与太郎文庫
DiaryINDEXpastwill


1947年02月08日(土)  皇室神話 〜 神代と史実の分岐点 〜

 

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19470208
http://www.hatena.ne.jp/adlib/activities
http://twitter.com/awalibrary
 
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000
http://www.enpitu.ne.jp/tool/edit.html
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=19470208

 
 Ex libris Web Library;墨塗り教科書
…… 教科書は昭和20年9月20日の文部次官(大村清一)通牒で,「何分
ノ指示アルマデハ」という指示があり,さらに昭和21年1月25日に初めて,
「国民学校後期使用図書中ノ削除修正箇所」として全文を明らかにした。
当時,「削除」,「一部削除」,「取扱注意」の三つの指示があった。
教科書の一部は次のように指示に従い墨塗りを実施した。
http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/12671/1/jisgakk_5_141.pdf
── 岩 由紀夫《図画工作における「自由教科書」に関する考察 - 大阪教育大学》
 
 神話の教え             丹羽 友三郎
 
 新しい日本の歴史を習って最初に感じたことはどんなことであったか。それには色々あったで
あろうが、恐らく誰でも
 1 天照大神を中心とする「神代」といわれていた時代のことが、神話と歴史とを峻別する立
場から全然かかれていないこと。
 2 本当にあったか否か分らないことは、分らないままに疑問として残すか、全く触れていな
いこと。
 3 単に政治の方面ばかりでなく、更に広い意味の文化全般が取扱われるようになったこと。
 4 一部の特権階級のことに終始することなく、国民大衆のことにも意を用いていること。
などを痛感したであろうと思う。
 歴史を学ぶに当たって、先ず神話をさも真実の出来事であったかのように徹底的にきかされ
てきたものにとっては、今それに全然ふれることなしに、考古学や人類学の援助によって日本の
古い時代の歴史を見て行くと云う方法には、いささか淋しさを感じたかも知れない。しかし、今
迄の「神代」の話は果たして本当であろうか?と納得しなかった者にも、今度習った歴史の方が
如何にも本当らしいと思えるであろう。
 新しい歴史の本が出来てから、それに対する批判の眼が集中されて、色々とその欠点を指摘す
るものがあるが、神ならぬものにどうして完壁が期しえられようか。批判は批判の為の批判、破
壊的な批判に終らずして、建設的なものであるべきである。欠点として指摘された所は改めら
れ、次第々々に正しい本当の歴史は作られて行くのである。批判がなされるのは拙らぬからだと
は思わずに却って幸だ、本当の歴史は僕等が作るのだという意気込みで勉強してほしい。
 今度の歴史で神話について余りふれていないのは、神話と歴史をはっきり区別したからであっ
て、神話そのものの価値がなくなったからではない。しかし、今迄のように神話を全部史実とし
て信じ込んでもいけないし、現今一部の人に抱かれているような神話は作り話で全然拙らぬもの
だというような考え方もいけない。その何れもが両極端に偏った考であるから、有名な神話学者
はその著書の中で「個々の神話は兎も角全体としての「日本神話」になるものは古往今来不幸に
してその正しく位置すべきところに位置せしめられていない」と述べられているが、本当にその
通りである。
 それでは、偏らない正しい神話の見方はどうであろうか。今からそのことについて幾らか参考
になればと思って少し書いて見よう。
 先ず第一に、日本神話とほどんなものかについて考えてみよう。いやしくも、日本神話と名の
つく以上、日本民族の作った神話は総べて日本神話であるが、『古事記』や『日本書紀』等に記
されている所謂古典神話は、皇室の伝承がもととなって出来た、いわば皇室神話が中心となっ
て、他の氏々の神話、国々の神話、又外国の神話等がそれに取入れられて出来た一つのまとまっ
た神話体系である。だから、人民大衆の神話の中には、古典神話に取り入れられないものもあっ
た筈である。
 第二に、神話の生成の過程を考えて見よう。既に歴史で学んだように、縄文式文化、弥生式文
化のころの日本民族は、血縁を以て集る氏族生活を営んでいた。そしてその各々の民族には夫々
独特の伝承があって、之が各民の神話を形成する。更に生活が進展して血縁を中心とし而も地縁
が加味されて、より大きい集団が出来、小部落国家が形成された時には、矢張りその小国家の夫
夫に神話が生れる。更に時代は進展して国家が次第に大きくなり、遂には日本全体が統一される
に至った。その際に中心的役割を演じたのが大和朝廷即ち皇室である。
 かくて、統治者となった大和朝廷は、自らを権威づけ栄光づけて、国家の統一を保持し、更に
強化する為に自らの伝承を中心とし、之に併すに氏々、国々の伝承、更には外国の神話をも包摂
して、天照大神が皇祖であり、その皇祖と国士とは同一神から生まれ出た兄弟であり、代々の天
皇は皇祖の神勅によって国士を統治する機能を有し、その皇統は尊厳にして且つ永遠なものであ
るとの根本思想を以て貫かれた一連の神話体系を形づくった。それが所謂古典神話といわれてい
るものである。
 第三に考えなければならないことは、斯くの如くして括りをもつに至った神話が如何に拡大さ
れて行ったかということである。既述の如く古典神話は皇祖たる天照大神を中心としているが、
大神の出現を説明山来る神話例えば伊弉諾神、伊弉冉神二神の国生みの神話の如き、時代を上に
遡って生み出されたものがある。之を遡及的拡充と云うのに対し、他方では主として国々、氏々
の神話的伝承を通じて拡大された所謂下限的拡充或いは後期的拡充がある。
 かくて、皇室の統治の強化及び範囲の拡大するに伴って、皇室に固有の神話体系を中心とする
ものが恰も民族的若くは国民的信念であるかの如く観じられるに至ったのである。
 このように考えてくると、厳密な意味では、古典神話と日本神話とは、全然同一のものである
とは云われぬ訳である。この点を強調じて一部の人々は「古典神話は皇室が中心となり、それに
仕える一部の特権階級の人々によって全面的に欺作されたものである」と云う。しかし、よく考
えなげればならぬことは、古典神話の中にも、民族的乃至は国民的神話もかなり包含されて居
り、純然たる民族的、国民的な精神的及び物質的生活が窺われるというごとである。
 次に第四として重要なことは,日本神話は世界神話の一環とLて観ずることは肝要であるが、
殊に日本においては今迄何故に神話と歴史とが混同され勝ちであったのであろうかということで
ある。日本の神話は他国のそれに比し、その中心をなした皇室神話が、統治者のもつ伝承とし
て、統治権能の由来を説明することを主眼とし、その拡充もその線に沿って行われた。更に我が
国においては特に祖先崇拝の風が強かったので、祖先の活動の回想意識が自ら強く、叉神が著く
入間的であった為に、神話と歴史とが混肴される可能性が大であり、更には日本人の通弊と云
われる学的軽卒から自分勝手に神話を全面的に史実視したり、或いは事実の無視を敢えて行い、
ここに不当な栄光づげや蔑視がなされるに至ったのである。
 しかし幾多時代の変遷、人々の種々な解釈法には関係なしに、神話はその真実の姿を卓然とし
て現わしている。而してその真相を把握出来るか否かは、一にかかって各人が各人のもつ色眼鏡
を捨てて、無色透明な純な心に立帰って、それに接せんとする努力如何にあると云うことが出来
るであろう。こうしてこそ初めて上代の人々の精神生活、物質生活を追体験することが出来、神
話が上代の人々の文化記録であるということを真に了解し得られるであろう。
 去る八月四日から六日迄の間、志摩郡の答志島和具に行って、緑の島、碧い海、紺背の空の、
文字通り麗しい自然に恵まれた島での生活を満喫して、些さか寿命の延びる想いをしてきたが、
その間終始お世話下さった橋本という一漁師が、こんなことを言われた。「昔、天照大神が天岩
戸にこもられて天地が暗闇になったとき、天佃女命が舞い、手力男命が戸を閲けて大神をお出し
申したと云われているが、まあ今は闇の世の中や、片山さんが手力男命の役を引受けることが出
来るかのう」と。
 正に現在は暗黒の時代である。されど悲観するには及ばない。平和日本、文化日本建設への一
条の光明は既にさし始めている。此の暗黒んお世界を光明の世界にすることが出来るか否かは片山
首相一人の手に托されているのではなくて、実に僕等一人一人に委ねられている。如何なる艱難
に際会しても、決して悲観落胆することなく、天佃女命の如く楽しく、神々の行われたように皆
が協議をすることによって衆智を集め、最善の方法を見出し、手力男命の如くその局面打解に渾
身の力を揮って勇往邁進しなければならないことを痛感するとき、日本神話の無言の教唆は尊く
もあり、また有り難くも思われる。
「新日本の建設は僕等の手で、日本の正しい歴史は僕等の手で」という自覚を以て、充実した日
日を送られるように切願して此の稿を終える。
 この稿は最近購入しだ松村武雄氏著『日本神話の実相』(培風館、昭和二十二年六月十日発
行)を読んで感じた所に、平素からの考えを加えて書いたものである。更に詳しく研究しよう
と思う人は、同蕾を参照されたい。
                   (昭和二二・二・八、六陵 第二号)
 
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000J7VUTO
── 丹羽 友三郎《石筍 〜 随筆集 19810105 明玄書房》P16-24
 
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000JBO26S
── 松村 武雄《日本神話の実相 19470610 培風館》
 
 松村 武雄 日本神話学 18830823 熊本  19690925 86 /〜《神話学原論 1947 恩賜賞》
 
 丹羽 友三郎 東洋史学 19191010 三重 /19450401 結婚(旧姓=加藤)p117
/三重短期大学長 5[197503‥-198102.] 8[198907‥-199307‥]
 
(20131115)
 
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
↓=Non-display><↑=Non-display
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
 


与太郎 |MAILHomePage

My追加