再生するタワゴトver.5
りばいぶ



 止まらない。

くだらないことはあってもいい、
失敗を目一杯できればいい、
けれど、温度のあがらない稽古場みたいな自分の存在のさせ方はないし。
いないことになる時間て。。
何をしたいと思っているのか、そこを見失ったら、伸びるはずのものも伸びるわけも無く。もっとガムシャラでいい筈なのだ。

ただ、ルールだからの40日拘束なのか、
その間に自分を磨ける40日間ととらえるか、
全然ちがう。
それは采配をふるう立場とて同じこと。
人のフリ見て。
安住しないこと。
今、自分に何ができるかを探求し続けること。
きっと、もっと、素敵な瞬間を創り上げることができるはずなのだ。
最近どうも、ベテランが動いて、下が立ち止まっていることが多くある。
輝ける瞬間は、ずうっと続く訳ではない。その事に気付いている人は豊か。
寝食忘れるくらい、ぶつける何か、であって欲しいものだ。

私は、沖縄で8本の芝居行脚である。
楽しいのと、何しろ、暑すぎるので、ある。
聞きしに勝る、沖縄の夏。

2017年07月29日(土)



 中間発表「待つ」戯言。

演出の戯言


鈴江俊郎作「待つ」。
この台本が書かれたのは、22年前。
世間は色んなことにまだ大らかだったのかもしれない。(とはいえ、1995年は色んなことの起きる年ではあるのだけれど)現代的に言うと、大きく「問題ある」(笑―最初の稽古場の空気的にゆうと)人々の織りなす群像劇。

誰かと繋がっていたかったり、
誰かが解ってくれないと怒ったり、
誰かが連れ出してくれないか願ったり、
こんな筈ではなかったと悔やんだり、
些細な出来事を喜んだり、
現状を憂いたり、
他人を羨んだり、

きっとこの作品の登場人物たちは、世界を救うような英雄にはなれないし、
歴史の教科書や、新聞に載るような大それた事件や徳のある行為もできやしない。
でもそれでも、人生の意味なんて事にふと足を止めて、ジクジクと考えてしまうこともある。
どこか、誰かに、自分に似たような、どうにも仕様のない普通の人々。
自分を振り返ればわかる、人は一面だけでは判断できないのだ。
俳優は心の在り方の専門家でなければー

小さい世界から、大局を見つめたっていいのだ。(大きな世界は後期にね)
役を見つめ、自分を見つめる
彼らは何を「待つ」?

本日はお暑い中、ご来場ありがとうございます。
狭いところで恐縮ですが、最後までごゆくっくりご覧ください。


藤井ごう

2017年07月28日(金)



 7月も残すところ。

「アトリエ」本稽古始まる。って、本稽古じゃない稽古なんてないのだけれど。
改めて掘り下げていく楽しさと苦しさと、難しさ。
稽古場はそれで活性化する。
こちらの状況で連続といかないのは申し訳ないけれど、その稽古でない時間が豊になるといいな、と思う。
言葉の、セリフの成り立ちを改めて見つめていくこと。
これはすぐ本番の養成所風物詩も、プロの劇団も同じ。
色んな機会の中で、作家のくくりの中の企画にいることもある、でもそんな時、
その人なりのやり方で俳優を教える、や、戯曲の読解をとおして演技をおしえること
、とまあ、ここまではいい。
演出家がおしえることとの差別化、テキスト重視。
演出家としての私はどうしたら良いのかわからない…
ちゃんと読む人が少ないのも事実かもしれないけれど、テキストはそりゃ重視すべきモノだし、でもこれだと舞台づくりをどう思っているのか…となりゃしないのかなぁと、
演出家はカタを作っている訳ではないよねぇ…
ムズカシイ。
まぁ多忙すぎが原因でさっぱり参加できていないから、まぁ、いいのか。

スターダス・21養成所中間発表

『待つ』

作 鈴江 俊郎
演出 藤井 ごう

7月26日 (水)
15時〜A/19時〜B
7月27日 (木)
15時〜B/19時〜A

於・スターダス・21アトリエ

入場は無料です。

お時間あれば。


2017年07月24日(月)



 ひとつひとつ。

先週分に載せましたが、
←ホントは次の鑑賞運動とゆう誌面に載るのだけれど、このページを見るヒトの処にはお目見えしないので。
鑑賞運動寄稿文、ようやく上がり。
指定を上回る文字数(4000字)になってしまった…
長かった…←いや、文章もだけれど、かかった日数も含めて。。
ホントにひとつひとつやっていくしかないのだな、と思う。
先のことと、今のことと、
有難いことにずっと絡み合いながら進んでいる。
観たい芝居がここの所連続してあるのだが、
6月からの本番、移動続きと、稽古と、諸々で全然行けていない。
先月から夏限定の私WSも始まり、
間も無く『アトリエ』本稽古、
ダスの『待つ』、
末からもひとつ学校も始まる、
先を見据えつつ、
現在をちゃんと。


2017年07月10日(月)



 今、改めて「新劇」を考える

僕は自分たちを継承する世代だと思っている。その作品が書かれた時代や状況に本当の意味で戻って考えることはできないし、今の感性でしか語れないことを理解した上で、だからこそ、現場に足を運び、人の話を聴き、資料もできる限りあたって、俳優さんとその感覚を共有し、国や時代、文化の違う市井の人々の`生活`を描く。
僕らの仕事は「問題の正しい提示」でその「解決」ではないというチェーホフに倣いつつ、 演劇の力―社会的なテーマを極めて人間的な、個人にも切実な問題として描くことができることで、観客は人物や物語と出会うことで「共感し」、劇場に入る前と後で目の前に広がる風景が違って見える―を信じてみる。
そして作品の面白さは演出の発想に従うのではなく、演出の想像力と俳優の存在感との決定的な出会いによって生まれるものだと思っているので、そのベースとなる作品の筆圧の高さみたいなもの、その動力、戯曲の面白さを発掘すること、そこから作品の奥行を見つけていくこと。登場人物たちの「普通の生活」に思いをはせることが、今この瞬間、舞台上を生きる人物を創りあげ、目の前の観客と出会い直すことができる。

演劇は客席と出会うことで初めて成立する。だからこそ、鑑賞運動各地域の客席と出会えることで、作品自体も、俳優も育てられていく。劇団の体力だけではこれだけのステージ数は作れないし、在京の劇団であれば普段届けることのできない、多くの方々と作品が出会う機会を与えてくれる得難いチャンスです。特に現在回らせてもらっている「島」は、今の世情、3・11前後で作品の受け取られ方も大きく変わった。「演劇が時代を映す鏡」であることを実感できるのも、鑑賞会、市民団体があるからだと感じています。

でも、社会的テーマを背負っていようがいまいが、やはり、劇場では「魅力的なこと」が展開していて、その場所が「豊か」だからこそ人が「また来たい」となる。「演劇は面白い!」でないといけない。その為に表現者たちは甘んじたり、安住することなく「進化、深化」し続けなければ、これだけ娯楽が溢れる世間でわざわざ出かけていかなくていいものに吞み込まれてしまう。鑑賞活動は、名作を呼び、そしてそこに会員さんが出かけていく。その時点からもう、演劇は始まっている。創り手の責任は大きいー

今、この最後のところをパリで書いています。
九月にやはり青年劇場さんでやる『アトリエ』の取材で来ています。公称自費です(笑)。一見華やかですが、日本より先の諸問題と対峙している国の緊張感を感じています。 戦後パリを強く魅力的に生きる人々の話ですが、ユダヤの問題を取り扱っている作品。 また果てしなく大きなテーマをもらい、僕としては自分の足でリサーチした上で、生き生きとした登場人物たちが舞台上を埋め尽くす土壌を作るため、何より、自分のため、に来仏しました。
ユダヤ人である父を奪われた作家グランベール氏は取材の最後にこう言いました。
「僕はその時闘うことができなかった。だから、書くことで闘っているのかもしれない」
その思いに向き合い、その母の自伝的戯曲を日本で紡ぐこと。やっぱり責任を感じます。 ヒトラーは指導者の座を盗んだのではない、ポピュリズムによってドイツの国民によって選ばれ、そしてドイツ国民を破滅させたのです。考えることをやめないこと。
改めてまた皆様と出会える機会となるよう、現在鋭意研鑽中です。



2017年07月08日(土)



 今、改めて「新劇」を考える

『島』が青年劇場の初演を迎えたのは 2010年9月、それから7年。中部・北陸・中国・九州ブロックでの公演を含め100ステージを超え、これだけ多くの方々に見てもらえる作品になるとは初演時には思っていませんでした。 まず「島」の演出を僕でどうか?と言われた時は正直「なぜ僕?」と思いました。その前やっていたのは大きなテーマを持ちながらも、会場の激笑と女子高生たちの行動がクローズアップされる畑澤聖悟作『修学旅行』、その僕が認識されたのは地域の演劇大学で演出していた金杉忠男作『胸騒ぎの放課後』(アングラですね)…理由がわからない(笑)。ベテランの演出家さんもいらっしゃいましたし、何より、その時代の空気を実際に生きて感じていた方がいる。そして一歩間違えば、悲惨さと自虐と戦争反対を謡うだけになってしまいそうだという僕の勝手な先入観。「原爆と死」という大きすぎるテーマ。しかも初演は1957年劇団民藝。同じことをすることはできないし、そもそも時代が違う。でも、できないと思われることは振ってこないだろう、とゆう思いも同時に。
そこで引き受けるにあたってお願いしたのは、通常全体で45日の稽古期間を前倒しさせてもらって、事前稽古を行うこと。その間に数度現地取材をさせてもらい、現存する五つの稿(初稿などは全く違うお話)から作家氏の書く衝動と出会い、上演台本をつくり、その中で被爆者の悲惨、差別、戦争の傷跡、貧困などをとりあげながら「でも、だから、どう、生きていくか」に対してとても能動的な物語で、被爆者の学を中心に夫々が如何に生きてゆこうとする物語なのかが見えてきて、作家さんの書かざるを得なかった骨の太さを感じ、それを「今」やることで「何を伝える」ことができるのか、へと興味が変わっていきました。

現場は普段の倍以上の時間をかけることで、目いっぱいの遠回りをして、モノの本質を捉えることにまい進する。取材する中での、不勉強の僕らに対して「外様に何ができる」感はやはり忘れられませんし(あくまでそう感じただけ)。でも同時に、僕らは当事者から直接話を聴くことのできる立場でもあることに気づきました。実際「島」の主人公栗原学のモデルである坪井直さんとお話できたこと、取材させてもらったことは、学が最後に夕陽に向かって叫ぶ「くそっ、生きてみせるぞ!」というセリフの在り方を、ただの都合めいたツクリモノの印象から、ホンモノへと変えてくれましたし、現地への取材も、斜面に折り重なるように立ち並ぶ家々、そしてその近さと狭さを体感した時に、この舞台における人の出入り、その近さ、距離感を「芝居のウソ」とゆうご都合でなく理解でき、生々しく生きる人々が立ち上がってきました。「死について考えること」が「生きることを考えていくこと」と同義になった瞬間を経て、最後は人間味溢れる行為を笑い、泣き、哀しみ、楽しめるものにできるかどうかに行き着きました。

こばやしひろし作『郡上の立百姓』(1964年―今でも継がれる「郡上踊り」を軸にした江戸後期の百姓一揆の話)を演出するにあたっても、やはり今の客席とどのようにアダプトできるのか考えました。ある意味で百姓たちが置かれた状況への「家畜的盲従」から「私たち」という連帯感を手に入れ、そしてその中で「私」がどのように「生きて」いくべきなのか、まで動いていく物語をどう現在に繋げるのか。
また、集団の目的のために、自己犠牲を強いることをヒロイックに描いてはいけないとも思っていました。それでは、世の中を変えるにはある種のヒーローが必要であると言っているのと同じになるし、それでは普遍とは言えない。江戸後期の百姓一揆、想像を逞しくしていくしかない訳ですが、取材を重ね、資料を漁り、改稿された稿々、映画台本々から上演台本を作成する中で、批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのであるとゆう伊丹万作の主張(「映画春秋」創刊号―第二次大戦について)に改めて出会い、稽古場で俳優さんたちと共有することで、魅せる方向は決まりました。
群衆の中の個の存在にフォーカスすること。すべての登場人物が血の通った人間としてあって、初めて人の心に触れ、痕跡を残すことができるようになる作品であること。
あとは劇団の歴史と集団力の物語と重ねるように、キャストスタッフ一丸で対峙していきました(大人が寄ってたかって、この方がいい!と試行錯誤を繰り返し、ブラックさながら寝食削りながら先の世界へ行きつこうとする様は、効率ばかり求められる世の中で逆に貴重)。演劇そのものに生命の息吹が描かれるように。
(まだ続きます)

2017年07月07日(金)



 今、改めて「新劇」を考える

「大それたことに向き合う」 藤井ごう

『すべての歴史劇は悲劇である。自分自身がそのなかで生きている時間ではなく、すでに歴史から埋葬されている時間に立ち向かい、その時間の中から、たとえば〈革命〉を救抜してみようかなどという大それたことを企む』(宮本研)

今、改めて「新劇」を考える。 というテーマで、新劇団に属していない僕が寄稿しても良いものか?とも思いましたが、最近のホームグラウンドが青年劇場さんであること、僕の師は文学座の高瀬久男なのでその垣根自体をあまり感じたこともなかったこと、演劇鑑賞会にも坂手洋二作『普天間』堀田清美作『島』と回らせてもらっていることもあり、これも何かの縁とお引き受けしました。『島』や『郡上の立百姓』など新劇の過去の名作を演出するにあたってどう向き合ったのか、ということになるのだと思いますが、僕自身は自分の仕事を隙間産業と呼んでいて、仕事をいただいている中で新劇に行けば小劇場の人。小劇場に行けば新劇の人と、括りのないのが売り(先日大笹さんに「窓口広く」と評してもらい^_^ましたが)、演劇は出てくる表現に対する在り方が違うだけで根本は同じ、共通言語を探す大変さはあれど大きく違うことはないと思っています。
敢えて言えば『誰かに何かを考えさせる力、に対して自覚的なのが新劇』でしょうが、モノづくりにおいて新劇と他とを区別して創ることはありません。取り上げる作品自体が持っている質によって必然的に変わるものだと思います。確かに新劇の過去の名作はその力の漲り方、普遍性の持ち方が強い。宮本研さんのような大それた企みに、現代人の軟弱な精神と身体でどう対峙できるのか―
(次に続きます)


2017年07月06日(木)



 時間はある、と思えれば、ある。

ワーワーしながら、
大事な間も無く本番の一週間連続の稽古。
たまたま選んだホンは、
俳優同士のおかれた状況に至極似て、
もっと面白いはずだけれど、結果だけで並ばれると何も動かない。
今、そこにあること、
目の前に、あること、
ちゃんと見ること。
きっとそれでいいのだよ、日常的+αから発展しても。
新しき世界に出会うこと。
ただ、待っていてはダメだ。
かっこ悪くとりにいけ。
コントロールできないことを怖れるな。

スターダス・21養成所中間発表

『待つ』

作 鈴江 俊郎
演出 藤井 ごう

7月26日 (水)
15時〜A/19時〜B
7月27日 (木)
15時〜B/19時〜A

於・スターダス・21アトリエ

入場は無料です。

2017年07月04日(火)



 諸々あるけれど。

あまりにもくだらない事態に遭遇した場合、
人は呆れるしかないのだなと思う。
これまで培って来た全ての時間が、泡沫に帰すとゆうか、
怒りにもならない、ところにゆく。
演技の肝は、想定外の事態に遭遇した場合の、対処方法であることは人物を本当の意味で表すためにも必要なことだし、そのこと事態、自明であるべきことだが、
後フォローもなく、保身の為だけにある場合。
怒れてしまえばこんなに楽なことはないのかもしれないが、

事実に遭遇して、
逆に力が抜けてしまう場合。呆れとゆうものになる場合、
それまでの日常化された便利であり、かつ謎であるコトが、
あまりにもくだらなく紐解かれてしまうことで、
そこへの興味が、駄作へと変わる。(そりゃ前想像はいやが応にもするだろうけれど)

こいつと同じかよ…とか、そんなもんかよ…とゆう、どーにもしようのない響きが、木霊するだけで。
否定はしない、でもお里が知れるよな体験がこの先の何を生んでゆくだろうか。
それでも、置かれた現実に抗いたい人物たちがいる。
そんな人の心の機微を現す作品を、人の心のダメさと温かさを現す作品を生徒たちと、ディスカッションしながら創っている。
ディスカッションして、疑って、仮説を立て、思いきり試す。
笑いながら、最低〜とか言いながら。
如何に能動的であれるかどうかが試される。
時間と闘いながら、事情と対峙しながら、
相手役と、交流しながら。
あと三週間!



2017年07月02日(日)
初日 最新 目次 HOME