2009年06月29日(月)  こだわりを 予算内で 実現す


こうティがとうとう歩いた。6月22日に1歳1ヶ月と1日で。ジュースの入ったボトルを渡したら、それに気をとられたのか、飲みながら歩いていた。まだ最高でも10歩くらいしか歩かないけど、これから日々進歩していくだろう。ビバ・人間化。

---

家が売れた。というか、買い手が決まった。今日契約。少し値切られたけど、新しい家のリフォームが終わる9月末まで引渡しを待ってくれるという条件付きなのでよかった。すぐに引き渡しを!と言われると幼子2人と猫2匹連れて、賃貸生活しないといけないので、実際困る。これで、このマンションと新しい家のダブルローン地獄期間が短くて済みそうなので、安心した。

さて、今度はリフォームのことで頭を使わないといけない。私と相方(特に私)は、ものすごーく住まいにはコダワリがあるので、それを予算内でどこまで実現できるかが問題である。キッチンや風呂は当然のことながら、フック一つとっても、気に入ったものを吟味して付けたいので、前途多難である。

日本のメーカーのキッチンや洗面や風呂のちゃちなことよ! CMでもやってるパタパタくん(キッチンのベース部分の扉がパタパタ開いてオタマなどを収納できる機能)とか、正直どうでもいい。機能を追及するあまり、素材やデザインが犠牲になっている。オタマなんて、普通に引き出しにしまえばいいじゃん。便利便利と言われても、あんなにプラスチッキーな素材は耐えられない。

知ってる人は知ってると思うが、今、人造大理石(略して人大)というのが大流行していて、キッチンのワークトップとか、洗面ボウルとか、汚れてもさっとひと拭きで汚れが落ちるというのが売りだ。その名の通り、見た目は大理石。しかし、素材はプラスチックか樹脂かなんかだ。

メーカーはこの人造大理石を大得意に紹介してくるが、どこがいいのかサッパリわからん。自慢げにこられても困る。しかし、ワークトップはステンレスか木か本物の大理石か人造大理石しかないので、結局この中だったら人造大理石を選ぶことになるのだろうが…。なんか不本意だ。(最初は木がいいと思っていたが、やっぱりカビが生えるんだと)

洗面やキッチンシンクは、断然陶器だ。割れることがありますよ、と言われるが、割れるかもしれない恐れと素材感を天秤にかけたら、どうやっても素材感が勝ってしまう。割れないように大切にするし、それでも割れたら、そのときはそのときだ。

床は、無垢&無塗装のフローリングとタイルにするつもり。キッチンと洗面とトイレは白いタイル、玄関はできれば本物の白い大理石、あとは全部フローリング(たぶん奥多摩の杉)。白にこだわるのは、汚れが目立つからだ。汚れたことがすぐに分かった方が掃除しやすい。無塗装のフローリングは相当汚れを覚悟しないといけない。子供も小さいし。でも、それもいいかと。汚れは味だと思うことにする。壁はできればしっくいと石がいいけど、それはどうなるかわからない。


とにかく、便利さよりも素材重視でいこうと思う。便利なものは新品が一番美しくあとは下る一方だが、天然の素材は時が経つにつれて美しさを増すと思う。天然の素材から得る触感は、子供の精神発達にもいいだろう。問題は何度も言うように、これをどこまで実現できるかだ。普通のハウスメーカーでは無理なので、いろいろ検討中だ。しかし、相当手間がかかりそうだなぁ。逆に燃えるぜ。

---

TOEICを5月31日に受けたんだが、その結果が帰ってきた。885点だった。TOEICは満点が990点で、私の点数はトップ5%くらいには入っているみたいだが、なにせ、今年の抱負は満点である。今回テストを受けてみて、満点を取るのはさすがに大変だということがわかった。しかし、諦めずに頑張りたい。満点を狙って、今年中に少なくとも900点台にはのろう。

---

予備校の講師試験を受けて結果を待っていたヤツ、1次試験合格通知がきた。次は来月の半ばに2次試験だ。1次は模擬授業だけだったが、2次はペーパー試験と、面接と、再度模擬授業。働くのは夏くらいからかと思っていたら来年の4月からなんだと。これって、普通の就職活動みたいなもんなんだ。わりと大きな予備校なので、ちゃんとしているのだ。雰囲気もよかったしあの予備校でぜひ働きたい。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)



2009年06月20日(土)  カーテンを 新調しないで よかったよ


また日が経ってしまった。

毎日毎日いろんなことがあって、どんどん1日が過ぎていく。刺激的であることは間違いない。


とうとう家を買ってしまった。今年の春頃家を買おうかという話になって、私が「え?」とスローな頭で状況をつかもうとしている隙に、ものすごい早業で相方は家を決め、買っていた。その間、週末ごとに家を見に行き、「どう?」と意見を求められたりもしたが、私は車を買うときと同じ位の無能さで「いいと思う」を繰り返していたような。

相方にとって家とは、ライフスタイルが変わるごとに住み替える所のようで、終生住み続ける気はさらさらなく、だからこそ、マンションの賃貸契約を結ぶような気軽さで家を買えるのだろう。


今回の家探しでこの私でも色々と勉強になった。ド素人の私が今回学んだことをここに書いてみる。

  まず第一に、私たちのように住み替えを繰り返す場合は、
  土地の値が下がらないところを探すべし

ローンがたくさん残ってる状態で(現に今のマンションも残りまくっている)次に移ることになるので、その土地を売った金でローンを全て払い終えるように。値が上がって儲けが出ればなおヨシ。

  空き地、駐車場、古い家やアパートのある土地は、
  そこに高いマンションやビルが建つことを考慮すべし

隣がそういう土地の場合、そこに何かが建って日当たりが悪くなると、土地の値はがた落ち。

  よい物件はネット上に挙がる前になくなる
  ネットに挙がる前の物件を紹介してもらうか
  ずいぶん前からネット上にある物件の値が下がる瞬間を狙うべし

私たちは、これで何度も好機を逃した。いい物件を見つけるたびにすでに申込者はいて、売れてしまうのである。結局買ったのは後者の物件。

  マンションの寿命は25年、一軒家は20年と心得る

家の価値がゼロになっても一軒家なら土地が残るが、マンションは築20年位からどんどん値が下がっていき、最後には全く売れなくなってしまう。我が家も築19年のマンションなので、ギリギリである。このマンションを出ようという気になったのも、値が付くうちにという一心でだ。今なら残ったローンをほぼ返せるくらいの値で売れそうである。

  新築物件(建売)は必要以上の付加価値がついているわりに
  家自体は面白みのかけらもない

日本人は「新品」ということに価値を見出すので、新築物件は上乗せ分がかなり多い。その証拠に1年でも誰かが住めば、値はガタッと落ちる。そして、建売住宅は万人受けするようにデザインされているので、結果として面白みのないものになっている。しかも、これは私の印象だが、削れるところは最大限削ったようにペラペラな印象を受ける。

私たちは、思い存分リフォームできるように、中途半端に新しい物件ではなく、家の価値がなくなったような古い物件を探した。ということで、買った物件は築30年を越えたものだ。これに耐震補強し、中も外も全面リフォームする予定。

土地は65坪弱で、東京にしては広い方だと思う。公園の隣で、日当たり最高で、適度な庭もあり、そして何よりも、実家のすぐ近くなのである。今までも近かったが、それでも車で5分くらいはかかっていた。今回は歩いて3分くらいだ。駅からは離れてしまって利便性は落ちたが、これから私がもっと働くようになったら、実家が近い方が駅に近いより重要だろう。子供が小学生くらいになったら、一人で歩いて実家に行ったりするだろうし。

引渡しは8月頭くらいで、そこからリフォームが入るので、住むのは秋以降だろう。これからいろいろと忙しくなりそうである。家探しに関しては無能な私でも、リフォームやインテリアに関しては主導権を握っていく予定なので、ここで写真付きでリフォームの進捗状況を報告できたらなと思う。

乞うご期待!

---

何でも一度期にやってくるもので、相方が出世というか、同じ会社内で移籍することになった。社内の新しいプロジェクトが日本に進出してくるので、日本の担当者として相方がずっと立候補していたのだが、アメリカの不景気もあって(相方の会社はアメリカの会社である)、人事が凍結されていたのだ。辛抱強く待ち、まだ移籍もしていないのに当然の顔をしてそのプロジェクトに参加していた相方の粘り勝ちという感じだ。

相方の前向きで堂々としていて物怖じせず、且つ頭がよく綿密で潔くしたたかなところが大好きだ。ウジウジとしたところがない。本当になかなかいない人物だと思う。


今我が家に順風が吹いていると思う。私も予備校講師の面接を受けに行き、結果を待っているところなのだが、いい知らせが来るとよいなぁ。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・こうティはいいヤツそうですが、
 ニヤニヤしながら平然と悪いことをするタイプに進化しそうです。

・マッコーリーに行くのですか?
 またたまに遊びに来てくださいね。

2009年06月01日(月)  多忙でも いつの間にやら 子は1歳


本当にご無沙汰の日記。

最近は、雑多にあれこれ忙しく、目が回りそうだ。塾はあんまり忙しくないんだけど、原稿の締め切りがあったり、まなティの幼稚園の行事も頻繁にあるし、家のこととか、アレやコレや。


我が家の水道管が劣化していて、下のお宅の天井から水漏れしてしまい、その工事が入ったりして大変だった。廊下の下に水道管があったので、廊下のカーペットとクッションをはがし、コンクリを砕くという派手な工事がやっと終わった。下のお宅の修繕はこれからだ。下のお宅の修繕費は保険でカバーできるが、我が家の水道管の修理は自腹なので、かなり痛い。古いマンションは金がかかる。

それが原因ではないが、引っ越そうかと思っていて、近くで家を探している。うちは85屬2LDKでそれほど狭いと思わないが、子供が大きくなるにつれて、子供のためにスペースを確保してあげたいし、荷物も増えるし、活発になってきたので下への騒音も気になるし、楽器も習わせてあげたいし、といろいろ願望が増えてきたので、そろそろ一軒家かなと。現実的な線で、古い一軒家を買ってリフォームを入れることになるだろう。庭付きのマンション1階も申し込みしていたが、交渉決裂してしまった。

ということで、我が家を売りに出すので人が見に来る。いつ予約が入るかわからないので、常にキレイをキープすべく、毎日チマチマ掃除している。週末はあちこち家を見に行ったり、モデルハウスを見たり。落ち着かない。

---

そんな忙しい中で、こうティが1歳になった。2人目はいつの間にか成長しているというけれど本当だ。こうティにはあきらかにまなティほど注意が向いていない。ちょっとかわいそうなくらいだ。逆に本人は楽ちんだろうが。

体重:10kg(ここ3ヶ月位増えてない。よく動くからか)
身長:72cm位
運動能力:まだ歩かず。一人立ち、伝い歩き程度
言葉:最初の意味のある言葉は「バイバイ(手を振りながら)」
   ほかに的確に使っている言葉は、
   ママ、パパ、おっぱい、だっこ、にゃんにゃん(猫)、はっぱ(葉)
姉弟関係:まなティがおもちゃを取り上げたりすると、掴みかかる。
     足や手や時には顔をつねられて、結局まなティが泣く。
     対等かそれ以上だ。男らしくてよい。
     姉弟喧嘩はこれからどんどん激しくなりそうな気配。楽しみだ。
食事:3食きっちり。
   離乳食はとっくに作っていなくて、無理に大人食を食わされている。
   おっぱいは、趣味。もうあんまり出ていない感じだ。
歯:上4本下2本
性格:陽気。フザケ気質。いつもニヤニヤしている。
   私と私の父には甘ったれて、だっこだっことせがむ。
   驚くほどに人の動きの真似ばかりする。

とにかく「いいヤツ」という言葉が似合う子供で(眉毛がハの字気味ってのもイイ)、成長が楽しみだ。あんまり障害にぶつからずにのん気に真っ直ぐ成長しそうなタイプだ。ま、これからどんどん変わっていくだろうが。

---

なんと、新しく子猫をもらってきた。先週の金曜に近くの動物病院から来たんだが、まだパスカリーナとの折り合いが悪く、別部屋で慣れさせ中だ。どうなるか、ちょい心配。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---
>>「匿名メールフォーム」へのレス

・メールの方にメッセージくださった方、
 お返事すっごく遅くなってスミマセン。
 長年読んでいただいて、嬉しいっす!
 最近見ているサイトは、ほとんど通販サイトです…。
 楽天とか…。つまらん回答でスマンです。
 なんか、無性に好きなんですよ、商品検索が。
 自由な時間はあんまりないんですが、
 ちょっとした隙にチロッと検索です。

・お返事遅くなりました。
 マッコーリーは、理論も実践も同じくらいやっていたと思います。
 授業数的には理論の方が多かったような。
 卒業後のことはあまりよくわからないんですが、
 みんなそれなりに翻訳・通訳関係の仕事か、
 英語を使う仕事についていると思います。
 あとは、あっちで結婚→永住というパターンも多いです。
 オーストラリアで翻訳通訳の資格を取るのは結構難しいんですが、
 その資格がなくても日本では通用する、という感触です。

・久しぶりです!
 バラ栽培ですか! いいですねー。
 ハニーちゃんも大きくなったでしょう。もう幼稚園ですか? 

日記のもくじ昨日の日記明日の日記
たまり |mailHP