2005年10月29日(土)  お茶→シュウマイ→お茶 6時間プレ同窓会

先日のインタビューで「脚本以外で今いちばん関心があることは?」と聞かれて、「同窓会」と即答した。今関わっているどの作品よりも構想期間の長いプロジェクト、それが小中学校合同同窓会。昨年の寺岡佳夏を偲ぶ会で走り出した計画は、一年余りの時間をかけて肉付けされ、勢いをつけ、ついに明日の本番を迎えることになった。

一日早く大阪入りして、今日はプレ同窓会。中学校のソフトボール部と高校の1、2年で一緒になったヨーコ(一年ぶり)が伊丹空港まで迎えてくれ、近況を報告しながら難波へ。待ち合わせ場所のサンマルクカフェに集まったのは、ソフト部で一緒だったオカさん(20年ぶり)、ヨシキョー(『パコダテ人』大阪公開ぶり)、そして、中学校時代はしゃべったことなかったけど同窓会の準備を通して仲良くなったマキ(5月の企画会議ぶり)。おめあてはすぐ近くの一芳亭。昭和8年開業の中華の老舗で、名物は卵の皮でくるんだしゅうまい。「何個でもいける」「肉団子も絶品」と同窓会サイトの掲示板で話題になっているのを東京から指くわえて眺めていたのだけど、ようやく噂の味にありつけることに。

お店が空くのを待って1時半頃入店。どんどん頼み、しゃべりながら平らげ、また頼む。シュウマイ、肉団子、春巻き、鳥の唐揚げ、エビのてんぷら、酢豚……。隣のテーブルの客が四組入れ替わる。店のおばちゃんがわざとらしく醤油瓶を替えにくる。2時間粘って、ひとり1400円。安っ! シュウマイは一人前6個で315円だった。

まだまだしゃべるでーと、なんばパークス2階のAL AVIS(アルアビス)へ。イタリアのバールがお手本というカフェで、お値段は手ごろだけどコーヒーもデザートも本格的でおいしい。東京にも進出してくれないかな。

同級生は自分が忘れていたことを代わりに覚えていてくれる。「ヨーコが集合写真見て、『いややわー、あたしの足むっちゃ太い』って騒いでたら、それ、マイマイの足やってんなー」とヨシキョー。言ったヨーコも言われたわたしも忘れてたけど、「そら、ひどい話や」と大笑い。ティッシュペーパーみたいに、思い出話が一枚一枚引き出されて、またしても2時間経つ。

今日いちばん飛ばしていたのはヨシキョー。佳夏顔負けの弾丸トーク。だけど、同窓会実行委員に入っていない彼女は、さんざんしゃべった挙句に「うわっ、明日の同窓会むっちゃ緊張してきた。あたし、人見知りやねん」と言い出し、「あんたが人見知りやったら、みんな人見知りするわ!」と全員に突っ込まれた。プレ同窓会はばっちり。ちょっと喉が痛い。

back<<< >>>next

2003年10月29日(水)  日米合作映画『Jenifa』完成試写
2002年10月29日(火)  『風の絨毯』ワールドプレミア



My追加