遺書

2016年08月28日(日) 1985 正義を弘め、今日を征け

もしかしたら明日はきっと死んでいるかもしれない
それでも僕は昨日を後悔したくない

思想のない、ただの思考が僕を突き動かす

今日という日しか生きられない僕にとって、
正しいことはたったひとつ

今、強く僕を突き動かす感情だけが、僕の正義だ
さあ、行こう


思うに僕は
僕という人間に対する執着がないのかもしれない

思うに僕は
世界のことなんてどうだっていいのかもしれない

愛おしい感情に従って生きることが正義だ
僕に後悔はない、その確信だけで生きていける



2016年08月27日(土) 1984 hello,hello

限界なんて存在しない
そんなものがあるとすればただ、
心のなかに諦めたい自分がいるだけだ

それを認めてしまっても良いし、認めなくても良い

どちらにせよ
行くか、行かないか
もっと言えば
生きるか、死ぬか

その二軸で思考を走らせた時、
結局ぼくは、生きるしか無いんだから

限界なんてものはどこにもない
生き続ける限り、どこまでも抗い続けよう

この世の全ての不条理に



2016年08月19日(金) 1983 1人未満

どれだけの人間が僕を理解して、
僕がどれだけの人間を理解できたのか。
数字は虚構さ。
似通った現実を連ねた嘘っぱちさ。

故障したカウンターが、いないはずの人間の存在を告げる。

分かり合えた数、分かり合えなかった数。
虚数でしかない。瞳を閉じろ。
思い辿り着く数字は識っているか。

認める時が来たんだよ。
どこでも美しくそしてどこにも続かない。
ここで始まり、ただここで終わる。

零は、そんな数字だ。



2016年08月18日(木) 1982 そんなもんだよ

生々しい傷を、勲章のように掲げる人生はやめておけ。
それはきっと、頭のイカれた人間のやることさ。

血反吐を吐く、傷を刻む、
生きていくとはそういうことだと
いつから君は錯覚していた?

逃げていくのも悪くない。
みっともなくても構わない。

ただ綺麗に生きていくのも悪く無い。
悪く無いと、思いたいだろう?

だったらそれで、いいじゃないか。
何も悪いことなどないよ。

だって僕ら、人間なんだぜ。



2016年08月17日(水) 1981 解答篇

君が死んだところで、世界は何も変わりはしないし、
同様に、僕が死んだところで、世界は何も変わりはしない。

死は甘い幻想。人智の及ばぬ虚数の彼方。
期待を描くなんてどうかしてるよ。

みっともなくとも構わない。
生きて生きて行きて、生を描け。

それが僕等に残された、最後の権利だ。

逃亡は許されない。
明日を今日を明日を今日をいくつも超えて、
ただ仕方なくただ仕方なく、生を描いて僕等を描け。

たったひとつの世界じゃないか。



2016年08月13日(土) 1980 戰慄

鼓動はあるか、呼吸はあるか
毎日毎秒、生きることが覚束ない

俺は確かに生きていて、死んでなどいないはずなのに
体と心の震えが止まることはない

ただただ精一杯を繰り返し、生きていくをただ繰り返そう

今日も俺は、生きていた
脳細胞に余すこと無く刻みつけ、明日へと逝こう


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加