ちっちゃく。
2023年09月24日(日)

今朝は主が遠方で試合なので、朝から支度もせずダラダラしてます。

さっき、FC2のアルバムに上げていた画像を記事として公開し、まだ整理していない画像を公開しようしましたが、数が多くて諦めました。

FC2のアルバムにアップするには、画素数を落とさないとならなくて、その作業が面倒なのです。

もう何年も、「簡単かつ安全に公開できるとこ、ないかなー。」と思い続けてますが、いつも足踏みしてる。

この足踏み状態は、私の心理的問題でしかない。

ちょっと始めては、なんか違う気がしてきて止めてみたり、止めてはみたものの、やっぱり発信したくなって違うとこで始めてみたり、「一体、何がしたいんだ!」って感じに陥ってます。

ファンサイトも、何度も何度も見て検討してるんですけど、一歩を踏み出せない心理的足枷がある。

まーそれは、「社会的に許される関係や事柄じゃないよな〜。」ってことに尽きるんですけども。

それ以外にも、「主従と調教の厳しさを乗り越えて、今は『一見』熟年夫婦のような生活」というのもありますし。

「昼飲みしました〜。」とか、「釣りに来てます〜。」とか、そんなことが8〜9割。

そのベースにある揺るぎないものが、主従なんだけど。

そんな毎日です。

あらためて、

「そうだ、私は何がしたいんだ!」と問うてみると、

「エンピツ日記周りで生存していきたいなー。」

と思ったので、ちっちゃく生きていきたいと思います。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



表面上は生きていても。
2023年09月19日(火)

前回の日記、「主を通してしか自分の存在を実感できない」ってとこ読み返してたら、泣けてきた。

いやいや、私はこれまでもしっかり生きてきたし、自己主張も出来るし、自分の道は自分で選択してきたし、なんか、それなりに、他人にも認められながら生きてきたし。

なのに。

主を通してしか発露しない自分があって、今はそれにまみれている。

それに、ずっと主体的に生きていると思っていたのに、結局は主中心の生活で、自分が中心の生活って、どんなことかも分からない。

今は主が持てる時間を使って、私を束縛してくれるけれど、その管理がなくなったら、どうなるんだろう?

何をしていいか分からなくなるのは間違いないし、中身が空っぽの空洞になるのも間違いなし。

そして、空洞なんだけど、平気で生きて生活していることに絶望するような気がする。

そんな日が永遠にきませんように。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



2021年09月19日(日) 今のわたし。
2020年09月19日(土) 無心にゲームしてる訳
被支配
2023年09月18日(月)

今日は奴隷お休みの日で、家でゴロゴロしてました。

週末のご奉仕は時間があるので、主メンテ。

土曜は足の爪を切って、日曜は耳掃除して、オイル使ってマッサージして。

また仕事が始まったら、主に使ってもらえる日を楽しみにして過ごします。

仕事でうるさい男の人達を見ると、「主ほどイイ男じゃないでしょー。私の主はイイ男なんですよー。」とほくそ笑むほど、洗脳されています。

一般的にその洗脳、いいか悪いかは別にして、主に染まってしまったのは良しとしよう。

それにこの頃は、私のヴァギナが主の形になってきたことを思い起こせるようになりましたし!

こうなるまでには、心理的な障壁が幾つも幾つも、それこそ幾多もの壁がありました。

この頃、主に使ってもらってて思うんです。

「主の存在を感じられるから、ご奉仕してる」って。

気持ちいいとか、痛いとか、苦しいとかを通して、主を感じ取れる。

感じたい。

主の存在を。

だから、同じ部屋にいるだけでいいし。

私、主を通してしか、自分の存在を感じられないのかもしれない。

そう、主を通してしか、生きてることも、幸せも感じられない気がする。

主体的で能動的に見えるかもしれないけど、ずっと支配されたがっていた。

そんな過去を思い出しました。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



小娘では無いぞ。
2023年09月16日(土)

昨日は、前の職場の人達と飲み会でした。

また戻ってきてよって言われたんですけど、面接選考あるしな。

今の職場は有期雇用で最長5年あるしな。

今すぐではなくても、また働けたらいいなと思わせてくれた会でした。

それと、今の職場で大きなプログラムがプレスタートしました。

今週も、いきなりワーッと怒鳴られたり、唐突に仕事振られたりして、ストレスで外食が増えてしまった…。

いや、いいのよ、君達の感情に振り回されるのは。

ただ、人生経験も職業経験もある50過ぎた私を、「何も仕事を知らないし、仕事が出来ない小娘」扱いすることに内心くすぶってるんですね。

私も変なプライドがあるし、自尊感情もある。

内心そんなことを思いながら、ちゃんと「はい、わかりました(ニコッ)。」って笑顔で仕事受けてます。

この頃分かってきたのは、上司や先輩は、たくさん失敗してて、失敗から学んだ自分なりの仕事法でやってるんだという事。

スケジュール管理出来ない、計画を立てることが苦手、だからその部分は他人に振ってる。

それと、失敗したくないから例年通りで変化を好まない、とか。

その辺が把握出来てきたので、今はこっちがコントロールして接してます。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



2020年09月16日(水) 走り書きのメモ的な日記
刺青好きだったんですけど
2023年09月11日(月)

少し前から、主にタトゥーシールを貼られています。

タトゥーシールを貼ると、概ね1週間は消えずに残っています。

貼られるようになって気がついたのが、本当に気に入った柄でなければ飽きてしまうということ。

ずっと同じ柄がそこにあることに、すぐ慣れてしまって、違う柄がイイなと目移りしてしまいます。

今は主が色々なデザインを持ってきて、色々な場所に貼って試しているので良いですけど、自分で決めて刺青を入れることに興味が薄れてしまいました。

刺青は彫って完成だけど、ピアスはピアッシングした後も、ピアス本体を変えられる楽しみがある。

だからピアッシングの方が、飽き性の私には楽しめるかな。

それと、刺青やタトゥーは「主に入れられるもの」感が強くて、お洒落じゃなくて「烙印」に近いです。

あと、発見もありました。

それは、主が試しに主自身にタトゥーシールを貼っていて、私にも同じ柄のタトゥーシールを貼った時は、とても主従の結びつきを感じました。

主の体にある柄を見て、従属心が引き起こされるような。

ペアで指輪とかをお揃いにする喜びとは、全く違った感情でした。

同じ部族の証みたいな。

主の柄が大きかったので、それで上下関係も認識されるというか。

まあでも、刺青にとっても関心があったけれど、タトゥーシールを貼るようになって、「刺青は見るものであって、自ら彫るもんではないな」と思うようになりました。




↑エンピツ投票ボタン
My追加



2022年09月11日(日) ごはん、みたいなもの。
2020年09月11日(金) 仕事終わりから
フル!
2023年09月06日(水)

今日はご奉仕が休みだったので、通えていないジムに行って休会手続きをしてきました。

ジムに行く気力体力無し。

平日は仕事行って、仕事が済んだら一目散に帰って、週半ばと週末は主にお仕えするだけで、手一杯。

私の1週間って…、週末は主にお仕えして、月火は体力の回復日、水曜辺りは主にご奉仕して、木金はまた体力回復日…、というローテです。

主へのご奉仕フル=セックスフルみたいな感じがしてます。

だから、これっぽっちも欲求不満に陥ることがなく、余計なことが出来なくなるほど、体を使ってご奉仕し、あっという間に1週間が過ぎていく…。

前の職場の人に、「飲み会のセッティングします〜!」と言ったんだけど、それよりも、主のご奉仕に時間を作ったり、体力を温存することの方が大事で、具体的スケジュールを提案出来ずにいる…。

人付き合いが億劫なのもどうかと思いつつ、「やっぱ、主だけでイイや。」って閉じこもってます。

飲み会に行ったら、エネルギーを使うから、楽しいけど消耗しますもんね。

私の理想は、主と一緒に住んで、身の回りの世話をして、主が他の女の子のとこに遊びに行くのを送り出して、留守番するっていう生活なんです。

主が他所に行くのは悔しいけど、主がいない時は少し自由なので、ダラダラできる!
その上、遊んだ後は帰ってきますし!

嫉妬と自由と支配とを、いっぺんに感じられる生活で四苦八苦したいと願ってます。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



応援してもらってるとは。
2023年09月01日(金)

今週は、週始まりから、大変でした。

ゝ泙忙纏を振られ
∋纏のことで質問に行くと、「あなたには(この仕事は)出来ない」と言われたり
上司から急に説明もなく膨大な量の仕事を振られたり
げ未討砲亙未琉瞳錣脳綮覆ら色々と何か言われ
ナ垢い討發覆い里法△喋りな人から理論(理屈)を延々と聞かされたり

それはもう濃厚な毎日でした。

ただ、そういう私を見ている他の人達がいるということに、気付かされました。

というのも、ほんの隙間時間に、
「いや、香凛さん、よく聞いてたと思うよ。流石だね。」
とお褒めの言葉を頂いたのです。

そっかー。

私も、他の人が言われている時に、「大人な対応していて、見習いたいな、凄いなあ。」と思って見ていました。

つまり、私が色々言われている時も、みんなは見てくれているんだ!

ちょっと勇気もらえましたよ。

もう一人の方からは、帰りに一緒になって、
「香凛さん、根性あるよね。」
という言葉を頂きました。

ふむ。

みんな、周囲の人の姿を見ながら仕事しているんだと、当たり前のことに気付かされました。

そういえば、ちょっと愚痴るとみんな、
「あと少しの辛抱だよ。」
とか言って、応援してくれています。

自分の怒りやしんどさばかりをクローズアップしますが、そういえば、たくさん応援してくれてるや。

はああ。

でも、今週は毎日当たりが強すぎて、面食らいました。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



《過去》 《目次》 《未来》

《 Instagram 》 《 Blog 》

ご感想をどうぞ。