明日香の日記

2005年06月30日(木) 日記

『日記は、朝、書くといいらしいわヨ』
いつも行く美容院の店長さんが言っていた。
彼女は、10年日記なんてスゴイのも
付けていた人。
『10年間それぞれの、同じ日に何があったか
 縦に並べて見られるので面白いの。』
そう言えば昔、そんなコトを話していたっけネ。
ところが、その日記の10年が終わったら
『終わったー!』
って…心が終止符を打ってしまって
『よし!また次の10年!』
という風には、ならなかったらしい…。
なんとなく分かる気がするナ…。
で、今はパソコンのエクセルで、
10年日記の時のように
月・日が縦に追えるような形のシートを
自分で作って書いているんですって。

ワタシも昔は書いていた。
スケジュールと兼用のノートに、
『米粒に文字が書けるんじゃぁない?』
って言われるような小さな文字で(笑)びっしりと。
北海道に来てから
それがピタッと止まっちゃった〜(笑)
ま、時々は書くんだけどネ。
何故か続かない…。
今もこのブログを書く以外は
メモ程度のコトしか書かなくなった。
いいんだろうか(苦笑)
日常が忙しい…それだけが理由じゃないと思うけど。
コレに関しては自分でも分かんないデス。

私は毎日、このブログを早朝に書いている。
夜、家事や子供のコトをしながら書くのは
結構きつい。
寝かした後は、自分も眠いし(笑)
不思議なコトに、夜、書こうとしても
あれこれ散漫になって
頭の中が整理できないのダ。
アタシ“夜”は大好きなのヨン。
けれどブログを書くコトは出来ない。
やっぱり朝の方がスッキリ書ける…
なんでかな〜ぁ
美容院の店長さん曰く
『夜は、反省文っぽくなるそうヨ。
 朝は逆に、前向きに考えられるんですって』
というコトだ。
言われてみるとハタと思い当たる節も
なきにしもあらずダ。
家計簿感覚で“記録”として日記を書く場合は
その日の内に書いた方がいい。
ま、人それぞれなんだろうネ。

奈央の日記はもう3冊目だ。
いつかはパソコンに書き込む形へと
変えたがるだろう。
でも、自分の書いた文字が残せるって、
素敵じゃな〜い!
一行でいい。
素直な気持ちを自分の文字で
残そう…ネ!
きっと宝物になると思う。

















2005年06月29日(水) 友よ…

『おはようママゾネス』が始まって
これで1年3ヶ月になる。
初めの頃はまだ1才だった紀斗も
よく話すようになった。
行き帰りの道のりも、
ちゃ〜んと歩いてくれる。
去年の4月のスタート時点と比べると、
ずいぶん成長したな〜!
今の方が色々と反応があって
面白しろくなってきたヨ。

さて、
今日はいつもと違って、
ゲスト出演のあった日。
ワタシの出身地愛知県犬山市から
『犬山にもコミュニティー放送局を!』ってコトで
視察団が来て、月・火の2日間、
道南から札幌にかけて、
回っていたようなの。
北海道は、コミュニティー放送が
盛んな土地なんですって。
へぇ〜。
で、その中の一人に同級生(O君)が居てサ、
みんなは前日帰ったんだけど、
彼一人だけ延泊して、
ワタシの番組にゲスト出演したワケ。
O君とは去年の夏のライブ(名古屋)で
久しぶりに会った。
え〜っと、何十年ぶりだったかなぁ?
26年…?そんなもんだっけ。
子供の頃しか知らないで
いきなり40過ぎで出会うってのも
なかなかよいヨ(笑)
お互いの人相や体型やサ。
当時のまんまの人も居るけど
すっごく変わる人もいてサ。
O君の場合は、後者(笑)だった。
人間としての器や魅力も
当時からは想像できない域に達してて、
そりゃぁもう、スゴイッ!と
ひたすら感心させられ通しだったナ!
犬山市に関しても
きちんと言葉で分かりやすく説明できる人。
子育てに関しても、そう。
ちゃんと自分の方針を持って
聞けば聞くほど、面白い。
紀斗も…、
O君と一緒に連れション出来ちゃうほど
意気投合してくっついて(笑)ました。
番組中、オシッコに連れていってもらえたのは、
ホントに…助かりました!
ありがたや〜ぁ。
8/11の名古屋のライブでまた会おう!
そう言って見えなくなるまで手を振った。
40過ぎて、
友達を再確認してる…。
ハハハッ、41才なんて、
まだまだ若いってコト
…かな?











2005年06月28日(火) 救急訓練

札幌の短い夏、
小学校では“プール開放”が
6日間だけ(笑)ありまーす。
7月9日(土)の午前中は
PTAとして、私も一役!
プールの監視員をするのダ。
当然、水の事故を想定しての
救急訓練も事前に行われて、
消防署の方に、訓練用の人形で
心肺蘇生や人工呼吸なんかの手順を
教えてもらったの。
紀斗がサ、
その人形のはだけた胸を
ワタシが真面目に心肺蘇生をやってる横で
『おっぱい…』
とか言いながら、
胸のてっぺんをく〜りくり…
他の母親達に思いっきり
笑われてしまったでないかー!
あー恥ずかしかった。
でもまあ、緊張していたので
チョット救われたかな(笑)

最初は紀斗も怖がっていたそのお人形。
オッパイを触ってから、
大好きになっちゃったみたいダ。
帰宅後、紀斗はゴロンと寝て
口に息を吹き込みなさい…と、
身振りでワタシに指示を出しておりました(笑)
奈央の人形にも人工呼吸していたり…
紀斗には、刺激が強すぎたかな〜ぁ…。




2005年06月27日(月) 歩くってステキ

札幌のこの時期は、
日向は暑くても、木陰に入ると
肌寒くなるほど涼しい。
歩いていると、そのあたりの空気の違いが
とてもリアルに感じられる。
歩くのが好き。
車のスピードでは見つけられないコトも
おや おや おや〜?って感じられる。
先月も、歩道の植木のジャーマンアイリスの様子を
『あっ!芽がツキツキ出てきてる!
 ずいぶん伸びてきたねェ。
 ウフフ、蕾がふっくらしてきたネ。
 おぉ〜!もう咲き始めてるぅ〜!
 うわ〜っ…見事だなぁ…。』
歩くたびに目に映るその変化が、
ささやかなシアワセだった。
車で通っても、道路脇の
そんな小さなコトにまで
気付かない…と思う。

『のりくん、ホラ、アリの巣だよぉ。
 なんだか忙しそうに動き回ってるネ。
 このアリなんて、自分の身体より
 こん〜なに大きなお荷物持って
 ヨイショ、ヨイショって運んでるもんネ。
 アリさんは、力持ちだね!』
歩くペースだと、紀斗に合わせて
こんな自然観察(笑)も出来ちゃうしサ。
『クンクン…なんだか良い匂いだにぇぇぇ』
と時々寄って買ってしまうのが
製菓メーカーの工場直売所。
歩くスピードならではの出来事だよね(苦笑)!
歩いてるから甘い匂いがまとわりつくし、
歩いてるから『どうしよう』って悩む時間が
出来ちゃう(笑)。
そこはロールケーキの切り落としなんかも売ってるし
大型店で売られているケーキ類も
ココで買う方が、工場直売なので安いのダ。
歩いて通らなければ、
“小売りも致します”
という、あの小さな張り紙を
見つけるコトは無かっただろう。
あぁ…歩くってステキだな〜ぁ。
歩くの大好き。

犬のウンチだけは
勘弁してちょ〜。









2005年06月26日(日) パンツ記念日

『のりくん、オシッコは?』
『でない!』
一日に一体何回、
こんな会話をしてきただろう(笑)。
でももう、オムツじゃない!
トレーニング用の厚い生地の布パンツをはかせていたけど
暑い日は、ムレそうで可哀想…。
いっそ普通の下着にしましょう…。
そんなワケで、今日は
紀斗のパンツを買いに行った。
夫はトランクス派なので
一瞬はたと考える。
売り場には一応、ブリーフとトランクスと両方あった。
どっちがいいのかな…?
ま、初めはブリーフでいいか。
家に帰って、今買ってきたパンツを紀斗に見せると
と〜っても嬉しそうダ…!
この穴からオチンチン出してするんだよぉ〜。
穴から指を出して見せてるワタシ(笑)
『花ぬすびと』を歌ってる同じ人とは思えな〜ぃ(笑)
さぁ替えよう!
6枚セットの中からクルマ柄を選んで
トレーニング用パンツからパンツにはき替えた。
今日がアナタのパンツ記念日よーん!
親も…ささやかな喜び…。
下着が変わっただけなのに
ズボンをはいたら見えないのに、
何だかチョット、お兄さんになったように
見えるよ、紀くん。
おめでとう





2005年06月25日(土) みんな生き物

あんなに暑かったのに
まだ扇風機は、出してない。
確かに昨日までは暑かったけれど、
今日はナント、長袖に逆戻り。
北海道って、極端よね(笑)。

ウチのカブト虫は
どうやら黒っぽいサナギに変身したようダ。
私以外の誰も知らないけどネ。
だってェ…、
周りでヤイノヤイノ言うだけで
誰もカブト虫の世話をしないんだもん!プンプン
札幌は空気が乾いているからサ、
カブト虫の土が乾かないよう
これでも気を使ってお世話してるんだぞ〜ぉ!
当然、カビも出るので、時々は
土を上手にほぐして入れ替えてやる。

ハエが一匹、部屋に入り込んだ。
紀斗がドアを開けっ放しにして
ベランダで遊んでいたからサ。
ま、この時期、仕方ないんだけど
たまたま窓に止まったトコロを
丸めた広告の束で『パシッ!』
奈央も紀斗もア然…。
子供の目から見たら
さぞや逞(タクマ)しい母だと思ったコトでしょう。
“アリ”や“蜘蛛”は殺さないのに
なんで“ハエ”は殺しちゃうの…?
と疑問にも感じるだろうネ…。
私にも、よく分っかりましぇ〜ん(苦笑)
“蚊”がとまったらパン!って叩くのと
同じ理由かしら…。

奈央も紀斗も
色んな面でタフになって欲しい。
アリが腕に登ってきた時の紀斗ったら…
それはも〜う、もの凄い驚きぶりで
ヒーヒー叫んで飛び跳ねて…
いったい何ごとが起きたのか?と
飛んでいったら“アリ”だった…。
アタシゃ笑い過ぎで涙が止まらなかったヨ。
(紀斗よゴメンネ)
大丈夫だろうか、こんなに恐がりで。
よく、『魚が気持ち悪〜ィ!』と言って
食べるくせに調理をしないで騒ぐ人が居る。
黙って食べてリャいいのに…。
魚が悪いワケじゃないのにサ。
相手のせいに、すんな。
紀斗よ、アリは別に悪くないからネ。
君が、アリに悪さをしたんだよ。

今日は風が冷たかったネ。









2005年06月24日(金)

爪が長いと、ピアノが弾きづらい。
べつに『爪を伸ばしたい!』とも
思ったコトが無いので、かれこれもう
30年間、私の爪は指先よりもやや
奥に引っ込んだ短かさダ。
そう言えば、音大のピアノ科を受験する一年間は
あまり爪が伸びなかったなぁ…。
きっとかなりの練習量だったからだろう。
毎日毎日『これでもかぁ〜!』って
鍵盤に打ち付けられ続けて、
爪も伸びるのを諦めたんだね。
それを思うと最近はナント
爪が早く伸びるコトか(苦笑)

『抱っこ…』と言って、
子供が膝に乗って来る。
私がジッと手を動かさないでいると、
『いいこいいこしてヨ』と言わんばかりに
私の手を引っ張り上げて催促…。
奈央も紀斗も、この爪の短い
不格好な私の手が、大好きダ。
ふと気が付くと
“お母さんの手”になっていたんだね。

こうしてパソコンのキーボードを打つのも手…。
手の生産量ってスゴイ…!

手をつなぐと、相手の手の
肉厚や温かさや、何か…
心の声のようなモノが、
移ってくるような気がする。
しみじみ眺めると、
手のシワ、増えたな〜ぁ
日焼けもしてる(笑)
他の人より小指が短いコトを
すごく気にしていた年頃もあったっけ。
母によく八つ当たりしちゃったな…。
そう言えば、
最近の子供達を見ていると
結構、爪の長い子が多いかも。
爪が長い方が、
指全体がサラリと長く見えて、
格好がイイからかな〜。
時には、便利なコトもあるかも知れないけど…、
でも、子供の頃は特に、
衛生面や安全面から
短い方がいいと思う…。

手…。
これからも頑張ろう!の手。
また、おにぎり握って
公園へ行こう!の、元気な私の手。
いつも、ありがとう…。












2005年06月23日(木) しみじみりん…

今度の秋で、北海道生活まる10年。
初めは3ヶ月だけの契約だったのにネ。
'95.10月から始めた北海道キャンペーンは、
'95.12月には終わる予定だったの。
その後は当然また、
犬山に戻ろうと思ってたし…。
ところが、北海道が広すぎて
キャンペーンそのものが、
3ヶ月じゃ終わらない(笑)
ワタシ自身が北海道が大好き!
っていうのもあったし、ま、
『あと3ヶ月だけ延長してもいいかな』
そう東京の事務所に頼み込んで
ワンルームマンションの契約を
伸ばしてもらった。
その翌月に、今の夫と出会ったのダ。
1月の中旬だったかな。
前年の12月には、まさか自分が
翌1月に結婚相手との出会いがあるなんて
思わなかった〜ぁ!
もし延長しないで
3ヶ月だけで帰っていたとしら
ガハハ…今頃どうしていたでしょう。
全く違った生活…してたよネ。
人生、不思議だーっ!
結婚しないかも…出来ないかも…
そう思っていたのに、
思いがけずこうして出会って
結婚しちゃうんだから(笑)。

夫と出会う前の12月8日は
札幌のBMGビクターの営業所の人達や
マネージャー(塩野サン)がワイワイ集まって
誕生日を祝ってくれた。
独りじゃ淋しかったと思うからサ〜
ホントに…泣けるほど嬉しかったオロロ〜ン!
で、塩野サンが持ってきてくれた
プレゼントの『幸福の木』は
今現在もウチにある。
彼女が片手で持ってきたその幸福の木は
実は一度、死にかけたの。
ワタシの借りていた部屋が、
あまりにも日当たりが悪くて
過酷な冬の寒さと
ワタシも殆ど旅に出ていて帰らなかったので、
多分、生きていけない環境だったんだと思う。
夫と出会った後に
『この木、もうダメだよね…』
『…』
『残念だけど、捨てるしかないかナ…』
『とりあえず俺の部屋の方に持ってくる?』
ダメだと思って本当に諦めていたのに、
おかげで木は生き返った。
片手で軽〜く持ち運べたあの『幸福の木』は
今じゃヤシの木のように(笑)超〜立派な木だ!
10年で2度、花を咲かせた。
その度に鉢ののサイズが大きくなり
今や10号鉢だもんな〜。
出窓じゃ無理になってきた。
これからもドンドン大きく育っていくんだろうなぁ。
幸福の木を眺めながら
家族の“何年後”をも重ねて見てしまう。
塩野サンのくれた幸福の木。
今更ながら、
ありがとう。














2005年06月22日(水) にじり寄る恐怖

【本日、警察から、インターネットに不審な書き込みが
 あったとの連絡があり、緊急に集団下校を行います】
こんな内容のしおりを渡されて
緊張ぎみの表情で奈央が帰ってきた。
『殺人』を意図して書かれた内容の
その書き込みは、一体誰の仕業なのか。
はぁ…。
警察が動くってコトは
よほど信憑性(シンピョウセイ)の高い内容だったんだろうネ。
インターネットならば、送信元をたどって
即時に逮捕出来そうなモノだけど。
『そういうコトをする奴ってのは
 捕まらないよう、ちゃんと網の
 くぐり方を知っているんダ…』
と夫が言っていた。
そんなに優秀な頭を持っているんならサ、
もっと人助けになるようなコトに
そのオツム(オムツじゃないヨ)を使って欲しい。

“愉快犯”というのも居るらしい。
事件を真似して連続事件に見せかけ、
事件に巻き込まれた人達の悲しみや困惑、
メディアや地域社会の反響が
面白くって愉快…そう感じる人間ダ。
一昨日起きた15才の少年の両親殺害事件も
他に飛び火しなけりゃ…いいんだけどネ…。

小学校で避難訓練が行われた日、
『机の下にウマく潜れた?(笑)』
って奈央に聞くと、
『ん〜ん。潜らなかったヨ。不審者が
 来たとして、その不審者にバレないように
 校内放送を流してグラウンドに出るの。』
『………?は?ナヌナヌ?』
小学1年生がさぁ…、
“不審者”なんて言葉をすらすら喋って、
しかもその内容はナンテ言うか…、
相手の隙を見て逃げる話だもんネ…。
コレが『今どきの避難訓練』らしい(苦笑)

机に潜って友達と目が合い
笑うのをガマンしながらハンカチで口を押さえて
グラウンドへ避難した。
そんな呑気な避難訓練は
遠い昔のコトなのかなぁ。
自然災害に対する避難訓練じゃなく
同じ人間同士なのに、
訓練の対象となっちゃって、
おかしいよネ。

去年の七五三参りの時、
ご祈祷の後で頂いた袋の中に
『防犯ベル』が入っていた。
奈央は今、自分のランドセルに
そのベルをぶら下げて通っている。
『大丈夫だよ、ウチは特に学校が目の前なんだから』
そう言っても、
『だってぇ、友達が付けてるんだもん』
友達が付けていたら何でもマネするのかー!
と思わなくもなかったけれど、
とりあえず、そのまま付けさせてます。
ホントに、そんな世の中になっちゃったの?
ネェ、本当なの?








2005年06月21日(火) 公園にて

暑い日は、水遊びに限る!
今日は奈央も3時間授業で早めに帰宅。
よ〜し!
家から水着を着せて、
水遊びの出来る公園に、GOー!
自転車に乗ってエッサホイサ!
着くやいなやパッパと洋服を脱いで
水に入る紀斗…(笑)。
いつもは自分の靴ですら、
脱がしてくれ〜!って
玄関で寝ころんで動かないくせに(呆)。
この公園は、ウチからはチョット遠い。
でも、夏場は魅力的だな〜ぁ!
管理しているおじさんも、
とっても親切でマメに掃除してくれるし
砂場と遊具と広場とプールが
全部一緒に楽しめちゃうんだもん。

今日は、この近辺の小学生達も
帰り時間が早かったらしい。
着いてすぐは優雅な水辺だったのに…、
あっと言う間にイモ洗い状態ダー(苦笑)。
ひょ〜え〜〜。
大きい子達は、激しい。
大きい子達は、走り回る。
大きい子達は、オモチャをとる。
大きい子達は、水を“掛けろ”と言ったり
         “掛けるな”と言ったりする。
大きい子達は…。
全員がそうではない。
とても穏やかで優しい子達も居るけれど、
そう言う子供は地味だから目立たないワケで…。
午後、幼児が遊ぶのは難しいんだネ。
『言葉』がサ、
ちゃんと話せる子供が少ない…とも思った。
『○○を貸して』『ありがとう』
な〜んて、普通に言える子
減ったよね…。
何年生なんだろう?
“言葉”はあなどれないんだゾ。
“暴言”しか使えない人は
そう言う人生を辿っていくし
敬語と普段使いの言葉を使い分けの出来る人は
ケジメと社会性のある人生を歩く。
今はサ、学校で習う前から
『英語』は勉強させても
『日本語』はそっちのけだもんネ(苦笑)。
少子化ならば、もっと子供の躾に
目が行き届いても良いはずなんだけどナ。
不思議フシギ…。

『おはようございます』と子供。
『ハイ、おはよう!』と親。
当たり前の言葉遣いに思える…。
ウチは出来てるかな…(苦笑)

夏至の今日、
なんてお月様の美しかったコトか!
奈央と紀斗と3人で
うっとり夜空を見上げました。
おやすみなさ〜い!







2005年06月20日(月) 晴れない気分

うぇ〜〜〜ん!
カレーが腐ったぁー!
食べ物を腐らせたりして台無しにすると
アタシって、異常なまでにガックリしちゃう。
そりゃココんとこ暑い日が続いたけれど
せいぜい24℃くらいだったし
一昨日作ったカレーが腐るなんて…。
しかも、毎日ちゃんと加熱していてサ。
甘かったヨ…シュン…。
ブロッコリーを入れたせいダ、たぶん。

今日は、実は、そのぉ、
ウッヒッヒ!
\1,000拾っちゃった〜!
紀斗を自転車の後部に乗せて、
遠くの公園へ行った帰り道。
信号を渡って車道から歩道へ
段差の少ない箇所を選んで上がろうとした時、
『???しぇ…しぇんえん(千円)…』
二つ折になった千円札が落ちている。
今日はとっても風が強い!
今すぐ拾わなければ
すぐにまた、飛んで行っちゃう
行っちゃう!行っちゃうぅぅぅ!
パッ…。
千円ゲット…した…。
しょうがないなァ。
名前くらい書いとけヨ(笑)
『なーに?なーに?』と
紀斗がしつこく聞いてくる。
『ん…、なんにも…』
別に盗んだワケじゃないし
なんでアタシ、こんなに胸がバクバク・ドキドキ
してるんだろう?
落ちてたモノを拾っただけじゃないか。
そんなに怖じ気づかなくてもイイんじゃないの。
紀斗はまだ『ナーニ?ナーニ?』と続けている(笑)
『千円だよ』とだけ答えた。
そう、千円も突然に拾ったのダ。
なのに、どうも気分が暗いのは
きっとカレーが腐ったせいだと思う。
…。
変かな〜ぁ。
そんな性(サガ)の人、
他にも居ませんか?








2005年06月19日(日) 父の日

日曜日。
夫は今日も仕事だった。
早番の日は、朝6時チョイ過ぎにお弁当持って
サッと出掛けていく。
『今夜は手巻き寿司になると思うからサ。
 奈央が、父の日には手巻き寿司するんダ!って
 勝手に決めて楽しみにしてるみたいだから(笑)』
…いつも自分が主役の娘…(苦笑)
ま、反対する理由もないし、
夫もお寿司は大好きなので、
ニンマリ照れ笑いをしながら出掛けていった。

日中は子供達に、パパの似顔絵を描かせたり
食材の買い出しに行ったりして
のんびり過ごす。
日曜日の公園は、お父さんが多いネ。
買い物の途中で寄った公園では、
お父さん達がガンバッテいた。
子供と一緒になって汗をかき、
ボールを追いかけたり走ったり。
お母さん達とは、
遊ばせ方が違うな〜ぁ(苦笑)。
もっとパパに感謝してもいいと思うんだけど、
『父の日』ってサ、
『母の日』と比べると
かなり地味な気がする…。
かなり早い時期から
やれカーネーションだの母の日プレゼントだのって、
アチコチで宣伝広告を見かけるのに対し、
きっと今日が『父の日』だなんて
知らないで過ぎちゃう人も
多いのではないだろうか。

さて、寿司ネタの買い出しですが、
手巻き寿司ってサ…、
意外と高く付くかも…。
いっそ回転寿司で食べた方が
私としてはラクでいい(笑)
…ってネ!
そんなコトを言っては元も子もない
…よネ!
鮪・サーモン・帆立・海老・ウニ・イカ…
白身の魚は高いからパス。
あと、玉子を焼いて胡瓜も切って
納豆もマゼマゼしておく。
大葉も買ったし…。
海苔は夫のお母さんから頂いたのが
沢山あるから大丈夫。
そうそう、海苔だって自分で買っていたら
結構な値段に付くんだゾ…ブツブツ。
はぁ〜、やめよう!
文句はやめよう、
感謝ダ!感謝、今日は感謝なのダー!

ささやかなプレゼントも準備しておいた。
上下セットの夏の部屋着と、Tシャツ。
お寿司で満足!そしてプレゼントまで…。
奈央&紀斗の描いた絵も
壁に飾ってある。
嬉しそうな表情ダ。
よかったネ。

あらっ…ワタシったら
自分の父親には電話一本入れないで…(苦笑)
忘れてたヨ…。
(ヒドイ娘だなー!)
あっ!夫のお父さんにも…何もしてない(汗)
(ヒドイ嫁ダ〜!)
奈央も35年後には
こうやって忘れちゃう…かな。




2005年06月18日(土) 奈央のお買い物

『奈央ちゃん、牛乳買ってきてくれる?
 できるかな〜ぁ…』
『うんうん、出来る出来る!』
相変わらずヤル気の奈央チャン。
一人での買い物を頼んだのは
コレが初めてだった。
すぐ近くのセイコーマートで
2本で\300の牛乳を買いにやらせる。
ヒモで首に下げるお財布に
お店のカードとクーポン券を入れて
お金は\1,000札一枚。
『好きなパンがあったら
 ついでに買ってもいいよ〜』
車にはくれぐれも気をつけてネ!
そう言って送り出す。
時間に急いでいたものだから
奈央に代わりに、
買いに走ってもらったんだけど、
奈央は実際、走って行ってきた(笑)
行きはともかくサ、
帰り道には、牛乳2本とチョコパン持って
エッサ!ホイサ!走ってきたワケだから、
重かったと思う。
奈央の必死のヤル気の顔を思い浮かべて、
可愛さたまらず、胸がキューン!
家族の息づかいが、
手に取るように感じられる。
今までは親からの一方的なモノばかりだった。
それが、少しずつ、子供の方からも
想いを押し出してくるようになった。
家族は変化してゆくんだネ。
いいもんだナ…!







2005年06月17日(金) 友達

久々に駿クンと遊んだ!
駿クンは、紀斗の友達なの。
そして駿クンのママは、
私の大好きな友達の一人。
『梅を買いに近くまで来たから』
そう言って、寄ってくれた。
ちなみに彼女の言う“梅”は
自分で作る梅干しのための梅のコト。
去年も、干してある途中の梅を
どうかなぁ?って、試食させてくれて
『おいひ〜ぃ!』と感激したワタシ。
『もう一つちょうだい』と、
あわや言いそうになって、ガマンしたっけ。
そうか…また…作るんダ…ウヒヒ。

良かったらお昼ご飯、一緒に食べよ〜!
即席カレーを温めてかけるだけの
手抜きランチだったけど(苦笑)
簡単にウチで食べてワイワイ話す。
ナッちゃんもワタシも、
饒舌なタイプじゃぁないし、
キャピキャピしてもいないし
若くもないし(笑)…コレはワタシだけか…。
でも、何だか盛り上がるんダ。
ナッちゃんが相手だと
ワタシはいつも通りで居られる。
自分が自然体で居られる友達なんて
一生の間に、何人くらい作れるだろう…。
だから、
何を食べようが、何だろうが
とにかく会って話せたのが
嬉しかった…。

去年、喘息がヒドクなった時、
病院に飛び込む前に、
ナッちゃんの顔しか思い浮かばず、
突然電話して
死にそうになりながら(笑)
自転車で紀斗のコトを預けに行ったっけ。
ナッちゃんちに預けておけば大丈夫…
そんな気がした。
縁あって出会って、
お互いの子供が赤ちゃんの頃から
付き合っているんだモンね。
普通の友達とは、違うと思う。

そんなワケで今日は
嬉しい一日でした。










2005年06月16日(木) 祭りだ!祭りダァー!

『ハイ! 今日はコレを着ようネ!』
奈央は夏のワンピース、
紀斗は、お祭り用の一式セットになっているモノ。
祭りだ!祭りダァ〜!
昨日に続いて今日は、中島公園の露店へGO!
ナント!550軒からなる露店が並ぶ札幌祭り。
札幌で暮らし始めてから10年、
毎年かかさず行っている。
子供が産まれてからも…、
そう言えば、奈央がまだ1才になる前に
抱っこポーチで前抱きして行ったっけ。
露店でベビーカステラ買って
『ハチミツ入り』って書いてあるのに
気付かず食べさせたら
近所の奥さんに
『1才前にハチミツ食べさせたらダメなんだよ〜!』
って指摘されたり…(苦笑)。
雨に降られた時もあったな〜ァ。
あの時、軒先を借りた『たこ焼き屋サン』の女将さん、
どうしているかなぁ…。
大きな業務用のゴミ袋を、
レインコートのような形にハサミで切って
私と奈央に掛けてくれたっけ。
きりがないネ(笑)

予想はしていたモノの、
初詣以外で札幌がここまで混み合うのは、
この『札幌祭り』ぐらいじゃないだろうか?
『どんなに疲れても、おんぶ〜とか
 抱っこぉ〜とか言わないでネ』って、
奈央とは約束して出てきた。
紀斗は、仕方ないから私が負んぶ。
時々前が詰まって動かなくなりながらも
なんとか左側通行で、のろのろ進んで
一番奥手に到着!
見せ物小屋やオートバイサーカス
ふわふわパンダやゴリラ、弓矢の的当てや
キックゲーム、ピッチングゲーム、お化け屋敷etc.
いや〜賑やかダァー!
『ねェ、やけに背中がズッシリ重いんだけど、
 紀斗ってば、まさか寝てなぁい?』
『おぉ、寝てる寝てる』と夫。
…エェェ〜ッ残念!
紀斗にオートバイサーカスを見せたかったなぁ〜。
ホント、子供って、肝心な時に寝ちゃうよネ!(苦笑)
このオートバイサーカスも10年かかさず見ている。
いつも同じお兄さんがバイクで走る。
直径9叩高さ4辰涼の円周を
ぐるんぐるん回って走りながら
お客さんからのチップを取りに
上へ下へ走り回る。
時にはチップのお札を、おでこ…と言うか
目隠しのように目の前にペッタンってくっつけて
両手をハンドルから離して走るコトも…。
今年、そのお兄さんの記事が
新聞に大きく掲載されていた。
伊藤秀樹サン・36才・バイク歴19年
樽の内側を走る、このタイプの曲乗りは
日本では大分県のサーカス団以外に
伊藤さんだけしかやっていないそうダ。
貴重な芸なんだネ。
来年もまた、絶対に見るぞー!

ヨーヨーを買ってもらって
満足な奈央と紀斗。
これでお祭りはお〜しまい。











2005年06月15日(水) 北海道神宮例祭

6月に入ると札幌は一気に活気づく。
先日までのヨサコイソーラン祭りに続いて
14日15日16日の3日間は、
北海道神宮例祭だもんネー。
昔は会社も学校もみ〜んな
6月15日は、お休みだったんだってー。
何故、休みじゃなくなっちゃったんだろう?
今はサ、そう言う地域ぐるみでの
盛り上がりに欠けるから、
お祭りも、受け継がれて
いかなくなるのかも…ネ。

今日はラジオの仕事の後、
いったん帰宅して雑用を済ませると、
奈央も一緒に再び地下鉄に乗って
いざ!北海道神宮へGO−!
今までは、中島公園へ行って
ズラ〜リ並んだ屋台を見て歩いたり
見せ物小屋のバイクサーカスを見たりして
楽しむコトが多かったけれど、
今年初めて、
大元の神宮の方に行ってみた。
こんもり茂った大木の中、
『コラッ石を蹴るんじゃないの!』
と何度も子供を叱りながら(笑)
玉砂利を踏みしめて進む。
参道の両脇に、フリーマーケット風の出店やら
綿菓子やフレンチドッグやたこ焼きやクレープ、
北海道ならではの“いももち”とか“揚げイモ”
なんかもあったりしてサ、
色んな屋台が軒を連ねていた。
珍しいところでは
コーヒースタンドのバスなんていうのもあったナ。
おサルの大道芸は凄かった〜!
子供達よりもサルの方が賢いと思っちゃった〜!(笑)
とにかく、子供も大人も大喜び!
中島公園よりも、神宮の方が
のんびり歩けるかな〜ぁ。
帰りの地下鉄も、超〜元気な子供達。
夕食は、肉まんと調理パンになっちゃったけど
お祭り…楽しかったヨ。





2005年06月14日(火) フッ素

クイズ:虫歯になった時
    頼りになる動物な〜あに?
答え:シカ(歯科)で〜す!

今日は、こ〜んなクイズを出し合いながら
フッ素をしてもらいに、子供達を
歯医者へ連れて行ってきた。
私の子供の頃は
フッ素の出始めだったのかなぁ…。
今みたいに、塗るタイプじゃなく
妙な味の柔らか〜い粘土のような塊を
口の中に入れられて、
『はい、しばらくコレをグッと
 噛んでいて下さいネ』
という過酷なモノだった。
“しばらく”って、
一体どれくらいなんだよぉ〜。
口から垂れるよだれを
母が付きっきりで、拭き取ってくれる。
口一杯に、そのフッ素の元みたいな塊を
くわえているので、
まるで人質が猿ぐつわを噛まされているかのような
惨めな状態なのだ。
なのにサ、
『よく頑張ったから、ミカンをあげるね』
って、歯医者さんに褒められると
両手でしっかりミカンを受け取って
『今度も頑張ろう!』
と、つい思ってしまうバカだった。

『どちらから、しますか?』
『じゃぁ、奈央からお願いします』
紀斗に、お手本を見せようと思った
この判断が間違っていたようダ…。
じっくり見ちゃったもんだから
いざ紀斗の番になったらも〜ぅ
いやだいやだ!ってスゴイ拒絶(苦笑)
まぁ、なんとかフッ素は塗ってもらったものの
あんなに手こずるとは思わなかったナ。
次回は、ワケの分かんないうちに
とっとと紀斗から済ませてしまおう。

午前中は、私が皮膚科へ行った。
なので今日は、
病院めぐりの日でした。
日光かぶれ(発疹)…らしいですトホホ。
体質、変わっちゃったのかな。






2005年06月13日(月) ひと段落

久しぶりに、の〜んびり公園に行った。
三輪車を漕いで進む紀斗も
ウキウキと、ホントに嬉しそうダ。
べつに…ヨサコイはこの土日だけだったのに。
まるで息をしてなかったかのような
生き返ったカンジ(笑)
たんぽぽの綿毛が飛んでゆく。
本州から遅れること2ヶ月。
札幌では今頃ようやく、
綿毛たちが旅に出ています。

公園に着くと、最近覚えた
三輪車のロックをする紀斗。
そして、二つ並んだブランコへ…。
ママもおいで!と呼ばれて
はいはい…。
それぞれに、並んで乗って、
腕を伸ばして押してやる。
私も一緒にゆ〜らゆら。
『シアワセ〜!』
つい、口をついて出てしまう。
ふざけた仕草で
♪シアワセなら足鳴〜らそぅ!ドンドン♪
そう歌って足を慣らすと、
紀斗が
『ドンドンしたら、下のオバアちゃんに
 アプッ!って、しかられるモンねーぇ』
『あははっ!そうか、アプッ!ってネ…(苦笑)』
公園ではネェ、
ドンドンしてもいいんだよ。

しかし紀斗はエライ。
人間一人を、
こんなに幸せな気分にしちゃうなんて!
足も痛かったハズなのに、
紀斗と居ると、鬼ごっこして
走り回れちゃうもんね。
めでたい母だナ(笑)…。

ヨサコイの余韻がまだ、少し身体に残ってる。
今週は、札幌祭りだっけ。
また中島公園に行こう!
見せ物小屋のオートバイ サーカス、見ようネ!






2005年06月12日(日) ヨサコイソーラン最終日

昨日の8時集合のコトを思うと
今朝の9時30分集合は
ラクちんだったナ。
本日の『舞とよひら』は、
イオン平岡会場と清田区役所会場、
そして、本郷通り西コース、
以上の3会場でした。
ぐひひっ…!
今日はサ、
バスがチャーターしてあったー!
だから移動がラクだったー!
うれぴぃうれぴぃ〜!
クセになりそうだー!
『舞とよひら』結成9年目にして
どうやら初めてのバス移動らしい。
うるうる…そうなんダ…。
是非とも…そのぉ…来年も…
バスがチャーターされますようにー(願)!

今年はサ、アタシもしっかり踊りました。
昨日なんか顔にちゃんとペイントしてネ(照)。
鼻筋と目尻だけのつもりが
中3の男の子に、ホッペまでしっかり
描かれちゃったヨ!
あのペイントもさァ、
奈央は描きすぎて変だった(笑)
その人その人でセンスってあるネ。

ところで紀斗くん。
今日は昨日よりは頑張っていた…かな?(苦笑)
まだ聞き分けのなさが目立つ。
そんな紀斗のコトを、
他のスタッフのお母さん達が
『大丈夫!だ〜いじょうぶ!』
と言って、ホントによく見ていてくれる。
おかげで私も、何もかも一人で
抱え込まなくても済む…。
ありがたいな〜。
息が抜ける…ヨ。
二人目ともなると親の方も
甘え上手になるしネ!(笑)

『犬山市のチームもヨサコイに
 出場しているみたいヨ。』
って母が言っていた。
“笑”という漢字に点々を打って
笑゙(ジョウ)と読むらしい。
で、そのチームがナント!、
ファイナルまで残っていて
嬉しいやらビックリやら…!
初出場でいきなり頭角を現すとは…
う〜む、犬山も捨てたもんじゃないゾ!
平均年齢20歳だってサ。
若いー!
たまたま帰宅後にテレビをつけたら
出ていてチラっと見た。
男性中心のチームなのかな…。
ファイナルに残るだけあって、
ウマーイ!
テレビに目が釘付けになったのは
決して若い男性が多かったせいじゃァ
ありませんから〜〜〜ァ!!

さぁて…湿布、貼ろーっと!
とりあえずヨサコイは
終わった…。
おつかれさま〜〜〜!
ビールが久々に…おいちかった!グビグビ!






2005年06月11日(土) 一日中踊りました!

本日『舞とよひら』は4つの会場へ
踊りに行ってきました〜!
澄川会場と新札幌会場、
大通り会場のパレード、
そして一番街会場。
ぜ〜んぶ地下鉄移動で、
2列縦隊に整列して進む。
紀斗の足じゃぁ、コンパスが短いから、
みんなの速さに付いて歩けないの。
頑張って走って走って走り続けてくれたけど
さすがに途中からは、
『抱っこ〜ォ!』って。
ひょえ〜…
タダでさえ荷物が重いのに
『抱け』ってか!?
でも仕方ないよな…。
いつになく、今日は紀斗を
抱っこする日だったヨン。
ママはもうヘロヘロじゃ〜!
おかげで今、普通に歩けましぇ〜ん(苦笑)
前から痛みのあった箇所が
も〜ぉ最悪…痛いっす。
踊って疲れたのじゃなく
抱っこで疲れたゾー。

新札幌からの移動の途中、
電車の中で紀斗がzzz寝た。
チャーンス!
その後は、一番大変な
大通りパレードだぴょーん。
『スミマセン、荷物と一緒に、紀斗を
 見ていてもらってもいいですか?』
大通りパレードは大人だって疲れる。
紀斗にとっても、その方がいいはず。
荷物担当のお母さんも
快く引き受けてくれて
おかげでパレードは気楽だった。
でも…いなけりゃ居ないで淋しいモンだよね(笑)
そんなもんダ。
奈央は最前列で元気に踊っていた。
“一人でも大丈夫”の時間が
だんだん増えていくネ…。

他のチームの人達とすれ違う時
必ず元気に挨拶する。
まるで山中で出会う登山者みたいに。
見知らぬ人達と元気に挨拶が出来るなんて!
いまや貴重な経験かもネ。
日常生活の中に欠けてしまった何かを
そこに感じるのでありました。
明日でいよいよ終わり。
身体に貼る湿布の枚数が
どんどん増えていくぅ〜!









2005年06月10日(金) 魅力的な声の人

声の良い人っていうのは
自然に喋っていても
不思議と響く。
それだけで、存在感が生まれる。
その声がたとえハスキーでも、
その人の特徴や個性となって
伝わってゆく。
“声”が、その人そのものだと
感じることさえある。

今日は、お向かいの小学校の
ミニ児童会館を借りて
この地域のボランティアからなる
『子育て支援』のようなものが
あったの。
いつも行く子育てサロンは
区がやってくれるモノ。
今日のは、地元地域の有志の方々が
協力して立ち上げたモノなので
『来てねー!』と誘う声にも
力が入っている。
目の前だしサ、
行ってきました。

私を誘ってくれたお母さんが
『わたしもチョロっとお手伝いするの』
と言うので???だったのだけど
昔…大昔?(笑)
大学時代にフォークソングのサークルに
入っていたんだって。
バンドを組んで歌っていたらしい。
さりげなくギターを弾きながら
♪どんな色が好き?とか
♪名前…君のきみのな〜まえ!って
語りかけるように歌い始めた。
子供の心をつかむのも
とっても上手い!
3月まで、乳児保育園で
保母さんをしていたとはいえ
全ての保育士さんが彼女のような
魅力を感じるワケではないので
う〜む!と、ずっと感心して見ていた。
いるんだよネー。
テレビになんか出ていなくても
スゴくって素敵な人って。

実は私も『何か手伝って!』と言われて
チョロっと歌ったんだ。
♪幸せなら手をたたこう!や、
♪さんぽ(となりのトトロ)をネ。
だけど、私の声はそんなに通らない。
彼女の響く声の魅力には
正直言って及ばないのだ。
ま、疲れていたかもしれない。
でもそれは彼女も同じコト。
キーボードは、まぁ…確かに…そのォ〜
かなりやりづらいモノでしたが(苦笑)
区のセンターにあるミニキーボードを
運んでもらったんダ。
でもねぇ、なにか…根本的に
持っている物のパワーの違いを
感じさせられたんだよネ…。

たま〜にこうやって
ガーンと気付かさせられるような
出来事がないと
進歩しないからサ、いいんだけど、
だけど心がジンジンする。
素敵な声の人はやっぱり
心も素敵なんだと思う。
すると自分の声はどうなんだ…!
自分の心は…?

さ、明日はヨサコイだぁ。
7時半に家を出るので
お弁当や持ち物の準備や…
忙しそうだな〜!
エイエイ オー!

色々気付かされるコトに
感謝しなきゃネ。
がんばるぞー!








2005年06月09日(木) 冷凍食品様々〜

ウチの冷蔵庫の中、
冷凍食品が増えたなぁ〜。
“シュウマイ”やら“春巻き”やら“コロッケ”
“お魚屋さんが作った魚のフライ”な〜んて
いうのも在るヨー(笑)。
ホウレン草のような葉物は
安い時に買っておいて冷凍保存しているけど、
夫がお弁当を持って行くようになってから
とにかく冷凍物をよく買うようになった。
助かります!
有り難いっす!
主婦だとはいえ、次から次へとサ、
今週のように忙しい時なんて
頭が付いていかない…。
段取りも悪いんだろうけど、
ピアノも弾きたいし
紀斗の遊びの時間も取りたい。
だから…つい冷凍物に頼ってしまうヨン(苦笑)。
こういう便利な食品の無かった時代は
忙しいお母さん達は、いったい
どうしていたんだろう…。
頭が下がります。
だから、今の年配の人達は
私なんかじゃ足下にも及ばないような
ご苦労を乗り越えてこられたのでしょうネ…。
親切な時代だね、今は。
ま、毎日日の丸弁当で良ければ
簡単なんだけど…サ(笑)
明日は奈央が遠足なので
夫と奈央と二人のお弁当、
作るぞ〜!




2005年06月08日(水) 今度は土日だぁ〜!

首の後ろと左膝と腰に湿布貼って
書いてます(苦笑)
まぁたいしたコトないんだけどサ。
…ご心配なくm(._.)m
はぁ〜、
無事に今日が終わった〜。
珍しくドリンク剤に頼って
乗り切った一日だったケド
たまたま夫の出勤が2時からだったので
ラジオの仕事に関しては
行き帰りとも車移動で、ラクだった。
車が当たり前になっちゃっている人にはサ、
2才児を連れて地下鉄の階段を
上り下りする大変さ…しかも急がせて…は、
想像に難いモノがあると思うよ。
二十四軒駅から三角山放送局までの行き帰り、
アタシャ何度タクシーを止めようとして、
『やっぱり歩こ…う』って
その手でアタマを掻いたコトか(笑)

放送終了後に書くシートも
今日は番組中に平行して書いた。
終わったら紀斗をトイレに連れて行き、
靴下を(すぐ脱いじゃうんだよネ)履かせて
上着を着せて、はい『お疲れ様ー!』
こんなに急いでも子供がいると
12時20分くらいになっちゃうよネ。
13:00に家に着いて、
急いで昼食&夫のお弁当。
ヨサコイの時に、お腹が空いたら食べれるよう
おにぎりも握っておく。

お次は授業参観でござ〜い!
紀斗を連れて目の前の(近くてホントに良かったぁ)
小学校へ13:45にGO!
14:30には“さんすう”の授業が終わり
別室の椅子を持って4階の家庭科室へGO!
今日は“親子レクリエーション”という企画があり、
クラスみんなで、簡単なパフェ作りをした。
使い捨てのカップに
コーンフレーク→アイス→ウエハース&チョコシロップ&みかんetc.
順番に入れていく。
紀クンのぶんも作ってやってワイワイ!パクパク!
美味しく頂きました。
幹事のみなさんご苦労様でーす!

ふ〜ぅ…家に戻ると小一時間あるので
そこで奈央の髪や爪を飾ってやる。
紀斗はさぁ〜、寝ればいいものを
どうしても言うことをきかない。
ん!ん!ん!って何?ボクもマニキュア塗れってか?
うっそ…。
まぁこんな時くらいいいか…(ホント?)
紀斗も青色のマニキュアを塗り
金色のスプレーを髪の毛にかけてやった。
『ママ、髪の毛、ふたつに結んだ方が可愛いヨ』
と奈央が言うので、
そうかそうかと、自分の髪も済ます。
忘れ物は無いかチェック。
4時半に出発。

それからはヨサコイのメンバーと一緒なので
心強かったな〜ぁ。
問題は紀斗だったんだけど
去年とは比較にならない程よく歩く。
土門さん(スタッフ)に頂いた笛を
ピッピッピッピ!って鳴らして、
地下鉄の乗り降りの移動中も
メンバーの交通整理をして笑わせてくれ、
大通り公園の8丁目会場までも
ちゃんと歩いてくれるし…。
『紀斗、エライね〜!』
そう言って抱っこしたら
さすがに、気を失うように
zzz寝てしまいました(笑)。
『エッ!寝ちゃったの?』
と誰もが驚きと残念の声。
『大丈夫!本番前に起こすから。
 ギリギリまであと少しだけ寝かせておくネ』
寝起きの悪い子だと困るけれど、
紀斗なら大丈夫のような気がした。
大通り公園の北寄りの芝生に敷かれた
荷物置き用のシートにドッカと腰を下ろして
しばし会場の雰囲気に酔いしれる。
あと6チーム…まだ寝かせられるかな。
紀斗が眠っている間は
奈央を呼んで、
おにぎりと玉子焼きを食べさせた。
いよいよ移動!
ステージ裏に並んだ時、
そこで紀斗を起こしてアメを口にポイッ!
ちなみにミルキー(笑)
なんとかグズらないでWake up!
起きれたヨーン(ピース!)
踊りも、気持ち良〜く踊れました!
メデタシメデタシ(?)
帰りは乗り合わせてタクシーで帰宅。
夕食は、おにぎりの残りと
ナゲットや魚のフライを適当に…。
食事が済んだらお風呂だー。
奈央のマニキュアを落としたり
顔のペインティングを落としてやって…
ナヌ?! 紀クンはマニキュアを取らないってか?
あっそ…。
今日一日のハードな日程を振り返りながら
ゆったりくつろぐ間もなく
やれ歯磨きだのトイレに行けだの
まくし立てながら(苦笑)
子供達をようやく寝かしつけました。
湿布を貼ったところがジンジンしてるぅぅ〜。
寝よっと。
おやふみひゃら〜い…


















2005年06月07日(火) ハード スケジュール

奈央は今年頑張ってるナ−! ヨサコイ。
いよいよ明日の夜7時に
大通り8丁目ステージで踊りまーす!
去年に続いて2回目の参加ではあるけれど
持ち前の積極的な性格で(苦笑)
今年は最前列で踊る奈央。
今日も6時から練習があったけど、
以前までのように
『はぁ…つかれたぁ〜』とか
『ねぇ〜喉がかわいたー!』とか
弱音を吐きながら途中抜けしてくるコトが
無くなった…気がする(笑)
結局私も一緒に踊るコトに…。
まぁ、いい運動になるしサ、
特に明日の大通りステージは
修学旅行と重なって出られない子も居るので、
人数が足りなくなる可能性があった。
だから、その穴埋めもあって、
どうでも踊らなきゃいけないハメに
なったワケなんだけどネ(笑)
しかしさァ、
明日はかなり忙しいゾ!
午前中は三角山放送局で生番組でしょ。
スピードで帰ってきて
13:40からは奈央の授業参観でしょ。
戻れるかなぁ…。
続いて学校のPTA活動で
親子レクリエーションというのがありまして
パフェを子供と一緒に作るわけ。
帰宅時間は4時頃らしいですハイ。
それから急いでヨサコイの準備をして
5時に集合して一回練習してから
みんなと一緒に地下鉄で大通りまで移動。
本番の19時から4分30秒踊って(細かい!)
ハイお疲れサン!
紀斗のお昼寝や食事のタイミングや
朝からきっとバタバタするなァ…。
それにしてもさァ、
忙しい時に限って奈央は用事を増やすよネ…プンプン。
この前も必死に急いでる時に
洗濯機の中にティッシュが入っていて
ガッガーン!だったけどサ、
今日はハッピの袖口がほつれて
脇までビローンってあいちゃった!
今回はそりゃ不可抗力だけどさ、
でも、面白がって余計に広げるコトないでしょがーーーー(怒)
みなさん、明日は私、
ブログが書けないかもしれません…。
ひょえ〜〜〜







2005年06月06日(月) ボーイフレンド

ピンポーン! ピンポーン!!
ん? 奈央が帰ってきたのかな?
そう思ってインターホンの受話器を取ると
『ウヒヒッグヒッ…』
笑いをかみ殺した声と、男の子達が
画面に何人か映ってる(笑)
『だ〜りぃ〜だ〜〜〜ぁぁ!』
ってワザとふざけて言ってやると
ワーッ!って盛り上がって
『あのねぇ、あの、奈央ちゃん、
 道草くってるヨー!』
そう言ってみんな走り去る…。
あっそ。
目の前が小学校なので
クラスの男の子達の“お楽しみ”に
されちゃってます(笑)

今日は、奈央のボーイフレンドが一人、
遊びに来た。
年中の時に通った保育園で、
仲の良かった子だ。
転園する時、お互いに
まるでラブレターのような手紙を
交換していた相手デース(笑)。
お客さんが来た時によく
『散らかってますけど…』
って大人が言うのを真似して、
『ウチ、チョット散らかってるケド…』
と奈央が言っていたので、つい
クスッと笑ってしまったヨ。
可愛いな…。
ホントに散らかってるけど…(苦笑)
まぁまぁ、手でも洗ってランドセルも下ろして。
奈央は、浮いたカンジは無く、
生き生きとしていた。
その男の子は一人っ子。
年下の紀斗に対しては
対等にやり返して泣かすので
最初、紀斗は泣いてばかりいた。
親としても、ケガをさせないよう
あまりウルサく言わないよう
様子を見ながら気を使う…。
う〜ん、かなり乱暴だなぁ。
見かねて注意した時に
『苛つくぅー!』
と言ってモノにあたりはじめた。
ここははっきり注意せねば…。
その後…
 ・ウチで遊ぶのなら、我が家の約束事を守ること。
 ・紀斗(2才)に対する接し方。
 ・他所の家で『おやつまだぁ?』とは言わない(笑)…etc.
向き合って話した。
『はい、もうおしまい! 涙拭いて』と言うと
『涙は拭かない』
あっそ、お好きに。
一年生だから奈央と同じだと思っていたら、
こんなにも個人差があるんだネ。
へえ〜へえ〜へえ〜
それからも度々紀斗に攻撃的だった。
でも、
『紀クンとケンカしないで奈央とすれば!』
と奈央がキッパリ言ったのを機に
ちょっと変わったかも…。
一人っ子がみんなこうじゃないだろう。
だけど、親がどこまで把握しているのかな…。
奈央ってば、いいお姉ちゃんだったんだァ〜。
ちゃんと弟を守っていた。
4時にその子を送っていく道すがら、
『“今度はもう、紀クンを叩いたりしないコト!”
  って約束したから、もう大丈夫だよ、ママ。』
と奈央が言っていた。
紀斗も弱虫だからサ、
こうやって鍛えられて強くなるのかもネ。
相手の男の子にとっても
今のままじゃ“苛ついた”と言って
モノに当たる性格のまんま、
大人になっちゃうかもしれないし、
お互いに良い刺激になっていくよネ。
奈央にしても他所の家に行った時に、
どんな過ごし方をしてくるのか
まだ分からない。
一歩外へ出てみないと、
見えてこないコトって
沢山あるんだネ。






















2005年06月05日(日) きかない子

紀斗は低反発枕が大好きダ。
今日も自分用の低反発枕を
な〜でなで…。
出掛ける時まで持って行く!
とは言わないからイイけど…。
でも…でも…でも…
本来寝室に在るべき枕を
リビングに引きずってきて
お膝の上でな〜でなで!
お口を這わせてな〜でなで!
なんだか気持ち悪ぃ〜!
『赤ちゃんみたいだヨ』
『もうねんねはおしまいだヨ』
色々言ってみるが、
どうしても手放せないらしい。
ぬいぐるみとかサ、
タオルとかサ、
ガーゼとかサ、
在るでしょうが、もっと
扱いやすい代物が(笑)。
まぁ、大人になったらきっと
笑い話だね。
それにしても最近の紀斗は
きかなくなった。
とにかく困る、困っちゃう。
今日もヨサコイの練習が公園であって、
どう言っても遊んじゃうの。
他の二歳児達は、とりあえず母親の元に居るのに
紀斗だけが、どこかの知らない子供達と
無邪気に遊んでる。
昨日行われたヨサコイチームの南支部決起集会では
一緒に出て行っても、
しゃがんで、ずっと砂いじりしていたし…(苦笑)
『今年はもう紀斗は抜けさせます』
と言うと、
『大丈夫大丈夫!2年目はみんな
 こうなるの。本番になったら踊るから
 気にしなくてもいいよ』
な〜んて言ってもらえちゃうものだから
ずるずると甘えて、
今日まできてしまった…。
無理に親の意向だけで
やらせるつもりは無いからさぁ、
どうしたもんかなぁ〜。
今週もう、本番が始まっちゃう(焦)





2005年06月04日(土) さっちゃんはネ

♪さっちゃんはネ、
 サチコっていうんだ
 ほ〜んとはネ ♪
この歌の二番の歌詞に
♪バナナが大好きほ〜んとはネ♪
というくだりがある。
だけど…、
さっちゃんはバナナを半分しか食べられず、
その理由を『ちっちゃいから…』
と歌っている。
そこがイイんだよな〜。
考えてみると、
この歌が作られた頃、
バナナが病院のお見舞いとして使われる程
高価なモノだったと聞く。
そんな時代背景だったから
さっちゃんのママは
一本丸ごとあげたくっても、
あげられなかったんじゃないかな。
つまり理由は
『ちっちゃいから…』じゃなくって、
『だけど高いから…』だったと思われる。
そこを、そうしなかったトコが
嬉しいナ。
曲を作る時も、
詞が悲しい内容の時に、
わざと明るいメロディを
作るコトがある。
そのまんまでは
あまりにもつまらないからだ。
子供が大好きなバナナを
一本まるごと食べる様子を見ながら
ふと、今日はそんなコトを
つらつら思っておりました。








2005年06月03日(金) 耳鼻咽喉科

イ゙〜タ〜イ〜!
久しぶりの寝違えで、
左首筋から背中にかけて
痛いっす(>+<)。
顔が60度くらいしか振れない…
振り向く時は、一昔前のロボットのように
ぎこちなく肩から回す。
あっ、いま笑っただろー!
ま、確かに笑い事なんだけどサ。
左足の裏の筋までもが
これまた痛いのは、寝違えと関係あるのかしら…。
このところの強風で、
花粉症状もあるから鼻グシュグシュ。
良いトコなし…ダ。

奈央が学校の耳鼻科検診で
引っかかったため、
今日は帰宅後に自転車で病院へGO!
耳鼻咽喉科病院なんて行ったコトないから
何処にあるのかなぁ〜。
お母さん仲間に教えてもらった。

「耳垢がたまってる」って
学校からもらってきた用紙に書いてある。
当然家でも、綿棒使ってキレイにしているワケで、
なんだか腑に落ちないナ。
そう思いながら診察を受けると、あれま!
まるで血の塊みたいな黒くて大きなモノや、
まぁ普通の色で、カサカサしたモノや、
出るわ出るわ…。
なんじゃコリャ…驚くほどの量だった。
『ねぇ奈央、今までちゃんと聞こえてた?』
つい聞いちゃったケド、
ホントにたくさんの耳垢がザックザック(笑)
あー驚いた!
ついでにワタシも鼻水の症状のコトを話して、
診察を受け、吸入をしてから帰宅。

どうやら、
やっぱり、
案の定、
ワタシは花粉症〜!
2週間後にまた
ワタシだけ耳鼻咽喉科へ
Let's Go!
イヤだけど、治りたい…。
仕方ない。

自転車で出掛けると、
奈央のコトを何度も振り向いて見たり、
車が来ないか確認してキョロキョロしたり…。
お陰様で、寝違えの方は、
かなり良くなりました(笑)










2005年06月02日(木) 代わってやれない…

結局、何もしてやれないんだなぁ〜。
ここまでの子育ては
オムツを替えたり食べさせたり、
基本的な生活習慣をつけてやっただけのコト。
この先、親から離れて自分で行動する子供を
ずっとマンツーマンで見ているワケには
いかないのだよネ…当たり前か…。
今日の夜、奈央が友達のコトを
あれこれ話し始めた。
話すうちに泣けちゃったみたいで
あれあれ、
気付くと私の膝の上(笑)。
大きな子が膝にまたがって抱きついて
このままBABYの頃に戻らないかなぁ〜
そんな幻想を抱くワタシ…。
学校は楽しい!と言っている。
だけど、友達と上手に付き合えず、
イヤな思いもしているようダ。
『○○君とママと紀クンと、その4人で遊びたい
 あとはイヤダ!中休みの時に、ママ、紀クンと
 一緒に学校に遊びにきてヨ!』
そんなコトを言う奈央チン…。
“ともだち”って、そんなに深く考えなくても
いいように思うんだけど、
私もずっと悩んでいたタイプだから
奈央のコトは痛いほど分かる。
ところで奈央は、いつもの事だけど、
大袈裟にドラマチックに表現しすぎる傾向にある(笑)
だから今回も、
眠くてチョット甘えたくて、
言ってみただけのコトかもしれない。
そうだと…いいな。
学校の中までは付いていけないモン。
こうして離れた場所で、
子供が右往左往するのを見守る…。
子育ての第2章とでも申しましょうか(笑)
次の段階に入ったんだなぁと、
感じるこの頃です。
ちと、不安ダ。














2005年06月01日(水) 水曜日

ラジオの日の朝は
いつもに増してバタバタ忙しい!
4時に起きてゴミを出したり
夫のお弁当やら洗濯物やら
片付けをしながら番組の中身を詰める。
CDを聴きながら、
手は洗濯物をたたんでいたりする。
今朝なんて、洗濯物の中に、
ティッシュがポッケに入ったままの
奈央のズボンがあったから、もう大変!
ひょ〜え〜〜〜っ!!
洗濯機の中が紙だらけじゃー(泣)!
おまけに、カンロ飴(2個)まで
一緒に洗濯してたのネ(苦笑)。
孫悟空のように、今だけ分身の術が使えたらな…。
トホホ…いいや、とりあえずこのまま外に干して
三角山放送局から帰ったら、張り付いた紙を
取ろうっと。
以前にも同じコトがあったので
奈央はもう、分かってるハズなんだけどな〜。
何故か私も、上の方に乗ってるズボンしか
ポケットの中身を確認しなかった…。
不注意でした。
『さぁ紀クン、三角山、行くよ−ォ!』
奈央を送り出してから我々も出発!
8時半に、まさに玄関で靴を履かせかけた時、
『うんこー!』…あっそ(苦笑)。
そうかそうか、おりこうだねぇ〜
部屋に戻ってズボンを下げる。
心じゃ焦りまくっていても
顔じゃ笑って褒め称えながら
決してせかさない(忍)。
地下鉄の駅まで自転車で行けばいいか。

そんなわけで水曜日は、
ラジオから戻るとしばらく
放心状態に近い(笑)。
パワーを朝に使いきって枯れ枯れなの。
紀斗をお昼寝させて、
自分もウトウトしかけたけれど、ふと今朝の
洗濯物にまとわりついたティッシュを思い出す…。
Oh my God!
寝てる場合じゃなかったのねトホホ。
母は忙しいのダ!でも、ちかれたびィ〜!
なのに、相曽晴日サンとのジョイントライブの話で
盛り上がり始めた掲示板を見ていたら
元気モリモーリ!
ふっ…
アタシってば…
単純なヤツだぜぇ〜(笑)


 < 過去  INDEX  未来 >


明日香