冒険記録日誌
DiaryINDEXpastwill


2009年01月06日(火) スターストライダー(ルーク・シャープ/社会思想社)

 「スターストライダー」はFFシリーズの27作目のSF作品。昔、途中までやったんだけど、どこでつまったというわけでもないのに頓挫したままだったんです。特に悪い作品ってわけじゃないんだけど最後まで遊ばなかったのは、26巻の「蘇る妖術使い」を最終巻としてFFシリーズは自分の中で終わった感をもっているせいもあるのですが。終盤の作品でも「真夜中の盗賊」は好きだけどねー。

 とりあえず「スターストライダー」の主人公は、宇宙をまたにかけるフリーの特殊工作員みたいな生業をしている人で、今回の依頼は地球という辺境の惑星で大統領を救出することだそうです。
 主人公の能力を決めるためにサイコロを振ります。

技術点  8
体力点 22
運 点 12
恐怖点  8

 体力だけが自慢で、今まで運が良かったからなんとかやってこれたような、小者っぽい主人公ができましたよw
 あと恐怖点というのは、別に限界点を突破するとショック死するわけではなく、恐ろしい目に会ったときに冷静さを保てるかどうかの分岐に運試しの要領で使われます。どっちかというと、度胸点と表現した方が正確かもしれないです。
 とりあえずゲーム開始。序盤だけは記憶が残っていたので、順調に進んで…と思ったら、指名手配の悪党を発見したので逮捕しようとしたら、逆に叩きのめされました。やはり技術点8は痛い。
 運点12にものをいわせて、大ダメージを与えて倒したいところですが、この作品(というより後期のFF作品)は運点が回復するシーンが少ないので、イベント以外での運点の消耗は禁物なのです。そのかわりといってはなんですが、戦闘に負けてもゲームオーバーにならず、負けた展開でのストーリーが続くことがあります。
 というわけで、ボロボロになりながらも大統領捜索活動を続け、コンピュータのハッキングシーンまでたどり着きます。すると、変な数字が出てきました。

54 (12) 9
18 (?)  2

 ?が進入パスワードだそうで数的パズルっぽい。つぅか、ヒントつきとはえらく侵入者に親切だな、オイ。
 ここの謎、昔のプレイの時はわからなかったんだけど、今回は解読成功。すると第2問が。

1 8 27 ??

 あー、今度はわからん。5分ほど悩んで、結局ハッキングをあきらめて次のシーンへ進む。
 それからも塩鉱山への侵入とか、バスにのっていたら襲撃されたりとか(ブラッドサンドより治安悪くないか?)、割と進んだのですが、敵に捕まってどこかの闘技場っぽい場所で剣闘士っぽい相手と戦う羽目になって死亡。
 うーん、やはり戦闘で安定するには技術点10以上は欲しいなぁ。

 でも、この作品は面白い表現が時々あるね。壊れかれた操縦機が治らなかったときに「最後の手段は蹴っ飛ばせ!」。闘技場でウシ型ロボットを戦うときに運試しに失敗し「さらば!勇敢な闘牛士よ」。飲食のメニューは「背骨折りカクテル」とか「銀河風オムレツ」とか変な名前。ちなみにソフトクリームを主人公は知らなかったらしいです。


2009年01月05日(月) こんなパチをやってみたい その2(妄想ネタ)

 ラノベFFの話しばかりしても飽きるのでちょっと気分転換。最近パチンコ行ってないから機種のスペックは古いですが…。元ネタ知ってないと分かりにくいかも。
(その1は2005年06月22日の冒険記録日誌に書いてます)


CRスティーブ・ジャクソンのタイタン!
大当たり確率
低確率:1/479
高確率:1/47.9
確変割合:82%
15R確変(特別ボーナス):60%
7R確変(通常ボーナス):17%
2R確変(突然確変):5%
大当たりラウンド:15R・9C or 7R・9C or 2R・9C
賞球数:3&4&10&12&14
全大当たり終了後24回転の時短

ジャクソン&リビングストンらが描く剣と魔法の世界がスケールアップして帰ってきた!
「CRスティーブ・ジャクソンのソーサリー」に続く待望のゲームブックパチンコ第2弾、ついに投入だ!

[回転する数字とキャラ]
1 ザゴール(火吹山の地下に広がる迷宮の領主)
2 火竜(ザゴールの前に登場する門番)
3 バルサス・ダイヤ(柳谷を侵略すべく邪悪な軍勢を整える黒い塔の主)
4 ルクレチア(バルサス・ダイヤの妻)
5 ザラダン・マー(アランシアを征服するためガレーキープを手に入れた妖術師)
6 ドリーの三姉妹(ザラマン・マーを生み出した?魔女たち)
7 主人公(マランハの術で生み出された怪物)


[悪魔の3人モード]
 通常のゲーム画面。火吹山、柳谷、ドリーの村などのステージ。ここからガレーキープ飛来や3人の悪魔(ザゴール、バルサス、ザラダン)の登場など様々な演出に派生していく。演出発生時に盤面のギミック役モノである「巨大サイコロ」が回転した場合は激アツ。

リーチアクション

探索系リーチ
 探索系リーチは、冒険の様子を元にしたリーチで、スーパーリーチ発展演出を経由して発展する。このリーチ自体の期待度はあまり高くはないのだが、ハズレ後にVS系リーチへ発展する場合がある。
<宝箱リーチ>
 目の前に据えられている大きな宝箱に3本の鍵を差し込むリーチ、全ての鍵が合えば宝箱が開いてボーナスとなる。鍵が合わないと主人公は手で顔を覆いさめざめと泣き出す。VSザゴールリーチへ発展する可能性がある。
<ヒドラリーチ>
 ヒドラを相手に魔法で呼び出したコピーと戦わせる「妖怪うつしバージョン」と、携帯万能棒から網をとばしてヒドラの頭を抑えようとする「携帯万能棒バージョン」とがある。リーチ画面に黄金の毛皮が登場していればプレミア大当たり確定。VSバルサス・ダイヤリーチへ発展する可能性がある。
<ガレーキープリーチ>
 森から飛び出してくる数字を、上空で停止するガレーキープに乗ったオークどもがフック付きロープで引き上げていく。最後の数字を引き上げられたら数字が揃ってボーナスとなる。VSザラダン・マーリーチへ発展する可能性がある。

VS系リーチ
 VS系リーチは、主人公と敵との戦闘リーチである。いずれも探索系リーチより期待度が高い。
<VSザゴールリーチ>
 ザゴールの攻撃に対して主人公が耐え、一組のカードを燃やしたり、ある宝石を取り出すことが出来ればボーナスとなる。
<VSバルサス・ダイヤリーチ>
 主人公とバルサス・ダイアが、変身魔法で壮絶に戦う。負けても、カーテンを引き剥がす演出が登場すれば復活ボーナスとなる。
<VSザラダン・マーリーチ>
 ザラダン・マーの姿を映した鏡をある武器で叩き割ることができればボーナスとなる。
<VSヴォルケゲラ・ダークストームリーチ>
 リーチアクションの中では最も期待度の高いリーチで、VS系のみ存在する。ヴォルケゲラ・ダークストームとは邪悪と混沌に仕える黒魔術師であり3人の悪魔(ザゴール、バルサス、ザラダン)の師匠でもある。師匠に反旗を翻した3人の悪魔と、ヴォルケゲラ・ダークストームが魔法を撃ち合い、ヴォルケゲラ・ダークストームが倒れればボーナスとなる。

全回転リーチ
 発生した時点で特別ボーナスが確定するプレミアリーチ。画面がホワイトアウトしてアランシアであった数々冒険の名場面が流れる。

[モンスター誕生モード]
 モンスター誕生モードとは、ボーナス終了後に突入する高確率状態の演出で、ジャクソン最後のゲームブックとなった「モンスター誕生」をモチーフにしており本機最大の魅力を誇るモードである。基本画面構成は、向かい合う主人公の怪物対敵の戦いになり、回転する図柄はシンプルにサイコロの1から6の目へと変化する。

演出の流れ
1. リーチがかかると勝負が始まり、先制を取った方が画面に表示される。
2. ここで主人公である怪物が映ればボーナスが確定する。敵が映った場合は主人公が攻撃される事になる。
3. 敵の攻撃を回避すれば反撃に転じ、ボーナスが確定する。攻撃を喰らった場合はよろめき演出が発生。
4. 主人公が耐えれば「○○へ進め」と表示され、ハズレリーチ扱いとなる。耐え切れずに倒れてしまうと、画面が暗転し「君は体力点を全て失い倒れた」と表示される。
5. その後、善の魔法使いである“癒し手”がカットインすれば主人公が復活し、ボーナスとなる。そのまま「君の冒険は終わった」と表示された場合は終了となり、サグラフ訓練場モードへ移行する。

プレミアム演出
2. にて主人公が先制した場合、ヤズトロモが援護に現れれば特別ボーナス確定となる。
3. にて攻撃回避時にニコデマスが援護に現れれば特別ボーナス確定となる。
上記の演出が発生した場合は、大当たり中の画面が変化する。

敵の変化
 モンスター誕生モードの継続回数が増えると、登場する敵が変化する。コブリンやオークなど雑魚モンスターとのバトルが4回続いたあとに、ボスとのバトルが1度あり、再び雑魚モンスターとのバトルが4回続くという繰り返しである。なおボスキャラは火竜→ザゴール→ガンジー→バルサス→ダラマス→ザラダン(以下繰り返し)と変化する。つまりザラダン・マーを倒すには31回の連続当たりが必要という事である。なお、ザラダン・マーは15Rで大当たりを出さない限り何度も登場し、15Rで当たりになった後は、怪物だった主人公の呪いがとけるエンディングというスペシャル大当たり画面が流される演出が見られる。


[サグラフ訓練場モード]
 サグラフ訓練場モードは、2Rの大当たり(出玉の得られない大当たり)に当選した場合やモンスター誕生モード終了後に突入する演出である。モンスター誕生モードと同じく敵と戦う画面構成であるが、リーチ演出は一切なく、回転する3つのサイコロがゾロ目になった瞬間、主人公の即死攻撃が決まって相手が倒れボーナスが確定、その後モンスター誕生モードへと復帰できる。なお残り抽選回数は「残体力点」と表示され24から一回転ごとに減っていく。
 2Rの大当たりは、2Rの通常大当たり(突然時短)と2Rの確変大当たり(突然確変)の二種類存在するのだが、どちらに当選した場合も突入演出やモード中の演出は全く同じであるため、画面上では「高確率状態」なのか「時短」なのかは判断出来ない。
 サグラフ訓練場モード中は「デジタル変動の短縮」と「電チューによるスタート入賞のサポート」が受けられる。突入から24回転経過で終了し、通常モードへ移行する。ただし突然確変に当選していた場合は24回転後に復活演出が現れ、モンスター誕生モードへ復帰する事となる。

 
通常モードからの突入
 ノーマルリーチハズレ後、謎かけ盗賊が登場して「運試しカード」を投げれば突入する。


2009年01月04日(日) 実は萌えでもない気がする(一部改定)

 今まで私の日記や他のゲームブックサイトでも「萌えゲームブック」と紹介されてきたボビージャパンから発売のリメイクされたファイティングファンタジーですが、実際に現物をみたところ、萌えの定義がよくわからなくなってしまいました。
 イラストの雰囲気やら、冒頭にある女性主人公の紹介で身体の3サイズが無意味に設定されているあたり、製作者側が原作になかった色気を意識しているのは間違いないですが、全体の仕上がりはセクシー系とまではいかず、いいところライトノベル風、むしろグループSNEあたりで見るTRPGリプレイ本の雰囲気といったほうが近い印象なのですが、「ライトノベル=萌え」なんでしょうかね?
 とりあえずゲームとしての難しさは健在で、遊んでいても萌え〜とか感じている余裕がありません。w

 現在「ハウス・オブ・ヘル」の方からプレイ中でして、真の道をところどころ忘れていた為、まだクリアできてません。クリスナイフを入手するところまではいけるようになったのですが…。
 あと残念ながら、社会思想社版の翻訳による不具合だった秘密の扉の合言葉のヒント(原書ではわかる言葉の謎かけがそのまま日本語になるとわからなくなるらしい)はこちらの版でも改善されていませんでした。それに限界恐怖点8以下でゲームを始めた場合もクリアは不可能っぽい感じです。せめて限界恐怖点はちょっと多めの数値で始められるようルール変更してくれれば良かったのに。
 実際もっと大胆にパラグラフ構造までも変更してでも難易度を下げてほしかったです。能力が高ければある程度力押しで進めることができ、最小能力値でも真の道を通ればちゃんとクリア可能という風に。高難易度というよりクリアへ至る道の自由度の低さが、私がファイティングファンタジーシリーズに対して常々思っていた不満点だったんで、改善するにはいい機会じゃないかと思ったのですよ。変更したらしたでそれを不満に思う人もいるでしょうが、どうせならそこまでしてほしかった。(*)
 などと不満点がないわけではありませんが、なんだかんだで楽しんでます。「ハウス・オブ・ヘル」の主人公が女子高生ということで、舞台は日本か?と思っていたら、留学中のイギリスで起こった出来事だったという設定とか、社会思想社版にもあったエンディングに加えてその後のエピローグが書かれていたりとか、そういったところを見比べるのが面白いです。

 余談ですが山口プリンの考える現在売れているライトノベルとは、ー膺邑はわりと平凡な男の子(感情移入しやすい?)、不思議な性格や特徴をもったヒロインの女の子と出会い彼女に振りまわされながら話しが展開。(昔、コバルトの新人大賞で、男性作者は見知らぬ女の子との出会いというストーリーがとても好きなようですと論評されていたのを思い出す)ヒロインはツンデレ(すんなり仲良くなると話しが続かない。比較的書きやすい?)ぅ瓮ぅ鵐劵蹈ぅ鶲奮阿砲發い蹐鵑淵織ぅ廚僚の子が登場する。(無口系、おっとりお嬢様系、お姉様系、妹系…)ゼ膺邑は気づいてないことが多いが実は沢山の女性に好意をもたれてる。とか、まあそんな感じのところかな。少し偏見入ってるかもしれません。リメイクされたファイティングファンタジーシリーズは、そのへんの定番要素からことごとく外れてます。というか、そこまで変更したらもう原作の原型は残らないとも言えますが。当然ながらそもそもゲームブックという時点で通常のライトノベルとは明らかに違うしね。
 この企画が売れるかどうかはまったく予想がつきませんが、以前に扶桑社から表紙カバー以外は完全そのままの状態で復刊した「火吹山の魔法使い」と「バルサスの要塞」の時よりは期待してます。少なくとも自分にとってはほぼ同じものをまた買うよりも、新鮮な気分で読めるぶん楽しみがあるというものです。

 とりあえず今後この冒険記録日誌では、ボビージャパンから発売されたファイティングファンタジーシリーズは、「ライトノベル版ファイティングファンタジー」もしくは「ラノベ版FF」という表現で統一しようかと思います。

 ところで21世紀の希少なプロゲームブック作家、松友さんのHPを見てきたら、新作のPRイラストがのってました。なんか同人誌の挿絵っぽい。
 創土社もライトノベル調のゲームブックを出すようになるのでしょうか?




* 掲示板の方で指摘を受けましたように「デストラップダンション」では、最初に所持してる魔法薬が2服分あるというルール変更があるので、社会思想社版より若干の難易度の低下にはなるようです。


2009年01月03日(土) 世界そらみみ街歩き(奥谷道草/白夜書房)

 この作品はクロスワードランド2008年9月号に掲載されていた、ミニゲームブック(通称はみだしゲーム)です。
 えっと、遊んだのがだいぶん前なので、多少記憶がぼやけていますが、見知らぬヨーロッパの町に観光にきた主人公が、観光名所の古城まで到着するのが目的という割とわかりやすいゲームです。このシリーズらしく、迷宮上になっていますが、複雑に入り組んでいるとかそんなことはなく、碁盤の目のような道が連なる町並みになっています。ヨーロッパというより京都みたいですな。
 それからここの住民が、違う意味の日本語のように聞こえる言葉(歓迎の挨拶が"マヌッケ!オットトイッ、キーヤガーレ”だそうな)を喋るのですが、これが街めぐりに妙な味わいをつけています。「地獄の一丁目」などと祝福される新郎新婦とか笑えるなぁ。
 でも、この言葉が言葉遊び的なパズル要素に絡んでいるかと思ったのですが、実際遊んでみると単なる先へ進むキー的な役割しかなかったので、そのあたりがちょいと残念だったかな。
 はみだしシリーズで昔あった「はじめての登校日」(私的はみだしNO.1作品)みたいなのを期待して遊んだからそうなったんだけどね。といってもマッピングはサクサクできるし、内容もはみだしの中では好きな方です。どうも私は、○○を沢山集めよう!より○○を目指そう!という回の方が合うみたい。

 それからまったく余談で、以前にミクシィの方でいただいたコメントによって知った情報ですが、このはみだしシリーズが携帯電話のゲームコンテンツとして移植される計画があるとか。
 オートマッピング機能があれば手軽に遊べて良い感じになるでしょうね。さらにイラストも少しつくそうで、そこはフーゴハル画伯の絵ですから、そらみみの街の住民が怪しげな顔になりそうで怖いような。w
 残念ながら私は携帯嫌いなので遊ぶ機会はないでしょうが、売れて家庭用携帯ゲーム機に移植されるという流れに期待します。DSあたりなら頭の体操的なゲームソフトは元々多いし、はみだしゲームはピッタリですよね。


2009年01月02日(金) 梅雨時の怪事件(奥谷道草/白夜書房)

 この作品はクロスワードランド2008年7月号に掲載されていた、ミニゲームブック(通称はみだしゲーム)です。
 まずプロローグで、古びた洋館の中で二人の男が怪しげな会話をしています。
 「黄金製のブツを渡してもらおうか」
 「手はずが狂ってまだ博物館に」
 「何だと、今すぐとってくるのだ!戻ってこなければ預かっている者がどうなっても責任はもてぬ」
 「わかった……」
 こうして主人公は博物館に潜入するわけですが、こんな出だしだとオチが気になって遊ぶ気が俄然と沸きますねぇ。
 ゲーム内容としては、正方形の部屋が5×6ブロックに並んでいる迷路状の博物館を謎のブツを目指して探し回るというものになっています。 
 部屋のいくつかでは暗号や変装などが必要だったりするのですが、それ以外に警備員が部屋の壁によりそって立っているので、彼らと2度以上正面から目を合わすとENDというルールが特徴的です。(たとえば南側の壁に警備員が立っている部屋では北側の出入り口から進入すると目が合ってしまう)
 パズル要素としては、創土社のゲームブックのおまけについてた、剣社通信7号にあるパズル「視線の迷宮」に近いイメージなのですが、実際に遊んでみると、ゲームブック形式では気をつけても警備員に出会い頭に会ってENDになってしまうことが多いうえ、一度警備員の位置をマッピングしてしまうと、迂回すればいいだけの存在になってしまうので、あんまり効果的ではなかったなという気もします。もうちょっと警備員の数を増やしてもよかったかな。
 それでエンディングですが、7月号(実際の発売時期は6月)にふさわしい結末にニヤリとしてしまいました。なるほど、それであのオープニングか。


2009年01月01日(木) 新春七牛神めぐり(奥谷道草/白夜書房)

 みなさま、あけましておめでとーございます!
 今年もまったりペースで更新していきますので、よろしくお願いいたします。いや、もう少しくらいは更新回数を増やしたいとは思っているのですけど。

 さてさて、新年最初のゲームブックは、久しぶりにはみだしゲームを取り上げます。
 はみ出しゲームとは、パズル月刊誌(去年から隔月間になった)クロスワードランドのページ欄外のスペースを使用して、奥谷道草ことフーゴハル氏が連載している、ミニゲームブックのことです。21世紀にゲームブックの連載が楽しめるなんて、実は凄いことですよねぇ。
 そして最新の2月号に載っているのは「新春七牛神めぐり」です。丑年の新春にふさわしく、七牛神が祭られている神社に初詣をするというお話です。
 ゲームの目的は入り組んだ境内を歩き回って、七体ある七牛神の社の全てを巡ること。
 ようはチェックポイントを通過する迷路ゲームなわけです。さらに境内は初詣客で混雑津して人の流れが激しいため何箇所は一方通行になっているという仕掛けや、他の箇所でなんらかのヒントを得ていないと入れない社などがあるため、少々ややこしくなっています。
 実際に遊んでみたところ謎解きそのものは複雑ではないので、丁寧にマッピングをしながら遊んでいけば確実に七牛神の全てを拝むことができると思います。
 ただし、ある社を参拝すると人の流れに押されて強制的に出口まで向かってしまいゲーム終了になる仕掛けがあるため、最初の挑戦でクリアは難しいかもしれません。
 それから、七牛神の社とは別に神社の本殿があるのですが、これが意味がありそうで結局ゲームクリアとは無関係だったような。ここの神主の祝詞が思わせぶりで暗号にでもなっているような気もしたのですが、実際のところはどうなんでしょ?
 さらに財福や学問をつかさどる社は参拝客が多いのに、長寿をつかさどる社が閑散としているのは今の世相なんでしょうか?
 などなど気になるところはあったけれども、とりあえず2度目の挑戦で無事に社の全てを参拝した私は、幸運が猛牛のごとく突進してくる年になるそうです。いや、めでたい!




山口プリン |HomePage

My追加