Y: T:

日刊オバちゃん白書 --婆ウォッチングのミラーサイトになりました--
* いんふぉめ〜しょん *
2001.3.18〜 走りっぱなし

父の記憶 2019年04月12日(金)



宮沢賢治の作品を「朗誦伴奏」するという企画。
全国各地で開催されるようになって喜ばしい反面、
盛岡での開催は、今夜で一旦ひと区切りとのこと。

20190412213257a4f.jpg

「やまなし」を聴いていて、思い出したのは亡き父だった。
宮沢賢治から、父・・・?
なぜなのか、どうも、結びつきが浮かばなくて、
帰宅してからもずーっと考え続けている。
(顔つきはちょっと似ているかもしれない)
(ただしそれは、当時の写真技術によるものかもしれない)
(また、服装のバリエーションが今ほどなかったからかも)

唯一、関連があるとしたら、「幻燈」という単語だろうか。
幻燈機(スライド映写機)が実家にはあり、
写真仲間を集めては、映写会をおこなっていた。
ネガじゃなくポジフィルムを使って撮影するとか、
1枚1枚切り取って専用の台紙に挟むとか、
周辺のいろいろなこと、ときに手伝ったりもしたことを、
断片的に思い出しているところ。

八幡平の植物をカラーポジで撮影し、
スライドにしたものは今でも自宅にある。
ただし、ウチには映写機がないので、
もう見ることはできない。
デジタル化ってできるのかな。
ナンブトウウチソウとか、あるはず。

幻燈機の仕組みそのものは単純で、
お高い(たぶん)機械を買わなくても、
箱と光源と虫眼鏡があれば作れるんじゃないかな。
その気になれば、だけど。

朗誦伴奏から大きくズレてしまったけれども、
「幻燈」から想像された昔懐かしい空気が、
ふんわりと蘇ったように思えたので、まあいいか。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

そんな今日は、下娘の誕生日。
厄年ってやつだな。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 







ほーむぺーぢ 一覧 前の日 次の日 続・ウォッチング