.第6話:『Teenage Walk』 

高3の冬休みは、店の手伝いと受験勉強であっという間に過ぎていった。
試験日まで、あとわずか。

ある朝、TVをつけたら、異様な光景が広がっていた。
見るも無残に壊れた建物、あちこちで吹き上がる火柱。
同じ日本なのに、都市は見事に破壊されていた。

1995年1月17日。
阪神・淡路大震災発生。
テレビで映し出される悪夢のような別世界の舞台が神戸の街だと知った時、
すぐに藤崎の顔が浮かんだ。
高校卒業後に藤崎が暮らす街。
藤崎が、夢への一歩を踏み出す街。

「・・・藤崎、テレビ見た?」
教室であたしが恐る恐る声をかけると、藤崎は「ああ」、と一言だけ答えた。
学校、どうなるの?
おじさんは無事なの?
それ以上の事をさすがに聞けなかった。
こんなに暗い表情の藤崎を初めてみた気がした。

時間がたてばたつほど、地震のすごさを物語るニュースが次々と飛び込んでくる。
真っ二つに折れた高速道路。
根元から折られたように倒れるビル。
そして、延々と告げられる、たくさんの亡くなった人たちの名前。
同じ日本のとある街でこんな大惨事が起こるなんて。

数日たって、おじさんの店は壊れてしまったものの、
叔父さんの家族は無事だということがわかり、
やっと藤崎の顔に笑顔が戻ってきたのだった。


そんなことがあってもあたし自身に受験という現実は迫ってくるわけで。
しかも受験が終わってから3日後には卒業試験が始まり、
その最終日に志望校の合格発表というスケジュールのせいか、
ちっとも気が抜けない日々が続く。

仲良し6人組の中で、進路が決定していないのは、あたし一人だけとなっていた。
梢は写真学科のある芸大に。
楓は富田と同じ、地元の大学の国文科へ。
瞳子さんは東京の外語大に籍を置いて、入学式が終わり次第留学先のロンドンへ。
美和子は地元の短大で栄養学を学ぶ。
絵里はコンピューターの専門学校に進み、さらにバイトをしつつヴォイトレの学校に通うそうだ。
みんながそれぞれの夢や目標への第一歩を、もうすぐ踏み出す。
それは、卒業後のあたしたちが、全員ばらばらの道を歩き出すことを意味していた。

試験前夜。
「麻衣ー、藤崎君から電話よー」
試験勉強を早めに切り上げ、さすがに今日は早く寝なきゃ、と思っていた矢先の藤崎からの電話。
近くまできているので外に出てこれないか?それだけを告げる藤崎。

家からちょっと離れた、店の駐車場で待っていると、一台のバイクが入ってきた。
「よぉ、悪いな急に呼び出して」・・・藤崎だった。
「藤崎バイクの免許持ってたんだ・・・」うちの学校はバイク通学禁止だ。免許をとることは許されているけど、
藤崎からそういう話を聴いたことなかったのでなんだか意外な気がした。
「ああ、バイトしてた目的のひとつがこれだからな」そういいながら彼は、ポケットの中から何かを取り出す。
「明日、受験だろ?これは俺からの餞別。結構神戸じゃ有名な学問の神様祀った神社のやつだし、なにより俺がこれ持って受かったからな。ご利益2倍って感じだろ?
・・・言っとくけど、貸すんだぞ?谷村にあげるんじゃないからな」
そういって笑う藤崎に思わず苦笑いするあたし。
「じゃあ、お借りいたしますわ。試験終わったら返すね」
「返すのは今度あったときでいいぞ、・・・じゃあ俺、行くから」
そう言って、バイクに乗って去っていく彼の後姿を、見えなくなるまで見送った。

そして、いよいよ試験本番。
開始直前、制服の内ポケットに入れた藤崎のお守りにそっと触れる。
藤崎、力を貸してね。そう心でつぶやきながら。

PM6:00。
無事試験を終えてあたしが家に帰ってくると、リビングで瞳子さんと本並先生が待っていた。
何事だ・・・?といぶかしむあたしに、深刻な顔をした瞳子さんが、こう告げた。
「藤崎から何か聞いてない?最後に彼に会ったのはいつ?」
「昨日の夜、9時前だったけど・・・それがどうかしたの?」

次の瞬間、本並先生が告げた言葉に、あたしは愕然とした。

「藤崎が、昨日の夜から行方不明なんだ。」

           (『Teenage Walk』へ続く)


2003年07月12日(土)


≪back title list next≫

menu

最新の日記
メール

enpitu menu

My追加

My追加
enpitu skin:[e;skn]

Copyright (C) shi-na, All rights reserved.