だから猫が飼いたいのに・・

2007年04月30日(月) 本「少子社会日本 ―もうひとつの格差のゆくえ」

少子社会日本 ―― もうひとつの格差のゆくえ ――
山田 昌弘 2007年4月20日 岩波新書

少子化についてさまざまな議論がされて、厚生労働省も的外れではあるけれど、
一応なんとかしたいんだなあ〜という気持ちは見え隠れ。
でも、ほとんど功を奏さないというか、無駄打ち感であふれている。

この本はどうかな〜とパラパラめくる。
おおっ少子化をめぐるタブーで「魅力格差」が語られている。

「男女が出会えば、交際が始まって結婚すると考えるのは、
人間を動物以下と考えているではないだろうか。略)パンダなどはいくら異性がいても、
相性があってなかなか交尾にいたらない〜」
「よく相手の基準を引き下げろなどとアドバイスされることもあるが、
魅力は「感じる」ものであり「無意識」の領域の問題である。
結婚したいが、魅力を感じない人と結婚するくらいなら独身のほうがましと考える人もいるだろう。」

1)お互いに結婚したいと思う相手に出会うこと
2)子どもを育てるのに十分な経済力があること
本当に当たり前のことが、ズバリ書いている。
確かに今まではほとんど触れられてなかったかもね。

今までのなんとかしようとしていたオジさんたちは「根性論」ぽかったし
女性の支援も全く相手の身になってないものだったしね。

第七章からあとがきまで、根性論を廃止した少子化対策がまた経済的な話などが書かれていてよい。
戦時中から、精神論や根性でまだやってる古い頭の人がいなくなれば少しは解決するんじゃないかといつも思う。
あとオジサンのご都合主義をやめることね。
本当に、低スキルの女性への方策や若者のコミュニケーション力をつける機会とか必要だと思います。

そうした対策を行った結果、少子化に歯止めがかかっている地方や国の例をあげているんだし実現するといいな〜。
まあ私はもう少子化対策には貢献できないですが、すみません。

余談

「旦那が低賃金だから、私もフルタイムで働かないといけない、しかし旦那は家事はあまりしたくないし
小遣いもそれなりにくれないとイヤといってる〜どうしたらいいの?」
ってな相談をさっきメールマガジンで読んだばかりです。
その回答はなるほど、コミュニケーション力にかかってるねえ。
私などでも、そんな旦那ならいらない・・と思ってしまうもの。コミュニケーションする気もおきないかも。

フルタイムで働いて、(ほとんど一人で)家事をやって、(ほとんど一人で)子育てして、
やっと子どもが自立したと思ったら・・旦那が定年で、今度は旦那のお守り・・ぎゃ、怖い。
もしかして、子どもの世話もエンドレスかもしれないし・・もっと怖い。

それでも結婚するとしたら、よっぽど旦那に魅力がないとねえ〜
この人の面倒をみて、子どもを産み育てたい!と強固に思わないととてもとても・・間尺に合いません。
でも、そんな魅力溢れる人って多分、ほとんどが高収入で、奥さんを専業主婦にできるんだと思うな〜。

これからの時代は、学校の成績などではなく、ハッキリとは数値で表しにくい「魅力」の時代でしょうか
毎日、いろんな年齢層の男性を見てるけど、高感度高い、魅力ある男性てほんとう〜に少ないよ。
女性のが少ない職場でも、女性のがずっと魅力あるよ・・清潔感あるし。
あ〜結局私のすっごい偏見の1つである、魅力のある男性が少ない話になってしまいました〜ごめん。



2007年04月23日(月) おめでたい!

ので書いておこう!


最優秀選手−スコットランド・サッカー
年間ベストゴール賞も同時に受賞 
中村の決勝ゴールでセルティック連覇

中村俊輔選手、大活躍です。
あ〜癒される。
彼のFKに、癒されます〜〜



2007年04月22日(日) DVD「東京タワー」と「69」

風邪をひいて、というか体調崩して自宅にこもり、本も読んでしまったし
以前から借りっぱなしだったDVDを視聴しました。
それにしても、なんと対極なセレクトでしょうか?
「東京タワー」ってのはリリーフランキーではないのですよ。
原作、江國香織で岡田准一なんですよ。
岡田准一がいいね。といったらこれも貸してくれました。
公開されたときにどんな内容か知ってたけど、あまりにもベタな内容なので見よう!っと思えませんでしたが、見て、やっぱりな〜と思う。
もうキレイな黒木瞳と岡田准一を見たい人が見ればいい!という感じで。
松本潤や寺島しのぶも出ていましたし、旬なタレントさんがいろいろ出ています。
寺島しのぶの変化、壊れていく様子が良かったです。あと余貴美子さんもかっこよかったかな。
原作ってどうなんだろう・・・と少しだけ気になる。だいぶ変えられてるのかな。やっぱ。

上記が女性の幻想?なら、「69」は男の子の夢想か。
男女の間には、これほどまでに深い溝があるのね〜と思える。
これを順番に見るって、我ながらセンスおかしい。(いや自分で選んでないし)

元気な妻夫木聡と端正な安藤政信が見れて、それはそれでいいかもしれません。
それだけか?それだけだ。

公開時に多少話題になってた気がする。レディジェーンが歩くとバラの花弁で廊下が満たされる場面を覚えてるし。
声だけしてあまり映らない猫がもう少し映ればいいよ。



2007年04月21日(土) 本「容疑者Xの献身」

東野圭吾 文藝春秋 2005年

この人の本を読むのは初めてじゃないかな。
周囲の猛プッシュで読んでみたけど、期待が大きすぎたのか私には普通に感じました。
他の作品はあらすじを読むかぎり、ほとんど読みたい気持ちが起きないのですが
この本に出てくる人物はレギュラーとなって他の作品も出ているみたいで、それは楽しそうです。

推理物って、作者が結末を知っていて書く(当たり前)というのが
どうにもこうにも私には辛いときがある。
それを補って余りある人物の魅力とか物語の楽しさが、その冷めた感覚を打ち消してくれるんだけど
この物語は、あまり打ち消してくれなかったな〜。
ただ教授と数学教師の友情はよかったです。

容疑者Xの献身ぶりはたしかに献身なんだけど
他の物語で、もっといくらでもすばらしい献身ぶりを知ってるだけに
私の献身好きには訴えなかったのもマイナスポイントでしょうか。

ネタ証もそんなに驚かなかったのも、釈然としなかったのももったいない感じです。



2007年04月16日(月) ペーパーを折るのって・・・

さっき、テレビつけてたらH木K子さんが
「トイレットペーパーは三角に折るのがいい」とかなんとか言っていた気がするのですが・・
他のことしながら耳にしていたので、正しくなかったらごめんなさい。

高校時代に、学校の先生も同じことをいっていたのですが、
同級生たちは「あれは掃除済みのマークなのにね〜」とバカにしていましたし、その後、私も別の機会に「掃除済みという印だから、一般の人がやると迷惑」と聞きました。

う〜ん、なんだかな〜〜〜



2007年04月05日(木) 本「僕僕先生」

仁木 英之 新潮社 2006年

PR誌であらすじを読んで中国の仙人に弟子入りするというのが気に入ったのと、装丁イラストが可愛いので読んでみました。
中国の歴史や古代の伝奇物語などはほとんど読んでないし、あまり興味なかったのですが
そんなことは知らなくても、十分楽しめます。

主人公と仙人の問答やその関係の変化が愉快ですし、出てくる人や人ならぬものがまた鮮やかで楽しいです。
多少、耳にしたようなキャラクターが出てくるのは、読んでないといっても
もともとファンタジーなどが好きだから当然なのかもしれません。

ファンタジーであるけれど、現代の身近な問題に通じることが含まれているからこそ、
現代の私たちが読み甲斐もある、そういう側面もあるとおもいます。

主人公の王弁が働かない理由を読むと、「そうだね、それなら仕方ないね」と納得してしまいそうになります。
現代の働きそびれている若者たちも、理由を突き詰めたらそういうことなのでしょうか。
でも、そんな風に思っている人と一緒に働くのはごめんなのですが。
みんなが仙人に弟子入りできないわけですし、困りますね。

安っぽい同情をした王弁にそれを指摘した僕僕、人を道具のように表現した仙人・僕僕に対して、
純粋である王弁が珍しく譲らないで怒りをあらわにするのも、そうです。
彼の怒りはもっともですし、若いし、純粋なんだな〜と私も思う。
でも、私も僕僕の意見に賛成ですね。ま、安っぽい同情は仕方ないのですけど。

時々、ん?と立ち止まって読み返さす部分もあるのですが、概ね読みやすく
娯楽としても楽しめますし、考えさせられる部分もあってよい読書になりました。

あ、でもイラストは可愛いのですが、あのイラストのイメージでだと色っぽいイメージはあまりわかないので
ちょっと不思議だったりしましたw

-----------------------------
それとは別にアエラ18

http://www.aera-net.jp/aera/index.php
4月スランプを助けられた本 再出発の春の読書ガイド
の中に俳優さんなどが本を紹介しているのですが、それぞれにいろいろあるのね〜と思えます。
中でも国生さゆりさんの文が印象的です。
〜自尊心ばかりで、嫌われて、仕事も減った中で、本を読んで考え方が変わった〜という話。
その本は「不夜城」馳星周 角川文庫とのこと。映画は見たことあるけど、まずこの手の本は読みません。
でも、国生さんの文を読んで、読書体験は人ぞれぞれだと改めて、気を引き締めなくては!と思いました。
彼女は本読むのが嫌いで、本を読むのを勧めてくれたのは女優の名取裕子さんとのこと。
名取さんもすばらしいなあ。本嫌いな人に本をすすめて、ここまで本を好きにさせるなんて!
すばらしいです。見習いたいものです。
国生さんは若い頃から活躍をテレビで知ってるのですが、そういえば近年は高感度が高くなっていましたよ。
そんな変化があったんですね!



2007年04月03日(火) 本「陰日向に咲く」

劇団ひとり 幻冬舎 2006年

ダヴィンチ146号だったかな。
すごい勢いで推薦されていて、想定キャストまで出てた。
なんだか気になったので、ようやく読んでみたら、面白いんですよ。

本読みなれているから、だいたい結末は予想つくんだけど
そんなこと抜きにしても、面白かった。
登場人物が本当にリアルで、それが怖いんだけど
短編でありながら、リンクしていて、うまい!と思えるつくり

劇団ひとり、というタレントさんをあまり知らないのだけど
マルチな才能の持ち主なのね。
この人物たちの造詣ってどっから出してくるんだろう。

うまくて、面白くて、ちょっと感動もあって、本当にうまいですねえ。
ただ、私はこの本に出てくる人たちを知らないので、リアルかどうかは本当はわからない。
こんな風に不器用に生きてる人たちの内面がこうだとしたら、ある意味怖い。
全く理解できないからだ。
自分はなんと面白みのない人間なのかと、こういう時にまた思うw
---------------

英会話にいってないので、本が読めた。
この1年、本当に本が読めなかった。辛かった。
私はやっぱり英語よりも日本語。
読書が好きだ!と心から実感する日々でした。

それでも、毎日やることがたまっていて、大変。
今日も忙しかった。
で、ポカもしたりして、ああ落ち込む。
忙しいのは苦手だ。
余裕をもって生きたい。でも、状況が許してくれないのよね。

独身の癖に贅沢よね。
本当にお子さんを育てている方のことを思えば
自分ひとりの面倒をみるくらいどってことないはずなのにね。



2007年04月01日(日) エリザベート<ウィーン版>

ついに見てまいりました。
本物を見た!という気がしました。
今までみたのは・・・?w
というか、アチラのものはアチラのもの、自然だったな〜と思いました。
キャスト、歌、ダンス、舞台装置などなど

以前、酒井順子さんが、日本にはシンプルなものが少ないと書いていて
たとえば、それはTシャツだと・・単なる黒いTシャツやらが欲しくても、何故か日本のものはプリントで絵柄が入っていて、スタイリッシュなものを欲しく思うと、高い高いブランド店でしか買えない時代があった。今はユニクロがあるけど。
たとえば、ポット。象印とかのポットには何故かファンシーな模様やキャラクターがついている。シンプルなものはなかなかなくて困っていた。という。
それは、日本人が外から入ってきたものをそのまんま模倣して売るのではなく、それなりにオマケをつけて売りたいし、可愛いから〜という解釈だったかな。

今回のエリザベートを見ても、そういう感じがした。
日本のエリザはファンシーでコミカルな感じがしたのだ。
甘く、やさしい。宝塚だったら当たり前といえば当たり前だけど、東宝でもやはり変わらない。
日本人は華奢で繊細で大人ぽさは少ないな〜と思えた。


ここからネタバレっぽい。


それはキャストの柄からもいえる。
みんなゴツイ。しかし安心して見れたよ。

それにしても、男性キャストは胸板厚いし、太ももも太いね〜〜
ケンシロウみたいだった・・・w原哲夫のエリザベート・・w
あのトートだから、エリザやルドルフを「おらおら〜」とばかりに振り回せるのね。
闇が広がる〜の場面のあの踊らされてるぶり、残酷な死そのまんまで怖くてよかった。

歌詞とか物語も自然だったね。
エリザがルドルフを失って、トートにつれていて〜と願うときに
「死は逃げ場ではない」と拒絶するのは解せない感じだったのが
ウィーン版では「そんなお前はいらないっ」と冷たいのね。
その方が納得できるね。

ルドルフの願いを拒絶する場面も、何で断ったかが自然だったし理解できたかも。

日本語に乗せて歌うのには限りがあるのだろうし、日本人にわかりやすくするために、いろいろはしょってるんだろうね。
翻訳は哲学的で、理屈っぽくて、深いのですが、私は嫌いではありません。
製作地ならではというものなのでしょうし、文化や歴史の違いはどうしても仕方ないのでしょうねえ。

それにしても、舞台装置も、いかにも外国ミュージカルらしいものですが、壊れかけた馬車やはしけなども効果的で、やはりこちらの舞台のが好みかもしれません。

いやいや、日本版のも、日本版のよさがあるのですが・・
バニラが基本だけど、ストロベリーやラムレーズンも好きです!〜という感じでしょうか。

ああすばらしかった。
少しでも迷っている方は、是非見に行くことをオススメします。
まだ始まったばかりですしね。


 < これまで  目次  これから >


美功 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加