与太郎文庫
DiaryINDEXpastwill


1969年03月13日(木)  一聴一席〇堋坑嫁尺八45年       富井 清 京都市長をたずねて

 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19690313
 
── 各国各地に 市長はたくさんいらっしゃるが 楽器をたしなみ演
奏される方は おそらく富井市長がはじめてではないか と思われます
京都市民にとって まことに貴重な存在である所以ですが
富井市長 尺八をやるということは でも行政面でもそうありたいです
な(笑)
── 尺八をお始めになったのは いつごろどんな動機からですか
市長 私は三重県の出身で 上野中学四年生のときだったから17才です
ね それまでは能管(しのぶえ)とか 当時流行の明笛などをいじって
おったのです それがふと尺八を吹いてみたくなった
── どんな尺八でお始めになりましたか
市長 ゆきあたりばったりに求めたのが 1尺7寸のものでして 尺八
でなく尺七でしたが このとき一緒に求めた《都山流独習書》をたより
に当初はまったくの独学で この道に入ったわけです
── 御上達のほどはいかがでしたか
市長 中学を出る頃には《春雨》など吹けるようになって 金沢医科大
学に進む時に かの地の藤井隆山先生のもとに入門しました
── 都山流はがんらい職格の序列がたいへん厳しいそうですが
市長 初伝・中伝・奥伝・皆伝・師匠という順に昇っていくのですが
私は 師匠試験をとばして次の準師範の検定に合格したのです 大学3
年のときだったから 当時 金沢三曲界では 華やかだったんですよ
(笑)
── 一門に“突如鬼才あらわる”というわけですね(笑) 初代家元
の中尾都山先生には その頃お会いになったのですか
市長 準師範になる2年ばかり前からです そのころ求めた尺八に家元
が《清香》と銘を入れてくださった 以来これが 私の愛用する本命の
尺八となりました(写真)ことし12月には 私の指南歴45周年の記念
演奏会を催す予定です
── 5月にも 市長ご一家が中心となって演奏会をなさるそうですが
ご家庭でもしばしば合奏されますか
市長 よくやりますよ 倅や娘には私がすすめたわけでもないのに い
つの間にか 邦楽に親しんだものとみえます
── 奥様はお琴に堪能でいらっしゃるし 若き日のおふたりは尺八と琴
のとりもつ縁でしたか
市長 皆そう考えるらしいが 全くそうではない ちゃんと仲人を通じ
て結ばれたのですよ もっとも仲人というのが北川先生といって 家内
の琴の師匠でしたから 以前から互いに見識ってはおりました という
のは当時 宮城先生などの新曲が出ても それを手がけて演奏される方
は 京都では北川先生だったし 私も新曲には意欲的でしたから よく
合奏研究で手合わせもしました
── 妙令のお嬢さんが 大ぜい集まっておられたでしょうから 若き日
の市長も いちだんとはりあいがおありだった
市長 それは なかなか よかったですよ(笑)
── 尺八以外のご趣味では どんなことを
市長 遊びごとなら何でもやりました 百人一首・花かるた・将棋・碁
・玉突き それに麻雀など 家内の父が上海でのみやげに“こんな妙な
遊び道具があった”といって麻雀牌と解説本を買って帰ったのです ち
ょうどその頃 京都でチラホラと麻雀屋が開業しはじめており ハテ何
をやる処かとのぞいてみたら われわれが家でやってるのと同じ遊びな
んです
── まさか数十年のちに 世の大学生が これにうつつを抜かすよう
になるとは 予想もされなかったでしょうね(笑)ところで 戦争中は
ピアノやバイオリンをひきますと 非国民などと たいそう叱られたそ
うですが 尺八もその例にもれなかったのですか
市長 こちらは逆によろこばれたのです 私も応召しましたが 一管た
ずさえて行きました 陸軍病院では皆に所望されるし 院長の奥方がお
琴をひくとなれば 私が合奏のお相手に呼ばれる すっかりお気に召し
て 復員の際はいちばん先に帰らせてもらった“芸は身を助く”という
例ですかな(笑)
── 現在 市長は竹琳軒大師範・富井舜山と号されておりますが 都
山流における ご功績の一端をお聞かせくださいませんか
市長 終戦後 私は直接 家元に教えていただくようになり先生は枚方
のお宅から 京阪で京都まで出張していただいたのです 戦争で 都山
流の名簿も散逸して 誰彼の居所も判らない状態だったので これでは
いけないということになり ひとつ全国各地に《尺八懇談会》を開催し
て かつての流人を集めて歩こうという計画になり 家元のお供をして
昭和21年から24年にかけて全国をくまなく巡ったのです それが都山流
を現在の状態に復興した原動力です
── かつて家元は 19才の時に虚無僧の修業行脚をされたそうですが
期せずして市長もその道を往かれたわけですね
市長 なかなかの武者修業でして 貨物列車のデッキに新聞紙を敷いた
満員の闇屋に囲まれて 身動きもならず 汗をぬぐうにも手が自由にな
らない そのままトンネルに入って煙にまかれる といった具合でした
── 組織の再編成も無事成功して次に《都山流尺八楽理の手引》を市
長の手で出版されたのは
市長 昭和26年でした 都山流の教科書としては前に藤井先生のものが
あったのですが 先生も亡くなられており 新しい内容を盛り込む時期
でもあったので 家元から すすめられるまま私が改訂版を出しました
その印税を 金沢にある先生のお墓にお供えしたことでした そして
去年6月 こんどは倅が さらに総合的に尺八と洋楽や琴との関連を
判りやすく大幅に改編したものを出しました 尺八は“喜怒哀楽 森羅
万象を一管の中に蔵す”といわれるが 原始的な楽器であるだけに そ
の探究に尽きるところがありませんね   ( 44・3・13・富井邸にて)
────────────────────────────────
 市長の子息および田中 昌雄社長、同席。
 ながく父の主治医であった竹上医師に、与太郎の結婚媒酌を依頼して
いたところ、直前になって富井市長が日赤病院に入院する事態となって、
竹上内科部長が主治医をつとめる。市長と父は、四歳ちがいの三月二十
八日ともに三重県に生れ。七年のち父の死から六十九日、元市長も逝去。
 京都府医師会・事務局によれば、在籍会員の生没年月日を調べること
は容易でない。どの地域に所属していたかも、検索方法がないらしい。




与太郎 |MAILHomePage

My追加