たそがれまで
DiaryINDEXpastwill


2005年03月25日(金) 終業式





私が仕事から帰って来ると、娘がニコニコして待っていた。
その顔を見てピンときた。
成績が上がっていたんだなと。

今日は終業式だった。つまり通知表を貰って来る日。
担任から手渡されるまでドキドキが止まらない日。

小学生の間は3段階評価だから、そう目くじらを立てることもない。
上がった下がったと言っても
丸か二重丸の違いくらいなものだろうと思っていたのだけど
息子は苦手だった国語で2から3へ上がり、
娘も社会が2から3へ上がった。

うんうん、良かったね。

だけど、もし通知表に表れなくてもちゃんと知ってる。
黙って頑張っていた息子。
去年とは見違えるほど頑張った娘。
私が子供の頃と比べると、その頑張りに脱帽する。

だから父親と通知表の成績でご褒美を決定するなんて約束していたけど
私は私で別にご褒美をあげようと思う。

私がご褒美をあげる理由は、もちろん成績のこともあるけれど
それよりも何よりも欠席日数の欄を、3年間ゼロで埋めた息子。
そしてインフルエンザで出校停止なので欠席をカウントされることなく
2年間無欠席の娘。
インフルエンザは私が移しちゃったから、申し訳ないの一言に尽きる。

3年間無欠席は息子のクラスで一人しかいなかったようだ。
学級通信のプリントで大きく誉めて頂いた。
そう言われれば小学校に入学してから、2年生の時に
1日しか休んだことがない。
確か、たいしたこもない風邪で休ませてしまったんだよな。
こうなってくるとあの一日が悔やまれる。


勉強は大切。
だけどもっと大切なこともある。
身体も心も健康でいること。

健康でないと踏ん張りがきかない。
健康でないと余裕がなくなる。
健康でないと人にも自分にも優しくはなれない。

だから、
よく頑張ったね。
そう思う。





「ご褒美はなに?」と訊かれたら

「図書カード」と答えてやろう。
(ふふふ、お釣りも貰えないんだよ)
がめつい息子はきっとガッカリするはずだ。
アクセサリーを欲しがっている娘も口をとがらすだろう。
人生そんなに甘くないって。
君たちの母親はもっと甘くないんだよ。

進級おめでとう。








2005年03月07日(月) 友のこと 届かない返信





何年かぶりに友人にメールを出した。
ほんと、彼女にメールを送るなんてどれだけぶりだろう。


 お誕生日おめでとう
 今年もやっと私のトシに追いついたわね

 もう何年逢ってないだろうね
 逢いたいね
 逢いたいよ



返事の代わりに届いたのは、宛先不明で戻ったメール。
彼女がそのアドレスを使っていたのはほんの一時期で
もう5年も前の話だから。
だけどきっと雲の上で受け取ってくれたに違いない。

かけがえのない友人だったということが
年を重ねることに身に染みてくる。
もっともっと話がしたかった。
もっともっと彼女とコーヒーが飲みたかった。

ふと思い立って、彼女にプレゼントを買うことにした。
彼女が好みそうなストラップと、彼女専用のカップ。
そして彼女の笑顔を引き立ててくれそうなフォトフレーム。

数少ない彼女の写真を見ていると
いつも小さかった頃の娘が一緒に写っていて
娘を見る彼女の顔は、まるで母親のようで・・・・

生後間もなくで亡くしてしまった我が子を
愛おしむような眼差し。
一緒に桜を見に行った時も、
一緒に初詣に行った時も、
保育園の遠足にくっついて来た時も、
家でお茶を飲んでいる時も。

フォトフレームに笑顔を飾ったら
いつも彼女が喜んでくれたコーヒーをいれた。
写真の前に彼女のカップ。
そして二人で飲んだ。

ああきっと、
もしも今でも彼女が元気なら
しょっちゅう我が家に遊びに来ていたんだろう。
300劼竜離さえものともせず、いつも遊びに来てくれたんだろう。

そしてほぼ同じ頃に生まれた私の娘を
自分の子供に重ね合わせて、目を細めてくれたに違いない。
それからきっとコーヒーを飲むんだ。
二人とも両手でカップを包み込むようにして・・・



亡くなったひとにメールを送ったって
返事など来るはずもない。
そんなことわかっていて、やっている自分が淋しい。

亡くした子のトシを数えるな
時として、過ぎ去ったことは忘れなさいという意味で引用されるけど
私は彼女の誕生日を忘れない。
毎年そうしてきたように、今年もちゃんとお祝いをした。
年老いた彼女のお母さんが、そして私が
忘れない限り彼女はトシをとり続ける。

だって、いつかあの世とやらで再会した時
彼女だけ若いままなんてズルイでしょ。

彼女へと買ったストラップは
私のカギのキーホルダーに付けた。
いつか逢う日まで預かっとくね。







私、あなたに恥ずかしくないように生きてますか?
あなたに背中を押してもらったからこそ手にいれた幸せを
大切にできてますか?
今日は泣きたいほどあなたに逢いたい。
あなたからメールの返事がほしい。










2005年03月01日(火) 世界に一つだけの花束





先週、学校から帰宅した息子が
「月曜日に花を1本持って行く」と言い出した。
よく聞くと、担任の先生の誕生日で
クラスで皆1本ずつ持ち寄って、花束をプレゼントしようと決まったらしい。

あ〜素敵なたくらみ。
当然先生には内緒だからあくまでも「たくらみ」。
きっとびっくりするだろうね。
そんな「たくらみ」なら大賛成。

「誰が言い始めたの?」と訊くと
「うん、何人かの女子」との答え。
「誰も反対する人は居なかった?」と訊くと
「うんまあね」の返事。

当日は週明けとあって忘れちゃった人が10人くらいいたらしいけれど
それはそれは立派な花束が出来上がったとのこと。
おそらくいろんな花があったんだろうな。

カーネーションやチューリップ
ガーベラにリリーに水仙

いろんな花が混ざって綺麗で大きな花束を作る。
それっていろんな個性を持った子供たちで作る「クラス」と同じかな。
花によっては強い香りを出す花もあるだろうし
背が高く稟と咲く花もあるだろう。
可憐な花も豪華に見える花も、もしかしたら道ばたに咲く花もあったかも。
そんないろんな個性がうまく合わさって
綺麗な花束を、素敵な「クラス」を作ったんだと思う。
言い出した子も、気持ちよく応じたクラスメイトも
みんな素敵。


もう残り1ヶ月
充分に5年生を楽しんで欲しい。
うんと遊べるのは今しかないから。
春からは最上級生。
みんなガンバレ!










追記
ちなみに我が息子は紫のデンファレを持って行った。
持ちがいいからという母のチョイスで決定したのだ
とっても主婦感覚だけど、買い物について来なかった息子が悪い
そのくせ「これ仏様の花じゃないよね?」と何度も念押しすることは忘れなかった。





東風 |MAILHomePage

My追加