Kyoto Sanga Sketch Book
DiaryINDEXpastwill


2004年02月21日(土) 鹿児島国分キャンプ〜地方との接点

もう白っぽくなった南国の日差しの中。
まだ大人の背の半分しかない大勢の小さい子供達が、サンガ選手の足元のボールに群がっていた。
意地悪に足で地面に押し付けて止めた球を、よって集って小さな足で突付きまくる。






Jリーグチームのある地域でのサッカー文化の普及、選手育成の状況の変化。
しかし、Jチームのない地域でのサッカーの在り方、育成も年々変わって来ている。
プロを育てる高校の多様化、そしてその高校らの実質的下部組織の存在、地域の小さなクラブ等。
そんな地域と、Jリーグクラブとの接点の1つがキャンプかも。

双方のいい関係が、どちらにとっても益になれば。

京都と鹿児島に関しては親会社関連がすぐ頭に浮かぶけど、
京都サンガが数年前に入れた血、
九州を実質フランチャイズ、鴨池を準ホームとしていたフリューゲルスから培って来た人脈も大きいみたい。
もともと鹿児島は、Jリーグや代表戦もかなり”郷土で育った選手”中心の記事で報道するお国柄。
(例えばプレシーズンマッチのFC東京戦。送ってもらった新聞に大きく載っていたが、田原・中山・藤山の名前しかなかった)
全くのJリーグのクラブ中心の地域から見たら少しカルチャーショックでした。


なんて、難しい事は置いといて。
練習に参加している地元中学生を見れたらいいな、ぐらいに思ってキャンプを覗いてみた。

この日の目撃は楽しいキャンプ地の人との交流(特に子ども達)と、象徴的な幾つかの出来事。




■「と国分のオジサンが言ったと」■


2月中旬ながら20度を超える陽気の中。
今ついてもどうせ練習は終了間際だが、国分競技場に向かった。
「京都から誰を追いかけてきたの。」ハンドルを握ったタクシーの運転手が聞く。
”いえ、誰ということもないんです。帰省ついでというか。”

彼は大きな声で話続けた。
「パープルサンガはやっせん!正月は優勝したのに。J2は油断してなまけた結果」
"いや〜よくご存知で(アハハハハ)。”
「毎日、新聞を10は読んでるからよーく知ってる。そういうのは好かん。」

このあと延々と説教…

「…と国分のオジサンが言っていたと説教してきなさい。絶対一年で戻れって。」
”はい(汗)。”

第三者のサッカーファンは厳しいわ…。
だから国分市”歓迎の会”が今年は一部で”激励の会”と告知されてたのかしらん(笑)

”残ってくれてありがとう。来てくれてありがとう。”
私のそんな気持ちなんて吹っ飛んでしまった訳で。

(でもオジサン、スポーツ新聞って10もあったっけ??)




国分の競技場に到着。練習は最後の10分ぐらいを残していた。もう日差しは高い。
目の前のFW達のシュート練習は、噂に聞く以上に快調。

いろんなチームのキャンプを見ている地元の友人の感想。
他チームに比べ京都は監督やコーチが指示して矯正し、
選手たちがそれを一所懸命聞いている場面が多くみられたらしい。
(監督の指導方針のせいか、まだチームがその段階なのかは不明)


遅れて練習をあがった重い足取りのGK達に、
上のグラウンドで始まると張り紙がしてあった「ふれあいサッカー教室」のことを聞いてみる。
「でも、子供だけみたいですよ」

なら、地元のお父さんお母さんに交じってちょっと見学してみよ。



■地元200人の子ども達と■


地元国分市と隼人町の園児・低学年児童程度のサッカークラブの子たち200人。
幼い子10人対選手5人のミニゲームが一斉に行われている。
(選手達は一応それぞれポジションががぶらないように散らばっていた)

特に小さな子たちは、なぜかボールより選手達に可愛くまとわりつく!
また、それが嬉しくて可愛くてたまらない、と顔をほころばせる選手。

特に冨田君なんて、ボールをもっている時もいない時も大人気。
4人がかりで笑顔のまま後ろから前から抱きつかれ、削られてた(笑)。
スパイクを二人がかりでつかまれ引っ張られ、仕方なく脱いでシャツの中に隠すトミー。
飛んできたハイボールに腹を突き出し、シャツの中のスパイクでボールを弾き返し大きくクリア。
しかしその瞬間、子ども達は嬉しそうに冨田の両足に抱きついていた。


小さな子は大きな人が一定内の距離に入ると、嬉しくて抱きついてくるものとか。
今日の光景。なるほど。


黄や青の小さなユニフォームを着てヒヨコ達。
ポーンと大きくサイドチェンジ。わーっと追いかける。
ぽとっ、と落ちた球。奪った子がスルーパスもどきを。今度はサンガ選手たちが慌てる番。


目の前のチェ・ヨンス達のコートでは、子供達がゴール前の攻防で絡まって転ぶ。
一緒に転んで大きな体で子供達を潰してしまったヨンス兄さん。
一人べそをかいて泣き止まない小さな子供をあやそうと、お尻をポンポンたたく。
元軍人さんのクールなお顔のまま、部下を励ますかのよう(兄さん、笑顔笑顔!)。

隣のコートのFWは黒部。
前線に張っている彼は、なんと元教師志望者にあるまじき行為!
悪戯っぽい表情でコーンを動かしゴールを広げる。
(でも数秒後、それをみた子にゴールは半分に狭められていましたが(笑))
いじけてコーンを頭にかぶり、おどけて座り込む黒部(笑)。その目の先には冨田達。

その隣のコートは田原たち。ここのメンバー全員かなりおとなげない(笑)。
拍手と歓声が聞こえた。選手みんな手を上げて大喜びで万歳!
サンガチームが得点できるたびにこれ。
(忠さんまで〜!まったくどっちが遊んでもらっているか分からないような感じ(笑))。


と、こんな風に5つの小さなコートは小さな子供と”大きな子供”の歓声で、
ギャラリーの私達も十分満足。

ただ最後まで、幸せな(不幸な?)冨田君は試合に参加させてもらえなかった。
あまりのマンマークぶりに、コートの隅で途方に暮れへたり込む。
子供はそのあぐらの中に入り込み、嬉しそうに顔に抱きついて…(トミー、もうその子連れて帰れよ(笑))



ミニゲームが無事終わると、選手全員のサイン入りの色紙2枚をめぐってのじゃんけん大会。
欲しい人!に芝に座った200人全員が「はーーーーい!!」と歓声をあげる。
(どんな選手がいるか、わかっているんだかね(不安)。)
地元の先輩、田原と中山(実は二人ともこの近郊出身)が代表して子供たちとじゃんけん。
照れ笑いの田原に続き、ポーカーフェイスだった中山にも笑みがこぼれた。




■練習生を探して■


グランドから引きあげバスに乗り込む選手たち。
バス待ちではグラウンドからバスの待つ階段にかけて、子供達が大勢つめかけた。

前日に報道された「中学生の練習生の存在」が気になって地元の人に聞いてみた。
「○○君は普通に選手とホテルに帰るよ」
彼は中学三年生の身で本当にプロの「キャンプに参加」しているらしい。
しかもあの好調なシュート練習の中にいたとは。

あー、だったら今のうちサインもらいたかった。残念!
「カクカクした字で三年何組○○としか書いてもらえないよ」と笑われた。

彼はトレセンでは名前はあがっていないものの、「九州では有名」な選手で
「黒部のよう」「どこからでもガンガンシュートを撃つ」FWということ。
中山を見に来たサンガのスカウトの目に止まり、この若さで今回たっての参加となったらしい。
中山と同じ道、某高校に進学予定。

それを羨ましそうにスタンドで見ていた、彼のサッカークラブの後輩達の目もあった。
中学1、2年生の彼らもプロ志望らしい。
”えっレフティ!丁度抜けたところ。今すぐにも来てもらいたいー”
に父兄が”まだ早すぎますよ”と笑った。

(早過ぎって事は、いつか来てくれるって事か。。)


練習見学後、彼らはバンに乗って帰っていった。

今日の練習生が数年後、本当に京都に来るかはわからないけど。
しかしその存在はプロチームのない地元の少年たち、
そして場合によっては選手にも刺激になってくれるかもしれない。

















選手が子供達に淡々とサインをしてバスに続々と乗りこむ。
バスがやっと選手達を集め、ホテルに向かって発とうとしていた。

しかし黒部だけは残り、
大勢の幼い子供達の憧れの渦に巻かれて、いつまでもサインを続けていた。

子ども達はちゃんとわかっていた。
そこで見られたのは京都と同じ光景。




この後、京セラホテルで私は友達とランチ。

友人に「大切な試合を地方開催で準ホームにとられるのは痛い」と話した。
しかしその悩みは協会が全チームに課している以上、多かれ少なかれどのチームにもあるよう。
数少ない試合を取ってしまうのは悪いから、と、
「リーグを1クール増やして、その分全て地方開催に」なんて提案も受けた。
地方ではいつも楽しみに待っているから、と。

今全国の地方で、地域リーグ等のクラブが育っている。
しかしその一方で、プロ選手のプレーを見たい、という欲求も
子供達を始めとするサッカーファンにあるのも当然。
また今年も「クラブサポーター」と「地方のサッカーファン」間の綱引きがあるんだろう。。








その日の夕方。
ただ一人キャンプに参加していない松井は、ブラウン管の中にいた。
関西、長居競技場が彼のプレーに沸いている。


背後から華麗に球を放つ癸隠葦βの踵。
左斜め前に出された球は伸びやかに白く輝きながら、
左サイドのチームメイトの前のスペースに正確に飛び出し、疾走始めた。
数秒後、倒れながらゴールに球を押し込める彼の右足

代表の旗や割れんばかりの歓声が包む中、
五輪の新しいディフェンダー闘利王に父親のようにオデコをぶつけられ祝福されていた。

松井の五輪での活躍も、ここ鹿児島でみるとなぜか懐かしい。
鹿実の珠の1つを京都に返した時の両者の期待に、彼は答えつつある。




幼い子供達、少年達、サンガ選手たち。
練習は見れなかったけど、今日は善き一日。






〜2004年 京都パープルサンガ国分キャンプ(2月16日〜2月28日)〜

2月19日歓迎の夕べ

<テストマッチ>
vs柏レイソル 3-3(1-0/1-0/0-1/1-2)
vsサンフレッチェ広島 3-0(前半0-0)3-1(前半2-1)
vs湘南ベルマーレ 2-3(1-1/0-0/1-2)
vs鹿児島実業高校 9-0(前半3-0)
vs鹿児島城西高校) 5-1(前半2-0)

<プレシーズンマッチ>
vsFC東京2-2(前半0-2)
得点者 田原・黒部

GK 西村
DF 萩村、手島、鈴木悟
MF 冨田、ビジュ、石丸(斉藤)、中払(熱田)、中山(森)
FW チェ・ヨンス(田原)、黒部
SUB 橋田、鈴木和裕、中村

悟・萩村を加えたレギュラー組の新DFラインは基本的に安定(控えはまだまだ)。
チェと黒部の共存の目処がたちつつあるよう。
しかし、松井長期離脱予定のトップ下を始め中盤は流動的かつ不安。


2月28日 キャンプ打ち上げ


2004年02月08日(日) マレーシア戦の”京都サポ的”デジャブ


BBSの方に書いたんですが、長くなったのでこちらに移します。


残り15分。ブラウン管の中は懐かしい風景。

得点できずとも交代されない2トップ。
(が、マークがはずれた遠藤ヤットの一瞬のミドルで取りあえず得点!)
そこに終了間際、チクハグ、グダグダの中盤の前に、
申し訳程度に投入される”新人”FW黒部。ジャンプ力で目立つがパッとしない。

「あれが入ってもなんか得点の匂いがしないんだよね。」
「他にFWいないんだけ?「いない。」と交わされる言葉。
「なんか使い方ないのかな…いい選手らしいけど。」


…というのは何年前の西京極の風景だったっけ(遠い目)。
今日のテレビの中はあの頃と全く同じ。


街から帰還。
本日の日本A代表戦は、黒部・ヤット君(元京都)の個人応援&
縁があって昔愛した国、実はひと夏暮らした事のあるマレーシアの応援。

愛しのマレーシアは個々のチェックは早いもののサッカーに連動性がない。
選手達は東南アジアの中では比較的強靭な肉体に、長い黒髪を靡かせながらも、
チームとしては一杯一杯。前線までビルトアップする余裕が最後までなかった

後半の途中”一遍”に日本代表DFやMFを総入れ替えするジーコに爆笑。
まったくどうなってるんだろ(笑)。
(練習試合の一本目、二本目じゃあるまいし。
常識的に少しずつ入れ替えなきゃやりにくいでしょう…
というか、テストする気は本当にあったんでしょうか。後半の選手達に同情。)


まぁうちの9番のヒーロー君的には
今までの代表戦でも一番見所がなかったかもね。
小さな言い訳はあるし、マスコミや多くのサッカーファンの
目につかない所にいる選手だから、京都サポが守ってあげないといけない、
”とは”思うんだけど。。

あの男は立場的には後順位なんだろうけど、タイプ的はサブとして流れを変える選手ではない。
てかサブは苦手。頭から入れて、新鮮な生きのいいクロスが欲しいんだよなぁ。←一応一つぐらいは言ってみる(笑)



まだ周りがお膳立てする立場に立てないのは確か。
キングカズ達の控え、
いつも数分の出場だった西京極での”あの時”3年半前と同じように。

デジャブ。










明日の五輪戦、黒部に引き続き松井のスタメンも微妙。
ただの親善試合だけど、
彼らを引き止めた京都サポーターにとっては、どこのクラブサポとも違う、
別の意味で悲願の代表戦が続きます。。


※追記※
翌日の五輪戦から松井ははずれるも、
他の選手を見ても、微妙に新しい新人起用のテスト色が強かったような。

代表経験なくして後の朴、手島(Wユース)松井(ツーロン大会)はなかった。
だから私は、代表を経験する事に対しては積極派。
代表で何を得れるかが大きいのですが。。
(よい経験をさせて下さいませ)



2004年02月01日(日) サンガストーブリーグ 禅遒辰胴圓辰深圓燭

■ ゴール裏から ■


天皇杯の試合が終わった。ゴール裏では毎年恒例の儀式が始まる。
12月の冷たい空気に伝わる人々の声。

西京極に響く、最初で最後のコール。
そして今年何度もした覚えのあるコール。
そして何年も聞いてなかったあの選手へのコール。
全て、ゴール裏から選手に向けるお別れの挨拶。






小柄な大槻君(22歳守備的MF)の小さな影がメイン下からピッチに見えた。
ベージュのジャケットを着て、顔を出す。
プロ最後の自分の「西京極でのコール」に答えて、彼だけは小さく手を振った。

※彼のデビューは冨田と同じ試合。
 一年目は彼はサブとして多くの試合をこなしていた。
 しかし、もう復活はなかった(JFL佐川印刷に移籍決定)。


ゴール裏のコールは続いて、佐野コーチ、そして一部有志で石崎社長へと続く。


暇だったので、久々に出待ちの場所にも行ってみようか。



■ スタンドの裏で ■



公園内、メインスタンド側の裏を回ると選手関係者の出口がある。
その向かい側、植木の横のベンチに座った。観客たちの帰り道。人々が通り過ぎた。

若い女の子達を中心に30人ぐらいいたかな?
ほんの少しだけ華やいだ雰囲気。
たくさんの女の子達と少しの男性が、出てくる選手達をチェックして待っていた。

…と、「あ、来た?」「マチ?」「マチだ!」。
場が静かに高揚しだした(笑)。
一人長身の選手が、地味な茶色のブルゾンに灰色のパンツ(?)で現れ、
三々五々待っていた子達が、小さな声をあげて集まって来る。

棒立ちの彼町田(21歳FW)はJリーガーぽいオーラはあんまり…ないような(笑)。
少し緊張した面持ちで女の子達を迎える。
プレゼントを渡され、写真をお願いされ、そしてそれを待つ女の子達。

彼目当てでない子達も集まって来た。
プレートを並べ、時折声がかかり…群がるというにはちと控えめな(笑)。
…撮影会は続く。

それを植木のところで見ていた。彼と年のかわらない女の子が声をかけてくれた。
「町田選手残留の為の署名、よければ…」
もう移籍は決まってしまったけど、それでも応援の意味で、と。

何枚もに渡って大勢の人が名を書き記した紙に、
少しかじかむ手で自分の名前を書いた。
(彼は不幸かもしれない、でも幸せな子だと思った。何十にも束ねられた署名を見て)

 ※柏で期待された若手ながら、解雇されトライアウトを経て京都に。
  今期移籍して来た彼は黒部に次ぐ得点。
 (チェの加入により)出場機会がなくなる等の理由(説明有)で戦力外(川崎に移籍)。



そんな騒動と関係なく、人知れず出てきた松本(19歳DF)は、
同じ年ぐらいの男の子達のグループと柵を挟んで話していた。
いったい何の話をしているのやら…(笑)。
彼の涼しい顔には、もう少しシャープなピアスの方が似合うと思うのだが…
男の子達が言う「お前おっかけられてるし」…えっ?見てるだけだよ。
(ちゃんと頑張って帰って来て下さい。)

※サンガユースが準優勝した時のキャプテン。
 怪我の手島の代役に何度かトライしたが、結果が出なかった(J1のFC東京に期限付き移籍)。





茶髪と明るいブラウン系のジャケットが合う福寿君(19歳FW)も、
美尾君と共に出てきた。

2年前鴨池で、長身の黒いベンチコート坊主頭の9番を探したのは、
まだつい最近の事の気がするけど。
(あの時からすると信じられないぐらい垢抜けてしまって(笑))。

町田君撮影会(?)の横、ほとんど誰にも気付かれずに
二人はおしゃべりしながら去っていった。
人が大勢いると面白い事をしでかす彼がいなくなるのは残念。
でも…トップで彼を見る事がなかったのはもっと残念。

でも、あの”高校生”に紙切れの端に書いてもらったサインは、
これからもサンガのアルバムの中に残る。

※高校三年の夏からプロ2年目までを怪我で棒に振った、
 鹿実の幻のエースストライカー(JFL佐川印刷に移籍決定)。





まだ町田君を囲んでの撮影会は続いている。
1年だけ京都にいた「私の」「皆の」選手を記念に残す為
携帯のカメラを待機させて待つ女の子、
それを囲んで高揚している人達。



天皇杯の西京極は、いつも別れの場。






■ あの日、お別れのコールができなかった選手達 ■


チーム間、そしてサポーターの間でさえ論議を呼んだ有能な二人。
年明けになって、京都を離れることが発表された。
より高いレベルを求めて、若しくはJ1に昇格するパス元への恩義の為、
京都を離れたレギュラー選手二人です。


角田誠(19歳DF)
名古屋に完全移籍。
「生まれ育った京都から移籍するのはギリギリまでとても悩みました
しかし1人のサッカー選手として、J1でやりたい気持ちを抑えることが出来ず、移籍することにしました。」



鈴木慎吾(25歳MF)
レンタル元の新潟に復帰。
「今回は新潟に戻ってサッカーをすることを選びましたが、
いつかまたご縁があってお世話になるかもしれませんので、これからも温かく見守ってください。」



プロの判断。それはそれで尊重。
けど、高校時代から活躍した未来のA代表角田は、皆の愛情の対象だった。
サポーターの反発が激しいのは当たり前。
(でも、その中で移籍を決めたのも、やっぱりカクちゃんらしい)

そんな選手にブーイングを返すのもまたチームサポの礼儀(笑)。
今はそんな小気味良い事をさらっと言える気持ち。
また代表で再会待ってます。
本当に好きな選手なら他チームになっても応援できるし。チームを超えた交流を見て思う




…でも、どこかにも書いてあったけど、
新撰組のあの「誠」の幕を街で見る度に、
なんかこうウワーっという気持ちになるよ。

ふんふん…



ストーブリーグ◆峪弔辰深圓燭繊廚紡海





MF 安藤正裕 →大宮アルティージャへ復帰
MF 鈴木慎吾 →アルビレックス新潟へ復帰
MF 大野敏隆 →柏レイソルへ復帰→名古屋グランパスエイトへ移籍
GK 高島裕政 →未定
MF 大槻紘士 →佐川印刷
FW 町田忠道 →川崎フロンターレへ移籍
FW 福寿伸一 →佐川印刷へ移籍
DF 角田誠 →名古屋グランパスエイトへ移籍
DF 松本昂聡 →FC東京へ期限付き移籍
MF 山本翔平 →アローズ北陸
DF 林裕煥 →Kリーグへ移籍



miyako |MAILHomePage

↑エンピツ投票ボタン
My追加