与太郎文庫
DiaryINDEXpastwill


1984年11月03日(土)  聖俗同穴 〜 官能と諦観 〜

 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/18881103
 Ex libris Web Library;楽譜2164-2, 3026-1〜4
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/B000JB7HVA
── 《名曲解説全集 04 管弦楽曲 中 19590405 音楽之友社》19650415
 |
…… 作曲の経過 一八八八年、四十四歳の時にこの曲を書き姶め、同
年夏にこの曲を完威した。ちょうど同じ頃に同じ場所のネイゴヴィチー
でやはりリムスキー=コルサコフの代表作の一つである「ロシア復活祭」
序曲も書きあげられている。(両曲とも同年十一月三日にペテルブルグ
のロシア交響楽演奏会で作曲者の指揮により初演された)。
 演奏時間 約四十五分(略)解説 第一楽章(略)
 序の初めに、力強く威厳をもって、シャーリアール王の主題が現れる
(楽譜1)。つづいて、レントになって、ヴァイオリンの独奏で、柔和
に表情豊かにシェエラザードの主題が叙唱風に出される(楽譜2)。
 これが終って、曲は主要部に入る。こうしてシェエラザードの物語が
姶まるわけである。(P146)(門馬 直美)
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19680325 《初演年譜》 1888〜
── リムスキー=コルサコフ《交響組曲「シェエラザード」Op.35 18881103 Russia》
 
…… 日フィル京都公演は まだ京都会館がなくて 同志社の栄光館で
したね
岩渕「そうでした 《運命》などをやりました コンサート・マスター
には ブローダス・アール氏がいて 客員として加わりましたので
クヮルテットの時は休みますよ という条件だったのですが 実際には
なにしろ6プルトしかありませんので いくらいいといわれましても休
むと格好がつかない状態でしたね」
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19691112
 日本の弦楽四重奏談 岩淵 竜太郎氏に聴く
 
── 《日フィル京都公演 1957‥‥ 同志社栄光館》
 渡邊 暁雄・指揮/ブローダス・アール 独奏/日本フィルハーモニー交響楽団
《運命》《シェエラザード》他/吉田 肇君と(誤=1955)
 
1899‥‥ 初演 ラヴェル《「シェエラザード」序曲》
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19680327 《初演年譜》 1896〜
 
1904‥‥ 初演 ラヴェル《歌曲集「シェエラザード」》
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19680411 《初演年譜》 1901〜
 
…… 標題にある「トゥオネラ」とは、カレワラに出てくる黄泉の国の
ことで、この死の国と現実の世界との間には、三途の河ともいうべき
トゥオネラ河があり。美しい神聖な白鳥が浮んで、もの悲しい歌をうたっ
ている。カレワラの英雄レミンカイネンは、愛するポホヨラの娘をえる
ために課せられた三つの冒険の一つとして、この白鳥を射んとするが失
敗して命を失ってしまう。しかし彼は母親の愛情によって蘇り、無事故
郷に帰ってゆく(「レミンカイネンの帰郷」の概説参照)のだが、この
「白鳥」は、そうした劇的な物謡のインテルメッツォのように、黒い死
の河に浮ぶ白鳥の姿を、イソグリッシュ・ホルンのもの淋しい旋律によ
って美しく描きだしている。ここにみられる旋律の用法は、のちにシベ
リウスの特徴の一つとなる「継続的旋律」のごく初期の例であり、また
管弦楽法の上では、フルート、クラリネット、トランペットのような明
るい音色の楽器がまったく省かれて、終姶分割された弱音器つぎの弦楽
器が暗い、幻想約で神秘的な雰囲気をかもしだしでいることや、ハーモ
二ックス、トレモロ、コル・レーニョなどの特殊な効果、ティンパニの
短三度の柔らかな和声などが特徴をなしている。四分の九拍子で静かに
揺れ動くようなリズムも、物藷の背景を描きだすうえにきわめて効果的
である。(P349)(角倉 一朗)
 
19310128 Japan(シフェルブラット指揮、新交響楽団)
 
…… 国民楽派とよばれた作曲家は、概して孤高の信念の持主がおおく、
北欧フィンランドのシベリウス(1865〜1957)も巨峰という他はありま
せん。死と現実の、二つの世界をつなぐ黒い河に浮かぶ白鳥の歌《交響
詩:四つの伝説曲〜トゥオネラの白鳥》は、感傷も幻想も超えた次元の
作品です。オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の、冷静であく
ことのない追求もまた、壮挙というべきでしょうか。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19710708
 レコード・サロン 〜 Paper Concert 〜
 
 Sibelius, Jean  18651208 Finland 19570920 91 /〜《Finlandia》
── 《トゥオネラの白鳥 Op.22-3 1896》黄泉の国につづく絶望の響き。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20061129
 無常 〜 酒席奏者と厭世観 〜
 
── サン=サーンス《白鳥“動物の謝肉祭”18860309 France》
── チャイコフスキー《白鳥の湖 18770304 Russia》
── シベリウス《トゥネラの白鳥“カレリア組曲”189311‥ Finland》
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4324938.html(No.4 20080914 04:06)
 白鳥三昧 〜 Swan by cello 〜
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20081112
 薄情の湖 〜 瀕死のハクチョウ 〜
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%C8%A5%A5%A5%AA%A5%CD%A5%E9
 

http://twitter.com/awalibrary
http://twilog.org/awalibrary(ツイログ検索)
http://booklog.jp/users/awalibrary(書籍目録)
 |
http://q.hatena.ne.jp/adlib/(はてなQ&A)
http://d.hatena.ne.jp/adlib+bilda/(準公開)
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=gswyn755
 |
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=19841103
http://www.enpitu.ne.jp/tool/edit.html(与太郎文庫)

 
(20110119)(20170517)
 
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
↓=Non-display><↑=Non-display
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
 


与太郎 |MAILHomePage

My追加