Kyoto Sanga Sketch Book
DiaryINDEXpastwill


2003年08月31日(日) MF熱田眞〜帝王に捧ぐ。ある選手が愛された理由。

追記。
このテキストは、この選手との未来永劫の別れと思って書いたものです。
2005年明けて、彼の電撃的な引退が発表されました。

以下のテキストを書いたその年、移籍先の新潟では、
「出場1分後の警告、すぐ数分後の得点アシスト」と彼らしい記録を残し、
嬉しくも2004年は京都に復帰。トップ下として活躍。
終盤こそ出場機会が減ったものの、彼なりにプレーの熟成期に入った所。
他チームからオファーはなかったはずないと思われるのに。
スッパリと引退。

どこまでも我を行く選手。最後まで帝王熱田。





多くの名文もあり、某スレッドも好きなので何も語る事はないけれど、
誰でも知っている彼の京都での足跡を心の整理の為まとめました。
愛してたよ、帝王。長文注意。



2000年秋。川崎戦、名古屋を放出された望月&平野の京都デビュー戦。
メイン最前列は名古屋サポのOLさん達で西京極では信じられない程華やいでいました。

「しげぇ〜!」
「たかしぃ〜!」

席はジャックされ、サンガサポ達はその大勢の黄色い声に引きっぱなし。
(あの状況では彼女達も必死です)

でも、こうしちゃいられない。サンガの既存選手で対抗できる奴はおらん?
女同士の「男」を立てた戦い。
(紫の選手達をパンフを見ながら1人1人凝視)


カズ? いや、キングをあの2人と並べては失礼。。
野口さん? まぁ、いい人ってか、和み系だしねぇ・・・。
松井君? まだヒヨコ。あと5年はかかるかな・・・。



不吉な13番の背番号がラインに立った。ルックスの問題でない。立場的に彼しかない。

息を吸った。「あつたぁ!」

「しげぇ!」「あつたぁ!!」
「たかしぃ!」「あつたぁ!!」

回りのメインのサンガファン達も熱田の名を叫び出す。
「あつたー!」「あつたー!」
チーム生え抜きの13番が、今声援を受けてピッチ目掛けて走り出した。

女の戦いは、その後もメイン席で続いた。


・・・熱田サポとしてのデビューはこの日。もう、あんな日は来ないかもしれない。












1999年。
国士館の10番として鳴り物入りでサンガに入団。
前年JFL(当時J2がなかった為、日本癸欧離蝓璽亜砲離ールスターで、
学生の身分でMVP獲った選手。

当時の雑誌でのサッカーゲーム的な分析では
「テク・攻撃力・スタミナ・・・」ほぼ全てAクラス評価なのに
「精神力」のみCクラス。
それについて本人の殊勝なコメントが載っていました。。笑えました。

一年目。
14試合1得点。新人として翌年に繋げる結果。

しかし二年目。
彼は加茂監督の構想外でした。つまりトップ下のバックアップ要員。
(国分キャンプでトップ組においては期待の補強松川のサブ、サテ組でも期待の新人松井のサブ・・・露骨。)
そしてサンガは低迷。1stで2勝しかできなかった。


でも、その「2勝」はいずれも熱田の「数少ない出場試合」。
得点への意欲がラストパスに繋がり、零れ球への反応がゴールを生む。
彼が出れば強引にサンガが勝ってしまう。


なのに・・・、
そんな時でも彼は途中で降ろされる。
手袋やペットボトルを投げ捨て、失意の彼は去って行く。

そして次の試合には彼の姿はない。そしてチームは負ける。
(これでは勝利を求めるサポーター達に熱田待望論が出ても仕方がない)

出場機会を与えられず、1人でFKの練習を黙々としている、
練習メニューを独自に組んでやっている、と友達から聞いた。
(彼が腐らないか、とファンは心配した。もう精神力のランクの問題ではない)








しかし、翌年J2開幕前の国分キャンプ。
なんと、攻撃的なトップ下から右サイドに抜擢された熱田がいた。
恐ろしいものを見て、次の瞬間唖然となった。


・・・あ、熱田君が守備をしている。。




そして迎えた開幕戦。
ついにスタメンの右サイドに新8番の姿があった。
FKで智星(韓国)とピオ(ポーランド)を集める。
何やら国家代表&元代表の外人2人に指示を始め(使用言語は不明)、
そして・・・結局自分で蹴る(笑)。

この年は彼の年でもあった。
サンガの得点は熱田の右からのクロスから量産された。

駆け上った熱田に中盤から渡される球、ワンタッチでスピーディ、
それがマシンガンのように、次々と黒部や優作の頭に足に合わせられる。
時には最後尾まで下がって京都のゴールを守る。その度に鳥肌が。
松川とのワンツゥーでの速攻!中に入ってシュートを打つ!零れ球を打つ!

しかし、その影にいわゆる「なんちゃって」クロスも数多。
(本来集中に波があるのに、意識だけは常に前向きですから・・・(笑))
そのギャップにまたファンは湧いた。


競技場に行けば、審判に猛スピードで駆け寄り抗議する彼が見れた。
テレビでは主審にメンチを切るその姿がアップになった。
もはや西京極は彼の世界!アウェイであっても彼の世界!





そう。奴はかっこよかった(遠い目)。
男というのはチームの為でなく、
自分の為に戦う時が一番美しいから。。





だから決して「熱田君ふぁいとぉ〜!は〜と!」なんて横断幕があっても、
一瞥もしないはず。。はずだ。。

「ギャル幕?若い娘が作ったと勘違いして喜びそう。」
「・・・・労力がもったいない気がして来た。」



「帝王!帝王!」とアウェイゴール裏から呼びかけられる声に、
照れて下を向く彼がいた。

そう。「帝王」という名が定着したのもこの頃(懐かしい・・)。


実は、とあるファンに「帝王」は止めさせろ、と泣かれた。
おかげで二派間に挟まる事になりそうでしたが(苦笑)。








当然のようにリーグのアシスト王に君臨。
昇格と優勝を決めた湘南戦、勝ち越しのCKを左右で続けたのも「彼」。

競技場には「臣民は帝王の前にひれふせよ」との幕が張られた。
もう、「京都の帝王」は特別だった。行く所敵なし。





・・・その年の暮れのイベント。ファンに囲まれている彼がいた。
その名の謂れは聞き飽きているよう。
彼の疑問、それは・・・

「で、俺はなんの帝王なんだよ」



そりゃまた哲学的な問いだな・・・











J1に戻り1年と数ヶ月。彼の出場回数は20回を超える程度。
出場”時間”からすると信じられない程のアシスト数。
でも、今年もレギュラーではない。


能力の高い選手が出場できないのは、
本人にとってもファンにとっても不幸な事。
8月下旬。京都の帝王は優作の待つ新潟へのレンタルが決まった。

しばしの別れだよね、帝王。また気が向いたらいつでも帰って来いよ。。

もし帰って来れないなら、
新潟にも帝王の臣民が増えて欲しい。
確か奴は顔に似合わず甘いものが好き。
フテブテしいようで小心者、ちと巻っ切れている奴ですが、よろしくお願いします。。






熱田眞。通称「帝王」

ゲームを支配する天性。
正確なフリーキックと類まれなるパスセンス。
右サイドもこなし、テンポのいいアーリークロスを支給。

(オフィシャルハンドブック)


miyako |MAILHomePage

↑エンピツ投票ボタン
My追加