瞳's Cinema Diary
好きなスターや好みのジャンルにやたら甘い、普通の主婦の映画日記。
この映画の感想読みたい・・って思ってくださる方がいたら、画面下の検索機能からどうぞ。

2003年11月30日(日) 「マイ・ビューティフル・ジョー」

2000年アメリカ 監督 スティーブン・メトカルフ
キャスト シャロン・ストーン ビリー・コノリー ジュネー・スモーレット
ディロン・モーエン イアン・ホルム ギル・ベロウズ

いいなあ!!ほっとします。こういう心を暖めてくれる映画って大好きです。
何がいいって、まずジョーですよー。
花屋のジョー。見た目はそんなにカッコよいほうじゃないけど(でも、私は結構いいと思う、見た目も)とても優しくて、料理や掃除も得意みたい。

でも、こういういい人にはいわゆる悪女がついて来るのね、お話では。
で、ここでも知り合ったのがハッシュ(シャロン・ストーン)。今までとことん男運がなく、子どもと借金をかかえ、なのにまだギャンブルにのめりこむ彼女。
劇中「中年太りよ」なんてセリフがあるけど、たしかにシャロン、ちょっと太ったかな。でもやっぱり綺麗。
ダメダメお母さんなんだけど、子どもを愛してて。ジョーのことが気になるけど、素直になれない、でもってどうしてもギャンブルに走ってしまう・・こういう役のシャロンもいいなぁ。
子どもたちが可愛いのよー。特に下の男の子なんて!!この子がいつ口がきけるようになるか・・これが予想外のところで。あ、きっとここで感極まって・・なんて思っていたら違いましたね。これがなかなか面白い。

借金の取り立て屋のボス“変態ジョージ”は、あのイアン・ホルムでした。う〜ん、上手いですー。
実は最後のおちは・・ちょっと予想できました。前半よーく観てると分かります。

ハッピーエンドが嬉しいね。もう予想は出来るんだけど、それが少しも嫌じゃない。あざとさが感じられないのは、やっぱりジョーの魅力でしょう。
ビリー・コノリーさん、コメディアンとしても有名な方なんですってね。
悠然としてて、包容力があって、そばにいてくれたら癒されそうな・・
こんな人がいたら、間違いなく離さないな、私なら!!



2003年11月26日(水) 「フォーンブース」

2002年アメリカ 監督 ジョエル・シューマカー
キャスト コリン・ファレル フォレスト・ウィティカー ケイティ・ホームズ
ラダ・ミッチェル 

スチューアート、愛称スチュ。携帯を片手に今日も口先三寸、嘘で固めた彼流のやり方で一流と自負する(その実彼が手がけた有名タレントなどいないのだが)宣伝マンだ。
そんな彼は、毎日同じ時間に8番街のフォーンブースから電話をかけるのが日課だ。携帯を持つ彼がそこで電話をする理由・・それはもちろんご想像どおり・・
今日も電話を終え、ブースを出ようとしたスチュ。その時ブースの電話が鳴り響き、なにげなくスチュは受話器を取る・・それが恐怖の始まりだった。

ほとんどコリン・ファレルの一人芝居状態でした。
フォーンブースから出るに出られないスチュ。最初のとまどいが、徐々に怒りに、そして恐怖にかわっていく。
コリンは良いですねぇ。相変わらず濃いですけど、眉毛も凄いですけど(笑)。
偉そうにしていた彼が、どんどん情けない表情になってゆく・・その顔ときたら!もう真に迫ってますもの。
思わずどうにかしてあげて!そこまで言わさなくても!って同情してしまいましたよ。たしかに彼は嘘ばっかりだし、不誠実だし、ひどいことも言ってます。でも、もっと悪いことしてる人いっぱいいるのに・・なぜここまで〜ってつい思ってしまいました(汗)
最後の告白するところなんて、涙と鼻水(?)でぐちゃぐちゃになったスチュの悲痛な告白に思わず感動までしちゃったりして。
奥さんと愛人、どっちを狙って欲しい?って聞かれたところも盛り上がりましたね。どうなるかとドキドキしました。ブースに近づこうとする人に思わず、ダメ!!近づいちゃ!って思いながら。そういうのがこの映画の狙いなんでしょうね。
最後はもう少しなにか有っても・・・って思いましたけど、さらっとまた怖がらせるとは・・上手いですね。
意外な人が出てるんですよ。
でもパンフとか、普通に名前が出てるので、これはあとで読むほうがいいかな。私は予備知識なしで観たので、ええ〜って驚きがありました。

ま、でも公衆電話鳴っても絶対取らないゾ!!私は!!



2003年11月23日(日) 「ホワイトオランダー」

2002年アメリカ 監督 ピーター・コズミンスキー
キャスト ミシェル・ファイファー アリソン・ローマン レニー・ゼルウィガー
ロビン・ライト・ペン

アストリッドは芸術家である母と二人で暮らしている。母は、美しく、強く、エゴイストで、自信家で。
そんな母が恋人を殺した罪で有罪判決を受けてしまう。身寄りの無いアストリッドは、里親と暮らすことになるのだが・・・

母は、自慢の娘が(自分と同じように)美しく、強く、特別な存在でなければ我慢ならない。だから、娘が宗教に頼る里親の下で洗礼を受けたり、優しいけれど心の弱い里親に感化されたりするのが許せない。たとえ自分が刑務所にいたとしても。
そんな母の強すぎる、ある意味勝手すぎる愛情を受けて育ってきたアストリッド。いつも母を待ち、畏怖しながらも愛してきた娘が、3組の里親との生活の中で、しだいに自我に目覚めてゆく・・

これはね、なかなか見応えありました。私も思春期の頃には母子家庭だったのでなんだか身につまされるものもありました。もちろん兄弟がいたので母一人、娘一人とは違いましたけど、うちの母もある意味強い人でしたから・・

美しいけれど毒のあるこの母親(ミシェル・ファイファー綺麗です)・・でも私は嫌いじゃなかったな。娘に言った「他人に惑わされるな、自己を持って」という言葉は、きっとそうして自分が生きてきた、これからも生きてゆく、そういう気持ちが込められているような気もして。
ミシェルの額の青筋がぁ・・・
娘役のアリソン!!彼女とても良かったです。とまどいながらもやっぱり母ゆずりなのでしょうか・・強い視線が印象的でした。
ロビンもレニーも普段の役とは違う役どころで、そういうのも見応え有りましたし。

獄中にありながらも尚娘に力を持っていた母親が最後に決断した選択、これにはほっとしました。
そして最後にアストリッドが母について語った言葉にはぐっときました。
親子の絆・・完璧でなくても、常に正しくなくても自分にとっては親で。親子の絆っていうのは決して無くなるものではないから。

ホワイトオランダー・・・白い夾竹桃なんですね・・毒があるとは・・知りませんでした。



2003年11月22日(土) 「チャーリーズエンジェル・フルスロットル」

2003年アメリカ 監督 McG
キャスト キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー
バーニー・マック デミ・ムーア ロバート・パトリック

ああ・・・テンション高かったですね、この映画は。
エンジェルたち3人が、とっても楽しくはじけて演じてるのが嬉しい。
最初の飛行機からの落下シーンとかから・・もう絶対ありえないんですけど、でも楽しい。おおお〜〜!!って観てしまう(笑)

あとエンジェルたちのコスチュームも。キャメロンとデミのビキニ対決!!足の長さではやっぱりキャメロンだけど、デミも頑張ってたよね。キャメロンは白、デミは黒、この色の選択も〇だわ!!
キャバレー(?)での衣装にはビックリ〜!!きゃあ・・なんてサービス精神たっぷりなんでしょう。

戦いっぷりも見事でしたね。キャメロンは長い足を生かして、ドリューは力強いし、ルーシーは綺麗〜。
もうここまで頑張ってくれたら、突込みどころ満載でも許してしまいます(笑)

私的にはボスレーとルーシーのお父さんが好き〜。お父さん、誤解したままでいいんですかぁ(笑)
あと、最初に出てきた悪役さん(膝を怪我したサーファーさん)、なかなか良い男っぷりで楽しみにしてたんですけど・・・もっと出て欲しかったな。

ただね・・・吹き替えでみたんですよ。彼も一緒に観たので。
キャメロンの声は藤原紀香さんだったの・・・ちょっとイメージと違ったな。甘すぎる〜〜。字幕で観たかった。



2003年11月20日(木) 「シャロウ・グレイブ」

1995年イギリス 監督 ダニー・ボイル
キャスト ユアン・マクレガー ケリー・フォックス クリストファー・エクルストン ケン・スコット

会計士デヴィッド、医師ジュリエット、記者のアレックスは同じアパートで共同生活をしている。4人目の同居人として彼らが選んだヒューゴ、しかし、彼はドラッグで急死してしまう・・そして3人はバッドの下に隠された大金を見つけてしまう・・・

う〜ん、あんなに楽しそうに仲良くやってた(ように見えた)3人が・・お金がからむとね・・・。でもデヴィッドがあんなふうに成らなかったら、3人で面白おかしくやってたかもしれないけど。デヴィッドがああなってしまうとは!!くじで死体の解体(?)をやらされた彼のあの顔!!あのシーンは、彼の顔しか写らないんだけど、それがよけいになんか想像力を刺激されて・・うっとなりそうだった。

屋根裏にこもって暮らすデヴィッド・・・怖いです。屋根に開けられた穴、穴・・真っ暗な屋根裏にその数々の穴からだけ光がはいっているのね、それがデヴィッドの顔を照らしていて。

ラストの3人の争いは・・・怖いと言うより、なんか悲しいようなおかしいような。不思議な感じだった。あの音楽も。
そして痛そうでしたね、ユアン。
この映画のユアン、若いなあ、長髪。なかなか可愛いです。ちょっと頼りないような、イッちゃってるような演技、上手いなあ。
最後は「負けるが勝ち」ってことでしょうかね、これは。

3人が暮らしている部屋が、とても可愛いくてじっと観てました。緑の窓の枠とか、ブルーのドアとか。
キッチンもいい感じでした。こんな部屋なら住んでみたい・・けど。やっぱり止めといたほうが良さそうです(笑)

「シャロウ・グレイブ」って何のことかと思ったら「浅い墓穴」ってことですって。なるほど〜。もっと深ければね・・変わってたかな。






2003年11月17日(月) 「柔らかい殻」

1990年イギリス 監督 フィリップ・リドリー
キャスト ジェレミー・クーパー リンゼイ・ダンカン ヴィゴ・モーテンセン

金色の麦畑、のどかな田舎の風景・・に子どもたちが・・・
などと観ていたら・・・んんんーー!ぎゃーーー、カエルがぁ・・(カエルだけでは驚きませんよ・・けどね・・)
思わず叫んでしまった冒頭から、なにやら嵐の予感。

少年セスの家はガソリンスタンドで。母は、「家中がガソリン臭い、臭くてたまらないーー」と父を嘲り、父は母を逃れ本の世界に入ってゆく。そんな父が読んでいる吸血鬼の本の影響だろうか、セスは、近所の未亡人のことを吸血鬼だと信じ込んでいる。
夫を無くした彼女の怖いほどの悲しさも、セスには恐怖にしか写らない。
そんなある日、セスの友達の少年イーヴンが殺され、セスの父親に疑いがかかる・・

うぅぅぅ・・・・なんともやるせない・・っていうんでしょうか。
出てくる人々がみんなかなり・・ゾクゾクくる人たちばかりで。美しい風景の中で悪い夢を見ているかのようで。
怖かった、怖いけど、なんだか悲しくて、辛いね。

ヴィゴはね、いつ出てくるのかなあって思ってたら、七三で!?なんかイメージが違ってて。でも喋り方はいつもどおり(いや、もっと)聞き取りにくかった(汗)
髪が短い分、端正な顔立ちが映えててました。しかし、ここでもいい味だしてたなあ。静かに驚くラブシーンもあった(一瞬のヌードに娘と二人、固まっちゃった・・きゃっ)

映画は、あと味も悪かったけど・・でもなんだかこれずっと忘れられないような映画なんですよね。
自分の大切なものを守るために(守るためと信じて)自分の夢にしがみつく・・・
それはセスだけじゃなくて、兄や母や父も。そして未亡人も。
それが悪夢であろうとも。



2003年11月12日(水) 「死ぬまでにしたい10のこと」

2002年スペイン・カナダ 監督イザベル・コヘット
キャスト サラ・ポーリー マーク・ラファロ スコット・スピードマン
レオノール・ワトリング デボラ・ハリー アマンダ・プラマー

17歳で初めてキスした彼との間に子どもができ、23歳の今、アンは二人の子どもの母。トレイラー暮らしだが、優しい夫はアンを愛し、彼女は彼のために歌を歌う。

余命2ヶ月!!それはあまりにも突然で、残された時間はあまりにも短すぎる。
アンは、深夜のコーヒーショップで、たった一つ残っていたパイナップル・チーズケーキを食べながら「死ぬまでにしたい10のこと」リストを書く。
1つ・・娘たちに毎日「愛している」という
2つ・・ 娘たちの気に入る新しいママを見つける

その中のひとつに揚げられた 夫以外の男の人とつきあってみる

これはね・・やっぱり私ってたぶん頭と心が堅いんだと思う。
あと2ヶ月しかないのに・・私だったら今まで自分が築いてきたもの、愛してきたもの(家庭や家族)そんなものの中にぎゅっと包まれて過ごすと思う。暖かさに包まれて、居心地よく、そして家族を悲しませて・・過ごしてしまう・きっと。
だから、アンに共感はしなかった。アンの夫ドンが若くて、優しくて甘いマスクで私好みだったせいもたぶんにあるけど、どうして・・って思ってしまう気持ちが先にたった。
妻とか母とか、娘とかいうそういう肩書きのついていない、ただのアンとして最後に誰かと向き合いたい・・それは彼女の自分をごまかさない、とても正直な気持ちだったのかな。だからこそ、リーとの愛は切なかったな〜。(でもね・・深夜のコインランドリーで寝ちゃったりしたら危ないですよん・・リーみたいに寝顔見てるだけの人ばかりとは限りません!)

こういう内容のお話なのに、涙、涙・・ではありませんでした。
最後まで、家族を愛し、子どもを思い、なおも彼女を思うリーをも愛する彼女には、むしろ力強さを感じました。
でも、病状が進んだアンがベッドから、薄いカーテン越しに彼女のいない家族を見つめるシーン。これは・・ぎゅっときましたね。
自分のいなくなった世界を見るかのような。

アンの周りの人々。
彼らが語る、それぞれの思い。
アンに病状を告げる医師から、ダイエットのことしか頭に無いアンの友人。そして美容師・・・
みんなとてもいい味だしてました。それぞれが語る、いろんな思い。

う〜ん、でも結局彼女は誰にも何も告げなかったのですね。
無理だな、私には。そんなに強くないし、反対の立場だったら・・絶対言って欲しいし。
むしろ、大声で叫んで、ものすごい乱れて。そんなのもいいかもしれないと思ったりしましたけど・・
この映画は、ナンシー・キンケイドという人の短編が原案になったいるらしいのですが、その小説ではアンは周囲に告白しているんですって。それを秘密にしたらどうなるのか・・・ってことから映画は生まれたらしいです。

あ、最後にこの映画のパンフ、小さくてなかなか可愛いのですよ。中身も凝ってて面白いです。映画に出てくる小説やミュージシャンなどのキーワードを説明してくれているページもあって、お勧めですよ〜。



2003年11月06日(木) 「マトリックスレボリューションズ」

2003年アメリカ 監督ウォシャウスキー兄弟
キャスト キアヌ・リーブス ローレンス・フィッシュバーン キャリー・アン・モス ヒューゴ・ウィービング ジャダ・ビンケット・スミス

終わっちゃいました・・・「マトリックス」
ふうぅ・・・なんかやっぱり寂しいですね・・でもほっとした気持ちもあって。
「リローデット」で、あまりにもネオが超人的になっていたし、理解できていないところだらけだったので・・どうかなあって思っていたのですけど。
最終話は、思ったよりすっきりとまとまっていましたね。
驚いたのは、ネオの戦闘シーンとか(出番も)わりと少なくて、周りのキャラの活躍が多かったこと!!
ザイオンでの攻防戦!!ものすごい頑張りを見せる人々に、もう涙が出たわ。
ジーはたくましいし、キャプテンミフネ!!もう彼は凄いです!!
今回の強烈キャラ癸韻任靴腓Α!あの絶叫しながら撃つ顔はしばらく忘れられないでしょう。ロボットも凄いよね、ガンダム大好きな私は、思わず彷彿しちゃいまして・・あの若い男の子、あの子が始めてロボットに乗り込むシーンなんて、「アムロじゃん!!」なんてつぶやいておりました(汗)
でね、ナイオビさん!彼女カッコよいですよね!!私が男だったら、絶対惚れてるな。いや、女でも惚れます(笑)

あとマシーンの世界に紛れ込んでしまったネオが乗る列車とトレインマン・・このあたりは「銀河鉄道999」みたいじゃないですかっ・・こんな見方しか出来ない私って・・・

え〜っと、そんなついでにもうひとつ。
ザイオンで人々が戦っている間にネオとトリニティは、マシーンシティに向かうんだけど、このあたりは「ロード〜」で指輪を捨てに行くフロドとサムを思い出しちゃう訳ですよ・・(たぶんこれは始まる前に「RotK」の予告観たからでしょう)
ああ・・・ごめんなさい・・

ラストの夕日が綺麗でした。
そしてやっぱり奇跡は起こるんだと。信じさせてくれてありがとう。



えええ〜っと。
実はもうひとつ・・そのシーンを観て思い出した映画があるんですけど
もうやめとこう(汗)
ネタバレになるし・・・。



2003年11月04日(火) 「オーバー・ザ・ムーン」

1999年アメリカ 監督トニー・ゴールドウィン
キャスト ダイアン・レイン ヴィゴ・モーテンセン アンナ・パキン リーヴ・シュレイバー トヴァ・フェルドシャー

あまりにも若くして妊娠、出産したパールは、家族を愛してはいるけれど、今の自分に時々やりきれなさを感じている・・
あっというまに過ぎ去ってしまった青春、あきらめた夢・・こんなはずではなかったのに・・・そんな思いにとらわれる彼女は、毎年訪れる夏のキャンプ地でウォーカーと出会う。

ヴィゴが素敵だよ〜って言われて観たのですよ・・・そしてたしかに・・もう素敵でしたとも!!
(もみあげには驚きましたが)あの低い声(しかも時々しか喋らないところがまた・・)、あの目線。役柄がね、またぴったりなんですね。車で衣料品を売りに来るいわゆる「ブラウス屋」さん。いかにも自由で、なにものにも囚われない。
お礼にって言われてTシャツを着てみたパールに、値札を取ってあげるよ・・ってそれを噛み切るところなんて!!もうーどうしよう・くらくらしちゃいました(笑)
月面着陸の夜のラブシーンもセクシーですしね〜。
不倫ものですけど、どろどろした感じでは無かったです。川のシーンとか、驚くほど大胆ですし!!(イヤ、びっくり〜)
「二人っきりで星空の下で眠るような自由な旅をしよう」彼にそう囁かれたら(まさに囁くって感じ)!!ああ、これはもうなんて魅力的な!!私だったら絶対断れないだろうなあ・・・・

でも、パールのだんな様は素敵ですよ。彼の「夢をあきらめたのは君だけじゃない」この言葉は、私にはパールの思いよりも響いたな。だって、そもそもパールの夢ってなんだったんでしょう?それが伝わらないから、彼女にあまり共感できなかったのかもしれません。
そしてお姑さん。息子を思い、孫を思う彼女の気持ち。息子の思いを語る彼女に、やっぱり親子って(夫婦より)絆は強いのかなあ・・って思ってしまった・・
娘役のアンナ・パキンは、ダイアン・レインに面立ちも似てるし、思春期の少女の揺れる気持ちが素直に出ていてとても良かったです。
ボーイフレンドに「フレンチキス」をされて目を白黒する彼女は、とても可愛いの。

「君に夢をあきらめろって俺が言ったか?」だんな様の言葉です。
たしかに!!そうですよぉー。
結婚したって、子どもがいたって、あきらめないで欲しいな。自分が絶対かなえたい夢なら、それはいつかかなうものだと。
「自分は、のぞまれない子なの?」などと娘に言わさないで。


 < 過去  INDEX  未来 >