ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2007年04月08日(日) 買い替え候補は・・・

新しいMAYU号、只今ショップにて仕上げ中ですが、その前に車種選定の経緯というか、まぁちょこっとお話しますね。

とりあえず21セルシオMAYU号が私の手を放れて、けっこう急ぎで次の車を見つけなきゃ!みたいな状況になってたけど、何事も急ぐと良い事ないので、じっくりと選ぶ事にしました。


候補に挙がった車というか、普段車乗っていても頭の中で「次はあの車に乗りたいなぁ〜」なんて考えるたりするものですよね。
そんな私の頭の中では下記車種が浮かんでいました。

スズキ ジムニー 
ジープ ラングラーアンリミテッド
トヨタ セルシオ 

スズキ ジムニーとジープ ラングラーアンリミテッドはOFF走行を基本に考えて作られた質実剛健なツール的車というところに魅力を感じました。
快適性能は必要無し!悪路走破性能ならお任せ!この割り切りが気持ち良いし、リジットアクスルやラダフレームなどのコダワリの装備は一度は乗っておきたい車かなぁ、と思いました。

車の性能を測る尺度って色々あるけど、割り切り性能があるとすれば、上記2車種は(シャシと足回りにおいて)間違い無く世界トップレベルの割り切り性能を持つ車だと言えますね。

ジムニーとラングラー、排気量やボディの大きさなどクラスが全く違うけど、
なんかコンセプトは一緒な様な気がするし、排気量や大きさなどの違いで車選びしていないので、同列候補として考えていました。

ジムニーに乗った時のこと、まるで免許取って初めて車に乗った時のようなトキメキというかワクワク感、あれは忘れられないですね。
普通の車よりもちょっと高いコックピットに入ると、子供のころに戻ったように色々な冒険心を目覚めさせてくれました(^^)
そんな感覚にさせてくれる車、他には無いですよね・・・いつか必ず乗るぞ〜!!


トヨタ セルシオ(UCF31)は21セルシオ号で驚かされた静粛性能や快適性能がどんな感じで進化しているのか知りたくて候補に上がりました。



さて、今回の買い替えですが、21セルシオ号 の時と同じ方(九州のミスターKさん)に車の手配(車仕入れ、整備、パーツの手配及び装着、車両の陸送など全て)をお願いしました。

モディファイやメンテナンスに関して的確なアドバイスをしてくれ、尚且つ愛車をカッコ良く仕上げてくれる本当に頼れる車のプロフェッショナル!
今回もお願いしま〜す!!
























っところで、新しいMAYU号は何になったの?・・・UCF31セルシオです(^^)
内装、外装を仕上げ中です。









 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加