与太郎文庫
DiaryINDEXpastwill


1986年03月26日(水)  日本工房の人々 〜 すれちがった人々 〜

 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19860326
 
── 名取洋之助が電柱に貼りつけた求人広告に吸いよせられた三人は、
亀倉雄策・原弘・土門拳だった。
 エッセイ《看板教授》で暗示したのは亀倉と原であり、夜道で出会っ
た画伯は山口長男、それぞれ武蔵野美校の看板だったのだ。
 土門拳にいたっては、奉公先の写真館から夜逃げをして、参加したと
いう。そして壮年期(第一人者となってからも)、トライX(百フィー
ト 14400枚、約四千円)を買うたびに「今月こそは、これ一巻で済むよ
うに」と祈ったという。なにしろ毎月の水道料金が、近所の銭湯なみで、
まさに湯水のごとく使ったのである(写真集《風貌》あとがき)。
 のちに俗人どもが賞賛してやまない豪華写真集《ヒロシマ》は、つぎ
の廉価版《筑豊のこどもたち》とともに、亀倉のレイアウト、原の装禎
である。かくして彼らのボス・名取洋之助も、写真雑誌《NIPPON》
を出すたびに借家が一軒づつ消えたという。
 ナンダ、そういうことだったのか(数冊の本で、くわしい経済的実態
を僕が知ったのは、商売をしくじった後である)。(Let'1997051.未完)
(19970511 亀倉 雄策、没! 19970515 ちょうど「音楽自伝」入力中)
 


 伊奈 信男 写真評論 18980331 松山 東京 19781007 80 /〜《世界写真全集 1956-1959 平凡社》
 木村 伊兵衛  写真 19011212 東京   19740531 72 /〜《秋田シリーズ》“ライカの神様”
 岡田 桑三 映画制作 19030615 横浜 静岡 19830901 80 /俳優=山内 光, Souzou
 原 弘   デザイン 19030622 長野 東京 19860326 82 /武蔵野美大教授/装禎
 小柳 次一 戦争写真 1907‥‥ 福岡 宮崎 19940803 87 /特攻遺族宅で客死
 土門 拳    写真 19091025 山形 東京 19900915 80 /1979脳血栓
 名取 洋之助  編集 19100903 東京   19621123 52 /日本工房・主宰
 亀倉 雄策 デザイン 19150406 新潟 東京 19970511 82 /武蔵野美大教授
♀高峰 秀子   女優 19240327 函館 東京 20101228 86 /歌手/エッセイ/籍=松山/旧姓=平山“デコちゃん”
────────────────────────────────
 山口 長男  抽象画 19021123 京城 東京 19830427 80 /“最後の抽象画家”
────────────────────────────────
 土井 勇  (写真) 19391223 京都   20090522 69 /土井公認会計士事務所

 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19900915
 風貌の人々 〜 土門 拳とその時代 〜
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20050923
 点鬼簿 〜 与太郎の過去帳 〜
 
── 入学案内に載っていた著名なる教授陣のなかで、ただひとりが、
入学式であいさつした他は、上級生の話によれば、年に一度か二度、顔
を見られるのがせいぜいで、とても手をとって教えていただく、など望
むべくもないらしい。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19701220
── 《看板教授 〜 私との対話 〜 19701220 中日新聞》
 
 武蔵野美術学校・沿革 1929-2005
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19950222
 MAU“ムサビ
 
 ◇
 
 反蒋 〜 謀略宣伝要領 〜
「戦場カメラマン小柳 次一 〜 日中・太平洋戦争従軍5千キロの記録 〜 」
── 《ETV特集 2008/10/05 22:00〜23:00 NHK教育》
 
 中国の部落で、騎兵隊の一人が強姦したらしい。戻ってこないので、
隊長が探しにいくと、死体が井戸に投げこまれていた。それで部落ごと
焼き払った(戦友の回想)。
 
 小柳は、徐州作戦から漢口作戦、フィリピンまで従軍した。
 航空機の機内からも、爆撃の様子を撮影した。
 月給八円八十銭の兵士の何から何まで撮っておきたかった(日記)。
 
 戦後は、軍の没収命令に反して、複製原版を手元に残した。
 身元が分りしだい遺族に写真を送りとどけた。
 各地で、手づくりの展覧会を開いた。
 
── 軍国主義の時代の真っ只中に「戦場の現実」と「兵士たちの素顔」
を撮り続けた、知られざるカメラマン・小柳次一。その波乱に満ちた人
生を、残された写真とともにたどる。
 日中戦争から太平洋戦争にかけて5000キロにわたって従軍し、「戦争
の現実」と「兵士の素顔」を記録した日本人カメラマンがいた。
 小柳次一 (1907-1994年)。戦意高揚の写真しか許されない時代に、
なぜこのような場面を撮影するようになったのか。戦後、自らの戦場で
の体験をどう伝えようとしていたのか。カメラマンの石川文洋さんが、
小柳と交際のあった兵士の遺族などを取材し、波乱に満ちた小柳の足跡
をたどる。出演=石川 文洋/森本 健成
http://tv.yahoo.co.jp/program/5782/?date=20081005&stime=2200&ch=de08
 
 ◇
 
 永遠の一瞬! 〜 写真家・木村伊兵衛の奇妙な五差路 〜
 
 「本郷森川町」は1953年4月7日に街角を撮影したモノクロ写真。五差
路に警察官や職人風の男性、赤ん坊を背負ったかっぽう着姿の女性ら12
人が写っている。スナップショットの達人ともいわれ、呼吸をするよう
に写真を撮り続けた伊兵衛。彼が切り取ったこの日常をとらえた1枚の
写真には、希代の写真家の神髄が隠されている。(語り:小林 薫)
── 《美の巨人たち 20051001(土)22:00〜22:30 テレビせとうち》
 
 12人の登場人物が、誰一人視線をあわせていない。しかるに、一人
の子供だけがカメラを見ていた。すなわち、そこに13人目の男が存在
していたはずなのだ。
 
 木村伊兵衛はライカA型に“エルマーの3半”こと Elmaer F3.5。
 中学三年生の与太郎も、同じレンズを常用していた。ただし本体は、
ライカ沓討任呂覆、ニコンの前身ニッカだった。
 
 木村 伊兵衛の戦後の作品数は、13万コマ。
 与太郎は約5万枚。→《麿たちのライカ》参照。
(この項、未完)
 
── 《世界写真全集〈第1巻〉フランス・イタリア 19560101 平凡社》
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000JB3C8M
 
(20081005)(20200513)
 


与太郎 |MAILHomePage

My追加