1998年06月22日(月)  カンヌ98 3日目 いざCMの嵐!

(勤務していた広告会社マッキャンエリクソンに提出したカンヌレポートより)

7時前に起きて8時過ぎにpetit dejuner。cafe au laitがおいしい。croissontもふかふか。2つも食べる。1泊160フランでこれだけの朝食(おかわり自由、バイキング方式)がついてくるのは良心的。しかもchambreも毎日掃除してくれる。C'est bien.

陽射しがきついのでサンガードを入念に。会場(Palais de France)までは5分ほどだけど、その間にやけてしまいそう。

9:00〜 Category1 Alcoholic Drinks
少し遅れて266作品中253作品を見る。そのうち覚えているのは1割もないかも。かなり疲れた。印象は「Miller(ミラービール)のひとり勝ち」。とにかく面白いのは、ことごとくMiller。とくに大受けは1/112"LUCKY CAPS"。"If you get 3 Miller caps,it may be your lucky day tomorrow(ミラーのキャップを3つ集めたら明日はいい日かも)"のナレーションが入り、画面に順に出てくるミラーのキャップをじーっと待つ。その間の取り方が絶妙で、1つ出るごとに笑いが大きくなり、3つめの「ハズレ」にみんな大喜び。インタラクティブのいい例。

個人的に受けた1/144"Cooler/Generic"。イスやソファでくつろいでいるMillerビールたち。人間はどこかなと思ったらクーラーボックスの中でぶるぶる震えていた。パラドックスな世界。

1/159"Weird Guy"は爆笑。部屋の中でくねくね踊っているデブ男が、ボトルの "Twist to open(ひねって開ける)"を見ては踊る。どんなにひねっても開かねーなーと汗だくになり、ますますビールが飲みたそう。栓抜きのいらないフタのニュースを見事に伝えていた。

実験的なものとして1/108"Sideways"にも拍手。テレビを見てお疲れの皆様に横になって見られるCMというわけで、ボトルが横になって登場。おちゃめ。

1/109"Robot Love"は会場も拍手でわたしも好きな作品。"Not everyone watching this commercial may not have a Miller Time, but you might(このCMをご覧のすべての方がミラータイムを楽しんでいるわけではないかもしれませんが、あなたはそうかも)"のナレーションではじまり、ロボットとピクニックしている若い女が映る。ロボットがミラーを飲んで(浴びて)錆びて壊れてしまい、修理に出すとスクラップに。later that year(その年の後になって)彼女の新しい恋人が買ってくれたMillerは昔の彼氏(ロボット)をリサイクルしたもの。再会を喜び合う二人……という輪廻チックなストーリー(紹介文は"A classic love story with a buddhistic ending")。

満場一致の喝采で受けたのは1/116"FLY"。屋外パーティでMillerのグラスに落っこちたハエが出てきて飛び続けていると、自らたbug zapper(虫除け灯?)に飛び込んでしまう。そこに入るコピー、"Don't drive drunk(酔っ払い運転禁止)"に会場は笑いと拍手の渦。

元気さに圧倒というかド肝を抜かれたのが、1/117"Evil Beaver"。ログハウスを作った人間に怒ったビーバー(着ぐるみを着た人間が演じている)が「俺の木を返せ〜!」とログハウスにかじりつく。そのすさまじさとラストのビーバーのニヤリという何とも言えない表情に拍手。ツイストダンスのデブ男もビーバーも適役をうまく配している。コンテのアイデアを最高に形にできるヤツを選ぶというキャスティングの妙に感心。若いカップルの彼氏を弓で殺して自分が彼女の隣におさまる小太りキューピットの話1/118"Cupid"もありがちなのに笑えた。

"This commercial was specially made for Texas. Thank you for your time(このCMはテキサスのために作られました。おつきあいありがとうございました")ではじまる1/113"JIMMY IN TEXAS-COW"も受けてた。ミラーライト好きのジミーがテキサスがいいとこだと聞いて乗り込んでいく話。

1/110"PRO-WRESTLERS"は「指一本触れてはいけない」というプロレス対戦を終えたレスラー二人が試合の続きでビールを注ぎ損じるというもの。バーで二人並んで外すのがおかしい。

以上すべてUSAの作品。日本で作った1/112"MIRACLE JUMP"はUSA Miller15連発の後に出てついでに笑いを誘っていたけど、ノリ的にはかなり違った。"OK"ぐらいの受け取られ方。

その直前が1/121"ANGEL"。天上人たちがミラーが切れたので地上にいたずらして輸送トラックを事故らせ、ミラーを「昇天」させて手に入れる話。大爆笑。さらにその前が1/120"ARM COMTROL"。「好きなものを見ると犬はしっぽを振りますが、この若い男性にも同じことが発見されました」というナレーションではじまり、ミラーの瓶を持つと腕をぶんぶん振る男が登場。瓶にドラムスティックを差すと、すごい勢いでドラムを叩く。大受け。

USAが元気といえばBudweiserのカエルのシリーズもそう。「バド」「ワイ」「ザー」と言うカエルの座を狙うトカゲとイグアナの会話がおかしい。商品カットなしで十分コミュニケーションできるいい例。

Budweiserの他のものでは"Bud for you"のキャンペーンが面白かった。"Bad for you(お気の毒に)"とかけて、「まあ、バドでも」て感じ。超能力者がテレビの公開番組で腕を競う1/164"MIND CONTROL"では念力でバドをグラスに注いで喝采を浴びた直後、観客の一人が念力でそれを飲んでしまう。アメフトの試合後、勝った喜びでビールのかけあいをやっていると、「何やってんだ?せっかくのバドを」とチームメイトにボコボコにされる1/175"VICTORY"
。若い女が恋人を家に招きいれ、父親を起こさないよう部屋まで導くが、足音にはびくともしなかった父親がバドの開く音で目を覚まして銃を手に駆けつけてしまう1/176"FARMER'S DAUGHTER"。犬を骨で釣ってイスから下ろした飼い主が、同じ手でバドに釣られてイスを横取りされる1/178"MY CHAIR"。それぞれ受けてた。

バドではもうひとつ、ズルをしてでもバドを飲みたいぐーたら亭主どもを面白く描いた"Make it a Bud Light"のシリーズが笑いと共感を集めていた。力仕事しているフリをするためにニセモノの下半身を車や台所の下にもぐりこませる男たちだが、草刈り機の下から出ている下半身が見つかり、嘘がばれる1/180"HANDY MAN"。窓にホースを取り付けて偽の雨を降らせ、庭仕事から逃れる1/181"RAIN"。女どもの買い物につき合わされるのに疲れた男どもがディスプレイの洋服の影に隠れて飲む1/182"SHOPPING"。いずれも日本でもそのまま流せそう。

アルコールカテゴリーで驚いたのは、下ネタの競演。日本だと視聴者からクレームが入りそうな表現がゾロゾロ。とくに「ビールのおしっこネタ」はタブーでは(日本ではそれを連想させないように気を遣っている)と思うのだが、堂々とやってのけている。1/63"IT'S EASIER WITH BEER"では、バーのトイレで男二人が「出なくてもじもじ」してるところに三人目の男が入ってきて気持ちよく放尿。"Just Bjer self"(be yourselfとbeerをかけている)というオーストリアのビールのCM。スウェーデンの1/202"THE BALOON"も「Kopparberg lagerを飲むと膀胱に何が起きるか。おしっこの勢いが違う」と実証。ポーランドの1/78"WINTER TIME"は男二人が並んで美しい雪山を鑑賞……と思いきや、雪におしっこで"Elbrewery"とロゴ作成中。

男と女のHネタもあっけらかんとやっている。1/59"THE WILD LOFE OF THE VIKING"はドイツのAsgaard beerの作品。中年夫婦をベッドの足側からとらえた映像。バイキングの本を読んでいる夫のシーツの下半身辺りが盛り上がり、"good for your horns(ツノに効くビール)"と意味深なコピー。バイキングのビール? カナダ発1/105"FASTER"は「もっと早くぅ」「これ以上は無理だよ」と思わせぶりな女と男の激しいやりとり。姿を現した男は女を扇いで風を送っていて、「そんなことよりLabaat Liteを飲むほうがリフレッシュする」というオチ。イギリス発1/247"CONFESSION"は自分の激しいセックスを神父に打ち明けるメキシコ人男が登場。それを懺悔と受け止めた神父が「よくぞ打ち明けてくれました」と言うと「みんなに話しているんだ」。要は、のろけてるだけ。Hな上に神父までコケにして……商品名のScottish Courageの勇気とかけているのか?

「記号」として目だったのは冷たさの表現。究極の表現として、まわりにあるものが全部凍ってしまう。そんな大げさな、と思ってしまうほど。スペイン発1/76"MAHOU ICE"は、炎をも氷に変える"Mahou ice"のグラスを持って、悪魔につかまった娘を助ける話。1/229"MAD DOG"はバーでZimaを飲んでいる男の尻に噛み付いた犬が瞬間に凍り付いて床にコロンと落っこちる。"A few derees cooler(ちょっぴりクール)"とコピー。


1998年06月21日(日)  カンヌ98 2日目 ニース→エズ→カンヌ広告祭エントリー

(勤務していた広告会社マッキャンエリクソンに提出したカンヌレポートより)

5:30 自然に目覚める。ルームサービスでcafe au laitを頼む。"Je voudrais deux tasse de cafe au lait"と言うとフランス語でまくし立てられ、全然わからん。"six"を連呼していたが、どうやら「ルームサービスは6時半から」と言っていたよう。6:30に現れる。10FF+5yenをpourboireであげると喜んでた。ホカホカミルクとたっぷりカフェに感動。ベランダのテーブルで外を見ながら飲んでいるとフランス気分は高まるばかり。Il fait beau aujourd'hui.とってもいい天気。それにしても7時前にみきとわたしが起きているってすごいことだ。「カンヌへ遊びに行くと思われているのは心外!」と意見が一致。ちゃんとお勉強に行くのです。それも自腹で。そこんとこわかってもらうためにも、いいレポート書こうねと話す。

8:30 Je regul.ルームサービスcafe au laitだけがpetit dejuner(朝食)になってたので訂正してもらう。ツイン1泊950FF+appartement taxe de sejour14+cafe au lait(19×2=38)+電話代24=1026FF。25倍(1FF=25yen)すると結構なお値段。"Est-ce que vous pouvais garder..."と言いかけると"Baggage, bien"と快く荷物を預かってくれる。"Nous avons passe tres comfortable sejour. Merci"とお礼言う。

カンヌへ行く前に社内のおねーさま方絶賛のエズ村へ。バス停で"Pour aller a Eze Village?"とオジサンに行き方を聞くとinformationで聞けと言われる。自販機で無事billetを手に入れる。片道13FF。駅のホームで"C'est quel quai?(ここは何番線"と聞くと"Numero 3"。でもquel trainに乗ればいいの? 駅員さんに聞くと「Vientimiglia行きに乗れ」。14分でEZE SUR MER着。バス停にいる英国人らしきロマンスグレーの老婦人二人が"10:30"とバスの時間を教えてくれる。15分揺られてEze Village着。空腹は最高潮。pizzeriaに入ると「昼までは飲み物だけ」。CHEZ CLAIRETTEでtakeoutする。サラダとバーガー二つとドリンクで95FF。石畳の阪を上っていく。どの建物もphotogenic。看板も素敵。人形の店、仮面の店、ミニチュアの店、絵の店……。見晴らしのいい高台に立つCHATEAU EZEは、14世紀(XIVme siecle)に建てられ、1923-53までスウェーデンのウィリアム王子が住んでいたお城。思い出したように黒人のギャルソン(garcon)が現れる。coupe 2 boules au choix(好きなもの2種類選べる)のGlace(アイスクリーム)25FFを食べる。garsonにpourboireを5F。坂を降りる途中でアンティークの広告復刻版ポストカード5F×6枚買う。Bonne journeeと言われるのはいい感じ。

14:00 バスでEZE SUR MERへ。自転車のレースしてるらしく、おしりにゼッケンつけた選手が爆走していく。
Splendidに戻り、baggageを受け取る。"Cette Madame peux parler bien Francais"のお世辞に"Pas encore"と答える。
NICEから電車でCANNESへ。15:23着。Des Etrangesは駅の目の前。しかし、そこでprobleme!「IMAIはキャンセル済み」と言われる。クレジットカードの前金引き落としを見せると、ようやくおねーさんは本気で動いてくれ、510号室の鍵をくれる。
会場(Palais de France)で交代で順番待ちして、ついにIDとおみやげ(聞きしに勝るボリューム)を手に入れる。その場で撮ったデジタル写真をIDに反映。日本から送った顔写真の立場は?

20:00 dinerへ。海沿いを歩いて、海の幸を食べよう、と『Chez Astoux』に入る。有名な店らしい。10代の若〜い女の子二人が"fume"と話しかけてきて、Nさん(化粧品ブランド営業からコピーライターに)がタバコをあげると、「アッシッシーはないか」と聞いてくる。フランス人はHを発音できないから「ハッシッシー」と言えないのですね。しかし10代で……。


1998年06月20日(土)  カンヌ98 1日目 はじめてのカンヌ広告祭へ 

(勤務していた広告会社マッキャンエリクソンに提出したカンヌレポートより)

ついに出発してしまった。3月頃に行くことをきめて、あっという間にaujourd'huiである。とても忙しい日々が続いて、ヒコーキの中でやっとおちつけた感じ。現地に入る前に、「心構え」だけ書いておこう。

カンヌでのテーマは、ありきたりだけど「出会い」にしたい。誰かや何かと出会って世界が広がっていくのは、ホントに楽しい。
【たくさんの人に出会おう】
いろんな国の、いろんな会社の、いろんな仕事してる人とできるだけたくさん何かを「交換」して帰ろう。もちろん日本の人たちも。広告フェスティバルに直接参加していない地元の人たちとも出会えたら最高。
【コトバに出会おう】
今までかじった言葉も未知の言葉もいろんなコトバの響きや意味やパワーに出会おう。それがこれからの仕事でわたしの武器になるのでは……。カンヌで見られる「選りすぐりの広告」はもちろん、チラシやポスターやビルボードや広告と名のつくものすべてについてくるコトバに敏感になっていたい。

それにしてもよく揺れるヒコーキだ。とにかく、アンテナを張って、全身スポンジになって吸い込んでくるつもり。決意表明 以上。

7:00 Je me reveil.
12:00 depart
13:30 la boisson エコノミークラスでシャンパン(Coupe du Monde=ワールドカップ仕様)が出るのはさすがAIR FRANCE。
14:00 dejeuner fromageがすごくおいしい。2列後ろがfumerなのでnon-fumerのオッサンどもが吸いにくる。トイレは禁煙(PAS FUMER DAN LA TOILETTES)。
15:45 Je dors. 途中寝たり起きたり。「恋愛小説家」をFraicaisで聴いたらまったく内容がわからず。いい子守唄に。
19:00 diner 青×白の食器がcute。AIR FRANCE MAGAZINEは250pのボリューム。読み応えあり。手描き文字の可愛さに惚れる。とてもおフランス。Plaisir d'etre belle(美しくなるよろこび)のページに担当化粧品を発見。
24:30(現地17:30) Paris Charles de Gaull
とても暑い。J'ai chaud.いきなり空港に放り出され、職員さんに聞いて下に降り、バスでFゾーンへ。一帯は自然光を取り入れたガラス屋根。音質野菜になった気分。横のおばちゃんに時間を聞くと通じた。時計を見せてくれる。
18:30 搭乗。客のほとんどは外人。隣はワキガさん。多分40〜50代のおじさんがスチュワード。日本だと違和感あるのにこっちだと自然。
20:00 NICE着
空港脱出は、いともあっさり。baggage claimのチェックさえなし。タクシーでL'hotel Splendidへ。128FFだが空港価格で145FF。2Fをpourboire。ホテルのreception"Je suis Masako Imai. J'ai reserve au Japon"と名乗ると"Tout a fait”と言ってくれる。
部屋はそんなに広くないけどバルコニー(=みきのタバコ部屋)つきで気持ちいい。鍵(la cle)はプラスティックのカード。海辺を散歩(Nous nous promeneron jusuqu' a cote)する。空と海の青のグラデが素敵。閉じたパラソル(青と白のしましま)も絵になる。人がいっぱい歩いてて安全なとこ、というイメージ。
22:00 すごく疲れて眠い(fatigue+sommeil)  Je dors debout.立ったまま眠れるぞー。一晩中いろんな人の話し声や車の音が続く。でもよく眠れた。

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加