職業婦人通信
DiaryINDEXpastwill


2006年03月31日(金) 怒涛の結婚準備 【前半戦】

また更新間隔が空きました。

結婚式はなんとか終わったので
これにいたるまでの流れのうち 前半戦を
ダイジェストでまとめてお送りします。

----

前半の流れ

。掲だか8年だかの付き合いを経て(本人たちも長すぎて交際期間が把握できず)
すったもんだの末 結婚することについて双方合意に達する

 
∩佇の両親から快く了解を得る

・・・と、ここまでは順調であったかに見えたが
(いや、まぁ、本人的には色々あったんですけどね)


7詛爾鬚笋襪笋蕕覆い妊皀瓩

 いまどき結納なんてやる人は少ない(東京の話)らしいし
 もちろん私も そんなめんどくさいことはやりたくなかったのだが
 それ以上に うちの親がなぜか結納に拒否反応を示し
 結納は当然やるもんだと思っていたらしい相方の両親との調整で汗だくに。

 結局 ホテルで両家顔合わせ&指輪交換の儀式をする ということで
 なんとか折り合ったものの
 さらに今度は 相方の両親から 結納金を出すとの申し出があり
 これに対してうちの両親が「うちは娘を金と交換する気はない」とか
 わけのわからないことを言い出してまた調整に汗をかく。
 
 さらに相方の両親は
 私が家財一式を持ってくるものだと思っていたらしく
 二人の貯蓄(二人ともほぼ同額の少ない貯蓄があった)をはたいて
 新生活をはじめようと思っていた私は仰天する とともに
 結婚についての考え方に ものすごいバリエーションがあることに
 あらためてショックを受けた。

 正直私はこの頃 両家の調整に疲れ
 ホントに結婚をやめて 事実婚ですまそうかと本気で思った。

 早くも挫折感を味わう。

 
ぅ曠謄襪芭床抜藕腓錣
 
 結納金は なんとかいただかずに穏便におさまり
 やっと顔合わせに持ち込むが
 私はまたも着ていくものに悩み あげく結局振袖を着るハメに。

 成人式のときに着てからはや10年以上が経過した
 ピンクの辻花柄の振袖は
 32歳には悲しいほど似合わず まるでチンドン屋。 

 チンドン屋のまま 両家顔合わせがスタートするも
 うっかり相方(まったくの下戸)が 緊張したのか食前酒に手を出し
 ぐにゃぐにゃの軟体動物と化す。
 (相方は酔っ払うとぐにゃぐにゃになり すぐに寝る)

 軟体動物とチンドン屋を擁したままスタートした顔合わせは
 またもうちの世間知らずな父が緊張のあまり大暴走し
 わけのわからない話をしゃべくりまくって相方の両親を呆れさせ
 まったく会話がかみ合わないまま 時間切れに。

 手元には なぞの赤い軟体動物と ピンクのチンドン屋の写った
 妙に毒々しい記念写真が残されたのであった・・・

----

続く。


千代子 |MAIL
ご感想をどうぞ。





My追加