思案中。2

2002年06月30日(日)
まだちょっと迷っている。

うーん。どうしよかな。

明日から7月らしいので、明日にしようか。

うん、そうしよう。



ラママで木曜日にやった金やんリスペクトイベントの話。
行った人の話を聴くだけで相当羨ましい。
このイベントは、昨年のバインをサポートした金戸さん属する
JOHN BRIEFとAS BROTHERSとFTK&K (田中和将、亀井亨、藤井謙二、金戸サトル)が出演する
ラママの20周年記念というものであった。

そしてそれのゲストがGRAPEVINEだった、と。

リストに名前のない西西コンビもご登場というわけで。
ライブ行ってたバインファンにとっては嬉しい誤算なわけで。
行ってない私にとっては、悔しい思いが湧くわけで…
母さん、僕は元気が出ないです。(北の国から)

さらに、バインメンバーが「素」でエライことなってたらしく
行った人の楽しそうな悲鳴を想像するだけで…
ああもうダメ。
ワタシココロガセマイノ。
羨ましさが悔しさになり憎悪に変わるわ。
だから、いつもレポを楽しみにしている人がいるんだけど
その人のレポはまだ読んでいないのだ。
きっとその良いレポは、私をより一層苦しめるから。

ココロノヒロイニンゲンニナリタイ。




思案中。

2002年06月29日(土)
この日記を続けていくにあたって
今、ひとつ悩んでいることがあります。

たいしたことではないのだけれど。

ちょっと自分の中での整理整頓をしなくてはならない
時期に達したようです。

本当にたいしたことではないのですがね。





世界は愛に満ちているのかい?

2002年06月28日(金)
アンニョンハセヨ。
少し昨日の続き。
チョナン(草君)の握手会に行った我が友人は
本人を目の前にしてボロ泣きしてしまったらしい。
いろいろ話したかったことが全部飛んでしまって
泣き出してしまった、と。
そうしたら草君「応援してね」とニッコリ笑ったという。

さっすが「いいひと」草剛。
おかげで友人はいつもよりウットリしながら
学食のTVで「いいとも」を見ていた。

泣き出しちゃうなんて、可愛くて良いなぁと思った。
私だったら泣けないと思う。
実際、リーダー生で見たときもそうだったし。
「泣きそう!」とか思ってるんだけど涙は出ない。
可愛い女になりたいぜ。
いや、なりたいわ☆ …うげ。


はてさて。
テレビドラマは最終回ラッシュ。
「真珠夫人」も「夢のカリフォルニア」も本日終了。
真珠夫人…いつもはお昼の後の授業が空きだから
金曜日だけは学食で見てたんだけど…
今日、急に打合せが入って見られなかったの!
くやしぃ〜。
HP覗いたら、幸せな結末を迎えたようだったのだが。
面白かったなぁ真珠夫人。
学食でも見入ってる人いっぱい居たもん。
「ザ・昼ドラ」って感じで。東海テレビ万歳!!
再放送求む。

「夢のカリフォルニア」も明るい終わり方だった。
あのドラマは初回が一番暗かった。
びっくりしたもん。あまりの暗さに。
最近、とかく柴咲コウが評価されてるけど
このドラマでは国仲涼子のほうが良かったなー。
「ちょっと美人な学級委員長(でも軽く偽善者)タイプ」
というキャラクターがガッチリはまってた。
キレっぷりが最高だったよ。
あと岸辺一徳。いいかんじ。
主役3人の言葉が結構刺さるのが多くて。
「今まではずっとオール3だったけど、これからはオール2ってかんじかな。最悪じゃないけど最悪じゃないだけっていう」
もうこれ。
この言葉を初回で聴いた時はどうしようかと思った。
こんなにダイレクトに刺さった台詞は今までなかったな。
今も思う。
最悪じゃないけど、最悪じゃないだけ。

でも、世界は愛に満ちているんだよな?
それを、この目で確認したいんだよな?
私も、きっとそうだよ。
そして、この耳で聴かなきゃ、この手で触れなきゃ。


世界は愛に満ちているだろう?





握手会。

2002年06月27日(木)
SMAPファンの友達がいて
彼女は今日、チョナン・カン(草剛)の握手会に行った。

その握手会が始まるのは夜なのに
彼女は友人と深夜に新宿に集合して時間を潰し、
早朝6時に整理券をもらったのだと言う。

さっすが、天下のSMAPである。

まず私には夜の握手会に行くのに
前日の夜中から動き始めるという発想すらない。
朝には整理券が配布し終わるなんてね…すごい。
そりゃ新宿の酔っ払いのオッサンもびっくりするよ。
朝から若い女の子がいっぱいいたらさ。

でも彼女、嬉しそうだった。
草くんと握手できるんだもんなぁ。
緊張もするよなぁ。


以前『田中牛乳』の発売時にGRAPEVINEもサイン会を
やっていたっけ。
私はまだ上京してなかったから行ってないけど。
今あったら絶対行くよなぁ。
それでリーダーにあったら直接言ってやりたい。
「帽子、やめて下さい!」って。。
私、しつこい??




朝から暗め。

2002年06月26日(水)
書きたいことがあって、書いていたのだけど
まとまらなくなってしまって、結局寝てしまっていた。
そんなわけで、現在27日の朝。

GRAPEVINEを、少し知っている友達がいて
彼女いわくGRAPEVINEは
「昔は好きだったけど最近の曲は全部同じに聴こえる」
のだそうだ。

もちろん音楽の趣味なんて人それぞれなので
彼女に憤慨する気持ちは毛頭ない。

私だって興味のない曲(hitomiとかGLAYとか)は
全部同じように聴こえる。
だって、興味のない音楽は聴く回数が少ないし
知っている楽曲の数だって全然違う。
そのアーティストの変化だとか成長の跡だとかは
よほど顕著でない限り、ちゃんと聴いてないと気付かない。

と、まぁイロイロ言っといてアレだけど
なんか、ただ悲しくなったのだよ私は。
「そんなこと言うなよ」って。
あなたが気付いていないだけで、彼らはその間にも
たくさんのことを経験してきて
それはとても楽曲にも反映していて
私なんかにとっては、すごく変わってきたように見えるわけ。
最近の楽曲が全部同じだなんて
そんな悲しいことを言ってくれないでくれ。
私は、そう嘆きたい気持ちになったのだ。


やっぱりさー自分の好きなものに対して
面と向かって否定的なこと言われたらイヤでしょう。
給食で自分がすごくおいしいと思っていたものを
周りの人みんなが「これまずいー」とか言ってる時って
すっごい衝撃だもの。
…ん?それとはちょっと違うか。。

だめね、朝に書いたりすると。




やったね。

2002年06月25日(火)
GRAPEVINE「ナツノヒカリ」オリコン初登場16位〜〜!!

さっき「ワンダフル」で見た。

いつも20〜18位ぐらいなのだが、今回16位。
張り切ってプロモーションした甲斐もあった…のか。

ランキングとか売上げが気になってしまって
本当は「数字なんて関係ないぜ!」とか言いたいんだけど
言えないんだ、これが。
どうしても気になってしまう。

売れてないわけでもないけれど
一般の人への認知度がイマイチであるという
今のバインの性質。
それが、そういう数字への興味をかきたてるのかな。
「どのへん?どのへん?」ていう。
まぁ、今回はこれでいいかなと思う。

良い曲だから売れて欲しいんだ。
多くの人が私と同じ音楽を聴いているとわかったら
とても嬉しいんだ。



今日もなんとなく昨日の気分を引きずっている。

すっきりしない。
昨日の夜もなかなか眠れなかった。
なんなんだよ、これは。
ばかじゃないの?
心の中で繰り返す。
大して苦しくもないくせに。
ばかじゃないの?
切なげぶってんじゃねぇよ。
ばーか。


あ〜ライブ行きたい。
ちくしょう。




脱線。(羨望)

2002年06月24日(月)
うーん。なんだろう。

 率直な意見を述べるのって、そんなに偉いことなの?
 まるっきり素直な意見は、いつでも素晴らしいものなの?

と言ったのは木曜日の私だが。
実のところ、結構素晴らしいとか思っているフシもある。
他人の文章批判しておいて、後からこんなこと言うのは
反則だと思うけれど。
私はきっと羨ましいのだ、そういうことのできる人が。

素直な人が羨ましい。

私は「素直」という言葉を理解した時から
自分がその言葉には当てはまらないだろうと感じていた。

いつだってひねくれて
いつだって本当のところを隠して
いつだってそうやって暮らしているのだ私は。

そしてそれが少しばかり居心地の良い
私の周りの壁になってくれている。

普段はそれでいいのだけれど
たまに、その壁が疎ましくてたまらなくなる時がある。
素直な言葉や態度を取れる人が
羨ましくて、自分が悲しく思えてしまう時がある。

今日はそんな日だった。

何があったわけではない。

ただ、何もなかっただけだ。



でも、私はこの日記で嘘は書かない。

ここは、嘘をつかないでいられる場所。
良い意味でも悪い意味でも、そういう環境なのだ。
ここは。




プロモーション期間、継続中。

2002年06月23日(日)
今日もバインさんのお仕事ぶり拝見。

まずはJ-WAVE。
ラジオなので片手間に聴いてた。
出演は田中亀井の2人。
…かと思いきや「このあと西原さんと電話を繋ぎます」と。
西原様、電話でのご出演でございます。
しかも眠たそうな声。
「アンタ何様?」状態。
電話が途中で切れたりして。
かなり笑わせてもらったよ。
亀ちゃんがリーダーに「後で練習で会いましょう」って。
後でメンバー集合するんだったら、ラジオにも来いよ!!

お次はBS2。
NHKってキレイに撮るから好き。
「Mステ」や「うたばん」みたいな凝ったセットがない代わりに
照明やカメラワークが良いんだよなぁ。
今回もそれは生きていて。
アウトロ部分でカメラが田中さんの後ろにまわって
リーダーに寄って亀ちゃんに行って西川さんに振返った時は
思わず「動きすぎだろ〜」と言ってしまったけど
なかなか画期的であったよ。
しかもフルコーラス!これだけで大拍手モノ。
トークも弾んでたしね。

これであとは「ポップジャム」ぐらいか。
ご苦労様です。




プロモーション期間。

2002年06月22日(土)
今日のバインさんはテレビ東京。
ジャパンカウントダウン。
でも新聞のテレビ欄には桑田圭祐さんの名前のみ。
こりゃとうしたもんかと心配してしまった。

どうやら番組が今週から少し変わったらしかった。
いつものゲストトークに加えて
話題曲についてのコーナーを設けたという感じ。
それによってどんな影響が出るかと言うと
「ゲストトークの放送時間が短くなる」
バインの放送時間およそ2分。
短っっ!!
いちおうメンバー全員のコメントは盛込んであって
そのへんの配慮は買いましょう。
でもまぁ…せちがらいのぅ。

昨日のMステのビデオを見返してみて思ったんだけど
田中氏の髪型は誰がスタイリングしてくれちゃったの?
いつもの倍ぐらいキレイに見えたんだけれど。
PVの田中氏と比べると、まるで別人だよ?
白シャツも着た甲斐あるよ、あのスタイリングなら。
もうトークの内容には触れないぞ。

テレビで、リーダーがベースを弾く姿を見て。
まぁ実際に弾いてるわけじゃないんだけど。
弾いている格好を見て。
またも涙ぐむ私。
どんだけ弱いんだか。


夕方、何もすることがないので
久しぶりにクロッキー帳を引っ張り出してきて、絵を描いた。
鉛筆で、まぁ軽くデッサンみたいなものを。
人の顔を描くのは苦手なんだけど
本日のモデルはGRAPEVINEさん。
宣材写真を見本にして。カリカリと。
西川さんとリーダーを描いたとこで力尽きてしまった。
久しぶりだと集中力も続かないものである。
リーダーのほうは結構うまくいったんだけど。
出来はね、自分が満足すりゃいいのさ。

明日はJ-WAVE「TOKIO HOT100」と
BS2の「BEAT MOTION」か。
今回は随分がんばるねぇ。
もしかしてヤル気あるとか? うはは。




発言には気をつけよう。

2002年06月21日(金)
悲しくなってきたぞ、かなり。

私は、バインが今日の「ミュージックステーション」に
出演するのを、すごく楽しみにしていたのだ。
全国放送だし。
タモさんだし。
学校の友達にも「見てね」って宣伝したりしたのに。
それなのに…
何?あのトークはっ!
特に田中和将!
白ワイシャツなんか着て、爽やか気取ったくせに!

トーク内容を少し説明。
GRAPEVINEはツアーの打ち上げにおいて
全裸で胴上げをしたりするのですよ、という話。
そもそもツアーなんて、去年のことで。
「無事、全国ツアーを終えられて…」
とかいう出だしから既におかしいんだけどね。
なんかわかんないけどさ〜
タモさんと田中亀井が、全裸について語るわけよ。
全国放送なのに。
生放送なのに。
アクチンて…(漢字を使って表現するのは控えます)
↑バインとスタッフが開発した
裸での新しいコミュニケーションの形だそうだが。

さっき友達からメール来て
「これからバインを見たらアクチンて言葉が浮かぶと思う」
とか言われて。

ばーか、ばーか。
バインのばーか。

リーダーが会話にのってこなかったのは救いか。
奴が参戦したら、もっと危険なことに…
今日は帽子もかぶってなかったし。
よしとしよう。






私信。
あれは、君のことではありません。
気を揉ませてしまってごめんなさい。
それと、たぶん似てないと思う。
だれにも似ていないほうが、きっと君らしいと私は思うから。




脱線。(雨の夜に)

2002年06月20日(木)
梅雨。
もうだいぶ梅雨。
雨降ってばっか。
髪が広がるから雨降り嫌い。
でも部屋の中から雨降ってるのを見るのは好き。
雨の匂いも好きだ。



あんまり書きたくない…
っていうか書くべきかどうか迷ったけど、少しだけ。

率直な意見を述べるのって、そんなに偉いことなの?
まるっきり素直な意見は、いつでも素晴らしいものなの?
私はそうは思わない。
どんな時だって、その意見を受ける人や
その中で言及する事柄についてへの配慮は必要だと思う。
確かに「配慮」なんてしてられないほど
腹の立つことだってあるけどさ。
特にこのネットの上というのは
言葉ひとつも、いろんな受け取られ方をする。
その人に悪意の意識があるかどうかわからないけど
私は、とても嫌な気持ちがした。
自分の好きなものの世界を汚して欲しくないなら
汚す人たちへの非難であっても
汚い言葉を使うべきではないでしょ。
そのことへの怒りや嘆きに酷い表現を使っては、
言ってる方も同類だよ。
今までは興味深い文章を書く人だと思っていただけに
悲しくなった。

いろんな人に意見を提示しているという自覚があるならば
余計、ある程度その責任のようなものを自覚すべきだと思う。
それはすべての人に言えることで
私もまだあまり出来ていないことだから
他人にイロイロ言える立場ではないけれど。
その「責任」についての話も、ある人の文章を読んで
改めて思ったこと。

今夜は、人の言葉にいろいろ考えさせられた。







あー。
いつもの感じが出したい。。
今日のバインさん、スペシャのUCDにご出演。
二言だけ言わせて。
リーダーは帽子をかぶらないでくれ!
西川さんはもうちょっと喋ろう!!
ね。





買っちゃったし。

2002年06月19日(水)
『ナツノヒカリ』
『GRAPEVINE NAKED FILM LIVE 2001』
の2枚ご購入。
ごめんよ、ママラグ。
変わりに来月のライブチケ買ったことで許してくれ。

レコード屋に行ったら、
もう無性にバイン両方買わずにいられなくて。
DVDに手を。
あ〜認めてなかったのに。このビデオ。
なにが「Whitewoodツアーライブ映像コンプリート版」だか。
全然コンプリートじゃないじゃないか。
前の『NAKED SONGS』の限定版に入れてた映像も含めて
すべての曲を収録した方が良いんじゃないの?
それがコンプリートってもんでしょ?
私は、それを望んでたんですけど。
「パブロフ〜」も「B.D.S.」もなしに、あのツアーは語れない。
結局どちらの映像ソフトも
中途半端な収録曲内容になっている気がしてならない。
ライブ映像としての出来が素晴らしいだけに、勿体ないよ。

さぁ〜て。
『ナツノヒカリ』
例の中ジャケ写真。予想通りの反響ぶり。
私も初めて間近で見てクラクラきたね。
おっさん笑顔満開。半裸で。
アホだ。
もうこれ以上ファンを泣かせないでくれ…
でも見ちゃうんだよね。
ああー鎖骨がー。鎖骨がー。

今は、『ナツノヒカリ』収録の2曲をヘビロテ中。
明日からもイヤと言うほど聴けるなんて。
あーやっぱり幸せ。
どんなにアホなおっさん達だって、構いやしない。
こんなかっこいい音楽作ってるおっさん達は、
他に居ないんだから。






買ってないし。

2002年06月18日(火)
「ナツノヒカリ」諸々。
雨が降ってたもんで、自転車に乗れなかったのね。
私は自転車に乗って行けるアノ店で買いたいから。
フライングしないで、大人しく明日買うさ。
DVDは、どうしよっかな。
ちょっと周りの反応を見てからでも良いかなと思う。


「興味皆無」とは言っておきつつも
なんやかんやで見てたワールドカップ・サッカー。
今日も帰ってきてから見てた。
残り時間ちょびっとだったけど。
負けちゃったのは残念だよね、やはり。
選手と、サポーターの表情が印象的だったな。

日本は負けてしまったけれど
もうひとつの開催国・韓国は今日も勝利。
さっき韓国の映像見たけど、すっごかったな。
明日また実習あるんだけど
韓国人留学生のK君(サッカー狂)は学校に来るのか?
最近めっきり姿を見せないしな…
来ないほうに10000ウォン!




ちょこっと著作権。

2002年06月17日(月)
学校はさて置いて、
のうのうと夕方東京に戻ってきた。

タワレコに寄って、また、ついつい
ホフディランのアルバムを試聴してしまう。
だってカッコイイんだもんさー。
お金ないからレンタルとかしようかしら。

レンタルってミュージシャンには利益になるのかしら。
もちろんセールスよりは得しないと思うけれど。

この前「ワンダフル」で音楽の著作権についてやってて。
TV番組のBGMなんかで使用した曲は
すべてリストにして、どこぞに提出しているのだそう。
しかも人間が口ずさんだだけでもリストに入れるらしい。
かなーり細かい。

バインの「HEAD」という曲は意外とBGMに使われている。
私がTVを見ていて気が付いたのは
「発掘あるある大辞典」と「笑う犬の発見」にて。
「笑う犬」では「ケイン君」というコントのOPに使用。
ぼけーっとしながら見ていたのに
急に知ってる曲が流れ出すと、びっくりしてしまう。

つまり、この両番組では使用曲リストに
“GRAPEVINE・「HEAD」”
と記入され、相当の著作料が支払われた、と。
おお〜…すげ。
意外なところからもお金を頂くのね、ミュージシャンって。
着メロとかってのも、曲だけなのに、
作詞者と作曲者両方に著作権が発生するというし。
なんだか、よくわからないシステムだと感じる。

こんなこと考えてるファンってオカシイかな…


明日はCD買いに行くぞ。
そして、たっぷり聴き倒すんだ。




ぱぴー。

2002年06月16日(日)
父の日。

とは言え特に何もせず。
ってか、もう末娘のワタクシが帰ってきただけで
オールオーケイでしょう的な空気を醸しだすことに成功。

両親の趣味に付き合って出掛けて、帰りに温泉に寄った。
久々の温泉。
たぷたぷ。
ぶくぶく。
気持ち良かった。
マイナスイオン万歳!



昨日から暇さえあれば寝ている感じなので
結構たくさん夢を見ているのだが。
今朝見た夢がちょっとすごくて、
起きてからもずっとドキドキしてしまっていた。

いや、そんなすごくはないんだけれど。
私がなにかチームで行動していて
そのうち、離れてた場所にいる誰かがトラブった。
私と、そのトラブった人物が電話でやりとりをした。

「○○ちゃん?(←私の本名)あのさー俺さー…」
「んも〜!なにやってんの、リーダー!」

ここで私の言う「リーダー」とは実質的な役割ではなく
その人物の通称。
つまりはGRAPEVINEのベーシスト・西原誠であった。
リーダーと電話で話す夢を見たのだ。
起きてからドキドキしてしまったりして、自分が情けない。
どうして私が怒ってたのか、詳しいことは何も覚えてないが
その声の響いてくる感じだけが鮮明で。
なんとも、まあ。
せっかく夢なら、もっと良いシチュエーションが良かった。
電話じゃなく。
トラブル処理じゃなく。

日々、満たされないのが、常。




散髪。

2002年06月15日(土)
帰ってきたよ〜実家に。
とりあえずは、母親に髪を切ってもらった。
私の母親は美容師なので。

いつも、雑誌とか持っていって(今回は『Cutie』を)
「こんな感じでヨロシク!」と注文はするものの
結局、毎回同じ髪型になってる。確実に。
母親もオバチャンだからな…
かと言って、東京で新規開拓する気力と勇気もなく。

今日は、ぴあに電話して来月クアトロであるライブのチケ予約。
出演はママレイドラグ他。
「他」の皆さんごめんよ。まだ記憶してない。
でも、来月、ママラグのライブに行けることになって嬉しい。
きゃーきゃー。
やっぱりライブがカッコイイのさ。
思い出しただけで…ほわ。
ほわわ(壊)



ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ。

2002年06月14日(金)
↑エレカシの歌のタイトルだ〜。なつかし。

今日も青い人たちが大暴れ。
道頓堀とか渋谷の様子は酷かったよな。
飛び込みまくり。騒ぎまくり。
人に迷惑かけたらイカン。
お巡りさんが可哀想じゃないか。
まぁ、ああいうことで盛上がれるのは、ある種羨ましいけど。


今日は、カナが家に来た。
あのねー彼女と会った後って、ヒトコイシクなるのね。
カナの彼氏と私は、同じ沿線に住んでて。
カナは私の家から彼氏の家へと帰っていくわけよ。
もちろん私の家に泊まることもあるけど。
今日はその、お決まりコース。
私の家→彼氏の家

なんかすごく、そのことが羨ましくて。
彼氏がいるとかいないとか、ではなくて。

彼の仕事が終わるのを待ってる。
電話が掛かってくるのを待ってる。
彼は彼で、カナが帰りを待っていてくれる。

その「待っている」ということが、良いなぁって、思って。

私は、誰のことも待ってないし。
誰かが私を待っているということもない。
そういう「約束」みたいなものが、欲しいと思う時がある。
カナを見ていると、そういう感情を想い出す。


J-WAVEでのGRAPEVINEのラジオが一夜だけ復活。
今、録音してたのを聴いているのだが。
ああ〜もう西原ぁーー!!
お前、なんだよ。
ちくしょう!会いたいぞ!
また早くライブに行きたいよ。
もう……ばーか。ばーか。

明日から数日、実家に帰らせて頂きます。

こんな気持ちなのに、求めるのが家族愛ってのもな。。
ないよりは良いけど、ちょっとさらに虚しい。
ちくしょう。




不覚っ。

2002年06月13日(木)
うーん。
今日、学校自主休講してしまった。
朝起きたら寝過ごしてて。そのまま。
堕ちてゆく…
友達から遊ぼうって言われて、明日も午後自主休講決定。
明日はサッカー観戦のために「授業出ない」
という人が結構いるみたい。
学食のTVには人が群がるのかなぁ。
大変な騒ぎにならなきゃいいけどねぇ。
ま、私は帰っちゃうけどさ。

GRAPEVINEのFCから会報が届いた。
「時ぃ事ぃ放談」という、4人がライターさんから与えられた
話題について適当に喋るというコーナーがあるのだが。
その中で、W杯について田中さんが
「サポーターの集団心理がありえへん!」
と言っていた。
集団心理というのはつまり、「私、応援してます!」みたいな。
わかりやすい例で言うと、今の藤原紀香みたいな。
ああいう人ら。
私も、ああいうのは本当有り得ないと思う。
すごくサッカーが好きな人は良いんだけど
たいして好きでもないくせに、というか知らんくせに
盛上がってるから乗っとくみたいなんは、絶対にダメ。
もう絶対カッコ悪いから。

と、田中さんに大共感していたのだが。
夜、兄が帰宅して私の部屋にやってきた。
私がこの間、ハンズで買ったリストバンドを見て言うのだ。
「あれ、これアンブロじゃん。サッカーファンか?お前は」
ええ?? あんぶろ?
このロゴ「UMBRO」のことかい?
そんな読み方すら意識せず、
デザインが気に入ったから購入したもの。
聞けばサッカー用品を売っているブランドらしい。
まじすか。
ぜんっぜん知らんかった。なにそれ。
「それじゃあ、私コレ付けてたらサッカーファンとか
思われてしまうわけ?」
「そうだよ。アンブロだもん」
最悪だ。
これじゃあ、「私、サッカーフィーバー乗ってます」だよ。
どうしよう…知らなかったんだよ〜アンブロとかよ〜。
気に入ってたけど、付けるのがためらわれてきた。
なんかまた別なの買おうかな。




いいよね。

2002年06月12日(水)
最近、生活水準が低い。
変な時間に寝たり、ご飯食べたりしてしまって。
肌が荒れてきている。
うー。
顔の中で、お肌ツルツルなとこだけが取り柄だったのに。
だったら早く寝ろって感じだけど
さっきちょっと寝ちゃったから無理。
うはは。

今日、ドラマ「ごくせん」を見てて。
いつも見てるんだけど。(仲間由紀恵大好きだ)
今日「アニ」出てた。
「アニ」って、もちろんうちのアホ兄貴じゃなくて。
若手俳優・塚本高史さん。
「アニ」は「木更津キャッツアイ」の時の役名で
私は彼を見ると反射的に「アニだ」って思ってしまう。
だから今夜は一人で
「アニかっこいいーー!!」
とか言ってた。いやん。
だって、かっこよかったし。
特に塚本さんのファンてことはないんだけど
アニはかっこいいよ。
今日はちょっとヴィジュアル系っぽくて、そこは嫌だったけど。
でも素敵なの。
松潤の「えりあしのみ金髪」の意味が理解できない
私としては、今日のアニは素晴らしかった。

さて。ついでにもう一人金髪主役番組。
マシューズベストヒットTV。
今回は、東野幸治がゲスト出演してた。

わーい。ひがしのりー!
マンガマニアックとして熱弁振るってたわけだけど。
懐かしかったな。今田さんとやってたラジオ思い出した。
文化放送のリップスね。
今は「りっぷすぱーてぃーとぅえんてぃーわんじぇいぴー」
とかなんとかいう、オシャレ名前の番組。
私としては「カモンファンキーリップス」であって欲しい。
今は全然聴いてないけど。
聴いてたのはたぶん、もう5年ぐらい前。
今田東野のねー。おもしろかった。

今日のマシューTVみたいに、すごいマンガを語ったり。
今はね、もう離婚されてしまったけど
ひがしのりーの家族の話とか。

特に東野さんのファンてことはないんだけど
ひがしのりーはオモシロイよ。
ちょっと郷愁すら感じる。


CDの発売日まで一週間だ。
バインのDVDを買うお金が捻出できるか未定だ。
渋谷タワレコでは、CD+DVD同時購入でポスター付くそうな。
う〜ん。ポスターは要らない。

あ、今日ママラグの「目抜き通り」PV見た。
爽やかよね、相変わらず。
でも、曲自体がなんとな〜く物足りない気がしてしまうなぁ。




生タナカ見物。

2002年06月11日(火)
グルーヴ・グルーヴ・グルーヴライン♪
ってなわけで今日は渋谷へ行ってきた。
HMVスタジオでの生放送。

バインのうち誰が来るのか知らなかったんだけど
行ってみたらば田中さんのみの登場だということが発覚。
ちょっとだけ残念だったり。
だって〜リーダー見たかったんだも〜ん。
まぁ、いいさ。

ステージに立っていない丸腰の田中さんは
相変わらず細い。
そして意外と大きい。
ガラス越しに見える、DJのお二人と軽快にトークする様は
意外と大人。
真顔でこちらに向かって手を振ってみせる様は
作為的におちゃめ。

今日行ってみて、何が一番すごかったって奥さん。
新曲の裏ジャケですよ。
あの、歌詞カードの写真ね。
あれをガラス越しに見せてくれたのだけど…
女の子たちは驚愕の声。
もちろん私も。
だって、脱いでるし。
寝転がってるし。
笑顔だし。
キミタチはジャニーズJr.かっ!つーぐらいの、ね。
このオッサンが!
なにがしたいんだか。
気になる人は、是非とも買いましょう。
2曲とも、べらぼうにカッコイイから。
損はさせませんぜ〜。

さーて、宣伝も終わったところで。
やはりこういう時こそ、上京してきて良かったなぁ、と。
あとライブの時ね。
近場で、オイシイ思いができるとは素晴らしいこっちゃ。

ああー。
バインとママラグが同じ日にリリースするから
メディアチェックもハンパない。
とりあえず明日のNHK-FMの「ライブビート」は欠かさずに。
ママラグのスタジオライブ模様オンエア。
はふー。
なんか、ちょっぴり楽しいなぁ。




偽りニアラズ。

2002年06月10日(月)
昨日の日記で、今日レポっぽいことをやる
というようなことを書いたけど。
よく考えたら、昨日の時点でかなり言いたいことを
吐出してしまっているので、もう書くことがない。

えー期待してたのに〜
という希有な方のために少し情報を書くとするなら。
セットリストはSLSと同じ。

1.いけすかない
2.discord
3.ナポリを見て死ね
4.ナツノヒカリ
5.ふれていたい
6.カーブ
7.So.
8.HEAD
9.覚醒

リーダーの衣装もSLSと同じ。
プラス、アンコールで「R&Rニアラズ」。
合間のMCで田中さんが会場に向かって
「(日本対ロシア戦が)気になるやろぉ〜〜?うけけ」
と、悪魔の笑みを浮かべていた。
本当に悪魔のようだったなぁ。
私はサッカーなんて、ちっとも気になってなかったけど。
「ふれていたい」でお馴染みの歌詞変えも
「ニッポン代表にィー!…届けぇ〜るよー♪」だったし。
おいおい。
出演者が、こんななら、客も客で。
アンコールで再登場した際に、田中さんが
稲本が1点入れたことを会場の客に伝えると
会場は「うおお〜〜!!!」と大盛り上がり。
にわかに起こる「ニッポン!」コール。
おいおい。

でも、そんななか演ってくれた「R&Rニアラズ」は最高だった。
もぉ〜こんな気持ちイイ音楽があっていいんかい。
今夏のイベントでは、すべての会場で必ず演って欲しい曲。

楽しすぎて死にそうだった。
ライブが終わってもまだ足が震えてた。

今回のライブでは、リーダーのMCなし。
強いて不満があったとすればそれだけか。
それだけ、今回は演奏に力を入れていたのかも。
演りながら、自分の右手と左手を交互に見ていて。
「上手くなった3人に追いつくのが必死」
と言っていた言葉が頭をよぎった。
夏イベントでは、もっと本調子になっているだろうか。
楽しみが増えてしまって。
まだまだ、死んでる場合じゃない。

今日のNHK-FMで、田中さんが
「格好よく言えば、新章が始まった感じ」
というようなことを言っていたけど。
そうだな、と思う。

西原誠が、1年以上の療養休暇をとったのは
もう動きようのない事実であり、
その間に3人が活動を続けていたことも、事実。
時間は確実に流れ、
GRAPEVINEの時間と、西原誠の時間は別々に進んでいた。

今、ようやくその時間が重なり合った。
もう休む前の時と同じ時間は流れないだろう。
一度離れた事は、必ずこれからの時間に作用する。
それが良い作用であるはずだと、私は信じている。
私が彼らの音楽に触れた、3年前には既に抱えていた
リーダーの腕の問題。
今それが解決して。
私は、彼らの音楽が大切だから。
信じよう。
これは、キレイな話でも何でもなく。
普通に。
今までだってそうだったから。
これからも。




歴史に残る日。

2002年06月09日(日)
今日は、(個人的)歴史に残る素晴しい日だった。

当然、寝れませんわなぁ。

ああ、そうさ。
今日私は初めて西原誠を生で見たんだーー!!!
4人のGRAPEVINEでの演奏を初めて聴いたんだーー!!!
…長かった。長かったよ。
99年に好きになってから、早3年。
本当に長かった。

ステージに4人(+Keyの高野さん)が出てきて。
人が前の方に、ぐぐぐ〜〜っと流れて。
私は、そのスキを突いて見易い前の方へ移動。
友達を置き去りにして。(了解はとってある)
したら、
見える!!居る!!西原誠!!目の前っ!!
っっがああぁぁぁぁぁ!!!
叫んでいた。

曲が始まって。
あああああああああ!! もうっっ!!!
なに? これはなに??
私の好きなリーダーって
こんなにもカッコイイベーシストだったの?!
ごめん。今日、田中さん、見ないわ!

身体の下の方から響いてくる、この音。
ああ、これがあの指先から奏でられている
西原誠のベースの音なんだ!
思うだけで、笑いが止まらない。
嬉しくてたまらない。
最高だ!!
え?
そんなのは感情論だって??
かまわないじゃないか。
感情論で何か悪いか?
音楽は、感情があるから生まれるんだよ。
私は今、嬉しくて楽しくて、たまんない感情でいっぱい。
それが笑いや、汗や、身体の動きとなって
外へと放出されていってんだよ。
ああ?
私は誰に文句言ってんだっけ?


全部が吹っ切れていくのがわかる。

壊れている。頭ン中は。

ハズれてる。とんでいる。

声が嗄れるほど叫んで。

届いた?

この、たまんない気持ちは、すぐそこの舞台の上へ。

届いてる?

その笑顔は、イイ返事と思ってオーケイですか??

いーに決まってるよなあ!?

そうだろうが、おらぁっ!!!



夜の街は、青い人でいっぱいだった。
すれ違う、全然知らん人とハイタッチしまくってた。
青い人たちは。

私は、その人たちとは全く違う意味で
歓喜に溢れていた。

だって、歴史に残る日だものねぇ?

私の今日の代表メンバーは
田中和将
西川弘剛
西原誠
亀井亨
の、4人。

MVPは、西原誠ってことで。


明日の夜、落ち着いてたら
もうちょい、レポっぽいこともしようかな。
今日は、妄想ちっくに。
ゲームセット。




おやすみ。

2002年06月08日(土)
風呂に早めに入ったはいいが
あまりにも暇になってしまい、びびる。

テレビ見たり、ビデオ見たり。
…いつも通りっちゃ、そうなんだけど。

ネット遊び。
初めてチャットしたりしてしまった…
ハマるとやばそうね、ああいうのは。

そのチャットでGRAPEVINEの名を出したら
知らないって言われて。
挙げ句には「インディーズ?」って…
まじヘコみー。
大丈夫!!頑張れバイン!

暇つぶしでヘコんだりして踏んだり蹴ったり。


ポニキャのサイトで「ナツノヒカリ」試聴。
ワンコーラスだけど、音質が結構良好。
ああ〜いいわ。この曲。
最初聴いた時は「うへえ?」ってなったけど。
やっぱりイイ。
こんな夏曲持ってきて、私にどんな夏過ごせっての??
キラキラした思い出とか…作れんのか?
あ、ジャパンフェス?
それはギラギラした思い出になりそう…



寝て、起きたらライブに向かう。

ROCK YOU LIVE vol.1

私にとってどんな日になるか。
良い目覚めを迎えよう。
今まで燻ってたものを一気に晴らそう。
そんな一日にしよう。
してくれるよね?
当然でしょう?
いつまで待たせたんじゃ、ボケぇ。

目覚める前に。
さて、どんな夢を見ようか?




格好悪くたっていいんだよ。

2002年06月07日(金)
兄と私の会話


兄「明日どっか出掛けないの?」

私「ん…べつに」

兄「またかよ。この引きこもり」

私「うるさい。外には何があるかわからんから
  家でおとなしくしていたいんだ」

兄「はあ?」

私「1ヵ月前の二の舞なんて嫌だからさ」

兄「お前まだそんなこと言ってんの?
  ばかじゃねえ?
  昔の事ばっかこだわってるの格好悪いよ」

私「うるさい!格好悪くたって良いんだよ!」


そうなんだよ。
格好悪くたっていいんだよ。
そんなことは関係ない。

私は日曜日に赤坂ブリッツに行ければいい。
そこでGRAPEVINEに会えればいい。
彼らの音楽が聴けたらそれでいい。

そこまで続けて言いたかったが泣けてきて言えなかった。

アホ兄貴に何を言われたって構うものか。
外からハシカウイルスを仕入れてきたお前なんかに。
そうだ。
5月10日に私が寝込んでいた原因の大元は兄である。
彼も同じく病気に苦しんだ仲であるから
「お前の所為だ」
と、なじることは出来ないが。

今の私のライブに対する想いは
もはや執念のようなものであり、
傍から見れば少し異常かもしれない。

それぐらい悔しかった。
だから今度こそ、って思うんだ。

格好悪くたっていいんだよ。




しめっぽく。

2002年06月06日(木)
今日は、一日「R&Rニアラズ」が廻ってた。
そんな木曜日。

今日は、新しい音楽に出会った。
ある人から送ってもらったデモテープ。
宅録されたその音源は、いい意味で荒削りで。
感想をメールで送ってみたけど
上手く言えなかったなぁ。
なんでかね。

私は、音楽とか言葉とか絵とか写真とか映像とか
あらゆる手段において、
何か伝えようとしている人って、良いなと思える。
否定する気には到底なれないし。
その人が、悩んでも苦しくても
それがその人の今後に繋がるなら、それも素晴しい。

とかなんとか、他人に言うのは容易い。

自分が苦しかったら、そうは思えないのが一般人。
私は、そう。

苦しい、つらい、面倒くさいことからは
なるべく目をそらして。
今のところ、そうして生活している。
もちろん逃げられないこともあるので
そういうことは一応我慢して、やるけど。
もちろん嫌な気持ちが嵩を増してゆく。
良い結果のひとつも残りはしない。

心の広い人になりたい。

他人の幸福を、心から祝福してあげられるような。
友達を元気付ける、歌を唄ってあげられるような。

そんな力が、もう少し増えたらいいのに。






ごめんよ。




余波。

2002年06月05日(水)
すごいな。
サッカーフィーバーって。
プライスレスだわ。

学校行っても、青いあのユニフォームだとか
あの金色模様のサッカーボールだとか。
みんなサッカー小僧のよう。

実習で同じ班に韓国人留学生が2人いて。
今日はK君が来てなかったから、もう一人のI君に
「K君どうしたの?」
って聞いたら、どうやら電話も繋がらないらしい。
そしたらI君の一言。
「昨日のサッカー見て、どうにかナッチャッタカナ〜」
思わず笑ってしまった。
K君はかなりのサッカー狂らしい。
普段はおとなしい人なのに。
サッカーって怖いわ。
でも、学校は来ようよ。
実習は特に来ようよ…


「ナツノヒカリ」のPV。
結構好きって言う人も多い様子。
…うん。
確かに、今までの感じとは違うし。
特に色彩が。明るい。
須永さんはいつも室内で、薄暗かったし。
ああぁ〜でも私はまだイヤなんだぁ〜。
…うううう。。




サッカーよりも。

2002年06月04日(火)
昨夜は、授業の準備やらで忙しかったが
今日は18時ごろ帰宅して、うだうだと。

W杯日本戦のお陰で、裏番組も通常営業してない。
まぁ、暇だったので何気にNHKつけつつ、ウトウトしてた。
それにしても、スタンド一面が真っ青てのもスゴイ。
青いものがうごめいていて、ちょい鳥肌モノ。

しばらくしたら兄が帰宅して、お友達と2人で
日本戦を見始めた。

それがっ…うるさい!

こっちはウトウトしてるっつーのに
「あっ!」「惜しいっ!」って
隣の部屋で大声出すな、ボケェ!!
襖一枚しか隔ててないんだからさぁ。

しかたなく、後半戦は結構見てた。
したら点が入ったりして。
すごかったよね。うん。
隣の部屋も大興奮状態。
襖を開けるな!コラ!
アナウンサーは、落ち着いていたよね。
さすがNHKだ。
試合の終わり方が微妙で笑えたけど。
「あ…もう終わったようですね…」
とか言ってたし。

まぁ、見たら見たで応援するよね一応。
次は9日のロシア戦か。
私には関係ない。

何故なら9日は「ロックの日」!!!
ロッックの日ぃぃ!!!
バインに会える!!!!!
5月10日の雪辱を晴らす!!
このやろう!待ってろ西原誠!!!

なあぁぁぁーーー!!!!!!!!
テンション上がってきたあぁぁ!!!




知らなくても良い過去。

2002年06月03日(月)
私は古本屋だとか中古レコード屋などが好きだ。

不用だと見なされたか、或いは仕方なく売りに出されたか
そんな商品たちがひしめき合っている様は
なんとも心地よく感じられる空間を演出する。
摩天楼のような棚の間で、細々と本を開いてみる。
棚に戻す時、上手く入らない…なんてのも一興。

とは言え、私が今日来ているのは
大型チェーン「BOOK OFF」なので、そんな風情には欠ける。
広い店内というのも、ゆったりしていて良いものである。

私はいつものように音楽雑誌のコーナーへ。
好きなミュージシャンの過去記事を漁るのは、最近の趣味。

まず「これは買いだ」となったのは
97年冬発行『BREaTH』第3号。
マサムネさんと田中和将が載っていたから。
マサムネさん林檎の皮なんて剥いちゃって…かわいい。
インタビューの方は、帰ってからじっくり読むとして。
…にしても、田中さんも若いな。
髪型センター分けだし。。
ま、当時は23歳。若くて当然よねぇ。
うんうん。

さぁて、他にも目ぼしいものがないかと次々に雑誌をめくる。
見慣れない雑誌『MaMA magazine 創刊号』というものの中に
なにやら見覚えのある顔を見止めた。
え? でもなんか違わない??
目を凝らしてみる。
2,3ページめくってみる。
確認した。
GRAPEVINEの4人が、スゴイ衣装を着て
(いや、着せられて)笑っているのだ。
インタビュー記事ではない。
完全なるモデルとして、4人はここにいる。

げぇほっ!げほっげほっ…

本気で、むせた。
なんっじゃこれはぁぁぁぁぁーー!!!
誰?誰??
特にこのワッフルヘアーの人、誰?!
この人がGRAPEVINEのギタリストだなんて嘘でしょう?!!
嗚呼…97年6月号ということは、デビュー前。
なのに、なんでこんな仕事しているんだ。

亀ちゃんごっついしー
田中さん今と眉の太さ違うしー
リーダーは、そんな変わってないけど
西川さん…論外。。

モデルとして、なんとかサマになってるのは
田中西原の両人だろうか。

私は、半ば眩暈しつつも、2冊を合計210円で購入した。

かくして、過去のバインに目を眩ませられた私は
回復のためコンビニで「ぴあ」をチェック。
…良かった。
この写真は、かっこよく撮れている。
それぞれ視線をずらして、田中さんだけカメラ目線。
そうそう、それでいいんだ。
それがアナタたちのスタイルってもんでしょう?

う〜〜でもホント怖かったよー。
お母さぁ〜ん…!!
全員が20代だったとは言え、冒険しすぎ。。
97年当時の彼らを知らない、私のようなファンは
誰でも同じ衝撃を受けるだろう。
特に西川さんファンは……ご愁傷様。

とか言って、しっかり購入してしまう自分が
一番怖かったりもする。




やっぱりね。

2002年06月02日(日)
昨日は「イクラがしゃべった」というタイトルで
「サザエさん」を見ようと推してみた。

果たして何人の人が実際に放送を見たのだろうか。

単刀直入に言って。
喋らなかったよ、イクラは。
いつも通りに「ハーイ!」「ばぶー」「ちゃーん」だよ。
でもこれ。
物語的には面白かったの。
ちょっと推理モノっぽくて。

何故「イクラがしゃべった」と思われたかと言うと。
事の発端は、保険屋のおばちゃん。
保険屋「先日息子さんに電話アンケートに答えてもらったんで、お礼を届けに参りましたわ。しっかりした息子さんですこと」
タイ子「あらやだ。ウチの息子はまだ喋れませんわよ」
保険屋「そんな事ないわー。だって電話で話したもの」
とな。
電話でイクラちゃんが喋ったのか?
と一同疑う。
するとワカメ。
「堀川君が、この前イクラちゃんと喋ったって言うのよ」
なにっ?堀川君まで?
「イクラちゃんは僕たちの前では喋れないフリをしてるんじゃないか?「ハーイ」や「ばぶー」だけがラクだと思ってるんだ」
と、カツオが推理してみたりして。
謎は深まるばかり…
果たして真相は…

真相は。
まず堀川君は、ただの人違い。
「似てたけどこの子じゃなかったよ」
と、アッサリ言ってのけた。
保険屋の電話アンケート。
イクラが電話を取ったと同時に、
ご近所の少年が回覧板を持って現れ、
喋れないイクラの代わりに受け答えたのだと言う。
……むむむ。。

納得出来なくはないけど。
イクラちゃんが喋っているとこ聴きたかったな。
カツオが想像してみたシーンとかで良いから。


今日は、新宿の電器屋さんでMDとかを買ってきた。
店内で、某若手芸人を見かけた。
私の好きな部類の芸人さんではあったけど
話しかけても、取り立てて話したいこともないし
ちょっと観察してみて終了。
立止まってたら、逆に私が店員に話しかけられたし。
「どちらの商品お求めですかぁ?」
ってよー。
DV持ってないのにテープだけ買えないよ。

リーダーはよく下北沢でファンに目撃されているらしいが
私は一回も見たことないなぁ。
シモキタ自体そんな行ってないけど。
オフのバインメンバー。
田中さんは、グラサン掛けてチャラチャラしてそうだから
絶対に話し掛けられないだろうな。
他のメンバーに至っては…気付かないかも。。
普通すぎてっ・・・・・




歴史的瞬間を見逃すな。

2002年06月01日(土)
もちろん、W杯のことでななく。

明日放送の「サザエさん」を見逃すな、と。

言わずと知れた高視聴率アニメだから
別に、取り立てて見なきゃいけないことなんてない。
普通ならね。

さ〜て、来週のサザエさんは??

「夢の田舎ぐらし」
「ワカメなやみの種」
「イクラがしゃべった」

の、3本で〜す!!
(先週の次回予告より)


はいはいはいはいはいはい!!
これで、謎はすべて解けたはず!!!

問題なのは3本目。
「イクラがしゃべった」?????
本当に喋るんか??
何をっ?何をっ?何を、どの程度喋るとっ??

気になる…
ものすっごい気になる…

「ハーイ!」
「ばぶー」
とか以外なわけでしょう。これは。

普通に考えて…「パパ」「ママ」。
あとは「タラちゃん」とか。
♪どーなんだ・どーなんだっ

とにかく見ればわかる。
あんまり期待しすぎるのも良くないんだろうなぁ。




今日はJ-WANEで、バインがゲスト出演だった。
録音してたのを今聴いている。

復活記念でリーダーメインで喋る、喋る。
せっかく4人で来たのにね。
いつもはお喋り担当の田中さんも、口数少なく。
こういう時って、何故か亀ちゃんが前に出てくるのよね。
さっすが後輩気質!…?
西川さん、ほぼ喋ってないし。。
あ、これはいつもか。

でもでも〜ラジオでリダの声が聴けるだけで嬉しい!
あのバフバフ声が…J-WAVEに戻ってきたのね。。
感涙。
とは言え。
レコーディング参加してないリーダーが
「ナツノヒカリ」の曲出しをするのは変じゃないか?
あんた弾いてないじゃないかっっ!!!
あ、このツッコミはPVにも思いっきり適用可。

なんか、ちょびっとマヌケよね。
そういうとこも好きだったりするんだけど。





前の日 もくじ 次の日 pd / mail / MY+ / A+

Design : maybe / Illustration : ふわふわ。り