2005年10月18日(火)  体にやさしくておいしい中華『礼華(らいか)』

フリーの脚本家になって、会社員のコピーライター時代よりごちそうになる機会は減った。売れてるセンセイは違うのか、それはさておき、今夜は新宿御苑にある『礼華』というお店でごちそうになる。『トゥーランドット游仙境』や『筑紫樓』で修行したシェフが開いたお店だそう。満席の店内は女性客が中心。内装も盛り付けもシンプルでモダン、女同士のグループで行きたくなるのがわかる。料理はヌーベルシノワというのか、新しさを感じる中華。紹興酒がぐいぐい進んだけど、ワインも合いそう。どの皿も美しくておいしかったので、先日のレストランキノシタに続いて、運ばれた順にご紹介。野菜がふんだんに使われ、薬膳料理っぽい品もあり、全体的に体にやさしいメニュー。かなりのボリュームなのに、驚くほどすんなり胃袋に収納。次回は自腹で参りましょう。

礼華(らいか) 新宿区新宿1-3-12壱丁目参番館1F(新宿御苑徒歩3分) 03-5367-8355


前菜盛り合わせ、生姜のきいたスープ、海老のマヨネーズ炒め。

名物のフカヒレの姿煮、パリパリの皮に包んだオイスターソース炒め、上海蟹で和えた豆腐。

チャーハンと杏仁豆腐。デザートまでぺロリ。

2002年10月18日(金)  「冷凍食品 アイデア料理のテーマパーク」で満腹!

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加