たそがれまで
DiaryINDEXpastwill


2006年03月23日(木) 旅立ち



今日、息子の卒業式だった。

一人一人名前を呼ばれ、
卒業証書の授与が行われている間に
今までの6年間がよみがえった。

6年前の息子は姓が今とは違った。
身長も20冂磴った。
当然声変わりもしてないし、
すぐ膝に乗ってくる甘えん坊だった。

だけど1年生の時から家の鍵を持たせ、
仕事が終わり、妹と一緒に帰宅する私を一人で待っていた。
怖いとも寂しいとも言わず、冬の寒い日も部屋の電気もつけずに
待っていた。

母しかいない状況の中で、
無言のうちに無理強いしてきた事も多い。
今でも自分の気持ちを素直に表現できないのは
そんな事の名残なのかもしれない。


だけど、だからこそ
今日の息子のはにかんだ笑顔が嬉しかった。
恥ずかしそうにしながらも、優しい子に育ってくれてありがとう。
決められたことは守り通す、芯の通った子に育ってくれてありがとう。


これから君は、中学、そして高校へと進んで行くのだけど
どんどん世の中の不公平や理不尽に出会うだろう。
でも私は転ばぬ先の杖にはならない。
転びそうな時には転んでもらうよ。
その痛さを自分で感じて、大いに苦しんだり悩んだりしてほしい。
そして自分の痛みだけでなく、他人の痛みもわかる人になってほしいから。
でもそんな時は振り返ってほしい。
きっと君の痛みを一緒に痛がっている、父と母が後ろに居るよ。


卒業おめでとう。
たくさん頑張ったね。
今日の日が迎えられたのは、自分だけの力じゃないからね。
ありがとうの気持ちを忘れないでね。





2006年03月22日(水) 秋にも胴上げが見たい




昨日今日と新聞でもテレビでもWBCの話題で一色
元々の野球ファンの私としては嬉しい気持ち半分、
付け焼き刃ファンに物申したい気持ち半分。
・・・ボブが誤審するまでちーっとも盛り上がってなかったじゃん。
(と言いつつ、もうすぐ私も付け焼き刃サッカーファンになるんですけど)


それはさておき、
メジャーリーガーイチローが、ずっと私達に近くなった。
真剣に悔しがり、顔をくしゃくしゃにして嬉しがり
感情をストレートに表現してくれて、
今までのクールなイチローじゃなくなった。
そして何度も「日の丸を背負う」というコメントを聞いた。

日本にいる選手が口にするそれとは、
明らかに何かが違うと思った。

遠い国に身を置いて、一人で戦っているイチローだからこその
「日の丸を背負う」という言葉。
孤独の戦いをしているイチローだからこそ
「素晴らしいチームメート」という言葉の連発。
うん、なんかわかる。

イチローの話しの例え話にするのはおこがましいけれど
私も似た感覚を持っている。
私は自分の故郷が本拠地の野球チームを愛してやまないのだけれど
それは、ここに越してから尚一層深くなった。
優勝争いをしているチームを見て、
故郷そのものが頑張っている気がする。
自分は遠い場所からしか声援を送れないけど、
声援を送ることで、まだ故郷の一員でいられるような・・・


本当は野球が好きなんではなくて、
故郷が好きで好きで、恋しいだけかもしれない。


今日、スポーツ新聞を4紙ほど買い込んだ。
愛してやまない故郷チームの監督が世界一なんだもの。
入団した時から目をつけていたイケメンだけが売りじゃない選手が、
盗塁だファインプレーだエラーだクロスプレーのゴットハンドだと
紙面がとても賑やかなんだもの。
それはまるで自分の身内が誉めてもらっている感覚。

本当に今回のWBCは楽しんだ。
だけどきっと、王監督でなく、松中選手も出ず、川崎選手も
杉内投手も和田投手も出場してなければ、おっと馬原も居たけど
こんなに熱くなることはなかったろう。



などと野球を熱く語っている場合ではない。
明日は息子の卒業式。
まだなんの用意もしてないぞっと。







東風 |MAILHomePage

My追加