメオレの事そう思ってるでしょ↓↓」

「そうって?」

「女好きって思ってる?」

「チョイ・・・・・ごめん」

「イイヨ!!そーゆーイメージ持たせるオレが悪いんだから・・・ でも違うから」

またまた和也悪くないのに反省しちゃうし(+_+)

「ぅん=3 あのさぁ〜これから23時くらいまで勉強しないといけないから」

「そっかぁ〜じゃぁ勉強ガンバレ

「ぅん 終ったらメェルしていい?」  


エッΣ(゚Д゚;) ヒメからこんな事言うなんて初じゃね?

ここんとこ誰にも相手されなくて寂しかったからね(>_<)



「イイヨ待ってます↑↑」

「ぢゃあガンバりますっ

「ウンッ  ファイト↑↑」




「今終ったぁ〜↑↑↑ 遅れちゃってごめんねぇ(+_+)」

「全然イイヨォ〜勉強お疲れ(^^♪ しっかりできた?」

「マァマァかなっ=3」

「なんでメールしたかったの?」  おぉ!!!いい質問

「エッ・・・・・」

「なにその反応((笑」

「だってさぁ〜」

「どうしたの?」

「そんなコト聞かれるなんて思わなかったから」

「ゴメン変な事聞いて〜((笑」  変じゃないよ!!

「ィィケド・・・なんで?」  質問返しかよっ!!

「イヤ別にィ〜((笑」

「何かアルでしょ(+_+)」

「なんにもないよ(^^)」

「あるなぁ〜↑↑ 何なのぉ〜?」

「ナイって〜チョイ期待ミタイナ((笑」  (〃▽〃)キャー♪

「その期待ちょっと当たってるけどね(^^♪」

「マヂ!?今なんの画像送ったの?」  エェェェェェ!!!

「ゥンッ(^^) 画像はおくってませぇん=3 文字に色つけただけぇ↑」

「えっ!! どうゆう事↑!?↑  文字なんて書いたの?」  読めないの!?

「気にすんなっ↑↑」

「ふつうに気になるシィ〜!」

「忘れなぁ〜w」







1:50受信 「ゴメン寝ちゃった↓↓  オヤスミZzz」



せっかく姫がすこ〜〜〜〜〜〜しだけ素直になったってのに、

肝心な所が読めない状態だったとかじゃないよね!?




↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月02日(金)      強制執行の意味




今日、元ダンナの勤務先に電話してみた。

強制執行の件について、代表者の方と話しておきたいと思い、都合を聞くつもりでね。





「■■■■株式会社です」  おそらく事務の女の子

「私ちゃあちゃんと申しますけど、そちらに▲▲▲(元ダンナ)勤めてますよね?」  辞めてるのかを一応確認

「はい、おります」

「その▲▲▲(元ダンナ)の強制執行の通知が裁判所から届いていると思うのですが、
 その件で代表者の方とお話したいと思いまして・・・」


「社長は本日不在ですので、専務でもよろしいですか?」

「はい、お願いします」



私からしたら誰でもいい!!

だって今日は話が出来る相手の都合のいい日時を聞きたいだけなんだもん。




「はい。お電話代わりました」  専務さんらしい

「お忙しい所申し訳ございません。あの私ちゃあちゃんと申します。
 ▲▲▲(元ダンナ)の強制執行の通知が裁判所から届いていると思うののですが、ご存知でしょうか?」


「あぁ、その件は社長が本人にちゃんと話していたから、▲▲▲(元ダンナ)も知ってると思うよ」

てか、元ダンナはどうでもいいのよ!! 

「▲▲▲(元ダンナ)にも同じものが郵送されていますので」

「じゃあ払うんじゃないかな?社長にも『しっかり払わなきゃダメだ』って注意されてたから」

そんなんで払うヤツじゃないし(-_-;)

だったらココまでやってないよっ!!

「もう強制執行してますので、従ってもらわないと困ります」

「でも会社としてもちゃんと本人にやってもらいたいと話はしてあるので。
 今日電話があったことは社長と本人にも伝えておきます」














( ゚Д゚)ヴォケ!!












この専務さんも強制執行の意味が分かっていないようだ!!

本人にやってもらいたいも何も、あんたの会社が第三債務者なんだよっ!!

私が申立てを取り下げしない限り、そんな事はありえない!!

取り下げはヤツが会社を辞めた時。





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン











実際、会社が第三債務者なので従わない場合、会社の財産を執行できるのだ!!



この会社の社長や専務には呆れたよ。

裁判所から通知が来てもこんなのんびりしてるなんて_| ̄|○ガク・・・

少しは調べたり勉強しろよっ!!

これじゃ私が手間隙かけて強制執行した意味が全くナイ(+_+)

一瞬、ユウキのコトが頭に浮かんだ。

けど、もうユウキには頼らずに自分の力でやりたい!!





来週もう1度電話してなんとか社長さんに会いたい。

そしてここまでなってしまった詳細を話そう。

まだ数ヶ月勤務しただけのヤツの本性は誰も知らないだろうから・・









昨日ヒデから話があると言われていたのに、学校で何も話さなかったようだ。


「よっ↑↑↑ 今日掃除のトキメッチャぅけたよぉ〜
 笑えて笑えて♪♪ ってか話ってなにぃ〜? 何かあったのぉ〜?」


「くっそォ・・・・笑いやがってぇ!! 結構くすぐったいんだよ・・・・・
 やっぱいいょ・・・・なんでもない   今、Kとヤバィから」



エェェェェェ!!! 

気になるじゃん(>_<)  でも彼女とヤバイって・・・!?


「だってメッチャぅけるんだもぉ〜ん↑↑何ぃ〜?どぉしたのぉ〜?」

「まぁいいけどさぁ・・・・・
 ってヵKにゅゎないでょ・・・・・たぶんだけど別れる 理由ゎゅぇないけど」


「わかってるよっ=3 別れるって(+_+)好きなんぢゃナイの?」  

「スキだけど・・・・・K、翔先輩に告られて・・・・よくわからん」

「好きなら別れる必要ないぢゃん!!
 Kが告られても今のKわヒデのものみたいなカンジだし、
 翔センパイって女好きだし、Kもヒデとるとぉもぅよ!!!!!
 ちゃんと好きって言ってKを守らなきゃ


「ありがとっ・・・・・・守んなきゃ!!
 翔先輩なんかょり絶対スキって気持ちあるからぁ!!!!」  


「ィエィエ02↑↑ 翔センパイなんかよりもヒデの方が絶対ィィとぉもぅしねっ♪」

「姫にゅゎれるとなんかしっくりこないなぁ〜【ヮラ  
 嘘だょ〜メチャ⊂箸譴襪靴↑↑ ありがとねぇ♪」


姫送信 →  


「何が嬉しいのぉ〜 」

「わかんなぁい♪♪w」

「何が嬉しいの・・・・・・」

「わかんなぃ〜〜〜〜〜とにかく続けなよっ」


〜〜〜しばし中断〜〜〜


「よォ↑↑ 続けれるのゎK次第 おやすみぃ」  話し合い終わったのか???
 
「まぁガンバってよっ↑↑ Kわヒデを選ぶとヒメわぉもぅから おやすみぃ

「ありがとねぇ↑↑  おやすみっ!!」


和也にはめちゃめちゃ冷たい態度だったのに、ヒデには優しいじゃねぇかっ!!





↓ 姫ケータイの待ち受けがコレに変わってた








これって姫のコトにピッタリな感じなんですけど・・・(+_+)



和也のコト『好き』と言いながら別れた姫。

そして今、ヒデには『好きなら別れる必要ないじゃん』と。



↑ 日記才人投票ボタンです。


2007年02月01日(木)      終わりか!?





あんなにたくさん毎日毎日必ず誰かから来ていたメール。

昨日は全然ない!!


まぁ、夕方にはいつものようにケンチャンとはしていたけど・・・

和也からはあれ以来来ない。・゚・(ノ∀`)・゚・。

やっぱりもう完全に切れてしまった2人なんだろうか???





こうなると私も一気にヒマになる^_^;

リアルタイムチェックもなくなるし、朝の送信チェックもないからね。

でももしかしたら姫が和也に送信してたりするかも!?

わずかな希望を持って、今朝もケータイチェック!!





↑↑ ポチッとクリックでコメントが変わります(^_^) エンピツ投票ボタン

















終わった_| ̄|○











あぁ、これからヒマだな(-_-;)  ← ソコかよっ!!









ヒデはKの彼氏なんだけど、毎朝メールしてくる。

「おはよっ↑↑ 学校でねぇ♪」 こんなセリフを毎朝ね。

PCからなのにマメなヤツだなっ!!

姫はいつも返信しない。  う〜ん!!姫っぽい(^^ゞ







そして今朝はちょっと気になるメール。

「おはよっ↑↑  また学校でぇ・・・・ってヵ話すコトあるしっ」





話すコト!?

和也絡みか???  勝手に想像(>_<)





↑ 日記才人投票ボタンです。










↑  ↑  ↑
携帯からも見れます (* ^ー゚)