DJ SEO's DIARY

2003年10月26日(日) >>10.25.GROOVER

遊びに来てくださった方、どうもありがとうございました!


先日にDJヤマシタが「マンソンのDVDがヤバイ!」って言ってましたが、
ホントに音も映像も良くて、びっくりしました。
僕の予定では、ビューティフル・ピープルは”ホリブル”とMIXして
ロング・ヴァージョンでやろうと思ってたんですが、あまりDVDの良さ
に急遽変更してプレイしました!

プレイとしてはサカキが一番良かった。
僕がかねてから理想としてた流れの選曲とグルーヴで送った、
屈指の60分。いいねぇ。

僕はまあミスもありましたが、今回はよくフロア見る余裕があったんで
まあまあな出来でしょうか?前回はDVDでパニクってたからねぇ・・。


さあ、次回はDJサカモトのアンダーワールド・ノン・ストップ90分!!
翌週がエレグラってことで足運びにくいって思ってる人は、
はっきし言って大きな間違いです(断言!)

ライブじゃ聴けない曲や、当然聴けないREMIXヴァージョン、
そして何より”ノン・ストップ”です!!
もう一度言います”ノン・ストップ・MIX”です・・・!!

ライブを観たときに「いいんだけど・・なんか胡散臭いなぁ」
って思った方は是非遊びに来ましょう♪

そして僕もいつもよりは少しダンス色上げて行きます。
フューチャーショックとか全然使ってないしね、そろそろ。
いやぁ・・・久しぶりのダンス・GROOVER!
やっぱりみんなが待ってるのってコレすか?



●リクエスト(答えれた分)
KINESIS/BILLBORAD BEAUTY
この前のCDに収録して人気出てきたねぇ!SEOがプレイ。
WEEZER/PINK TRIANGLE
かなり久しぶりにプレイ。2NDからの名曲。
PRIMAL SCREAM/PILLS
LIVEヴァージョンをプレイ。このLIVEはホントにしぶい。
MUSE/TIME IS RUNNING OUT
SEOがプレイ。いい曲ですね。







2003年10月20日(月) >>ミュージシャンとDJ

「DJさんて音楽良く知ってはるけど、バンドはやらへんの?」

僕がDJを初めてもう5年以上になるが、未だにお客さんから
よく聞かれる質問のひとつだと思う。今日はこんな話題で。


DJというスタンスはやはり興味深い。
特にロックの場合はなおさら、である。

技術を特に要するHIPHOP、TECNOらに比べると、
ROCK DJってのは明らかに敷居が低いから、である。

うん、でも今日の話は
「でもROCK DJにはその他のジャンルの数倍の知識量がいるとか、
選曲構成、MIXも重要だ・・・・うんぬん」とかいうのじゃなくて。


ROCK DJってのは、ラジオとフロアの中間にいる。
間接的だけど、直接的・・・みたいな?

別の言い方をすると、
ホストであり、表現者でもあるんだよ。
前者が”聴かせる”とすれば、後者は”観せる”・・?

もちろん、どのジャンルであっても重要なのは当たり前なんだけど。
その辺がやはり他ジャンルとちと違う、微妙なスタンス。



次は違った切り口から。

以前にRAYMOND TEAMの松永くんと酒を交わしつつ語ったときには
「僕たちは”音楽を聴くか創るかどっちが好き?”って聞かれたら、
間違いなく”創る”方が好きなんですよ!でも、DJさんは逆なんでしょ?
だから聴き方の感覚が微妙に違ってて、そこもオモシロイんですよね」
と言っていた。


そうなんだよな。そこなんだよ。


僕も高校から大学にかけてバンドやってたけど、なんか諦めちゃったしね。
意外なほどスンナリと。ウンチク垂れてる方が性に合ったんやろか(笑)?

あと、僕にはバンドとして必要不可欠な”絶対的な方向性”なんてモノは
持てないから。冗談じゃないよっ!!・・・って感じで(汗)。
多分ね、僕がやったら何にでも手出してサウンドばらばらで某TCTCみたいに・・・。

だって大学一年のときにやろうとしてたカバーが、オアシスと
グリーン・デイとケミカルとニルヴァ−ナとインスパ・・・だったっけな?
もうその時点で”何したいん?”って感じやったし、Voの僕的にはほとんど
カラオケ気分やったから、それもだいぶまずかったなぁ・・・と(汗)


だからあのバンドマンにみなぎってるパワーってのは、音楽を創造する
ことに対するクリエイティヴなパワーで、僕らはそこに共感できるかどうか
って話なんだろな。

僕らDJってのは、もっとなんか純粋な”音”に包まれてる喜び。
受身の開放感。そしていい音楽を地球の果てまで探す飽くなき探究心。
ライヴ開場にはない”遊び場”感覚。そして日常。音楽人生。


そんな”音楽バカ人生”に簡単に飛び込める場所を提供するのが
僕らの役目。さあ、おいでやす♪


2003年10月14日(火) >>喉が焼けるように痛い・・・。

・・・なわけで一言もしゃべりたくないんですが、
こうやってネットでしゃべれるってのは、
便利になったモンやなあ・・・
と思ってしまう僕はもうじき25かぁ・・うぅ。


結局、クロマティ高校は見れず。
やはり関西では放映時間が関東とでは、異なるようだ。

つーか、誰か感想を!
・・っても、観たヤツいないか(笑)


あっ今日週プレ見逃した。
ゆでたまごがかなり画力UPしてて、阿修羅マンが鬼シブイんやわ。
あのボディ・バランスは、純粋に”美しい”ね。


そして福本漫画はまたまた佳境へ。

カイジっ・・・!!
やはりオマエは負けつづけるのかっ・・・!?
また堕ちるのかっ・・・!?

う〜む・・・正直読めない。
”アカギ”と違い、”カイジ”は”黒沢”同様、
マジでどっちとも取れるからだ。
けど、カイジってヤツは頭は切れるがツメが甘い、
とどのつまりは”凡人”、という福本的キャラなんだとしたら、
残念ながら堕ちるのみなんだろうな。
アカギはともかく、天にも森田にも、そしてあの黒沢にも
なれない”凡人”・・・!?

我々はかたずを飲んで見守るしかない。


だが、気にするな。
僕はカイジにも余裕で勝てないから。


え?何故かって!?


考えてみろよ。
このGROOVERを構築している”バランス理論”を。
僕は絶対にチョキ4枚は残さねーから(笑)


2003年10月13日(月) >>も〜終わりかよ、連休。

土曜はまさかの3週連続パブリック。
どうやらDAWNが閉まるらしくて、それに伴ってパブリックも
終わるらしい。
う〜む・・・最近かなりオモシロイだけに非常に残念。

まあ、凄まじく集客力のあるイヴェントだから、場所変えて
続きそうなんだけど。


んで土曜は、最近の僕の一押しバンド”MONDOLOGIC”を観に
ブルーのイヴェント、”うず”へ。

アンダーワールドかぶれなきっついバンドもいましたが、
ビースティ全開のバンドはステ−ジングもMCもしっかりしてて
かなり楽しめた。日本人ウケしそうだし、売れそう。

かなり気に入ったんだけど、彼らライブ後がみっともなかったから
結構減点。おとなしくしてりゃいいものを。

”MONDOLOGIC”は今回も良かった。
新しくできてる曲がかなり良いので、後半の古臭い曲をなんとかしたら
更にパワーアップしそうで、楽しみ。期待してるぞ!


いやあ、日本のバンドのチェックを常に怠ってる僕ですが(汗)、
水面下ではいいバンドはまだまだいるみたいだねぇ。
もっと色んなバンドを見たい。
んで、いいバンドはどんどん紹介していくぞ!



 << BACK