与太郎文庫
DiaryINDEXpastwill


1992年01月01日(水)  西暦元年元旦の曜日

 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19920101
 
 誕生日を忘れる人はいないが、曜日まではどうか──たとえば「十三
日の金曜日」は二十八年に四十八回あらわれるが、その方則は元日の曜
日に支配され、閏年と平年とでは三月以後がことなる。  [表1]
 
 エリザベス・アケリスは「毎月の日数が不規則で、日付と曜日の組み
あわせが変るのは不合理だ」と考えた最後の人である。
 彼女は、一枚あれば永久に使えるというカレンダー《世界暦》をもっ
て国連に出かけ、一九三九年(もしくは一九五〇年一月一日、いずれも
日曜)を期して各国いっせいに採用すれば、世界は平和になると主張し
た。
 その暦法は、日付も曜日もない「無曜日」を六月末に設け、閏年は年
末にも追加する。こうすれば、常に新年は日曜にはじまり誕生日も日と
おなじ曜日をくりかえす。
「無曜日」の概念は、古代暦の余日・没日付加日の流れをくむもので、
閏日の原型でもある。おおむね不吉な日とされたのは、税金が取れない
ためで、取られる方はその日を祝ったにちがいない。類似のアイデアと
して、フランスの哲学者オーギュスト・コントが、十三カ月五十二週の
《実証暦》を、日本でも工藤茂三郎が《北斗中正暦》に家屋敷まで投じ
たが、採用されなかった。
 一九七三年、九十二才の高令でアケリス女史が亡くなると、すべての
改暦案も忘れられた。ジェラール・クレメンスは「暦を規則的にしよう
としてもその試みはすべて失敗する」と断じている。   [注1]
 たしかに暦法のちがう民族・国家間では戦争がたえない。しかし暦の
統一は、固有の文化を放棄することでもある。
 敗北を知らないアメリカの、幻想の理想主義者として、彼女は「わた
したちと同じようにすれば同じように幸福になれるわよ」と叫んでいた
ようにみえる。
 カレンダーの語源は、新月が見えたときの「叫び声」に由来し、いま
も観測の儀式をイスラム暦が継承しているが、世界中の人々が同時に月
の出・日の出を見ることはできない。
 二月三十一日が存在する《イラン暦》は《イスラム暦》《グレゴリオ
暦》と併用され、それぞれが行政・宗教・外交を緊密にささえている。
かつて動乱の一九七六年には《ペルシア帝国暦》まで復活したという。
 イスラム暦の母型で、最古の太陰太陽暦として、終末思想を伝える
《ユダヤ暦》は土地を追われ神殿も政府も失って、世界に流浪する民族
を連帯していた唯一のささえだった。
 いつの日か、彼らは放棄するのだろうか。
 旧約聖書《創世記》によれば、天地創造から六日目にアダムが誕生す
る。この日をユダヤ紀元元年第一月第六日とすれば、翌日は安息日(土
曜)でなければならない。
 はげしい論争ののち、ユリウス暦を逆算して、紀元前三七六一年十月
六日(日曜)が暦元と推定された。日没からはじまるため、現行のグレ
ゴリオ天文暦に換算すると九月六日(日曜)日没から七日(月曜)の月
の出までにあたる。                  [注2]
 
 イスラエル再建後、一九五九年十月二日(金曜)日没を創世紀元五七
二〇年元日と算定したが、外国在住の教徒には、時差や本国のサマータ
イム採用に不満がある。
 神に似せて創られたアダムは、生れた時すでに青年だった。誕生日を
祝日としないのは、禁断の実を食べた罪人だからか。肋骨から分身され
たエバの誕生日は示されず、妻であるとともに双生妹でもある。
 その子孫のうち、大洪水でノア一族だけが神に選ばれて生存し、その
直系がユダヤ民族、すなわち神の選民である。
 つぎの終末を待つうち「神の子」と称する者があらわれた。選ばれな
い民にまで神の国を説くなど、救世主であるはずがない。
 かくてユダヤ教徒に告発されたキリストはローマ総督に処刑されたが、
その誕生日を祝日(クリスマス)として、さらに八日後の「割礼記念日」
を新年に一致させたのは中世ローマのカトリック教会である。
 神に認知される割礼は出生より重要で、その日をキリスト紀元(西暦)
元年一月一日というが、さて何曜日か。         [表2]
 
 われわれが「西暦」と考えている暦にはすくなくとも三種類ある。
 現行のグレゴリオ暦を逆算した《天文暦》からは、季節が推定できる。
 年代学では、一五八二年十月四日以前に《ユリウス逆算暦》を適用す
るが、実在の暦法は四種類に区分できる。        [表3]
 カエサルの断行した《ユリウス暦機佞榔芝に「二月二十三日をくり
かえす」ため平年とおなじ二十九日でおわる。
 四年ごとの閏年を、三年ごとに早まったため、アウグストゥスは「省
閏令」による《ユリウス暦供佞魑元前六年から後七年に施行した。
翌年の《ユリウス暦掘佞任漏瞳遒瞭数が変更され、閏二月二十九日の
《ユリウス暦検佞飽楾圓靴診代は不明で、ローマ史の文献も、これら
の日付差を論じない。
 もうひとつの「西暦」は、内務省地理局編纂の《三正綜覧》にある。
明治改暦直後の初版から百十余年、いまなお利用者が絶えないが、誤植
も多い。
 あまり指摘されないが「西洋太陽暦」の前文「其紀元前三百年至二百
有一年。新暦先於旧暦二日」は、「前三百一年三月一日から前二百一年
二月二十八日まで。旧ユリウス逆算暦は、新グレゴリオ天文暦に四日先
んじる」としなければならない。            [注3]
 くわしい考察は稿をあらためるとして、この誤謬を精算するため、
「ローマ乱年」から《ユリウス暦記供佞虜乱期に乗じて、実在しない
《羅馬暦》が登場し、紆余曲折ののち紀元四年三月一日《ユリウス暦掘
に接続している。要するに《ユリウス暦供佞慮菊だけが一致するので
ある。
 したがってキリスト紀元元年の第一日は、架空の《羅馬暦》と当時の
《ローマ暦》が日曜日、《ユリウス逆算暦検佞賄斃貌、《グレゴリオ
天文暦》は月曜日にあたる。              (19910923)
────────────────────────────────
── 《歴史研究 19920101 新人物往来社》P058-059
 
 《世界暦》は、古代伝承の《無曜モーセ暦》にもっとも近似している。
(アケリスは「十三日の金曜」を配慮しているか?)
 紀元四年三月一日《ユリウス暦検佞蓮↓靴正しい。
 閏二月二十九日《ユリウス暦検佞悗琉楾圓15840229G とみられる。
二月二十四日以後三月以前のカレンデが廃止されるのは15830224G 以後。
 ここでは[表1]〜[注3]を略。
 


与太郎 |MAILHomePage

My追加