冒険記録日誌
DiaryINDEXwill


2002年03月01日(金) はじめに

 これは他に誰もやらないだろうと思って始めた、ゲームブックをネタにした日記です。
 日付の扱いこそいい加減ですが、一応日記であって公平正確なゲームブックのレビュー集ではありません。
 私自身がゲームブックを読んだときの感想などをただ書き綴ったものです。
 作品の感想は基本的に甘口な評価となっています。
 これは、ただでさえマイナーな世界で嫌ごとを書くよりは、まずゲームブックの面白さを知ってもらいたいという考えからです。もっと単純にその方が書いていて楽しいという理由もありますが。
 ゲームブック用語も多いので、わかる人だけわかる内容となっています。
 それでもいいと言う人だけ読んで下さい。


<それでも一応ゲームブック用語の解説を少しだけ>

FFシリーズ……社会思想社から出版されていたファイティングファンタジーシリーズの略称です。某有名RPGや横スクロール格闘アクションの略ではありません。

一方向システム……どの選択肢を選んでも話しがドンドン進んでいくようになっている設計のこと。同じ場所に後戻りできない。

双方向システム……同じ場所を何度も行き来することができる構造になっていること。迷路のシーンなどに多い。

創土社……このご時世にゲームブックの復刊や新刊を出している出版社。ゲームブックの新刊を出すのは創土社だけではありませんが、編集者の酒井さんの熱意により始められ、名作ゲームブックの復刊などゲームブックブーム当時のティストを残しているのはここだけです。

グレイルクエスト……昔、二見書房でドラゴンファンタジーシリーズとして発売されていた「14へ行け」で有名なゲームブックの原書でのシリーズ名です。復刊した創土社版のシリーズ名もこちらです。

はみだしゲーム……「クロスワードランド」というパズル雑誌に掲載されているミニゲームブックのことです。作者は奥谷道草という方で、その正体はグレイルクエストで挿絵を描いていたフーゴハル氏。それにしても今でも新作のゲームブックが雑誌で定期的に連載されているというのは凄い話しです。


<この冒険記録日誌の限定用語>

たけたろう……ゲームブックのリプレイレポートを書くときの主人公の名前。常に最低能力値でスタート。性格は基本的に気弱で臆病で平和主義ですが、状況が優勢になると調子にのります。

ともみ……たけたろうの腹違いの妹という設定で、女性が主人公だったり、2人のキャラが必要なゲームブックのリプレイレポートを書くときに登場。こちらも常に最低能力値でスタート。兄貴と違って強気な性格。大食い。



山口プリン


山口プリン |HomePage

My追加