DJ SEO's DIARY

2006年03月28日(火) >>LASTDAYS

期待して観に行きましたが、あまりのショボさにがっかり。
あ〜だから、海外でもそんなに話題にならなかったんだろうか?


とにかく、初めの原人野人としか言いようの無い”川プール”は、
いきなり見る側を突き飛ばす挨拶代わりであったとしても、
なんか、ちょっと違うんちゃいますか〜?

カートはとても滑稽なジャンキーみたいな扱いで、
セリフの90%以上が独り言。
しかもそれが言葉になってない感じで・・・。

たま〜にちょっと喋ったとしても、
話がほとんど噛み合わない。
あぁ・・ウチの某スタッフみたいに(汗)

(何の役だったのか?)キム・ゴードンの忠告も全く無視。
そして、すぐに鬱状態に入って・・・倒れる。
その繰り返し。

その繰り返しのさなかに自殺するのだが、
この”誰にも止められない感”は、確かに上手く出ていたかな・・・。


でも、ボーイズ競瓮鵑1曲まるごとテレビで流すのを
放置するカートには?なのだが、これは何だ?
最終局面には”こういう音”も受け入れる価値観が存在した、
という確かな裏づけが存在するのか?

それはまぁよくわからないのだが、
ニルヴァーナの楽曲が使えない中、
作中でカートが演奏する曲は、やっぱりカートらしくなかったってのが
映画のリアリティーを大きく失わせた。
かなりソニック・ユースだろってのはまだ良かったけど、
ラストらへんのアコギの弾き語りは、ちょっと違う感じがしたな。
んまぁ、仕方ないけど。


んまぁ、それにしても大きく肩透かしをされた感じ。
”最期の2日間を追想する”と書かれていたが、
決して重要な場面は全くなく
(それがたとえ監督/脚本個人の片寄った主観だったとしてもね)
”事なかれ主義”を突き通した感じ。

日本人的な感性だと、この当り障りの無さを”当たり前”の事だと
思いそうだが、今までのリリースされたニルヴァーナの
ドキュメンタリーとかと比べても、もうちょっと冒険しても
良かったかな〜と思ったり。

だから、トコトン曖昧にしたんじゃないかな?
監督/脚本のカートに対する
パブリック・イメージがそのまま出た?

インタビューでも言ってたけど、
カートに会ったのは1回だけだそうだ。
その彼の思うカートは、これっすか?
どこか、深い意図があるのか?





これはカートが全く望むはずのない(と僕は思う)、
”偶像化の権化”のような作品だ。
そして、その死をとても美化してるような感触すらある。

キムが出演を受けたくらいだから、
何かあるとは思ったけども。彼女はただ時代の当事者としての
使命を果たしたようにしか見えなかったな・・。


2006年03月10日(金) >>3.3.(FRI).GROOVER

おっといけない。

ガンダムの余韻に浸りすぎて、
3/3のGROOVERの事を書くのすっかり忘れてました!

ホント来てくれた人たち、どうも有り難うございました!


POWERPLAYはフランツとプロディジーのノンストップ2本立て。

実はGROOVERではそこまでPLAYされまくりってワケでもない彼ら。
(一晩一曲流れれるか程度な感じ)

だから、比較的馴染まなかったのか!?
集客的にはそこまで悪くはなかったんだけども、
POWERPLAYタイムは2つともちょいと寂しい感じ。

って事で、フリータイムでがっつり!がっつり!
やっぱグリーンディは最高!久々に2曲もプレイ。

DVJ2台を駆使しまくってやりましたよ。
やっぱね〜P.V.があると違うわ〜・・・と自己満足♪

今年フジに出るブロークンもGROOVERお披露目の先月とは
打って変わって、結構な盛り上がり!
リクエストも3通も頂きましたし、
今年はヘビープレイ確実な感じで嬉しいです。

他にも今月も結構リクエスト答えれたんで、良かったです。
外フロアにリクエスト用紙&BOX設置してますので、
是非初めて遊びに来てくれた人も
ジャンジャン書いて欲しいですね。



さてさて、来月のGROOVERのPOWERPLAYは・・・
マイ・フェイヴァリット・バンド、”NIRVANA”!!!

「LASTDAYS」公開に合わせての、ちょうど2年ぶりの特集となる今回。
前回と同じノンストップ2本立てで、
前回時にはまだ発表されていなかった、BOXセットからの音源に加え、
今回は映像もDVJを駆使してバッチシ合わせて、
正にNIRVANAのライブを体感しているような空間を目指します。

そしてその他のフリータイムでも、
往年のオルタナ/グランジ・クラシックから最新ヒット・ナンバーまで
選曲していきます!

どうぞ、お楽しみに♪


2006年03月05日(日) >>星の鼓動は愛。

去年の半ばから始まった、新訳Zガンダム3部作のラスト
『星の鼓動は愛』・・・観てきました。


1、2、3部全て公開初日に観に行きました。
もちろん、それは早く観たいから。限定プラモも欲しいけど。

その心は毎週木曜日に次週のジャンプを読んでいた、
小学生時代の頃と全く変わってないです。自慢じゃないけど。

話題性抜群だった、センセ―ショナルな第1部は
戦闘シーンなどはリアルでド肝を抜かれたが、
内容は原作を詰め込みすぎた為に、
ちょっと巻きすぎな印象は否めなかった。

第2部は、フォウ中心のストーリーかと思いきや、
サラとか、他のどうでもいい作戦に時間を割きすぎて
どうにも中途半端な出来だった。


そして第3部。


はっきしいって、今回の新訳Zの意味のほとんどがここに集約されて
いると言ってもいいのが、「誰も予想もしなかったラストシーン」
の振れ込みだ。新訳でのカミ―ユは一体どうなるのか?と。

今まで僕が思っていたZガンダムの”良さ”とは、
あのダーティーで鬱で、現実的なあの感覚・・・。
一応、大衆向けロボットアニメなはずなのに
ラストは主人公が精神破綻してしまうバッドエンドなストーリー・・・。
そういったモノだった気がする・・・。

しかし、僕も年を食ったのか。
それが違うのだよ。



星の鼓動は愛。



映画終了時に「あんまりやったな」とか言うオタを少々目にしたが、
愚鈍なヤツだ。オタはロクに恋愛してないから、わからんのだよ。


あの宙域には、確実に鼓動がなっていたのだよ。
そして、これが原作と最大に違う所なのだ。



確かにこの第3部は、地球には全く下りないし、
だからシャアの演説もないし(↓)、ロザミィも出てこないし・・・
ストーリー上、原作よりも微妙な点は多々あるけども。
とにかく、早く観るべきです。


雑誌のインタヴューで、読者を不安げにさせる発言もよくする
富野監督やけども、やっぱり愛が感じられるわぁ・・と実感。

細かいんだけど、戦闘シーンで新しいワザとか含まれてるし、
クアトロの・・・「どうしたらいい、シャア?」なんて、
確実に後のガンダム系ギャグ漫画のネタにされる確信犯的なセリフなんかも。
あんなん出された日にゃ、すぐに名言入りやろーな。

名言・・・と言えば、やっぱり富野もわかってるのか(?)、
いわゆる「名言」と言われるセリフのほとんどは新訳でもちゃんと
使われてるだから、その辺は一見「当たり前」のようでいて、
実はファンには結構喜ばしいことなんじゃないかな。
富野はヒネくれてるからねー。

あ、ハマーンの「我々の力をとくと眼に焼き付けるがいい!」
のセリフがなかったのは残念だったけど・・・。


そうそう、今回のMVPはハマ―ンです。
良すぎ。色気ありすぎ。惚れます。
新訳カットで多少アイメイクが落ちようと気にしません。
動きの一つ一つが全て◎なんでね。

原作以上に雌ギツネな彼女の、シャアの前での立ち振る舞いは、
一見強気に見えるけども、実際はとても寂しくも見える悲しい女性。
素直になれないんですよ。そこも◎


で、逆に素直になりすぎちゃったのはエマとヘンケン。
噂されてた(どこで?)ベッドシーンはなくて、ホッ。

でも、ヘンケンの一方的なアプローチっぽかった原作とは全く違って、
もう周囲も認める関係って感じ。ヘンケンが死ぬ時はヤバかったな。
もちろん、(死ぬのは)わかってたんやけども。



だから、星の鼓動は愛、なんですよ。



あぁ・・なんていいタイトルなんだ。
つーか、ラストシーン。。。。
僕は観て泣いちゃいました。恥ずかしながら。
涙3粒出ましたよ。
映画館で泣いたのは、多分「ダンサー・イン・ザ・ダーク」以来。

とにかく、ラストシーンは良いです。
あぁ・・富野はこれがしたかったんやと。

周りの登場人物は原作のラストを知ってるんかぃな(笑)?
っていうくらいに「カミ―ユ、大丈夫なの?」って、
しきりに聞くところとか。いいね。いいね。

あんなにゆとりのあるアーガマを見たのは初めて。
ブライト的には1年戦争時のジャブローでの、
「写真撮影を許可する!」・・・以来ちゃうか?


それにしても・・良かった。
本当に良かったね、ファーとカミ―ユ。


そして、その宙域に漂う大きな大きな愛は、
遥か遠い水の惑星、地球からも発せられていたのだよ。





セイラさ―――――――――ん!!!だ!!!!!





あまりの驚きで思わず声出ちゃいましたが、
あまりに見とれすぎて、一瞬喋ってたのを聞き逃してしまった・・↓
なんか「あぁ・・」とか、
そんな感嘆詞か返事か何かだったと思うんだけども・・・?

セイラさんの声優さんはちょっと前に亡くなられたので、
セリフ部は僕の予想だと、
旧作ガンダムでのセリフから転用したんじゃないかな・・・?
とにかく、グッジョブですよっ!!


今回の映画化で、最も割りを食ったのはシャアやな。
ガンダムエースにも書かれてたけど、「あ〜だから逆シャアか」
って納得できるくらい、人並な活躍ぶりだったな。

カミ―ユも原作に比べると、だいぶ普通・・・というか普通すぎて、
僕的には逆に感情移入できない感じもしたな〜・・。

勝手に宇宙空間で自殺しようとして、
「はい、もう2度としませんっ!」・・・って、何やねんな(笑)?


んまぁ・・そんな細かいグチはあれども、
良かったんですよ。星の鼓動は愛。ステキな話じゃないですか。


でも、やっぱあのエンディング・テーマはないけどもなぁ。
ちょっと泣いてた僕の涙も、すぐ乾くクソラップ。
勘弁してくれよ、ガクト。

キミのガンダム好き度の高さは、
ガンダムエースのインタヴューからでもわかるから。

で、何であんな曲なんスか?
曲作ってる段階で「イイんかな、俺?」とか、思わないんかぃ?
支配欲→独占欲→破壊欲に移行したのか?


・・・ん、まぁいいや。
とにかく、いい作品だった。

観る前までは、義務感と惰性感が100%を占めてたけども、
そんなモンは全く必要なかったって事。



(しつこいけども)星の鼓動は愛ですよ、愛。



深い言葉です・・・
でもこれで、講演会で富野が若者に伝えたかった事が、
少しわかった気がします。







(あぁー昨日のグルーバーの記憶が既に霞んできた・・・。
そいつはまた後日書こう)



 << BACK