2005年11月30日(水)  保湿ティッシュは甘かった

いつ頃からかわたしを不安にさせていたのが「ティッシュが甘く感じる」という事実。甘みをすごく感じるときとまったく感じないときがあるので、これは体調に左右されるのではと勝手に憶測し、ティッシュが甘いかどうかを健康のバロメータにして、「ティッシュが甘い日」はデザートを控えたり、睡眠を取るように心がけたりした。

今日も鼻を噛もうとしたら、ティッシュが甘い。これってやはり何かの病気の症状なのだろうか、と以前から漠然と抱いていた不安が膨らみ、「ティッシュが甘い」をgoogleで引いてみたら、50件ヒット。わたしと同じ症状を訴えていた仲間が他にもいた!でも意外と少ない(「ぎっくり背中」は800件ほどヒットした)。先輩方のリサーチによると「保湿系のティッシュは保湿成分のアミノ酸のせいで甘くなっている」とのこと。早速、箱を確かめてみたら「保湿成分(グリセリン・ソルビット)は食品添加物の規格に合致しています」とあった。ソルビットって甘味料として使われているのをよく見る名前。甘みの元は、この成分だったよう。ティッシュの甘みは、わたしの体調ではなくティッシュの値段(保湿ティッシュはちょっと割高)で変動するとわかり、ひと安心。

2003年11月30日(日)  小津安二郎生誕百年
2002年11月30日(土)  大阪のおっちゃんはようしゃべる
2001年11月30日(金)  函館映画祭1 キーワード:ふたたび

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加