ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。






YOU TUBE始めました!










Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2014年07月26日(土) ポルシェカイエンに買い替え♪






ヤマハ謹製ユニット、2GR−FSEが最高に気持ち良かったレクサスGS350から、
カイエン(955ターボHPE)に乗り換えました(^^)



















レクサスGS君、

2年間、9000キロの、たくさんの楽しい思い出をありがとう(^O^)
静かで滑らか、踏めばパワーもりもりの君の走り、
楽しかったなぁ(^^)/















今回の買い替えは、家族からのリク(下記 ↓◆砲鳳える形で、そこに私の趣向をスパイスしたら、カイエンになりました(^^)

_戮寮僂濂爾蹐畦動廖且つ、たくさん積める車

⊂茲蟾澆蠅薫廚ぜ

エンジン掛ける度にワクワクさせてくれる楽しい車(^^)

とりあえず、ポルシェ純正チューンのモンスターなので、ぼちぼちメンテしならが、健康第一で優しく扱っていこうと思います(^^)

※私的に、実に14年ぶりとなるドイツ車(BMW E36以来の14年ぶり)ということで、もうワクワクが止まりません(^^)

バムッ!となるドア開閉時の重厚さから感じ取れる安心感&気持ち良さ、気密性の高さが分かる密閉感、ハンドル、各種レバー類の硬質で気持ち良いソリッドなタッチフィーリング、ビシッと芯の通った、しかし突き上げの無いフラットライドなエアサスの乗り心地、これが車高の高いSUVなのか!っと驚きを隠せないダイレクト感のあるスポーティーなハンドリング、どれも魅力たっぷりです。

見た目はマッチョですが、あっ、走りは離陸しそうなほどマッチョですが、そこは私なので、ゆっくりぼちぼち頑張り過ぎず、ほどほどに走りますね(^^)

土日の買い物専用車に500馬力も必要ありませんが、まぁ、そこは車好きということで家族に理解してもらいました(^^)

グォンッ!グォ〜ン!っと軽くドライに、キレ良くビュンビュン吹け上がるエグゾーストに最初は戸惑っていた家族も、ぼちぼち慣れてきた様子(^^)

買い物荷物も遠慮なく、じゃんじゃん積み込めます(^^)

このカイエン(タイプ955)のネオクラシカルなフェイス、ボディパネルのウネリのセクシーさ、景色を艶かに写すボディライン、もうどれもたまりませんね(^^)

マッチョな見た目ですが、優しく走ると、それを理解して、意外なほど、ちょっと拍子抜けするほどに優しくス〜ッっと静かに走ってくれます(^^)

レクサスとは対照的な、やや癖のあるカイエンですが、その癖やフィーリングは、紛れもなくスポーツカーメーカー、ポルシェの味付けで、SUVとは思えないダイレクト&クイックなステアリングフィールは、スポーツカーを運転しているかのような錯覚さえしてしまいます。

運転席から見えるヘッドライト、ボンネットの盛り上がりは、それだけで気分が高揚する演出の一つで、ポルシェらしさの一つだと思います(^-^)


            
















 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加