2002年07月21日(日)  関西土産

1泊2日京都〜大阪の旅から帰ってきた。結婚パーティーが目的ということで、懐かしい人たちとの再会がうれしい旅だった。新郎のキャーミルが住んでいた学生寮にわたしがよく遊びに行っていて、そこでダンナとも知り合ったという縁で、ダンナともどもパーティーに招かれたのだが、昨夜は二人そろって学生時代にタイムスリップしたような気分を味わった。何年も忘れていた「事件」や「伝説」が掘り起こされ、あらためて大笑いした。共通の友人に恵まれているのは幸せなことだなとつくづく思った。

昨日のパーティーのはじまる前、京都に住むダンナの親戚の方の家にお邪魔した。約束もなしに「近くまで来たので」と突然訪問したわたしたちを温かく迎えてくれた。少し前に亡くなった身内の方のお骨が帰ってくる日だったそうで、「呼んだのかもしらんなあ。ええ日に来てくれはった」と喜んでくれた。土用の丑の日には、京都ではあんころ餅を食べる風習があるそうで、出していただいた。甘いスタミナ源ということか。

今日は、大阪に住む妹夫婦を訪ね、今月4日に生まれた甥っこと対面。といっても、よく寝る子で、目を開けたのは、ほんの一瞬だった。ダンナの弟夫婦が近くに住んでいるとわかり、呼び出すと、カメラとビデオを持って駆けつけた。熱心に撮影する姿に、「あっちがほんまの親みたい」と、産んだ妹。マイペースに子育てを楽しんでいる様子だった。

大好物の『蓬莱の豚まん』をお土産に買って東京に戻り、ダンナの実家へ。この二日間に会った人たちのことを報告すると、義母は自分が行ったかのように、うれしそうに聞いてくれた。何よりのお土産になった。

2000年07月21日(金)  10年後に掘り出したスケジュール帳より(2010/11/29)

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加