2002年03月17日(日)  『風の絨毯』高山ロケ2日目 イラン式撮影現場

午前中は『茶の湯の森』の茶室で撮影。中に入れないので、建物の前で昨日に引き続き、ゆりちゃんひろちゃんと「見っけ」で盛り上がる。屋外での宝探しも面白い。昼食のとき、中田金太役の三國連太郎さんと永井誠役の榎木孝明さんにご挨拶し、幸運にもお二人にはさまれる形で食事。どちらも知的で気のきいた会話をされる方だった。三國さんは「京都のとある古い寺になぜかイスラム教のマークが刻まれている」など、歴史の神秘を興味深く話されていた。榎木さんは「脚本がすっかり変わってちゃってすいませんね」と気遣ってくださったが、「イラン流に巻き込まれるのを楽しんでいますよ」と答えると、「僕も楽しんでいます」と、くらっとするような笑顔。後で榎木さんの追っかけという女性に遭遇したが、「全国どこでも追いかけています」という気持ちがわかる気がした。

午後は観光客が行き交う『まつりの森』で屋外ロケ。三國さん、榎木さん、永井絹江役の工藤夕貴さんに思いがけず遭遇した観光客たちが、キャーキャー言いながら人垣を作っていた。着物姿の工藤さんには、あちこちから「キレイねえ」のため息。取材のカメラもすごい数。永井さくら役の柳生美結ちゃんとお母さんに再会。お父さんもサングラスで登場。「目立つとアカンし」と言うが、サングラス姿のほうが目立つのだった。撮影したのは金太と絹江のシーン。どちらも設定だけ与えられ、台詞は自分の言葉で喋っている。かなりの長台詞になっていたが、まるまる使うのか、切ってつなげるのか興味がある。

別の作品の取材で知り合ったS君が岐阜から車で来てくれる。メールと電話のやりとりだったので、会うのは初めて。ゆりちゃんひろちゃんと四人で高山ラーメンの店『ききょうや』で夕食の後、まつりの森のドーム(『地中大空間高山祭りミュージアム』という大仰な名前)内での撮影を見学。誠が金太に絨毯のデザイン画を見せるシーン。ひろちゃんとS君は祭屋台に見入る観光客役でエキストラ出演。祭屋台が18台並ぶドームは面積も天井高もあり、かなり広い空間だが、三國さんと榎木さんの演技が始まると、空気が締まる。さすが。

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加