ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2013年09月11日(水) メッキ部の磨き














ちょっと曇ってきたメッキ部を磨いてキラッ!っと綺麗にしたいんですよねぇ〜。
コンパウンドとかで磨けば良いんですかね?

っとメカさんに言うと・・・

「メッキ部といっても色々あるんですよ。

ヘッドライトベゼル、グリル枠、エンブレムなどはプラメッキ、ドアサッシ、ドア下部モールはステン研磨、ホイールは最も厄介で、このオートクチュールのリムの場合はアルマイト処理にクリア塗装、などなど。

一概に磨くと言っても、それぞれに適した剤を使って、適した方法で行わないと、逆に表面に傷を付けたり、曇りがさらに進んだりするんですよね。

1日お預かりさせて頂ければ適切な方法で綺麗にピカピカにしますよ!」

じゃ、1日預けでお願いします(^^)

























ドア下部ステンモールを磨くところ。

ここはまずピカールで表面の汚れを荒落とししてから、磨き込みます。






















エンブレムは鏡面コンパウンドで。























ドアサッシのステンモールはドア下部モールと同じで、表面の汚れを落とし、磨き込みます。



















ホイールはやたらと磨くと、逆にクリア層を破壊してしまい穴が開き、クリア層とアルマイト層(アルミ本体)の間に水が入って白錆の原因にもなりかねないということで、表面の汚れを優しく丁寧に落とし、クリア層に影響しないレベルで磨きます。



















光るところがキラッ!っと光ると、気持ち良いですね。

さすがプロの仕事だなぁ、と実感しました。

やたらに私がやってたら・・・っと思うと、ゾッとしました(TT)


これでまたドライブが楽しくなりました(^^)







 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加