2005年11月09日(水)  『ブレーン・ストーミング・ティーン』がテレビドラマに

去年の4月に刊行されて一年半経ち、広告もしていないのに口コミで息長く売れている『ブレーン・ストーミング・ティーン』(いまいまさこ著・文芸社刊)が第5回文芸社ドラマスペシャル(テレビ朝日系列で来春放送予定)の原作本に決定。脚本も書かせてもらえ、いまいまさこ原作、今井雅子脚本が実現。もともと映像化したくて原作を出したわたしにとっては、願ったり叶ったり。

原作は、女子高生が広告業界の戦力としてアイデア出しに参加しながら大切なものに気づいていくという青春広告小説。広告の現場で使われるブレーン・ストーミング(直訳すると「脳みそに嵐を起こす」こと)という発想法をモチーフに、「宝物はあなたの中にある。それを宝の山にするか、宝の持ちぐされにするかはあなた次第」というメッセージを込めた、元気と勇気とやる気が湧く一冊。やりたいことが見つからない人には見つける手がかりを、夢はあるけどつかめない人には追いかけ続ける自信を、夢を見失いかけた人には見つめ直すきっかけを。読者からは「将来に希望が持てた」「仕事に前向きになれた」「なんでもできそうな気がしてきた」といった感想が続々。「幸運を呼ぶ本」のジンクスも生まれましたが、作者本人にも大きな幸運を届けてくれました。

ドラマ化のニュースに合わせて、5か月ぶりにメルマガ『いまいまさこカフェ通信』を発行。出演者や放送日が発表になり次第、追って次号を発行予定。バックナンバー閲覧と読者登録はこちらでどうぞ。

2003年11月09日(日)  小選挙区制いかがなものか
2002年11月09日(土)  大阪弁

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加