ぷちぱんにっき ← 前 次 → 最新 目次

捨てパンダ

ハルキ

Twitter / HOME

2006年04月30日(日)
食わず嫌い上等


「20歳差」に勝つにはしのぶちゃんしかいない!行け、二宮!!
って言うかおかえりなさい。それすらも書いてないことに気付きました。
書いてはいないけど「やっぱり地べた伝いの場所にいると思うと安心するわぁ…」などと
乙女なことを思っていたりもしたのですよ。いやほんとに。

コサージュ坊主(新種のキャラクターのようだ)はとりあえずスーパーニュースで捕獲しました。
うん、あずみ狙いで毎日録画してるからね☆死ね、フジテレビ☆☆(あっ本音が)
もうあずみの放送は無いんですかねー何のために会見以外の日にわざわざ取材しにきたんだー。

そんなあずみもついに大阪公演が始まったということで。早いなぁ…。
当初、終演後ダッシュで日帰りの予定でしたが無事5日にも休みが振り返られたので
嵐@MAINのゆかりんさんとお泊りして5日は大阪城へ秀頼殿を助けに行ってきまーす。
即レポは期待なさらず気長に待っていただければ幸いでございます。
あと大阪で会ってやるぜぇという方がいらっしゃいましたらppp@es.main.jpまでぜひメールくださいませ。
携帯に転送しているのでそちらからご連絡しますです。わぁなんか私やる気満載!(懐)
久々の遠征なので浮かれてるのだと思います。

ところでTOKIOの新曲がTBSのW杯テーマソングとな。
好き×好き=好きの二乗!とはならないところが世の中の難しいところで、
太一くんのキャスター業も含めあまり嬉しくないのですがどうしたもんでしょう。
前回のW杯でも太一くんを見た記憶がほとんど無いので意図的に避けてたんだと思うのよね。

だってスポーツの大会で芸能人がキャスターやって評判が良くなる事なんてまずなくね?
レギュラー番組を持って長いスパンで「あいつ実は本気でサッカー通なんだよ」と思われる事はあっても、
短期決戦の大会でそんなところが認められるような機会はほぼ皆無で結局騒いで終わり、みたいな。
最良で「まぁ与えられた仕事をやってるんだから本人を責めても仕方ないよ…」という
消極的な好意がせいぜいで、あとは金太郎飴のように叩かれるだけじゃないか。
サッカー好き的に太一くんにイラッとするのも、TOKIOファン的に太一くんが叩かれるのにイラッとするのも
どっちも嫌なんじゃー!もー誰だよ、キャスティングしたやつ!

どうせテレ朝はスマ攻勢で行くんでしょうね。
TBSはTOKIOでテレ朝はSMAP?あ、それはちょっと嬉しい(笑)
でも結局私は井原さん(NHK)に流れてしまうので関係ないか。えぇい、好きにしてくれ。

そういえば前回のW杯の頃はスサノオやってたんですね〜。
カゼヨミ人形持ったきゃわゆこちゃんを追いかけて大阪へ行った日韓W杯の2002年。
桜吹雪の王子様を追いかけて大阪へ行くドイツW杯の2006年。

…なにも変わっちゃいねぇ!堯-◇-ill)

カゼヨミ→うきははあんなに違うのにねぇ…。



2006年04月23日(日)
プレミアムデート


基本的に順応能力が著しく欠けた人間なので、まだ新生活のペースがつかめてません。
別に今までも毎日更新していたわけじゃないし気にされていないと思いますが一応ご報告。
ま、仕事中にメイサちゃんの「大好きです!」を思い出してぐふぐふなる程度に余裕はあります。(働け)
メールのお返事もあずみ始まってから溜まりまくりでほんっとーに申し訳ない!どうか見捨てないでください…っ。

そのように私がわたわたしている間に嵐の夏コン日程は出るわ、TOKIOの新曲情報は出るわ、
斗真くんの夢に木村さんは出てくるわ、更に斗真くんはメイサちゃんと演舞城デートするわ。

夏コンオーラスは全く取れる気がしねぇぜなわけですがどうしたもんでしょう。
さすがにこの日程なら横アリの追加は出ないかなぁ。出ても初日ぐらい?
もう去年のような血で血を洗うような争いは見たくないので、どうかこのままの日程で行ってほしいです。
でも取れる気がしない。怖い…。

斗真くんの夢話で一番気になるのは、彼の夢の中でもたくちゃんはアホのコなのかという点でしょうか。
だって「すげ〜すげ〜」と「サイコーじゃん!!」の連発って相当アホのコじゃない?(笑)
そんであっくん→たくちゃんは「拓哉」なんだね。
2TOP・達っちゃん→あっくんは「アツヒロ」?
達っちゃん←→2TOPはお互い呼び捨て?(番組によっては君づけしてるけど)
そんでその4人より確実に年上なんだけどいまいち呼び捨てが似合わない茂くんはどう呼んでるんでしょうね。
2TOPのことは呼び捨ても聞いたことがあるような無いような気もしますが、
茂→あっくんが「アツヒロ」だとなんか違和感。

そしてこのタイミングでの斗真くんとメイサちゃんの演舞城デートには萌えるしかありませんね。
もーなんだよ、お前ら!デキてるなら早く言って楽になっちゃえよ☆(頬突)
たまたま入ってたAさんからのレポによると滝にお膝の上に座られるわ、Venusは踊るわだったとか?
うーお膝に座る方も座られる方も可愛いじゃないか。じたばたじたばた。
全然関係ないけど演舞城掲示板を結構楽しみに読んでます。
名前は知ってても顔がわからない子とかもいるんだけど、あの分け隔てのない感がいいですね。
あと本気かおべんちゃらかはさておき「滝ってば愛されてるぅ〜」と心が満たされるので(笑)

@少クラプレミアム
TOKIO・嵐・MAってものすごく身内(事務所という意味ではなくもっと狭い意味で)で済ましてる感じがしますが
個人的には非常にありがたいつくりですわー。

・セットは太一くんの部屋風…という話だった気がするのですが、パルテノン神殿みたいな柱があるよ?
・相「♪うぃーあー、ん、まじっく…とか」太「a Day in なんちゃらかんちゃら…」
 お互い様です。でも「アルバムの曲ですか?」は酷いよ、太一くん!(笑)
・a Day in〜。うあああ、ライブ行きてえええええ。
・今日の翔ちゃんがいつも以上にゴリゴリしく見えるのは普通の衣装で激しく踊ってるからでしょうか。
・代わりに相きゅん(…)がまた色気だだ漏れ期に入っているようですが。
 ♪I LOVE YOU 今でも君を〜のところなんてビキニが取れたお嬢さんのようだよ?
 (その後の腰のくびれも)(二宮さんがいないというのに)(…だからか?)
・1人だけだぼだぼパンツ履いてるのにほんと身のこなしが軽い大ちゃんに惚れ惚れ。
・MJ。ハイティーンブギ。MーAーIーNーーーーーー!!!!!
 相「うしろが松潤ですよ」
 太「どっち?右?」(それ斗真くん!)
 相「左」
 太「左かぁ」
 終了。
 ………「み・ぎ・は・と・う・ま・で・す」その8文字だけで幸せになれるんだけどな…ッ。
・たぶんレポ書けないからここに書いちゃうけどオーラスのマボの髪型って叶姉妹みたいだなぁと。
・相「曲とか書こうと思ってますよ」ソロコン用?
・WISHの翔ちゃんは可愛い。やっぱりこの衣装なら踊らない方が可愛い。
 そんで間奏の♪ぱっぱららぱっぱぱっぱ〜は本人たちもそう歌ってるのね。
・MAくつろぎすぎ(笑)
・TOKIO。智くんが遠目で見ると男前さん。←微妙。
・あの長さで毛をほわほわさせている茂くんはB'zの松本さんとかぶるんです。
 (河童ストレートよりはほわほわの方が好きなんだけど…)
・せっかく嵐とMAがゲストなんだからT2の映像も流せばよかったのにね。
 皆さんにもぜひ翔くんのウホウホダンスを見ていただきたかったのに。
・新曲衣装の潤、可愛い〜。
 …と思ったら♪バイバイのところで手上げた翔くんがキャピっててすごい可愛い!
 ↑ここのポーズは全員可愛いけどね。こういうの大得意なニノのが早く見たい。
・うおーびっくりした!モデルコンビがちゅーするのかと思った。
 こんな構図↑感謝カンゲキのPVかなんかであったよね。あれも可愛かったのう。
・大ちゃんは口パクを隠そうという気がありますか?(笑)
・で、全体的に臭そうな顔…と書くと語弊があるな。
 臭いものを嗅いだような顔の翔くんになにがあったのでしょうか。クシャおじさんみたいだってばよ。



2006年04月16日(日)
あずみ 祝!東京楽!! (追記済)


1階2列上手寄りセンター。
この席だけでも死ねる感じですけれども。

■ 1幕
・垂れ前髪はまた少なくなってました。若干右の方が多めだけどもっと多くていいよ!
・うきはが凧で飛んでくる時、あずみちゃんが嬉しそうな顔してるのが嬉しいですね。
・飛猿さんの日替わり曲はガラスの十代。昨日はパラ銀でした。
・三兄弟を退治したあずみから飛猿が逃げようとするシーン。
 飛「じゃ、引き出しにドラミを待たせているんで」…ドラえもーん。
 昨日は中島を待たせてました。カツオくーん。
・飛猿さんの「いーたーいー(><)」は毎回やるのに毎回笑ってしまうメイサちゃんと斗真くんが可愛い。
・あずみに手出そうとした飛猿がうきはに「ふざけるな!」と怒られるシーン。
 飛「俺がふざけてるって言うなら長谷川純の方がもっとふざけてるぞ!」
 その場にいないのに「時間に遅れる」だの「真面目じゃない」だの暴露されるハセ(笑)
 飛「あずみ、笑ってるんじゃないよ!お前、俺とのシーンは休憩時間だと思ってるだろ!」
 もーこの辺は銀之丞さんの独壇場なのでメイサちゃんと斗真くんは笑いっぱなし。
・昨日一歩踏み込んだお好み焼き屋のおばちゃんネタ。今日は更に一歩前へ!
 飛「世田谷の某お好み焼き屋の50すぎのおばちゃんを芝居に誘い、
   次の日にもわざわざその店を訪れ『ね!?やっぱり俺ってかっこよかったでしょ?』と言ってるんだぞ!」
 客爆笑。って言うかあずみもうきはもプルプル笑ってます。
 う「大丈夫か、あずみ!」
 あ「ほんとになにもされてないからな!?」
 う「……(客席まだ笑ってる)……実話だ」
 ねぇ、あなたはそのおばちゃんをオトそうとしてるの?なんなの?なんでそんなにピンポイント攻撃?(笑)
 昨日は酔って言ったのかと思ったけどそうじゃなかったんですね。すごいよ、あんた。
・影武者探しのシーン。
 いつもは通路を駆け抜けるあずみたちなわけですが、今日は補助席があったため走れず
 「失礼しまーす」と言いながらカニ歩き状態で通り抜け。なかなか着かないったら。
・三兄弟の採用試験シーン。
 不採用→三郎さんの一芸→清正殿に怒られる、という流れがいつものパターンだったのですが
 今日は三郎さんの一芸後に清正殿から長々と慰労のお言葉が有り。客席からも拍手。
 清「だが、あずみ2をやる時には出てくれるな」←笑。
・爺の巻き戻しシーン。
 最後の最後で「えーっと?」と動きを忘れた振りをする(ちょっと可愛い)爺に孫4人噴き出し笑い。
 一斉に下向いたのが可愛かったー。
・秀頼がコマを回すシーン。
 「去年の楽はすっ転んだんだよね〜」と思ってたら今年も勢いよく転ばれましたよ…!
 あずみに突っ込まれた後、やたら清々しい顔で振り返ってたのがおかしかった(笑)
・軍議に出た秀頼があずみに褒められるシーン。
 あ「豊臣秀頼、ちょっとだけかっこいーぞー」
 ムーンウォークの横歩きバージョンみたいな奇妙な動きをするハセ。自由すぎるわ、殿。
・清正殿をあずみが斬るシーン。
 「動くな!」のあたりからメイサちゃんの目に涙が…
 そして斬られた後の清正殿、あずみ、勘兵衛、淀殿、それぞれが涙。(晃くんはさすがに涙目程度ですが)
 皆さん本当に大熱演でこちらも早々にぐすぐす。切ねぇ、切ねぇよぉ…(泣)
・Oh!!のシーン。
 「斗真くんってばもらい泣きしてないかしら大丈夫かしら」と若干心配したのですがしっかりしてました。
 でもこちらも超!気合が入っているらしく最高にデカい声で歌ってました。
 あぁぁ泣いてる姫を助けにくるなんてまさしく王子様じゃないかぁぁぁ。

■ 2幕
・牢屋内のシーン。
 メイサちゃんは初っ端からすでに涙目(泣いてた?)だわ、斗真くんも最高に役に入ってるわで
 冒頭から濃い空間でこちらもすっかり入り込んでしまいました。(淀君も泣いてた?)
 うきはがあずみを後ろからギュッ+ガシッと抱くシーンがまた男らしくて力強くて…うきはさまああああ。
 まぁ「あの頃のように!」は力入りまくりで噴き出さなくもなかったですが。
 (あそこは日に日にくさくなっていってしまったのねー)
・あずみとうきはの決闘シーン。
 (`・^・)←こんな表情のうきはと(;^;`)←こんな表情のあずみの対比が素晴らしかったです。
 そんでうきはから一緒に逃げ出す計画を聞き「そうだね、うきは!」と答えるあずみの嬉しそうな顔ね!
 たまらんね!ってうきは様の見せ所なのにあずみちゃんのレポしちゃってるね!
 「あずみ、あずみ、あずみー!!!」の言い方がすごく早くなってて、それぐらい入り込んでるのだろうな、と。
 かっこよかったよ、よかったよ、よかったよー!!!
 「生きろよ、あずみ…」のあたりは鉄砲隊がかぶって全く見えなかったけど(涙)
 これで明治座でのキスも見納めか…。
・爺の「お前は昔から泣き虫だけは直らんな…」がこんなにしっくり来る回もなかろう。
・結局今年もはらはらと泣き続けてしまいました。図々しくもあずみに感情移入しまくりだよこのやろう。

■ 特別編
・待ってましたの、特別編!
 幕が下りると両側からライトが当たり、ミラーボールが回り、ナレーションさんの声がご挨拶。
 「ところで最近インターネットの掲示板で『千秋楽は上演時間が20分長い』『いや30分』と…」
 一体「どこ」を「誰」が覗いているのか気になる(笑)明治座さん?
 そして「そこまでご期待いただけたなら…」とあずみまたまたリターンズの始まり、始まり〜(べべべべん)
・時は徳川秀忠(?)の時代。
 薄いグレー地に濃いグレーで柄が入った着物(と言ってもホットパンツ丈)に赤帯のメイサちゃん。
・三兄弟は一郎さんが金角、二郎さんが銀角、三郎さんが三角の歌舞伎三兄弟(?)として登場。
・ひゅうが君とあまぎ君は誰に化けたか不明。ごめん。
 ひゅうが君がバラを咥えてきたと思ったらあまぎ君はバラの花束を投げやがった(笑)
 それがちょうど私の真上を通って後ろの列に落ちてさー微妙に争奪戦が行われていた模様。
 花束は受け取れなかったけど花束から落ちた雫は受け取らせていただきました。冷たかった。
 と言うかあまぎ君がめちゃくちゃ男前さんなんですけどー!超カッコよくて驚いた。
 (あまぎの時は変なの頭に巻いてるからねぇ…)
・清正殿は伊達政宗。「私生活からは程遠い、男の中の男!」←笑。
 「女殺し油じじい」だし酔うと携帯で人妻呼び出すし、よっぽど女好きなんでしょうか。
・爺は宮本武蔵。もちろん二刀流。かっこいいー!
・飛猿さんは今年も衣装はそのまんま。
 ナ「スケジュールの都合上、今回は出番がありません」
 飛「空けろ!俺のスケジュールを空けろ!」
 手からプシューッと紙(?小力がダンスの最後に投げるやつ)を出してました。
・涼風さんは男どもを従えて花魁のような派手な着物で登場。超美。
・勘兵衛殿は流浪人のような格好ででっかい徳利を持って花道から登場。
 ナ「やがて(あずみと晃くんのやってる)2人は心惹かれ合う…」
 勘「あずみ…一緒に行こう」
 ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待ったー!!!ダメ、ダメよ!その娘はうきはのものなんだから!(それも違う)
 タラシ風味な晃くんが色っぽくてほんとにメイサちゃんをお持ち帰りされそうで心配だった(笑)
 (忘れてたけど晃くんって子持ちなんでしたね…生活臭の無い人だなぁ)
 でも最後にはあずみ斬られてしまう勘兵衛殿なのでした。斬られ方がおかしかった。
・ハセはやーーーっと着物で登場。去年も今年もあずみに出てるのに初の着物ってすごいな!
 好青年な正統派和装ですごい可愛い〜。役は真弓慎一郎?
 ハ「私はあずみさんが好きですっ」
 キラキラとお星様を振りまきながらメイサちゃんの両肩を正面から掴むハセ。
 予定ではそれだけで終わりだったのか、そのまま顔を近づけてくるハセに堯福゚ー゚)ビクッとするメイサちゃん。
 「なに〜!?」みたいな表情でぷるぷる首振ってるメイサちゃんがかーわーえーー!!ハセぐっじょぶ!
・そしてそしてそして!今年もトリだぜ、斗真くんー!!!
 舞台奥から仲間を引き連れてやってくる…って
 ギャー!!!髪型かばえええええーーーーー!!!!!
 うきは様の後ろ髪(エクステ)取ってアップにしてでも毛先アレンジはそのままで、前髪をゴソッと下ろした髪型。
 ありえないありえないありえない、すごい可愛い、お嬢様みたい、叶姉妹もびっくりだ。
 木村さんがかけてそうなデカめのサングラスかけて、鉄砲背負って、着物の左肩をはだけさせて参上!!
 フギャー!乳首!久々の乳首!ちび乳首!(別にピンポイントでそこに萌えてるわけではないですよ?)
 衣装は袴がこんな感じの地色で(もう少しグレーがかってたかな)白の格子柄がちらほら入っていたような。
 上は真っ白ではないけどほぼ白地で、紺色の麦みたいな柄がちらほら。
 クッチャクッチャとガムを噛むような感じで口を動かして(実際噛んでたのかもしれんが)
 顔を上向き加減にしながらがに股で歩いてくる斗真くん。色白っ!
 正面まで出てくるとちょっと腰を落としてサングラス外して不敵な笑みを浮かべながらちらっと舌出してなんかセリフ。
 んなー!悪そうな動きしてるけど恐ろしくかーーーわーーーーーえーーーーーー!!!
 正直興奮しすぎてなに言ってたのか一言も覚えてませんっ。
 「N0.1二枚目キャラ」らしいですよ。むっはー。
・そんで最後にメイサちゃんの紹介。
 メイサちゃんを家臣役の人たちがだーっと囲んで準備している間、メイサちゃんの正面に立ち
 客席に背中を向けている斗真くん。この立ち位置考えた人、神!肩甲骨!くびれ!眼福!
 そして準備が終わるとついにメイサちゃんがフライング〜微妙に不慣れなポーズが可愛い〜。
 頭の上飛ばれたらとても165cmには見えないぐらい華奢に見えました。
・何度目かの幕開けで(あれ下ろす必要あるんだろうか?笑)客席を覗き込む斗真くん。
 ライトを遮るために水兵さんみたいなポーズしてるのが超可愛い。
 そして呼ばれた小山先生。今年は1階6列目どセンターという良席でお待ちでした。
 「原作者の小山先生です!」と紹介するのは今年ももちろん斗真くん(笑)
 そして小山先生のご挨拶が終わると更に客席を水兵さんポーズで覗き込み、
 「岡村さんいますぅ?」とスタッフさんに聞く斗真くん。語尾が無駄に可愛いっつーの。
 いるだろ〜だってさっき幕間にサンチェと客席でしゃべってたもん〜(久々にサンチェ見た)と思ったら
 斗真くんが探していた方向とは真逆の上手側から舞台に上がってきてました。
 舞台に上がるなり、客に向かって「ありがとごぜーます」みたいな感じで土下座する岡村さん。
 そして「大阪のキップが残ってる!頼む!」と切実なお願い(笑)
・ご挨拶。
 メイサちゃんの「いっぱいいっぱいありがとうございました!」という短めのご挨拶の後に
 斗真くんが「立ち見のお客さんもいっぱいいらっしゃって…」と話し始めると客席全体がシーンとしてしまい
 「うわ、すげぇ静か」と照れ笑いする斗真くん。単に聞き逃さないよう必死なだけです。
 そして今年も「なんで僕がしゃべってるのかな(笑)」とか言ってるけどそれでも長々としゃべる図々しさが好きですよ☆
 でもさすがに最後を締めてしまうのは気がひけたのか、再びメイサちゃんを押し出す斗真くん(丸投げか)
 そしたらメイサちゃんがね〜「えぇっ、なに言えばいい!?」みたいな感じで
 一旦前に出たのに斗真くんのところまで戻って上目遣いで(身長差的に当然なんだけど)聞いててね〜
 それに斗真くんがまたこちょこちょっと答えてメイサちゃんを笑顔で押し出してね〜
 お前らラブか!デキてるのか!デキてるんだろ!?って言うかデキててください!
 …と思わずツッコんでしまいそうなぐらい甘〜い雰囲気でございました。
 はぁ〜なんで付き合っててくれないんだろ?ぜひくっついてほしいんだけど(真剣)
 あんな萌えるカップルは初めてじゃ。一度でいいから斗真くん目線でメイサちゃんを見たいわ。←そっち?
 そして「皆さん大好きです!!(><)」と叫ぶメイサちゃん。
 …可愛さに射抜かれて死ぬかと思った。最終兵器彼女?
 そんな、客席全体が「メイサたんハァハァ」な状態の明治座へ爆弾を落とす斗真くん。
 「皆さん!えー僕たちはこれから打ち上げがありますので…早く帰ってください!
 てめぇ…ッ(笑)ぺこっとお辞儀して可愛いから許しちゃうけども!ちくしょう可愛いな!
 そんなわけで今年も今年とて斗真くんのお言葉で終わったあずみでした。
 あ、幕が下りたら舞台からみんなの咆哮が聞こえたよ。お疲れさま!

---

千秋楽に限らず出演者の気合が感じられる舞台(と胸を張って言える舞台)ですが、
それでもやっぱり気合の入り方が違いましたね。皆さん大熱演。
中でもメイサちゃんの入り込み方はすごかった。あれは若さが成せる技なのかなぁ。
去年も書いたけど黒木メイサだか黒木あずみだかわからなくなるぐらいのシンクロ率で
ほんと「メイサちゃん有りきの舞台(by.ゆうプロ日記)」なのだと実感しました。
もーあのエネルギッシュな可愛さがモデル(と打とうとして「萌える」と打ってしまった…)業や
ドラマではまったく伝わっていないのが悔しい!あの魅力を他で生かす場所はないのか!
黒木あずみを見ていない人は人生の30%ぐらい損してますよ!

…え?お前は斗真ファンじゃないのかって?メイサちゃんに肩入れしすぎだろって?バカ言っちゃーいけません。
生田うきはを見ていない人は人生100%損してると思ってますから。
盲目度の桁が違いますからー!
あんな素敵王子様を見ないで死ぬなんて可哀想で仕方ない。
ほんと、行きたいのに行けない人はさておき、行けるのに行かない人はバカだと思うね。
だから大阪公演に行ける人はどうか行ってください。チケット余ってます(土下座)

さ、宣伝も終えまして特別編の斗真くんです。
ほんとにほんとにほんとにほんとに…かわいこちゃんだった!
去年の悪そーな男前斗真くんに激萌えしたので今年もそういう路線を期待していたのですが、
よもやあんなかわいこちゃんが出てくるとは!!
完全におてんばお嬢さんでございましたよー可愛かったよー可愛かったよー。
興奮しすぎて終演後にYさんに抱きついて「可愛かった可愛かった」と騒ぐわ、
Oさんには通常時とのテンションの違いに驚かれるわ(笑)どうしてくれるんだ、この惨状。

そんでね、帰りの道すがらずーっとあの斗真くんをなんと表現すべきか考えてたのですよ。
やっと思いついた。小悪魔 だ。
はいはーい、そこの皆さん、清正殿が酔うと人妻を呼び出すと聞いた時の勘兵衛殿のように引かないでくださーい。
マジだって!ほんとあれは小悪魔ちゃんだったんだって!信じてくれよぅ!

最近はめっきり男前で小悪魔なんて可愛いものではなかった斗真くんですが
あの瞬間は小悪魔丸出し(?)でした。可愛かったよー。

なんだかんだで東京公演19回中10回と半分以上通ってしまったこの舞台。
ナレーションさんの「皆様のお陰でございます!」の声に「まったくだ!」と思っても怒られないよね?
私頑張ったよね?あずみちゃんに「えらーいぞー」って褒めてもらえるよね?(笑)
ま、褒めてもらえなくても十分すぎるお返しをいただきましたがね。
ほーんと、あずみに関わる人みんな大好き!

次に行くのは大千秋楽の日の2公演(昼も入ることにしました)
それまではあずみ湯飲みでお茶をすすりながらじっと待ちたいと思います。
ずずず…。



2006年04月15日(土)
あずみ 15日夜


2階6列上手側。
今日はサンケイリビング枠のバックステージツアーに行ってきました。
噂にたがわぬ物足りなさで(笑)ほんと「斗真くんと同じ舞台に立てた」こと以外は価値ないわー。
1階の喫煙所奥からスリッパに履き替え舞台へ移動。
最初は緞帳が上がっていて、照明さんがスポットライトをあててくれたり音響さんがウグイスの鳴き声を流してくれたり。
緞帳が下りると裏にガムテで「金ドン」と貼ってありました。金色の緞帳だから?
あとは舞台用語の説明ぐらいかなぁ。
特効があるからという理由で舞台の段差部分にすら
「あずみはセットがほとんど無いのでご案内するところが少なくて…」ってだったら企画するなと(略)
まぁ説明してるスタッフさんに責任は無いのですが。
あ、床にバミってあったテープに「清正」と書いてあったのは確認しました。
基本的にあずみ初見の人向けに説明しているので、こちらとしても詳しく突っ込んで質問するわけにもいかず
単なる暇つぶし程度のバクステツアーでございました。
でも舞台から客席を見られたのは気持ちよかった。
客席が暗くなっても2列目あたりまではよく見えますね。みだしなみ注意。
そういえば帰りに楽屋方面へ向かう廊下でくつろいでたのは吉浦くんではなかったろうか。


・垂れ前髪は右側が復活!左側は相変わらず少なかったけどよかった。やっぱり垂れてる方が断然可愛い。
・飛猿さん登場シーン。
 「こんなエロかわいい小娘までいるとはな」初っ端から飛ばしてます。
・飛猿さんのアドリブはまたしてもお好み焼き屋ネタ。でも今日は一歩踏み込みました。
 飛「世田谷の某お好み焼き屋の50になるおばちゃんにまで
   『ねぇ舞台見に来ない?俺かっこいいから』と誘ってるんだぞ!」
 客爆笑。
 う「(無視して)大丈夫か、あずみ!」
 あ「ほんとになにもされてないからな!?」
 う「わかったよ…(刀をしまいながら)…ちなみに今のは実話だ」
 …やっぱり実話だったんかーい!無駄にイイ男顔でなにサラッと申告してんの!!
 酔ってたの?しらふ?どちらにせよ君のその年上キラーっぷりには完敗だよ。すげーな。
・今日もコマを落とす秀頼。あれお決まりのパターンにしちゃったのかな?
 そして「ほら、取ってきな」と秀頼の背中をぼふっと叩く女王様なあずみちゃんに萌え。
・秀頼が鎧を着てるシーン。
 カテコでハセが乗って(?)きていた馬(長い棒に馬の頭と下半身がくっついてる小道具)が
 ついに本編に登場!白スーツ+鎧だけでも十分おもしろいのにそれに馬ってもう…(笑)
・幕間に堀北真希がふっつーにロビーで岡村さんと話してました。
 思った以上でも以下でもなく、思った通りの可愛さでした。おにんぎょさんみたい。
 あと私は見てないけど佐田真由美(花男の静香)ととーちんがいたらしい。
 なに繋がりか不明だけど静香は来たんだ…類も来たんだっけ?……どーみょーじーーー…。
・今日もキスしてから目を閉じてました。
 恐らく斗真くんのであろう「むふーむふー」という鼻息が毎回気になるんです。キスじゃなくて人工呼吸?
・カテコは3回。
 全員を紹介した後、ナレーションの方が小山先生や岡村さんの名前も紹介。
 更に「ついに明日は千秋楽!」と言うと斗真くんはひとりでガッツポーズ。
 「お客様のために特別メニューをご用意しております!」よっ、待ってました!
 その後、当日券のご案内や「大阪公演もまだまだ残っております!」とチケの宣伝があり
 それを聞いた斗真くんは晃くんと笑ってました。

そんなわけで明日は東京楽!
これだけ通っても「えーもう終わっちゃうの!?」と思えるこの舞台を、しっかりと目に焼き付けてきます。
正直再々演は無いと思っているので(個人的な意見ですが)これが最後の明治座。
あずみに関わるすべての人が幸せな終わり方ができますように。
(ま、大阪はあるんだけどね。やっぱりあずみと明治座は切っても切れないご縁だと思うので)



2006年04月13日(木)
あずみ 13日昼(追記済)


1階1列下手側通路脇。
去年の最前時は体調悪いは電車は乗り過ごすは…と散々だったわけですが今年はバッチリ到着しました。

■ 1幕
・垂れ前髪にはもう期待しない方がいいようだ。
・淀君登場シーンの直前、勘兵衛殿が目の前にー!
 しかも座ってるから目線が低くて目が合っちゃって(勘違い)ひぃぃぃ眼力強くて直視できない!
 先生!近すぎて胃が痛いです!!(涙目)←小心者。
・はーん、うきは様がこっち見て笑ってるぅ〜。
 …実際は私の前にいたひゅうがくんを見てるだけですけども。今日は全編こんな調子です。
・飛猿さんのアドリブは「この男はよくAV女優のカタログを風間俊介と見ているらしいぞ!」
 内容ではなく女優で選ぶのね?(そんな話はしてません)風間は来てたのかな?
・メイサちゃんのたわわな太ももがーはわわーたわわー。
・美女丸とうきはのフライングシーン。近っ。
 蹴って!こめかみをガツンと一発!!カモン脳震盪!
・この↑後、うきは・ひゅうが・あまぎが美女丸に刀を向けるシーン。
 立て膝ついて構えるうきはが相当かっこいいと思うのです。でも直前は殺されそうなんだよなぁ…(笑)
・そして本日のメインディナー(赤西語)影武者探し。
 うん、まぁ期待はしてた。期待は。ヅラを被されてもいいようトリートメントも念入りにしてきた。
 結論としては私の2列後ろの人が選ばれました。
 恥ずかしげもなく振り返ってガン見だよ!もちろんさ!(下図参照)
ちけーー!!斗真くんは影武者さんの右前に立ちます。
たまたま2列目(私のすぐ後ろ)は空席です。
なので斗真くんちょっとそっちへ足踏み込みます。
私振り返ります。

目の前に斗真くんの右腕がー!!

あと10cm、顔を前に出したらかぶりつけるよ!
腕まっちろー!肉眼で腕毛が見えるー!
肘〜手首の飾りのあたりに大きな傷跡があったんだけどあんなのあったっけ?(昔雑誌で見たような気もする)
やけど跡か傷跡か、そんなものまで鼻先数cm。
図にも描いたけど見えそうで見えない脇の下を覗き込みたくてしょーがなかった。
でもあの場でそれをする勇気はさすがになかった。しかし酷い図だな。

今日の影武者さんも勝手にヅラを外していたので「影武者殿!…ヅラをつけてください」と注意。

あまりの近さにぽーーっと見とれていたら、影武者さんを斬ろうとしたうきは様の柄で
危うく顔を殴られるところでした(笑)嬉しいけど痛すぎる。いろんな意味で。
柄の一番下の部分(?)は銀紙をグシャグシャしたよう微妙にちゃちいつくりなのですね。

あ「俺はこの人を信じるよ!」
ひ「さっきからずーっとうきはしか見てないんだぞ!」
噴き出す斗真くんとメイサちゃん。そう、メイサちゃんはほぼ真横にいたのです。
斗真くんを見るのに必死であまり見られなかったけど、噴き出す瞬間がすごい可愛かった…!

そしていつもは「うきは!」と呼ぶだけなのに今日は斗真くんの背中をボスッと叩いて呼ぶメイサちゃん。
これが良かった。
メイサちゃんが右肩を叩いてくれたお陰で斗真くんが右側から振り返り、超至近距離で笑顔が拝めました…
はわわわわかわいい…キラキラしてる…ありがとうメイサちゃん…ラブメイサ!

そんでその後、爺に呼ばれて4人が移動するシーン。
爺は舞台上で4人は客席下手最前列の前に一列に。
斗真くんがほんとに真正面なんですけど…!!
まぁ斗真くんは真横を向いているわけですが、席に真っ直ぐ座って真っ直ぐ前を向くと斗真くん。
………………………………………ヌァッ、息止まってたわ!苦しいはずだ!
頭からつま先までもの凄い勢いで眼球を動かし観察しました。超眼球運動。超満足。超満腹。

直後のシーンが三兄弟の採用試験でよかったわぁ。笑ってても不自然じゃないもん。
三兄弟を見て笑ってる…と見せかけて、単に顔が緩んだまま戻らないだけです。でれっでれ。
しかし私、何度斗真くんを間近で見ても奥歯がカチカチ鳴ってしまうのです。
心臓もえらい速度でバクバクバクバク打ってるし…よっぽど好きなんだろうね、と他人事のように言ってみる。
智くんにはハグされても腑抜け・腰砕けになるぐらいで済むのにねぇ…。

・あずみのコマを秀頼が回すシーン。
 「今日もコマ落としちゃったりね☆」とか思ってたらほんとに落としちゃったよ、この人。
 この前落ちた時「そこそこ」と指差す最前の人を見て「早く拾ってあげればいいのに〜」と思ったのですが、
 実際あの席に座ってみてわかった。テリトリーが微妙なの(笑)
 拾える距離ではあるけど明らかに通路挟んだ席の人の方が近いから拾いに行きづらい。
 そんなわけで「どこじゃ!?」と聞かれて私も「そこ!そこ!」と指差してしまいました。
 でもちょーーーーーーっとだけハセと会話できたような勘違いができてポッ。
 拾ってあげた方は「あとでコロンブスに会わしてやろう」と言われてました。
 そのコロンブスってしゃかりき?
・去年のあずみのネイルは水色だったけど今年は薄ピンクなんですね。可愛い。
 メイサちゃんの他仕事と連動してるだけかもしれないけど。
・んなーOh!!は今日も王子様!
 この前生声が聞けたのはフライング終了後〜曲終了あたりまでだったのですが、
 今日はフライング開始地点近くだったので上手側をフライングしている時以外はだいたい聞こえました。
 録音と生声がダブルで聞こえるってステレオ+ステレオ状態で気持ち悪い…なんて思うわけもなく
 その気持ち悪さが余計に「うひょー生声!!」と興奮できると言うか(笑)

■ 2幕
・どうでもいいけど今日の幕間に初めて演出の岡村さんを確認しました。(毎回いるとは聞いてたんだけど)
 衣装みたいな丈の長いジャケット着ててドラキュラのようでした。
・あずみとうきはの決闘シーン。
 背中合わせになって2人が刀を構える(?)瞬間が大好きです。超かっこいいっす。
・すまみせん、この↑後からうきはの最期まで「かっこいい」以外の言葉が思い浮かびません。
 だってさー超かっこいいんだもん!(うわぁ頭悪そうな感想)(今更…か)
・そうそう、今日に限らず好きなセリフの言い方をひとつ。
 う「いいか!俺とあずみは絶対ここから逃げ出すんだ!!」
 あ「うきはも一緒だな!?」
 う「当たり前だ!」←これ。
 …あずみのセリフの最後にかぶせるように答えるのがツボなのです。
・カテコは3回。
 紙ふぶきフゥーした後に舞台上で器具を外してもらっている時、なぜか笑ってる斗真くん。
 周りの家臣さんたちも笑ってたから誰かなんかやらかしたのかな〜?
 そんで全員が一列に並ぶ時は晃くんに向かってペロッと舌出して笑ってました。超可愛いんですけど
・若手3人が前に出て挨拶した後、晃くんたちをずずいと前に出す斗真くん。
 いつも口が動いているのは見えてたんだけど今日は「さぁどーぞっ!」という声が聞こえました。よっ、お調子者。

どうも追記部分はテンションが落ちてる感がありますが(笑)勘弁してくだされ。
いかに影武者のところで体力・精神力を使い切ったかが伝わるかと思います。
今現在「もぉ〜この人、世界で一番カッコイイ!」とか普通に口走れます。
ちなみに世界で一番可愛いのは智くんです。(聞いてません)



2006年04月12日(水)
あずみ 12日夜


1階10列上手側。
昨日の夜もおじさまが多いな〜と思ったけど今日は更にお偉方っぽいおじさまがちらほら。
全体的に一般客が多い雰囲気でした。
あ、幕間にトイレへ向かって急いでたら前をEXILEのHIRO(かなぁ?)が歩いてました。
さすがにガタイいいね〜。

・垂れ前髪はほぼ皆無。センターだけ上げてるからこそ可愛いのに…しくしくしく。
・飛猿さんのアドリブは今日も「世田谷の某お好み焼き屋〜」
 言い始めからすでに笑ってる斗真くん。ねぇ思い当たる節があるの?ねぇ?(笑)
・選ばれた途端、お連れの方々と大騒ぎな本日の影武者さん。
 そんな彼女を見てひゅうがくんが一言。「ケバイぞ!」
 「ちょっと待てぇ!ケバイは言うな、ケバイは!!」と即フォローのうきは様。でもあんたも笑ってるがな。
・ハセの歌の調子が良かったような?
・清正殿のマイクは絶不調でした。何度も激しい雑音が入っちゃって大変だった。
・超どうでもいい情報だけど、いつも目閉じてからキスする(される?)のに今日はキス後に目閉じてました。
・カテコは3回。
 山本さんが紹介された後、山本さんのもとにメイサちゃん・黒川くん・吉浦くんが集まるのですが
 その時に山本さんがメイサちゃんの頭をよしよしと超愛おしそうに撫でるのが素敵。
 そういえば昨日の昼はメイサちゃんが撫でられた後に黒川くんがペシッと叩かれてました(笑)
・今日も修学旅行生がご観劇だったのですが、カテコの紙ふぶき+フライングのコンボに歓声があがってました。
 あと今日の席が近からず遠からずのちょうど良い席だったようで
 フライングするうきは様とその背後に舞い散る紙ふぶきが超キレイで超王子様.*・゜゚・*.。.。.*・゜と感動。
 もうね、「写真にするならここしかないだろ!」という瞬間でした。

感想少ないけど今日は客の雰囲気も含め盛り上がっていい感じでした。
明日は最前なので萌えの勢いで飛び出してしまわないよう気をつけようと思います(笑)



2006年04月11日(火)
あずみ 11日昼・夜


そんなわけで初・当日券。明治座でチケ買うのも初体験。
空席状況を画面で見せてもらえるのでわかりやすくていいですね。
そしてA席かB席でいいや〜と画面を覗いたところ「夜ですと1階の4列もありますが…」「それください(即答)」
1階4列、しかも下手寄りのセンターって影武者も近くで見られるし相当おいしい席じゃんね。
関係者席の余りかな?うーむ、当日券あなどりがたし。

ちなみに今日は両部ともカメラが入ってました。ただしあくまでも「記録用」とのこと。

■ 昼
3階2列下手側。完全にうきは様の縄ばしご狙いです。
これまた初体験の3階席だったのですが芝居を見る分には別段問題ないですね。
左○列、右○列になると死角ができちゃうのかもしれないけど正面なら無問題。
特に2列目だと後ろを気にしなくていいので非常に楽でした。(隣が空席だったというのもあるんだけど)
しかし心地よすぎてちょっと眠い…。

開演前にスタッフさんから「一幕が終わる頃に天井が下りてきますので、頭上にお気をつけください」との注意有。
お気をつけくださいって言われてもねぇ。

・垂れ前髪は右側がほとんど無し。左側も少なめ。だから私は多めの方が好きなんだってば。
・飛猿さんの日替わり曲は今日も仮面舞踏会。ニッキがいるのかと思ったけどそうではなかったらしい。
 夜も仮面舞踏会だったからあれで固定にしちゃったのかな?
・飛猿さんのアドリブは「こいつは最近そこら中で『真珠入れるといいんですか?真珠入れるといいんですか?』と
 聞きまわってるらしいぞ!」コラ!修学旅行の中学生が来てるっつーに!!(笑)
・あずみたち4人が到着するとすでにヅラを外していて怒られる影武者さん。
 ぷぅっとほっぺふくらまして?怒ってる斗真くんが可愛かったです。
 そして一旦つけ直したものの再度ヅラを外す影武者さん。
 う「影武者殿!……まずはヅラをつけなさい」
 (つけ直す影武者さん)
 う「影武者殿!あなたに恨みはないのですが…」
 ↑この後にもぷぅっとほっぺふくらまして(まややみたいな感じ)とても可愛かった。ぶりっこちゃんめ!
・三兄弟が不採用になって清正殿に反抗するシーン。
 三郎さんの今日のネタは♪しょーこーしょーこー…なんでまたそんな危ないネタ持ってきちゃうかな。
・そして縄ばしご。
 「天井が下りてくる」の状況をいまいち理解しきれていなかったのですが、やっとわかりました。
 ほんとに天井が下りてくるのね!(なんの説明にもなっちゃいねぇ)
 四角い柄?がいっぱいくっついたような天井なのですが、その四角の一辺がウィーンと降下。
 立ったら頭ぶつけるぐらいの高さまで下りてきます。これはたしかに「お気をつけください」だわ。
 座席番号で言うと8〜10番の真上ぐらいかな?
 私の席はもう少しセンター寄りだったので斜めからそれを見るような形。でも近い。
 誰かが静かにコツコツコツ…と歩く音や縄ばしごをソロソロ…と引きずる音が聞こえました。
 期待通りうきは様の登場はガン見できましたよ!一瞬だけ、ほんの一瞬だけとても近い!!
 何度も通う人なら一度見ておいて損はないと思います。
 うきは様に見とれていたのでいつ天井が収納されたのかは不明。
・「ここは命に代えても俺が守る!」のシーン。(「ひとかたならぬ〜」の直前)
 今まであまり気に留めていなかったのですが、うきはがあずみの手を握る(包む)んですね。あれすごくいい。
・ごめんなさい…うきはが死んだ後に私も一緒に眠りについてしまいました…。
 すぐ起きたけど気ぃ抜きすぎの自分にびっくりした(笑)
・終演後に「顔は知ってるけど名前が全く思い出せない人」を見たのですが今検索して判明しました。
 たぶんジャリズムの渡辺?うーん、一般人の見間違いかも。

■ 夜
・やはり昼夜公演は大変なようで皆さんセリフの細かいとちりが多いですな。
・昼にはおとなしめだな〜と思った毛先のアレンジ。
 夜になったらボサボサ度はアップしてるっぽかったんだけど、結び方が変なのか
 双葉の芽が吹いたような頭と言うかどことなく縄文人みたいな頭でおかしかった。
・飛猿さんのアドリブは「世田谷の某お好み焼き屋にいる50過ぎのおばちゃんにも
 『休みの日はなにやってんの?』と誘ってるらしいぞ!」なにこの妙にリアリティがある話(笑)
 斗真くんは爆笑。メイサちゃんもかなり勢いよく噴き出して下向いてました。
 『休みの日は〜』の言い方が無駄にダンディーなのもツボ。マダムキラー健在?
・秀頼があずみのコマを回そうとするシーン。
 昨日「舞台から転がり落ちそうになって焦った」と書いたら今日はまんまと転がり落ちましたよ。
 秀「…回らん」(コマ転落)
 あ「自分が回ってどうすんだよ!」
 秀「…(コマは)どこじゃ…?」←可愛かった。
 「そこ!そこ!」と教えてあげる最前席の皆さん。
 秀「そこの一民よ、取ってくれ」
 秀「(コマを拾ってくれた人へ向かって)あとで金5貫やろう」
 …テンパらずによく乗り切りました!
・三郎さんのアドリブはジャパネットたかたのモノマネ。
 ご紹介する商品は「赤坂晃のローラースケート」月々300円で5回払い…って安っ!(笑)
・昨日書いた縄ばしごの下り方、一部訂正です。
 右腕を頭上のはしごに、左腕を下のはしごに絡めて、足は"4"ではしごから下りてました。
 つまり両腕だけでぶら下がってる状態。あれ辛そー。でも男っぺー感じでかっこいー。
・昼は1校だけのご観劇だったのですが夜は3校がご観劇で3階を埋めてました。
 そしたらそいつらが天井が下りてきた時にざわめいちゃってさー。
 正直「ガキ共は逆サイドに詰め込んどけ!」と毒づいていたわけです。
 でもね、うきは様が縄ばしごで下りてきた瞬間「キャァァ゚・*.。.。.*・゜゚・*」と歓声+拍手。
 おおお、超新鮮なリアクション!いいよいいよ、君たちいいよ!と手の平返しまくりの私。
 更にカテコのフライング+紙ふぶきにもこれまた「キャァァ゚・*.。.。.*・゜゚・*
 二戸市立福○中学校と同市立金○一中学校とどこかの村立なんとか中学校!君たちは素晴らしい!
 斗真くんもさぞかし気持ちが良かったことでしょう。
 歓声のお陰で王子様度が上がってたもん(笑)
・カテコは3回。
 手の甲にチュッとやってから紙ふぶきを吹く、そのパターンだけでも十二分にメロメロなのですが
 なにがいいってチュッとやる時の顔がタラシくさくてたまらんのです。
 ちょっと眉毛上げて口角上げて企み顔的な?ギャーうきは様愛してるー!!(落ち着いて私)
・日に日に派手になっていく「メ・イ・サー!!」というメイサちゃんの紹介ナレーション。
 それがどうもツボったらしく後ろで斗真くんが噴き出してました。


ちなみに夜にはV6健ちゃんと七之助くんが来てました。
あとガタイの良いお兄様方がいらっしゃってたけど誰だろう?JACの人かな?
七之助くんは幕間にも普通に客席に座ったままだったので「非常によく似た一般人」かと思いました。
…親友くんはご一緒じゃないんですかね…?(涙目)



2006年04月10日(月)
あずみ 10日夜


1階2列上手寄りセンター。
なんかもうことごとく近くて真剣なシーンでも顔面総土砂崩れを起こしてしまうので
必死に手の平をつねりながら見ました。
これ毎回やってればパブロフの犬みたいに手をつねる度にうきは様を思い出せるんじゃない?

■ 1幕
・出だしだけちょーっと声がいがらっぽかったかな?すぐ気にならなくなったけど。
 淀君の声もすっかり完治されてました。さすが。
 代わりにメイサちゃんが枯れてきてたけどあのハスキー声がまた切なくていいので難しいところ。
・垂れた目…じゃなくて前髪が今日は少なめでした。あれは多い方がいい。
・近くで見ると妙に萌える手。今年も鞘を持った時に立つ左手の人差し指が!超キレイ!!
 もちろん通常時にそっくり返ってる親指も見所です。今年は更に肘にも萌えてみました。
 他の部分が白いのにそこだけピンク(赤)になってるのって萌えませんか?メイサちゃんの膝上とか。
・メイサちゃんと言えば絶対胸が大きくなったと思うのですがいかがでしょう。
 少女が女になってしまうーうううー。
・ひゅうが君の中の人がブログで「厚着だから汗が凄くて脱水症状起こす」と書いていたのですが、
 本当に凄まじい量の汗ですね。おまけに眉毛も太いもんだからゴロゴ(@スマスマ)みたいで(笑)
・飛猿さんのアドリブは「いまだにこいつは女子の楽屋に行って3人にマッサージしてもらい、
 ハーレム状態を楽しんでるらしいぞ!」まだそのネタ引っ張ってたんかい!
 しかも今日に限って飛猿さんがアドリブをかます前から噴き出してる斗真くん。
 なに?真実なの?(笑)
・爺が採用試験(?)を受けに行くシーン。
 合間合間にしゃっくりを挟む爺に、最初はしれっと聞いていた4人も途中で陥落。
 4回目ぐらいのしゃっくりで斗真くんとメイサちゃんが同時に噴き出して下向くのがシンメで可愛かった。
・この↑直前の三兄弟が採用試験で、三郎さんがドコモダケのCMのモノマネ。
 意味不明なんだけどおかしくて(笑)晃くんも家臣の方へ顔を背けてプルプル笑ってました。
・秀頼様の投げたコマが舞台から転がり落ちそうになって焦った。
・縄ばしごから下りてくる時の格好が定まった?
 途中でハーネス(?安全ベルトみたいなやつ)を外すと左腕で縄ばしごに掴まって右腕は宙に、
 足は数字の"4"みたいな形で片足だけ縄ばしごに引っ掛ける感じでした。
 非常に「型にはまってる」感があって不自然さが抜けてました。(見慣れただけかも)
・ギャー!Oh!!の生歌声ver.聞いちゃったー!!
 もちろん劇場内には録音ver.が流れてるのですがそれに重ねて歌う生声が聞こえたー!いやっほぅ!
 まぁあれ口パクしてるよりは歌っちゃう方が楽そうだもんね。ありがたやありがたや…。

■ 2幕
・うきはが拷問を受けている間、淀君があずみにキレてる(他に言い方は…)シーン。
 淀君が舞台ギリギリまで出て演技をしていたのですがおめめおっきーのねー!
 お肌もつるつるだしむきたてゆで卵のようでした。
 いくつなんだろ?35ぐらい?…と思って今調べたら1960年生まれ!?冗談でしょ!?
・美女丸と一緒に出てくるコウモリたちって、羽根以外は毛がふさふさなんですね…。
 初めて気付いたけど無駄にぬいぐるみっぽくて余計にキモイ…ふさふさ…怖い…。
・「逃げる者は追わん〜」のシーン。
 兵1人1人に向かって指差し確認。「どーれーにしーようかなー」みたいでちょっと面白い。でも素敵(結局な)
・キスがいつもより積極的且つ長めだったような。
 かぷっと食い付いてると言うか吸い付いてるようなうきは様でした。
 むしろ息が荒くて一呼吸が大きいからあずみから酸素吸い取ってるような(笑)
・ハセは絶ーっ対に近くで見た方が良さが伝わるね!(細かい表情が見えるから)
・秀頼があずみのために城門を開けさせるシーン。
 今まで秀頼の表情を主に見ていたのですが、ここはメイサちゃんも本当に良い表情をしてるんですね。
 もうその2人の表情だけでうるうる。幼い2人が…よよよ…。
・カテコは3回。
 みんなの紹介する時のメイサちゃんの笑顔が良いですね〜嬉しそうでこちらまでほわほわ。
 おなごの笑顔はこの世の宝じゃー(by.爺)
・3回目のカテコで突然ヒガシポーズ。両側に1回ずつ。
 ジャケットプレイのではなく、片手で後頭部を抑えてもう片手でどこかを指差してるやつね。
 突然なんでそれ!?と思ったらヒガシがいらっしゃってたのですね。まったく気付かなかった。
 だから飛猿さんの日替わり曲も仮面舞踏会だったのか。
・ちなみに十八番を取られた形の?ハセは両手でお手振りしてました。可愛かった。

サクラ吹ケ今日の席は、前回うきは様の紙ふぶきが舞い散っていたあたりだったので
「キャーうきは様の紙ふぶき浴びちゃうかも☆」とか期待していたら今日は後方の席に吹きやがりましたよ。
でも1枚だけひらひらひら…と舞ってきたので「ふぉぉ落としてなるまいか!」と真剣白刃取りのごとく両手で挟んでゲット。
というわけでこれは床に落ちてません!Fromうきは様Toわ・た・し☆(ウ・ザ・イ☆)

そして明日丸一日かかる予定だった用事が突然なくなったので、行ってこようと思います。
実は12,13,15,16日のチケはすでに手配済みです。
つまり今日から東京楽まで全ステってやつ?なにやってんだろねー…。
まぁ週明けからは(今よりは)ちゃんと働くことになるのでこんなアホな事ができるのも最後でしょう。
同じアホならなんとやら、というわけで踊ってきまーす。
(明日は当日券狙いだからちゃんと踊れるかわかんないんだけどね)



2006年04月09日(日)
噂の真相


潤があずみ観劇?などという噂を聞きつけ朝からてんやわんや。
結局あっくんと光ちゃんのおデートだったということで良いのですね@アツヒロ日記
関係各所の皆様お騒がせしました。
たしかスサノオの初日にも同じようなことをやってるんだよね、私。
初日昼に行ったのに夜に智くんと潤(と他諸々)が来たと聞いて「マボ智とじゅんいくだったのに!!!」と
鬱入りまくりのメールを送ったら、実際には潤は来ていなかったというお話。
我ながら必死すぎて目も当てられません。アイタタタ。
別にゲスト目当てで見に行ってるわけじゃないんだけど…現在猛省中でございます。

@芸能サプリ
MXの再放送を一応捕獲しました。
でも苔が生えた水槽の中から見たような、えらい緑がかった画面なので雰囲気だけ噛みしめ終了。
キスシーンは標準・スロー・コマ送りの各速度で見ました。特に意味はありません。
会見でキスシーンの話を振られ、ちらちらとメイサちゃんを見る斗真くんがセクハラくさくて素敵ですね。
そして「それどころじゃないんで」と一刀両断するメイサちゃんはもっと素敵です。姫様無敵。

@チューボーですよ
にのみゃーの回ではなくPちゃんの回。
もっと他に感想書くものあるだろ?と思いつつなぜかこれ。すいません。
ちなみにPちゃんが豊かな乳をモロ出ししているという(語弊が…)Tarzanは表紙画像だけ見ました。
中にもっと乳画像(だから違…っ)あるのかな。そもそもまだ売ってるのかな?

・普段あんまり気にしないけどこうやって並ぶとスタイル良いんですね。
・そのモノマネ、志村けんじゃなくてぐーぐーがんもじゃない?
・小林アナがプロフィールを紹介してる時、たけのこの扱いに困ってちらちら巨匠を覗き見してる姿が
 非常に頭がゆるそうで可愛らしゅうございますね。箱入り娘は料理なんてできなくていいんだい。
・Pちゃんは彰だった…んだ、ね?←よくわかってない人。
・首から肩にかけて分厚いのも嫌なんだけどそれ以上に腕が太いのが嫌だわぁ…。
・あれで翔ちゃんみたいに「筋肉あるのに腕相撲最弱」とかならそれはそれで萌えアイテムですがどうなんでしょう。
・でも乳(だから…ッ)はでかくてOKです。
・巨匠のテーブルクロス引きの時にビビってる姿がビキニの上が流れちゃって困ってるおにゃごのようで萌え。
 凄まじくピンポイントな萌えですみません。しかも半分以上妄想だしね☆
食べてる時の髪型かーわーえーーーー!!!
・うきは様にしてもそうですが、前髪の中央をあげた髪型は大好きです。とぅるっぽんなおでこ最高。
・「たけのこかいのあいてぃーかくめいや…」…か・れ・ん…(うっとり)

つまるところ筋肉がつこうがどうなろうが可憐は可憐ということでした。
1回見て消す予定がきっちり編集して保存コースだよこのやろう。
あ、そういえばお誕生日おめでとうございました。



2006年04月05日(水)
あずみ 5日夜


1階5列上手端。
座席表を見て自分の位置はわかってたけど、まさか自分より端側の席にシートが被ってるとは思いませんでしたよ☆
そんなわけで実質一番端でした。足元広いけど首が痛いよ。
おまけにメガネケースは持ったのにメガネ本体を忘れてしまい(余はなんということを…!)
仕方ないので斗真くん出演時のみオペラグラスで見て、あとはぼや〜っとしたシルエットで楽しみました。
「5列目でオペラグラスって…(失笑)」とか思われてそうでちと恥ずかしい。

そんなこんなで「見る」ことに四苦八苦してメモが非常に少ないのでレポも少ないです。すんません。

・5列目でオペラグラスだとかなりアップで見えてしまうのです。
そしたらもう浮き上がる血管に萌え萌え☆(…)
特に腕を下ろしてる時の手の甲がーあぁぁーなんかわからんけど超ツボー。
・飛猿さんのアドリブは「女子の楽屋で3人にマッサージしてもらってハーレム状態らしいぞ!」
ねぇ、下ネタだとあんなにクールにスルーできるのに、なんでこのネタだとそんなにニマニマしちゃうの?(笑)
思い当たる節があるのか。そうなのか。楽屋でも王子様か。いや王様か。
タラシくっさー!な生田斗真が大好物な私としては超萌えるシチュエーションでございますが、
逆に女子に肩もみしてる方が想像しやすいのはなぜ。
潤お墨付きの「モテる男」だしね、ほんとに女子の楽屋とか普通にいそうですよね。
・あ、前回書き忘れましたが4日昼のアドリブは「シャレにならないが…こいつは昨日夢精したらしいぞ!」
…また変な検索に引っかかりそうな単語だな…ッ。
・三男なのに五郎さんが普通に三郎さんになってました。
そして恒例のイナバウアー…と見せかけて「いなばの白うさぎ!」
完全に失笑状態の客席が面白くて笑ってしまった。「すべってるぞ!」by.清正殿
・上手端のフライング専門(?)スタッフさんは、毎回脚立から飛び降りてるんですね。大変だ。
誰か本番の途中でちっちゃくくしゃみしてる人がいたけど(笑)
・カテコは3回?
ハセの紹介で棒の先に馬の顔だけくっつけたような小道具登場。
はいどーしながらパカポコ跳ねて出てくるハセが超可愛い。
紹介時のためだけってあたりがカゼヨミ人形のようなスタッフの愛を感じますね。
(まぁカゼヨミ人形は一応本編にも登場してたけど。あれまだ持ってるのかな?)
・3回目のカテコでガッツポーズの斗真くん。
軽い感じではなく体全体が軽い逆Sの字型になって顔もアイーン気味でポーズ自体も腰のあたりという
妙に力のこもったガッツポーズでした。ちょっとおもしろかった。
ま、もちろん反射的に「キャ〜☆」とか声が出てしまったわけですが!

うきは様の息が!手汗が!
前回は席の位置的に難しかったうきは様の桜吹雪拾い。
今日は間に合ったよ!

何人もの女子が鼻水すすりながら床に這いつくばって紙ゴミうきは様の痕跡を拾う図は正直異様ですが(笑)嬉々として掃除して帰るんだからいい客だよなぁ。

ちょうどいいから空っぽのメガネケースに入れて帰りました。
きっとこのために私はメガネを忘れたんだね…。

そういえばお客さんの中に外国の方(西洋系の男性2人組)がいたけど内容理解できたのかな。



2006年04月04日(火)
あずみ 4日昼


休憩所で「あの人トキコンにいたら絶対マボファンだろうなぁ…」と思いながらある人を見ていたら
MAIN仲間のSさんでした(笑)びっくりした。
服はガン見してたくせに声かけられるまで気づかないってどうなの>自分。

席は1階6列ほぼセンター。
開演前に近くに誰か案内されてきたと思ったらかっちゃんでした。(4列17番)
オーラ消しすぎで周囲の人はあまり気づかず…。

■ 1幕
・そうそう、入口でもらうチラシ群にBGとワルキューレが入ってるんです。嬉しい。
・ほぼセンターなので登場のフライングが真上でやばい。
・やっぱりあのてゅるっぽんなデコ出し可愛いよー。毛先のアレンジは派手になった?
・なちの作務衣風上着がおでん屋のおやじに見えます。かっこいい、かっこいいんだけど。
・影武者探し。本日は「中年の小太り」
へ〜「いやらしい人妻」限定じゃないんだ〜とぼーっと考えていると…あ、あ、近くに中年の小太りいたー!!(笑)
案の定飛猿さんが近づいてくるも、いまいち状況を把握できず辺りを見回しているかっちゃん。どう見てもあなたです
かっちゃんにヅラをかぶせると「今日は忠誠心も確認しましょう」と飛猿さん。
立ち上がらせられスポットライトを浴びるかっちゃん。ようやく客席全体にかっちゃんの存在が認知される。
「渡る世間は鬼ばかりだ?」「京唄子さんの口はデカイ?」などの質問に○×で答えてました。
そんでもってあずみたちが登場。
一応かっちゃんの前で止まったものの、1人だけかっちゃんに背中を向け苦笑してる斗真くん(笑)
あまぎやひゅうがも「え、えらい人だ…」と恐縮気味。
斗真くんがかっちゃんの左斜め前に立ち、私の席がかっちゃんの右斜め後ろだったため
斗真くんの顔がしっかり見えて脳内狂喜乱舞。あばばばばば、デコ可愛い。苦笑い可愛い。
普段「こんな罪も無い人(orお客さん)」と言う部分をさりげなく「こんな罪も無い方」と言うメイサちゃん。
みんなそんなに気使わなくても大丈夫じゃない?(笑)
そしてその直後のセリフ。
あ「ねぇ、うきは!」
う「ぉっ、お、俺かっ」
あ「(コクッ)」←無言で頷く。
↑ここの2人が超可愛かった!2人とも素で笑っちゃって、困る兄と困らせる妹みたいで萌。
その後一通りの儀式(「あなたに恨みはないのですが〜」etc.)を済ませ退散。
かっちゃん、そこに座ってくれてありがとう。
・爺が採用試験(?)を受けに行くシーン。
爺「この4人のゴマ、ゴマ…あ、孫たちが…」
ここでは大丈夫だった斗真くんも…
爺「ご奉、ゴホッ、ご奉公、ゴホゴホッ…ブェックションっ」
こちらで陥落。最初は口を真一文字にして笑いを堪えてたんだけど、そのうち耐え切れなくなり
顔を下に向けて肩を震わせてました。よほどツボに入ったらしい。
・ヘラクレスになった秀頼があずみを探しに来るシーン。
うきはたちはセットの下に隠れるわけですが、今回の髪型は上と後ろにボリュームがあるため
セットに引っかからないようにそーっと隠れる姿がおかしい。あんたそれ戦闘に不向きなんじゃ。
・Oh!!のシーン。
初日は花道に着いてからも縄ばしごから足が外れずもたもたしていたうきは様。
今日は降りてくる最中にさっさと外し、腕でぶら下がる形になってました。
やっぱりあれ微妙に失敗してたんだ?
それはさておき今日この席から見て一言。
やっぱりうきはは王子様*・゜゚・*:.。.。.:*・゜
手は胸の前!目はうつろ!口は半開きでぽわわわん!これうきは様観賞の基本!!
今年も「はーん!」とか「きゅーん!」とか「うあああああ」とか多種多様な擬音語擬態語奇声が脳内を駆け巡っております。
縄ばしごはヘリコプターから下りてくるみたいで変だけどそれでも大好き愛してる。

■ 2幕
・そういえば淀の方の声が掠れ気味で辛そうでした。でも美女丸は大丈夫なので高音部が辛いのかな?
ハセもいつも通り声が引っくり返ってるので豊臣母子でしゃべると大変。
・うきはの最期って目かっぴらいて口は変形してほんとにブッサイクなんだけど(笑)
それでも「うきは様…(ぽわわわん)」となれる自分が不思議。
・初日に「メイサちゃんの太ももは健在」と書きましたが少し訂正。
たぶん細くなりました。でも筋肉が減ったor筋肉の周囲に脂肪がつきました。
激しく動くと特に太ももの裏側がぷゆゆんっと揺れます。(どこを観察してるんだ)
あずみ同様メイサちゃんもリアルタイムで少女から女性になっているという事実に感激っつーか衝撃っつーか。
来年にはもっと体が女らしくなっちゃってるだろうから、再々演は無理かもしれんね。
しかし16歳から17歳ってあんなに熟れていくものだったのかねぇ…しみじみ。
・カテコは3回。
噂の紙吹雪ふーっなフライング斗真くんを初観賞。
なんかおもしろい吹き飛ばし方してたのは気のせいかな?
吹き飛ばす代わりに客席煽りは無し。あれはあれでアホっぽくて好きだったんだけどなぁ。

メイサちゃんの紹介時に背後で「どーぞ」みたいに腕出してる姿に「何様だよ」と思ってみたり(笑)
アッくんあたりの影響なんだろうけどあれって主役以外がやるのはどうなんだ。

2回目のカテコでスタオベしてるかっちゃんに向かってニマーッと笑顔で会釈。
3回目のカテコで晃くんが若手3人を前に出してくれて3人でお辞儀。
それが終わると今度は斗真くんが晃くんたちを「ささ、ずずいと!」みたいな感じで
前に押し出して3人以外の皆さんでお辞儀。斗真くんは後段の方へ拍手。


そんなこんなで今日(5日)も行ってきます。では!



2006年04月03日(月)
三世代同居


友「MXサプリでしか会見映像流れなかったらしいよ〜」
私「OKOK、TVK版がちゃんと録れてるはず」
…ってこら、TVKー!! お前んところも改変期だったんかい!サイエンス番組しか映っとらんがな!
ジャニに優しい良い番組だったのに…しくしくしく。
でもたしか土曜日にMXで芸能情報のまとめ番組があったよね?
画質は最低だけど映らないことはないのでそちらに賭けてみようと思います。

そういえばYou&J。3グループ合同って。
まぁ今の状況じゃなにをどうやったって角が立つとは思いますが
(立たないのはデビュー順に単独FCをつくるぐらい?でもNEWSがあんな状態じゃ難しいよなぁ)
今度はここから独立する時にあれやこれやと確執が起きそうですね。
でもこんな風になった原因は同世代・同時期にデビューするグループが増えたことだろうし、
それは嵐や滝翼の世代を考えれば幸せなことだと思うし…って書いてて思ったけどトキキンブイがいたか。
でもあの3グループは3世代ぐらいが同居してるからねぇ。
やっぱり大量生産による弊害なのですかね。
ま、そんなことより私は生産ラインに入ってるのかどうかわからない人のことを気にしないといけないんだけどね!

@HEY3
「トキオ&嵐&関ジャニ」はちゃんとコメント有りだったのですね。録っといてよかったー。
でもニノがいないはずなのに「あれ、翔くんがいない」と思ってしまいました。
どうも私の頭の中の消しゴムが小アフロ翔くんを抹殺しようとしているようです。
えー松本さんは大ちゃんを見すぎです。
フィルムフェスタにおける光ちゃんのようです。←つよっさんの見すぎで横顔しか映ってなかった人。

光ちゃんと言えば獣王星のアフレコ見ました(無駄にWS張っちゃったからね!)
誰がどう聞いても光ちゃんのまんまでした(笑)



2006年04月01日(土)
あずみ 初日


1年ぶりの幟!やってきました、あずみ再演!
どれほど待ったと思ってるんだこのやろー!!
…と逆ギレしながら「あああ緊張するうう…」と乙女なファン魂も見せつつの開演でございます。
劇場外では強風のため幟がはためきまくっておりました。

ちらほらと細部に変更があった程度で大筋は去年と同じ。
斗真くん的変更部分は髪型となちの衣装。
髪型は前髪を編みこみにして(サイドはちょっと垂れてる。動くにつれ垂れ分が増える)
後ろはちょんまげとハーフアップの中間みたいな位置でちょんちょこりん結び。
毛先は遊びまくり。
襟足はメッシュの入り方が去年とそっくりだったのでエクステではないかと。

で、この髪型が可愛い!
爺に向かって(=客席に背中を見せて)「はい!」って返事をするシーンとか
あずみのちょんちょこりんとうきはのちょんちょこりんが揃ってぴょこん!と跳ねるのが超可愛い。
お互いに編みこみしあってたら可愛いよね。ってそれどこの女子高生だよ。

そんな髪型はかわいこちゃんなうきはですがやっぱりカッコイイのよー!!
もう最高!愛してる!大好き!
去年よりも貫禄があるようなないような。体も少しがっちりしたかな。
それよりも顔が明らかに太ってました。ま、それでも小顔には変わらんのだけど。

なちの衣装は去年のいかにも「下にうきはの衣装着てます」感から若干すっきり。色は大差無し。
上着の生地とつくりが作務衣みたいにも見える。
パンツ(って言うのだろうかあれも)は両脇にチャック有りのだぼだぼ早替え用衣装。

今年もなちとうきはの違いは襟足を結んでいるかどうかなのですが、
編みこみ+ちょんちょこりんのお陰か去年よりもなちがカッコよく感じました。
でも変わり身の人のヅラは去年と一緒なんだよね〜。
ってことは@DEEPの撮影が終わったら元に戻す予定なのかしら。残念だわ。

■ 1幕
・美女丸の登場シーンで歌がちょっと増える。しかも勘兵衛殿とデュエット(?)
えぇぇこんなミュージカル風になるの?と思ったら飛猿さんから「帝劇でやってくれ!」のツッコミ。
・ひゅうがとあまぎが荷車にあずみと爺を乗せてるシーン。
荷車がキリキリキリ…と悲鳴をあげてたんだけど大丈夫?
・そうそう、今年もあずみちゅわんの太ももはご健在ですよ!はうー。
・「よーし、男子は校庭でソフトボール!」がよりコミカルに。
顔の造作もおかしいし声も突き抜けちゃってるし(笑)
・三男なのに五郎さんが九州弁に。
・飛猿さんがあずみを食べちゃおうとしたところにうきはが駆けつけるシーン。
バレエポーズを真似して叱った後もペンギンみたいに手を体の脇にくっつけてるうきは。可愛い。
・飛「あずみ、この男には気をつけろ。こいつは昨日お前のことをおかずにしたらしいぞ」
初日からそんなネタだと楽にどうなってるか心配なんですが(笑)
・美女丸の「大阪城で待ってるぜ」って「後楽園で僕と握手!」みたいだよね。
・清正殿の影武者探しのシーン。
去年同様客席を走ってくる4人…が、他3人は影武者さんの前で立ち止まってるのに
1人だけ通り過ぎて反対方向を見てキョロキョロしてるうきは。
うきは「…(キョロキョロ)」
3人「…」
あまぎ(ひゅうが?)「…こっちだ」←うきはの肩を叩いて。
うきは「おっ堯゚o゚;)」
…すんごい素で可愛かったです。
目を凝らして探してる表情は男前なのにね〜気付いた瞬間、肩がビクッ!って(笑)
・秀頼の「ヘラクレス!」のポーズが変わったよ。
右腕はまっすぐ上げて頭の上で左腕を絡める感じ。どのあたりがヘラクレス?
・そして秀頼のお歌がまた生歌に戻りましたよ…!心配すぎる…。
・秀頼の軍議行きをけしかけちゃったあずみをうきはが庇う(?)シーン。
「急でしたねぇぇぇ〜」のところの動きがより大袈裟に。
・あずみの「豊臣秀頼えらいぞー」がえらい無気力になってました(笑)
去年は腰曲げて言ってあげてたのに今年は超棒立ちなのね。
・3階からのフライングは1幕の最後、あずみを助けに来るシーン。
「飛ぶならここだろう」と思って気をつけて見ていたら、突然天井から縄はしごがボトッと出てきて
それと一緒にずるずるずると下りてくるうきは。3階下手の席はおいしいかも。
スポットライトを浴びてからはポーズつけて下りてくるんだけど、フライングっつーかハシギング?
しかも花道に降り立つ時に足がちょっと引っかかってたんで心配してしまいました。
花道に下りると今度はちゃんとしたフライング。曲はもちろんOh!!
やばいやばいやばい。やっぱりカッコイイよー!!顔が完全に緩んでしまった。

■ 2幕
・あずみを逃がすシーン。
もーかっこいいー(T△T)←これしか言葉がなくてすんません。
セリフがどれもすごく身についてて(覚えているという意味ではなく)
「うきは役のセリフ」ではなく「うきはの言葉」に聞こえちゃったりしてどうしましょう。
・キスシーンが去年より生々しく(生なんだから当然なのだが)見えたのは気のせい?(笑)
・うきはの最期も秀頼の最期も全部流れがわかってるのにボロ泣き。
むしろ流れがわかってる分、最初から涙腺の出口が開門されちゃってるとでも言いましょうか。ズビズビ。
・でもね、私も周囲もグスグス泣いてたくせに回想シーンでうきはが出てきた瞬間
一斉にオペラグラスを構えたのには笑ってしまいました。お前ら現金だなおい。

あれ、なんか2幕の感想が少ないな。まぁいいや。
カテコが前回と大きく変更されました。
全ての役者さんの名前が呼ばれるようになり、皆あずみと刀を交わしたり斬られたりする演出。
メインの役者さんたちは「油男!(清正殿)」とか「飛ばないのに飛猿!」とかキャッチフレーズも有。イーネ!
でも晃くんが「ガラスの中年時代!」と言われたのにはプチショック。

斗真くんは最後から2番目。しかもフライング!
「飛びます!飛びます!また飛びます!!」のナレーションと共に花道から飛ぶと、
自慢毛ボーボーな顔で客の拍手を煽る斗真くん。お前はほんとに…可愛いなもう!(笑)
更に舞台に下りると今度は「斬ります!斬ります!また斬ります!!」のナレーションと共に
殺陣(Oh!!の時の?)を披露。がっごい"い"ー。

そして最後にメイサちゃんと斗真くんが刀を交わしてメイサちゃんの紹介。
キメポーズが「膝をついて頭の後ろで斗真くんの刀を受ける」形(伝わるかな?)なので
斗真くんも一緒に紹介されてる感じでちょっと嬉しい。

メイサちゃんの紹介後は一列に並んで礼するんだけど、並ぶ時にメイサちゃんの背中(と言うか腰)をたたいて
こしょこしょと声をかける斗真くん。なんだ!今年もラブか!

そして再度幕が上がるとまた斗真くんがメイサちゃんの「挨拶しな」みたいな感じで背中を押して
メイサちゃんから生声で「ありがとうございました!!」のご挨拶。きゃわー。

そんなわけで今年も4月が来たことを実感。
「可愛い」と「カッコイイ」のメーターが振り切れっぱなしです。
(と言いつつ主に「カッコイイ」メーターの方へ傾いてますが)
今一番ふさわしいBGMは♪思考回路はショート寸前♪

去年も書いた気がするけど今年も書こう。
行くか行かないか悩んでる人は絶ーーーーーーーーーーーー対に行くべき!行け!行ってください!←弱気。
もし行って後悔したら私が金返してやる!!(笑)