ブツブツ独り言
目次へ 過去 未来


2014年03月31日(月)

夕べ、軽く飲んだのに、帰宅後あっという間に爆睡。
相方に聞くと9時前には寝ていたそうで
夜中の2時に目が覚めた訳がわかった(爆)
最近、飲むとすぐに眠くなり、爆睡してしまうが
鼻が詰まっているのもあり、熟睡は出来てないようだ。
なので、日中、やたら眠い(泣)

ブルーな月曜日に輪をかけてブルーに!
まあ、気持ちを変えればどうでも良いことだし、
おそらく明日には頭に残っていないと思う。
小さなことでグズグズ考えるのが時間の無駄で
これからは考えずに言葉や態度に出そうと・・・。

GWの旅行の日程等がまったく決まらない。
相方がどこへ行きたいか確認しても
行ったことがない場所の善し悪しはかわからないし
そもそも、俺言う場所がどこら辺にあるのか
そこには何があるのかとかネットで調べようともしない。
普段、何かを独自に決めたことがない受動的な相方なので
それは能動的な小学生の高学年並みではないかと・・・。(笑)

自然摂理なら相方が一人になる確率が非常に高く
そうなったときに困らないように今から訓練しておかなくちゃ!

ってか、そんなことどうでも良かったが書いてみた(爆)


2014年03月30日(日)

天気が悪いので山へは行けず残念。

そうなるとウ○コのついでに久しぶりの室内ゲーム。
週末は色々行事が続きほとんど行っていなかったし
長時間あの場所にいることが辛くなってきている最近、
ササッと遊ぶことが出来て比較的空いている午前中が狙い目。

ここを読んでるだろうアヤツも
「しばらく行ってなかったな」と思っていたんじゃないか?(笑)
冬はボードがメインだし、チビにもスキーやボードを指導し
その後雑音の中に入るのがとてもじゃないが無理だった。
で、ウ○コがメインなので(笑)今日もサッサとやろうと
人がほとんど座っていない島(人気がない機種ばかり)に座り
適当な台をチョイスして打っていたが、気がないので出ない・・・。
止めようと球を打ちつくし保留の消化を待っていた。
4個目の保留の色が一段階変わった。
その後、回転の度に一段階ずつ変わり良い感じに・・・。
が、それでも 「これは来ないんじゃない?」と悲観的。
止めて帰りたい気持ちが強かったからだろうが
過度な期待をして、そうなった試しがない(爆)

案の定、外した!
と、思った瞬間、逆転のぞろ目成立。
投じた資金だけ回収出来ればいいと欲は無かったが
気がつくと11連ちゃんの15箱・・・・。あざ〜〜っす。
2時間でこの儲けは美味しいな(爆)

儲けを還元しようと夜は次男夫婦を連れて回転寿司へ行き
美味いモノをたんまりと喰って大満足だった(笑)


2014年03月29日(土)

朝、もやーっとした天気だったが
陽が高くなると共にドンドン晴れてきた。
慌てて着替えをして山へ向かった。
さすがに雪が多いので下界ほどは暖かくなかったが
それでも春の気温でウエアを脱いでも滑れそうな(笑)

約半月ぶりのボードで、また足が普通のおっちゃんに戻っていて
2〜3回滑ったところでモモがパンッパンになってきたし
重い粗目雪のせいもあり、とにかく足がやばかった(笑)
この気候のせいかはわからないけど、スキーヤー等が多かったが
さすがに外人客が急激に減っていたため
なんとなく滑りやすく感じたのは気のせいかな?(爆)

夕方から親戚の通夜に出席するために出かけた。
着いてすぐにチビ2号を見つけて近寄っても
起きたばかりと言っていたが既に泣き顔になっていた。
2号、とにかく人混みに入るのが超〜苦手のようで
少し混んでいる飲食店でも泣くくらい・・・。
普段はかなり利かん坊なのに、超〜内弁慶のようだ。
成長すれば多少は改善されるとは思うけど
今のうちから少しずつ直すようにしないと
引きこもりになっちゃわないか心配だ(笑)


2014年03月28日(金)

さてさて、どうしよう?
相方はどこが良いか決めかねているようで
三男は九州か四国が良いと推している。
俺は全て行ってるのでどこでも良いわけで
だからこそ、相方が行きたいところを優先する。
調べてみると福岡行きも四国に近い広島も
マイルで飛んでいけることがわかった。
あとは相方次第(爆)

明日は陽が出る予報。
雪質はシャバ雪のボロボロだろうけど
それでも気持ちよく数本滑って来ようかと思う。
なんだかんだ言って、シーズンもあと1ヶ月で
まだまだ滑り足りない感覚・・・。
日数的にも例年よりはかなり少ないし
ナイターのコンディションもイマイチだったため
ほとんど滑れなかった。

5/6のクローズの日まで
出来る限り滑りに行こう!!


2014年03月27日(木)

嫌な飲み会に無理して出ると体調を壊す。
案の定、鼻のポリープがぷっくりと出てきてしまい
今日は鼻づまりとクシャミが・・・(泣)

普段、泡盛のロックばかり飲んでいるので
昨日の飲み会のウーロンハイが水のように感じ
まったく酔うこともなく、ただただ水っ腹になり
夜中に数回トイレに通った。
どうせ飲むなら好きな物を飲みたいのだが
この地区で泡盛を出している店は限られているし
せっかく出されたすき焼きも、石垣牛に比べたら
段ボールを食ってるみたいで全く残念だった。
決して口が肥えている訳じゃなく、直近で美味いモノを喰い
その味をまだ覚えているだけなんだけど(爆)

とにかくだ!
出たくない飲み会に義理で出て
美味くないモノを喰わされると言う最悪な夜だった。


GWの予定をちょっと考えてみた。
マイルを利用してボーンと飛んじゃうのはどうかと
航空会社のサイトで空席状況を確認すると
驚くことにかなり空席があり、いくらでも行ける(爆)
混んでいるイメージしかないので調べもしなかったが
国内はこんなに空いていることを初めて知った。
チビを連れて本島の美ら海水族館へ行こうか?
はたまた、相方と関西へ食い物ツアーに出かけようか?
本場の讃岐うどん、或いは伊勢うどん、味噌煮込みうどん、
味噌カツ、お好み焼き、手羽先、豆腐等々、キリが無いな。

さて、相方はどこが良いのだろ?
決まらないまま、普通通り過ごしてしまうかも(爆)


2014年03月26日(水)

年に1度の嫌な飲み会。
さすがにこれを欠席するのは人として問われる(爆)

とは言え、食う物食って、飲む物飲んで、
が酔うこともなく、二次会へも行かず帰宅。
本当に嫌な奴と同じ空間にいること自体が俺には堪えられなく
万が一多量に飲んで長時間その場にいた場合は犯罪者に成りかねない(爆)
人嫌いと普段から言ってはいるが、もう十分な大人なので
それなりのお付き合いくらいは当たり前のように出来るが
今日いた人間達はその範疇に入らず、しかも、考え方は尋常じゃなく
下手すりゃそういう人達が入る施設にいてもおかしくない。
現に多少なりとも常識のある周りの人間にも避けられ
俺だけが異常に毛嫌いしている訳じゃないのだ。
然るに長々とその場にいることもなく退散なのだ。

そうは言っても俺の一方的な見解な訳であり
実際のところはよくわからない(爆)
まあ、少なからず俺を知っている人間は
俺の言い分が正しいとちょっとだけプッシュしてくれる思う(笑)

そう言えば、6月の宮古島トリップが無くなるかも・・・。
そうなると、LCCを利用してチビを本島に連れていくかな?
一人で宮古島へ行く正規のツアー料金程度で
LCCを利用したら3人で本島に行けちゃうくらい安い。

さて、どうなることやら・・・。


2014年03月25日(火)

楽しかったことのあとの仕事は辛い。
ほとんど何も出来ず、ボーッと過ごした(爆)

次は6月に友人夫婦と出かける予定になっていたが
話を聞くと友人夫婦の友人夫婦とその姉夫婦も一緒に行くらしく
だったら俺は行く必要が無いんじゃないかと告げた。
二人だけじゃ、行ってもイマイチつまらないし
どこを回ったら良いのかわからないと言うことで
ガイドを兼ねて行っても良いかな?と考えていたのだが
初対面が4人もいるし、その大人数に俺は必要ないっしょ?
ってか、そんなに多い人数のガイドはできないし(爆)

そっちが潰れそうなので、だったら違う計画を建てるべく
ネット上を色々探し回ってみたが、結局のところ沖縄かも。
チビ1号に美ら海水族館を見せてあげようと以前から考えていて
その目的なら、二泊三日で行っても良いかな〜〜って。
今回の旅で1号がそこそこ頑張って乗れることがわかり
彼もちょっと自信がついたらしく、また行きたいって(笑)

以前のように付き合いでアルコールを飲まなくなり
単純計算で一月に2.5万円、タバコを止め一月に1.5万円
合わせると4万円も浮くんだから、二ヶ月に一回の割合で
どこでも旅行へ行けるはず。実際行ってるけど〜(爆)

取りあえず身体が動き、頭もしっかりしているうちに
あちこち出かけないと勿体ない・・・。

出来れば、若くて可愛いちゃんねーと行ければ良いのだが(爆)


2014年03月24日(月)

今日は移動日だけ。
空港まではまたまたバス移動とケチる俺。
ってか、タクシーに乗る必要性が無いからな〜(笑)

帰りは石垣から羽田直通の便をチョイスし
少しでもチビ達の負担にならないように配慮した。正解だった。
あっという間に羽田に着き、チビ2号もほとんど泣かず。
羽田からは俺たち老夫婦はたまたま空いていたクラスJをゲットし
かな〜〜り楽な空の旅を満喫(爆睡)したぜ。
このクラスJ席が出来た当初は知名度が無くガラガラだったために
毎回簡単に席を取ることが出来たのに、あれから数年、
今ではクラスJからドンドン埋まっていく状態だからな〜。
座ったのは3年ぶりくらいで、改めて快適さを痛感した。

千歳には定刻遅れて着いた。
低気圧で大荒れだったとニュースに流れていたが
思ったほど積雪が無く、峠もあっという間にクリア。
ってか、今回は俺が運転手じゃないので楽だったし
運転しないで帰れるって、マジで最高〜〜(爆)

7時頃無事帰宅。
安着祝いにと留守番していた三男と乾杯し
撮ってきた写真を見るとついさっきまで石垣へいたことが
まるで嘘のように感じられ、写真は非現実的なものに(爆)

今回は色々な意味でかなり疲れて旅立ったが
こういう機会はおそらくもう無いだろうから
無理して出かけて正解だったかな〜〜。


2014年03月23日(日)

やっと朝から良い天気で気温も上がってきた。
竹富リベンジとまたまた出かけた。

2号が自転車に乗れないので
港からいきなり島内の巡回バスに乗って海水浴場まで。
実はこういう移動は初体験で、バス乗り場さえもわからず
バス停近辺には全くバスはいない状態で困惑。
チビのママが少し離れたところに駐車していたバス運転手に確認し
既に発車していたが、その運転手がバスを動かしてくれることなった。
で、その運転手をマジマジと見ると、いつも自転車を借りていた店で
送迎の運転をしてた子だとわかり、降りる際に聞くとそうだった。
どんな事情があったのかわからないが、転職していたとは・・・(笑)

海水浴場は良い天気で海も空もかなり良い色で
チビ1号は早速水着に着替えて水に入ったのだが
その冷たさは北海道の海よりも冷たいような感じて
全く泳ぐなんて気にはなれず、俺は足を付けるだけ〜(笑)
チビもさすがにすっぽり入るのは無理だったようで
水際で水遊びをしている程度が限界だったな(爆)

昼頃まで海遊びをして石垣へ戻ってきた。
滞在の残り時間をチビ達の好きなことをさせようと
またまた公園へ連れて行った(笑)
人混みで遊んだことがない1号はその公園の混みようがダメで
列になっている滑り台には乗ることが出来なかった。
きっと彼の性格なんだろうな〜〜。


2014年03月22日(土)

夕べもホテルに戻る爆睡で、起きたのは朝の4時(爆)
朝飯を買いに離島ターミナルへ一人で行ってきたが
色々な意味で一人は楽だし、俺には一人旅が合ってると実感。

天気も少し回復して来たるので、青空のうちに川平湾へ。
風が強く、さざ波が立っていたので青さはイマイチだったが
それでもここは本当に綺麗で、絶対にオススメだな〜(笑)
その後島内の有名どころを周り、早めにホテルに戻った。
この日から日航八重山で俺も初めてのホテルだったし
事前にコネクティングルームの存在を知っていたので
ホテル側で気を利かせてくれれば良いと願っていたが
な、なんと、見事に願いは叶った〜〜(笑)

夜は俺の大好きな居酒屋うさぎやへ。
この店の歌うおねーさんの心に染みる声を聞かせたくて
風邪で声が出ないと言うのに無理して3曲も俺の願いを聞いてくれ
本当に感謝だったし、やはり彼女の声は感動を与える〜。
ライブの最後にはカチャーシーがあり、チビ達もノリノリ。
中でもチビ2号の見よう見まねで手を振って踊る姿が
可愛くて可愛くて、もう顔が緩みっぱなしだった。
この姿を見られただけで、連れてきて良かったとさえ思った。
もちろんチビ1号も可愛いし、踊りはお手の物だし
俺の真似して指笛を鳴らそうとまでするんだから(笑)
1号同様、きっと2号の記憶には残らないだろうけど
それでも連れてきて本当に良かった(笑)

このあと、一人でどこかへ行こうかと思ったが
帰りの相方の運転のナビをしなくちゃいけなかったので
真面目にホテルに戻ったが、またまた爆睡しちゃった(爆)
早寝早起きの究極だな(笑)


2014年03月21日(金)

事前に当日の天候や気温をしっかりチェックしてが
想像を超える寒さで、とても南国とは思えなかった。
絶対に暖かいと言うイメージが強すぎのせいなのか
この日の気温は南国仕様の衣装にはかなり厳しい状態で
頑張りすぎて風邪を引く寸前だった。
まあ、北海道に比べればかなり暖かいのだが(笑)

天気が悪く涼しいのら、チャリで回るのが良いではないかと
竹富島へ高速艇の乗り出発した〜〜〜。
チビのパパ「遊覧船で行くんだ〜〜?」って、
このあと、かなりスピードと大揺れにびびったんじゃないだろうか?
竹富ではいつものレンタサイクル屋で借りることのしたのだが
世代交代したらしく、知った顔がいなくなり
唯一俺の顔を覚えてくれていたおばちゃんが事情を教えてくれた。

さて、チビ達を乗せて出発しようと手続きをしたのだが
チビ2号がどうしても自転車に乗りたくないとゴンボも掘り始め
結局チビ2号とママは自転車を借りずに徒歩で散策することに。
一度連れてきてるからママには我慢してもらった。
一応観光名所を周り、市街地から近い西桟橋でチビ2号と合流すると
相方が駐車してあった軽ワゴンを指さして口をぱくぱくしていた。
何を言いたいのかわからず、軽ワゴンの横を通り乗ってる人間を見て
相方に近づくと芸能人が乗ってると小声で教えてくれた。
どうやら俳優の辰巳ナンチャラが乗っていたようで
中を見た俺も気がつかず、同じ時間帯に桟橋にいたチビのママも気づかず、
どれほどオーラがないんだか、思わず笑ってしまった〜。

クソ寒いのでサッサと石垣に戻ってきて
チビ達のためにレンタカーで島内の公園へ移動することにした。
山1個が公園で色々なゾーンの中に子供が遊べるゾーンもあり
初めて行ってみたが、やたら混んでいたのが印象的だった。
遊具等も充実していてチビ達も満足したようだった。

夜はお待ちかねの石垣牛の焼き肉〜〜〜。
予約していたので待たされなかったが、してない人は2時間とかで
肉を食うためにそんなに待つなんて俺には出来ないな〜〜。
その店の肉は相変わらず美味くって、大満足な今日だった(笑)


2014年03月20日(木)

朝7時に出発した。
3空路乗り継いで行くことはかなりしんどくて
チビ2号が大泣きしないか、それだけが心配だった。
千歳〜羽田〜那覇〜石垣となんとか乗り継いで
千歳10時出発し、石垣に着いたのは5時半であり
いつもとそれほど変わらない時間がかかったが
今回が一番遠く感じ、一番疲れてしまった(爆)

石垣、とにかく寒い。
こんな石垣って経験したことがないほど寒く
北海道のGW前後の気候って感じだった。
チビ達が疲れていたようなので、空港からはタクシー移動させ
俺と相方はバスに揺られてチンタラチンタラ・・・・。
俺、こういう部分は自分でも驚くほどやたらケチなので
当初予定通りバス移動し、たった2000円を浮かす(爆)

ホテルは少しリッチなイーストチャイナシーで
俺は以前泊まったことがあるが他は初めてで
窓から見える港の風景にかなり感激していたようだ。
で、予約していた居酒屋の時間が迫り
慌ただしくホテルを出て、ユーグレナモールを通り店へ。
昨年の6月に来た際に、その安さとそこそこの美味さを知り
今回は一発目に選んだ。 チビ達の好きなメニューもあったし(笑)
初日から現地で好きな泡盛をたらふく飲みすぎて
ホテルに戻るといきなり爆睡してしまうほど酔ってしまった(爆)


2014年03月19日(水)

さて、明日、いよいよ出発。
3空路と言う長旅なのでチビ達が心配。
特に下のチビは普段から動き回ってないと機嫌が悪くなり
ゴンボ掘るので、限られた空間の機内ではやばそう・・・。
電子機器が使える状態になれば、iPadに入っている動画を見せりゃ
めっちゃ静かに見ているとは思うんだけどな〜。
とにかくぐずられるのが心配だ。

上のチビが1歳半の時に連れていったことがあるが
その時も帰りの機内で大泣きしちゃって
小さな子は二度と連れて行かないと決めたのに
長男夫婦が今回は一緒に行きたいと言うことで
ついつい行くことにしちゃったが・・・。
上のチビだって前回の旅行はほとんど覚えていないから
下のチビだって全く記憶には残らないのは目に見えていて
それでも写真を撮って記録には残しておかないとな〜〜(笑)

今回は3人一組と二人一組の組み合わせなので
俺の好きな窓側は全く取れなくて、凄く不安だ。
飛行機恐怖症が治ったのも窓側の席ばかり座っていたお陰で
それ以外の席では今でもちょっと不安なんだよな〜。
旅行社の配慮で二組がなるべく近い場所に座れるチョイスだろうが
明日、カウンターで変更出来るか確認しないと・・・。
せめて俺だけでも窓側に座りたい〜(爆)


2014年03月18日(火)

今日は気温が低かったが、パラパラ雨が降り寒かった。
が、間違いなく春が近づいてるのは空気感でわかる。

高校時代の2コ下の後輩がFBに
自分たちの代は幾つになっても仲が良いと書いていた。
確かにそのコメント共に載せられた写真を見る限り
当然、おじさんおばさんにしか俺には見えなかったが(笑)
皆笑顔で楽しそうに写っていた。
考えてみたら俺らの代も相当仲が良い連中もいる。
毎月、自分たちの卒業期代と同様の日に
なんとなく行きつけの店に集まって飲んでるそうだ。
これは地元に残った各クラスの幹事等がメインらしいが
卒業年代を考えると相当驚きの事実かも(爆)

卒業以来、地元から完璧に離れてしまったせいで
一時的には音信不通、もしかしたら存在してないとまで言われ
誰とも連絡を取ることが出来なかったため
同期等とはすっかり縁遠くなっちゃってる・・・。
まあ、そもそも連むことがあまり好きじゃなかったので
縁遠くなったのもこれ幸いと思っていたのだが
年齢的に何があってもおかしくないと考えると
そうも言ってられないのが現実だ・・・。

2コ下の後輩は社交的で誰からも好かれる性格で
俺とは全然違うのである意味リスペクトしているし
もしかしたら、自分も気がついていなかったが
高校時代に彼女のことが好きだったのかも知れないとも思う。
好きとか嫌いとかを考えるとケツの穴がムズムズするような
こちょばい感覚になるほど、今は現実離れしている(爆)


「エロさを忘れちゃ男として終わり」と常々思っているけれど

そんな感じで、もう、終わったのかも知れないな〜(笑)


2014年03月17日(月)

旅行日の天気予報を確認した。
晴れる日が多く、雨が降ることはないようだが
最低最高の気温予想が思っていた以上に低い。
去年石垣へ行った際には北海道の夏並みだったが
今回は5月下旬の気温のようでがっかり・・・。
ただ単に観光地を巡るにはちょうど良いかもしれないが
せっかく行くのだからチビ達と一緒に泳ぎたい。
でも〜、水温が高いとは言え気温20度では厳しくて
もしかしたら泳げないかもしれない・・・・。
チビ達と波打ち際でチャプチャプだけかも(泣)

気温が低いせいで持ち物も少しだけ変わる。
長袖を余分に持たなくちゃいけないので
キャリーバッグに二人分は入らないかな〜?
観光するときの服と夜飲みに行くときの服は
着ないかも知れないがこだわりで三日分必要だし
下着類も泳いだ時のことを想定し多めに・・・。
カメラ関係もメインの一眼に予備としてコンデジ、
GoPro、それぞれの充電器やコード、タブレットもあるし
無線LANに変換するアダプターも無いと不便。
考え始めると次から次に必要なものが頭に浮かび
ちょっと収拾がつかなくなりそうで怖いわ(爆)

どうせ夜は飲んだくれて爆睡するだけなんだから
ネットから少し離れた環境で過ごして見るのもありかも。
って、だったらiPhoneも持っていかないか?
いや、それは無理(爆)
電話がないと迷子になった時に困る。


2014年03月16日(日)

今朝も10センチ前後の積雪があり、
朝飯も食わないで慌ててスキー場へ向かった。
ってか、普段とほぼ同じ時間に起きているんだから
いい歳なんだから寝坊してないで飯くらい作って欲しい。
まあ、それは一生期待出来ないとして(爆)、
いつものスキー場に着くも、やはりシーズン終盤なので
見える範囲に俺しかいない、マジで貸し切り状態。
リフト始動と同時に上部リフトへ向かったのかも知れないが
それにしてもこうも極端になるかね?普通・・・(笑)

好きなコースを好きなようにかっ飛んでも
遮る障害物は一切無く、とにかく気分爽快。
昨日は雪質のせいでひっかかることもしばしばあったので
携帯の液体ワックスを塗ったら、滑る滑る。
かすだおかだのおかだ以上に滑る(寒い〜〜〜〜(爆))
滑るついでに、歩かずとも行けるはずの場外に出たが
あまりにも人がいないので雪が柔らかなために滑っていけず
必死になってスケーティングでやっとこさコースに出た。
さすがにさっとパウダーが残っていて
気持ちよくターンをしたが、苦労の割にコースが短い。
振り返り1本だけ残った俺のシュプールを見てみると
3ターンしかしていないと言う(爆)

とにかくこの時期になると人が少なくなり
滑りやすくて最高だ!!V


2014年03月15日(土)

やっとこさ週末がやってきた。
週末はやはりボードをメインに行動し
とにかく滑ることで俗世間から脱出、リフレッシュしてる。
しかし、今シーズンは外国人客がびっくりするほど増えて
リフト等に並んで滑らなくちゃいけないのが、めっちゃストレス。
何度も言われているが、本州の行列に比べたら
「屁」みたいなものらしいが、ここは北海道じゃ(爆)
パウダー争奪戦も異常なくらい激しくて
とてもじゃないが争ってまで滑りたいとは思えない。
それこそ本末転倒!!
リフレッシュのために気持ちよく滑りたいのに
列に並んでリフトを待ったり、パウダーのために必死になったり
俺の理想とする滑りにはほど遠い・・・・。

が、この時期になると外国人が極端に減り
リフトに行列することなく乗れるし、コースもガラガラ、
俺が理想とするゲレンデ状態となり、独り占め〜〜的な(爆)
今日も11時頃まではほとんどストレス無く滑れて
雪質を気にしなければ大満足だ!

スキー場にとっては来場者が大いに超したことがないだろうが
昔から利用している俺にとっては楽しさ半減。
地元の人間、ハードなリピーターに嫌われないよう
企業努力して欲しいね〜〜〜!



2014年03月14日(金)

昨日、チビ達は大きな街に買い物へ行き
南国へ行くための服等を購入してきたそうだ。
そんなに大げさな準備なんていらないのだが
長男も義娘もこだわりを持ってるからな〜(笑)
あり合わせものでなんとか工夫し節約して
向こうで美味しいモノや娯楽に当てればいいのに・・・。
俺なんて、時期が時期ならTシャツと短パン、
あとは財布と携帯とカメラさえあれば良いって感じ。
そりゃ〜、それなりの大人なのだから、そうもいかないし
向こうでの着替えも多すぎるくらい持っていくが
結局、着た切り雀でほとんど必要なかったり〜(爆)

見るべき箇所、食べたい物、行きたい場所等を綿密に計画し
準備だけはきっちりしないと心から楽しめない性格なのだが
準備をしてるから行き当たりばったりの旅が出来る的な〜(笑)
俺の旅スタイルって、かなり特殊かもしれないな。

それは良いとしても、
今回の旅程は3連休にかかってしまってるので
かなり混んでるらしく、席が大きく予想を外れた場所で
通路を挟んでチビが一人で座ったり、間に他の人が座ったり
大人とチビ二人の組み合わせで席を取るのに旅行社も苦労したみたい。
今は変更出来なくても、出発日の前日の朝5時以降には
キャンセル等の席を開放するので良い席をゲット出来るかも知れない。
俺と相方は離れた席でも構わない、むしろその方が良いが
チビ達は一塊に座らせてあげたいので、早起きして頑張らねば(笑)

最終日の晩飯の場所が決まっていないが
それ以外は既にしっかり予約してあるので心配ないし
観光する場所も無理なくまわれるように設定したし
あとはどんなハプニングがあるかだけを心配すればいい(笑)

来週の今日は竹富島をゆったりと観光し
今頃、めっちゃ美味い石垣牛を食ってるんだろうな(爆)


2014年03月13日(木)

この春に向けて、アチコチで前進してる。

地元のバスケ仲間がリーマンをやめ
ダイニングバーをオープンさせた。
彼とはバスケを通じて付き合いは相当古く、
よく一緒に飲んだりしていた。
彼の家へ行きごちそうになったこともあるが
人様に食べさせるような腕では無かったような気がする。
もしかしたら、疎遠になってから修行を積んで
絶品なごちそうを作れる腕前になったのかも・・・。
他に、よく言えば何事にもチマチマしていない、
悪く言えば大ざっぱで衛生面的に?って感じだった。
その頃一緒に飲んでいた他の仲間も
「多分行かないだろうし、もし行っても食べない」って(爆)
先日、オープンしたらしいが、もうアタフタしまくりだそうで
FB繋がりの友人がそんなことを書いていた(笑)

もう一人は石垣島でペンションをオープンさせる。
石垣来島時、必ず寄っている居酒屋で調理の修行を積み
系列の宮古島店で店長兼料理長(確か)までやった彼女。
心同様、貫禄たっぷり身体なのだが、とても人なつっこくて
みんなに好かれている彼女が、まさかのペンション!
詳細はわからないけど、場所は川平湾で今日許可も下りた。
地理的に市街地から遠いので人の動きはわからないけど
日本一の景勝地だし、彼女の人柄なら大丈夫かも・・・。

ついでに言えば、前述の居酒屋の新店が10日オープンし
これも特記しておくべきことだな〜〜。

俺も計画している事があるのだが
他力本願なので実現出来るかどうかわからないけど
人の繋がりから産まれた話であり、努力を惜しまず
いつでも実現への一歩を踏み出せるように準備をしておかなくちゃ。

春は行動を起こそうとするには一番良い季節。

ボンヤリしていないで、俺もがんばんべ〜〜〜(爆)


2014年03月12日(水)

東京から滑りに来ていた仲間が、今日帰っていった。
毎年のようにニセコに来ては思い切り楽しんでいく彼女と
その付き合いで来ていた彼氏との組み合わせ。
彼女との付き合いが長いので、以前の彼とも親しかったし
今の彼とも一緒に滑ったり飲んだり出来る仲。
彼女の歴史を知っているって感じで、まるで親父だ(爆)

彼は年に1度、この時にスキーを滑る程度なので
ガンガン滑りたい彼女とはペースが違ってくるが
今回は多少無理とは思ったが、一緒に滑らせて
パウダーや急斜面、一度も行ったこと無い場所へ連れていき
楽しさをみんなで共有しようと考えた(笑)
多少は足手まといになっていたと感じてたかもしれないが
それ以上に楽しめたんじゃないだろうか?

スキーでもボードでも楽しまなくちゃダメ。
一人でちゃんと楽しめる人間はそれで良いのだが
ただただゲレンデを覚束ない滑りでソロで降りても
心から楽しむことが出来ない中級者にとっては
毎日何時間も滑るのが苦痛になってくる。
多少無理と本人が思っているような斜面でも
みんなでワイワイだと滑れちゃうし楽しい。
そんな手伝いを今回は出来たかも〜?

今のところ何の連絡もないので、無事に帰ったと思うけど
来期は付き合いで来るんじゃなく、自ら来たいと・・・(笑)

一歩踏み込んだ遊びを知ってもらえて良かったな〜。


2014年03月11日(火)

誰もが書いているが、あの日から3年。
まだたった3年しか経っていないのに
遠い過去のように思ってしまいがち。
でも、復興にはこれから何十年もかかるだろうし
原発の収束に関してはほぼ進んでいないと同じ状況らしい。
実際に従事している方の話なのだから信憑性はある。
その人によると原子炉建屋の内部はほとんど手を付けられず
そこを復旧するには何十年かかるかわからないそうだ。
原子炉を冷やした冷却水だって、もう貯めるところが無くなり
急ピッチでタンクを増設に次ぐ増設してるそうだ。
頼みのALPSも稼働はしているが、全て除去出来るわけもなく
今の試験運転と称されるのが当初予定の4倍以上もかかっている。
冷却ループができ温停止状態になり、収束宣言した政府だが
実は何も収束された訳でもなく、安全になった訳でもない!
隠蔽体質なのは百も承知だが、マスコミも突っ込んだ取材が減り
一般人には情報が入りづらくなっているために風化しつつある。

そんな状態にもかかわらず、ましてや多くが反対しているのに
泊原発を再稼働、しかも1,2,3号全ての再申請を出したとか。
「動かないから値上げだ」と、2回も値上げをした事実、
また、他に2回も値上げしたところがないことを知ってる?
地方自治体や民間企業はこぞって節電対策しているのに
お膝元の自治体の外灯は今でも必要以上に点いているし
PR館なるものも、この際だから休館しても良いのでは?
原発に44%も頼ってきたツケが回ってきたのかも知れないが
それに代わる電源を早急に作った方が良いんじゃない?
今すぐにでも稼働出来る電源だってあるでしょ?

あの忌まわしい自然災害、二次的な人災を風化させないために
こうして毎年毎年綴っておこう。

小さなことだが、自分はこれからも精一杯やっていくつもりだし
少しでも復興の役に立てばと、人間として思う。


2014年03月10日(月)

ひょんな事から4連休と半日休み。
しかも週末は久しぶりに楽しく充実していたため
今日のブルーは半端無いぞ(爆)

夕べのことだが、どうもスマホがおかしい。
ってか、正しくはLINEで繋がっている人間が
なぜか少なすぎるし、滑りに来た仲間達も無いのだ。
設定を確認してみると、自動更新しない設定に替えていて
そのせいで必要な人達が抜けていたんだ・・・・。
初期の頃にはしょっちゅう友達申請が来ていたため
いちいち断るのが面倒だったから、そんな設定に(笑)
早速設定を変えてみると、今回滑りに来ている友人達が
早速メッセージを送ってくれて一安心。
中にはもう15年ほど前にハマっていたチャット仲間から
メッセージが入り、凄く懐かしかった・・・。
しかも、普段FBやスマホメールでやる取りしている友人も
LINEで繋がったので凄く楽になった(爆)
かなり早い時期からLINEはやっていたのに
宝の持ち腐れ状態の設定には笑ってしまった(笑)

少し前にiPhoneに替えた友人がFBに参加したが
基本的なデータをどうやって更新するのかわからないと
仕方がないのでパス等を教えて貰い、俺が直してあげた。
多分そんなに利用はしないのだろうけど
そういうのに参加して、ITに疎いなんて事を
言わないようになれば儲けもんだわw



2014年03月09日(日)

朝、8時半集合と約束したため
目覚ましがけたたましくなって目が覚めた。
枕元にはなぜかハム3枚とお茶のペットボトルがあり
おそらく俺が要求したのだろうけど、そのまま爆睡(笑)
起き上がろうと頑張るのだが、かなりの2日酔い症状で
出来ることなら、このまま布団に寝ていたかった。

フラフラ ゲロゲロ状態でスキー場へ着いたが
来るはずの人間が来ていない。遅刻かよ!!
普段ならイラつくところだが、その気力もなく
時間通りに来た人間とリフトで登っていった。
二日酔いだったが、1本目のパウダーはやばくて
すぐさま2本目へ向かい、遅刻者のことは忘れてた(爆)
寒さでスマホがダウンしちゃったので
合流するはずだった仲間とも連絡が取れず
それぞれがグループごとに好き勝手な行動を(笑)

一通り滑り終わり、かなり満足した頃に
一緒に滑っていた友人に合流する仲間達へメールを送ってもらい
その後無事に合流し、のんびりな滑りが始まった。
今回は普段行かないような場所へ連れて行こうと思い
天候を見ながらアチコチ連れました(笑)
が、ハイクアップして滑る場所ではヘロヘロになって登り
諸に二日酔いの症状が出てしまったのが恥ずかしい。

夕方まで滑り、俺が帰る際に
「じゃあ、またね〜〜」って軽いノリの挨拶をしたが
考えてみたら、次シーズンまで会えないんだから
もう少し感動的な別れをした方が良かったかも(爆)


家に着き、風呂に入るとドッと疲れが・・・。

しかも酷い筋肉痛。

無理出来ない年齢なんだな〜(泣)


2014年03月08日(土)

朝からスキー場へ。
天候はやはりアヤツのせいで大荒れとなり
もちろん上部リフトは全滅状態。やりおるな!(爆)
それでも所々にパウダーがあり、それなりに楽しめたし
1年ぶりのセッションでも違和感なく過ごせた。

ラーメンが美味いと言う店へ行くことにしたが
この店は友人が仕切っていて、夜には訪れたことがあったが
ラーメンが美味いとは聞いたことがなかった・・・。
それぞれ頼んだが、エビチリ焼きそば、肉味噌チャーハン、
3人がラーメンじゃなかったが、言い出しっぺはラーメン。
普通に食べれたと言っていたが、あいつの舌は信用出来ない(爆)

夜の部は2週間前に下見をした店。
滑った以外に3人が合流し、ワイワイガヤガヤ。
明日のことを考えて最初はスローペースで飲んでいたが
どこかでタガが緩んだようで、ハイペースで泡盛ロック。
途中からはほとんど記憶が無く、やばい状態だったが
これは飲み過ぎのせいじゃなく、老化なんじゃない?(笑)
4時間以上もその店にいたようだったが、俺は何を食べた?
その記憶もあまりないのだが、そこそこの値段。
っつか、家に帰って財布を見てわかったという情けない話。

「嵐を呼ぶ女」とはもう10年来の付き合いなのだが
その彼氏がオバマに似ていて、賢くて口も達者で
場を盛り上げるのが非常に上手いのだが
どこかで必ず休憩が入るのが唯一の欠点(爆)
彼女とこんなに長く付き合うと思ってもいなくて
性格が違うけど、きっと馬があうんだろうな〜。

もう、結婚しちゃえばいいのに(爆)


2014年03月07日(金)

朝から大荒れで出たくても出られない天候。
軟禁状態には非常に諦めのつく天気(爆)

ネット上で今日来る仲間のコメントを見て
この嵐の中、無事についたことを知った。お疲れ様。
しかし、空港からヒラフまでのバス移動も大変で
いくらバスと言ってもホワイトアウト状態で厳しく
少し遅れてヒラフに到着したようだ。
俺も滑りに行こうかと思ったのだが
スキー場までのたかが10劼靴ない距離で
ところどころ猛吹雪で全く視界がなくなってた。
よって、滑りに行くことを断念・・・。
週末二日間はお付き合いするので良いだろう〜。

夕方、吹雪もおさまり、チビ2号が行きたいといっていた
本日オープンしたスーパーへ行ってみた。
俺にとっては新規オープンといってもスーパーはスーパーで
全くのイベント感はなく、淡々と中を回った・・・。
ってか、普段も行きたくないスーパーなのに
今日オープンだからそれなりに人がいることで
かなりテンションダウンし、早々に退店したかった。
が、チビと相方はワクワクした顔で回っていて
この温度差は何なんだろう?って(爆)



主婦ってスーパー大好きだし、
特に相方は無類のスーパー好きで
日に二回とか平気で行くし、時間も長い。
俺がホームセンターで長居するのと同様かな?(笑)



2014年03月06日(木)

チビ2号がインフルエンザと診断され
自主的に仕事は休み、家で軟禁状態二日目。
過去、自分自身がインフルエンザに罹ったことが無く
その辛さはわからないけど、小さいチビの発熱は可愛そう。
もちろん、我が家には来ることはなく自宅で療養し
他への拡散を避ける対策はしている・・・。
ってか、あれだけ毎日毎日そばにいたわけだし
既にウィルスは俺を含めた家族の体内に入っていて
あとは発症するかしないかだけじゃないだろうか?
不謹慎だが、経験が無いので罹ってみたい(爆)

明日から「嵐を呼ぶ女」のレッテルが付いている仲間が
例年のように滑りに来るのだが、やはり嵐を連れてきた。
すっかり春めいた気候だったのに、彼女の日程に合わせたよう
大荒れの冬型の気圧配置になってしまう。
彼女は「持ってる」と自慢げに言うのだが
逆に言えばツいていないとも言えるのに(爆)

土曜日からセッションだが、インフルの潜伏期間、
確か5日とか6日とか書いてあったので
ギリギリだけど外出しセッションはOKだな。
なんせ、この滑り&飲みは冬の大事なイベントなので
これに参加出来ないと春はやってこない(爆)


2014年03月05日(水)

昨日の朝からチビ2号が発熱。
看護師のママ曰く  インフルみたいって。
発熱後24時間経たないと検査してもわからないらしく
今朝病院へ連れて行ったが、A型とのこと。

毎日家で預かっているので
当たり前だが俺にもウィルスは移っているわけで
他人に移す可能性が大なので、念のため午後から休みを取った。
オフィスにいてもほかの人間に嫌がれるし
万が一移ったら、体力がない人間ばかりなので
最悪のことも考えられるから・・・。

家で軟禁状態になるのだが
チビ1号は幼稚園に行っちゃったけどいいのか?
家族にインフル患者がいるときはで他人に接触しないよう
最大の手立てをするのが社会のルール。
1号は明日から休ませなくちゃ(笑)


2014年03月04日(火)

着々と旅行の準備が進んでる。
計画はいつも通り、綿密に立ててはいるが
チビ達が一番楽しめるように考えている。
が、子供連れの旅はアクシデントがあって当たり前で、
どこかで計画通りにならないことは目に見えている。
それでも、八重山の空の下、ノンビリ出来るし
美味しいモノも食べれるから(笑)

向こうではホテル近郊にファミレスがないために
どうしても居酒屋が多くなり、チビ達が可愛そうなので
初日は彼らが好きな納豆巻き、鉄火巻き、ザンギ、枝豆などがあり
大人には石垣牛や刺身等、バラエティに富んだメニューがある店を。
昨年、友人の新婚旅行の付き添いで石垣へ行った際、
俺がチョイスして行った店だったが、かなり良い感じだった。
いつも満席で石垣ではかなりの繁盛店にもかかわらず
味がそこそこで美味しく食べれると言う店(笑)
今回も初日に行く予定で予約をすることにしたのだが
将来のために相方に電話で予約するよう言いつけた。
しかし、既に個室の小上がりは予約で埋まっているそうで
その繁盛ぶりが窺い知れるな。

俺の好きなライブ居酒屋はFBでメッセージを送り
あっという間に予約が取れた(笑)
その店の代表の子の歌声を聞きたくて
石垣に行っていると言っても言い過ぎじゃないくらい
心に染みる歌い方や歌声なんだ。

その彼女、新店オープンや宮古島店へ行ったりと大忙しだろうし
今回はもしかしたら歌声は聞かれないかも知れないが
それでも絶対に外せない店だ(笑)


2014年03月03日(月)

ブルーです。 二日酔いです。
夕べは家に帰ってから、飲み直ししたようです。
あまり覚えていません。
飲んだ時のこの物忘れ、かなりやばいのでは無いでしょうか?
「飲んだ時のことは覚えていない」と非常に都合良く使っていたが
以前はほぼ覚えていて、忘れたふりで誤魔化していたのだが
最近はマジで覚えていないことがめっちゃ不安です(笑)

先週の土曜日、友人夫婦と飲んだ時のことも
家まで車で送ってもらったはずなのだが、全く記憶になく
しかも何をどうして寝たのかも覚えていないと言う。
で、そんな状態でしっかりと喰った物の写真をFBにUPし
朝、それを見てびっくりこいたもんな〜〜(爆)

オマエは記憶が無くなることってあるか?
俺よりも絶対に飲む回数が多いだろうし
調子に乗って深酒だってあるだろ?
前の日のある時間から記憶がないって怖いよな〜。

そう言えば高校時代、体育の授業後に記憶喪失なったことがある。
ハンドボールのキーパーに頭を殴られて
そのせいで気がついた時は保健室のベットの上だった。
何がどうなったか全くわからず、
こんなでかい図体して泣いちゃったもんな(爆)
その時は俺自身の存在がなんなのかもわからなく
もろに 「ここはどこ?私はだれ?」 状態。
心配したクラスメートや当時の彼女が来てくれたのだが
みんなが誰なのか全然わからなかったのを覚えている(笑)
二時間ほど保健室で寝ていたら、少しずつ記憶が戻って来たが
あの時の恐怖感は今でも忘れない・・・・。

その時の障害が今頃出てきた?
そうじゃないか?

普通の酔っ払いのオヤジになっただけか?(爆)


2014年03月02日(日)

昨日、義娘が同期会で泊だったためチビ2号は我が家泊。
トイレに行く際に寝顔を見たが、マジで可愛くて可愛くて
食べちゃいたい。1号もこの頃はそうだったな〜〜(笑)
1号はソファーベットに寝ているはずなのに
いつものように下に落ちて、相方にくっついて寝てたし
2号も相方にくっついていたので、真ん中の相方、
両側から挟まれて、かなり窮屈そうに寝ていたのが笑えた。
一人だったらまるでガキのように寝相が悪いのに
寝ていてもチビ達に挟まれている意識があるんだろうな(爆)

次男夫婦とチビ3号が我が家で晩飯を食いたいと連絡があり
相方が何を食べようか悩んでいた(フリをしていた(笑))
おひな様だし、どこかで飯でも食いに行くか?と軽いノリで言うと
待ってましたとばかりに、焼き肉屋と居酒屋とか電話をし始め
小上がりが空いてないか積極的に動き始めた。
狙っていた店はことごとく満席で断られたらしく
琴似発祥の老舗の居酒屋でも行くかと言い始めたので
だったらスキー場にあるお馴染みに店へ行くことにした。
ってか、単価が多少高いし、人数が子供も入れたら8人で
これはかなり痛い出費になりそうと覚悟したぞ〜〜。
間違いなく、支払いは俺の小遣いから・・・(泣)

相変わらずの激混みで、しかも相変わらずの外人ばかりで
そんな店なんだけど、俺の好きな泡盛請福が裏メニューであるし
雰囲気が海外に行ったようで好きな店なんだな〜〜。
代表とも石垣繋がりですっかり顔なじみなってるし、
今日も注文票の請福ロックというのを見て
それを注文するのは俺しかいないとわざわざ席まで来てくれた。
しかも並々と請福を入れたコップを片手に。あざ〜〜っす(笑)

が、言いたくなかったが、ポテトフライがイマイチで
「食えない」とみんなが残し、俺も味見したが・・・・。
今後のためにちゃんと行っておこうとスタッフにこっそり言うと
すぐに代表が飛んできて、平謝りされちゃって、逆に申し訳ない。

この店だけはスタッフが変わろうとどんなに混んでいようとも
美味しくて、また来たいと思える店であって欲しいから。


2014年03月01日(土)

いよいよチビの本格的なボードレッスンを始めるが
夕べ寝るのが遅かったチビはグダグダしていて
なかなか外に行く準備をしようとしない・・・。
相方がキレ気味に家にいてばかりじゃダメだし
2号も連れていくからとハッパをかけた(爆)
外に出ればそれなりに楽しそうに遊ぶのに
インドアも大好きだから、引っ張り出すのが難しい。

スキー場で早速板を装着し、一般の初心者に教えるように
口で説明しようとしたのだが、大人的なワードが使えないし
身体の部位も彼にはわからないところもあるし
めっちゃ難しい。 マジでしんどかった・・・。
一緒に並んで滑って、わざとに一緒に転んで笑ったり
彼自身が前に転ぶと「スーパーマン」とか
「チンチンぶつけただろ?」と興味をそそるワードを使い
なんとかかんとか1時間ほど練習させた。
まあ、1時間では何も教えられないし上達とはほど遠いのだが
本格的な板に乗って、何かをしたというのが大事であって
いきなりサーっと滑れるわけは絶対に無い(笑)
少しずつでも良いから、上達していることが本人にわかれば
やる気も出てくるだろうし、楽しめると思う。

焦って何かをさせようと大人は思いがちだけど
子供に集中力なんて一切無いし(笑)
それが子供なんだから、子供のペースでやることが
当人にとって一番良い事じゃないかな〜。
スクールで銭を取って教える時だって
子供の場合はとにかく雪やボードが好きになるよう
気を遣いながらレッスンしているはず。
ましてや5歳児の孫っちに教えるんだから
それなりに時間をかけないと無理に決まってる。

今シーズン中に一緒に滑れることを目指そう〜(笑)


感想BBS メール書く いいっしょ! 別館へ
oyazy

↑エンピツ投票ボタン
My追加