.第6話:『Teenage Walk』 

「たーにーむーらーっ」
体育祭が終わり、次は文化祭の方へみんなの気持ちが向かいつつある10月のある日。
妙ににこにこした藤崎が近寄ってくると、『企画書』と書かれた紙をあたしの机の上に置く。
「・・・・・『学内有志によるファッションショー』。で、これが何か?」
「俺と谷村もメイクスタッフで協力する事になったから、よろしくなっ」

なにーっ!?

「何でそんな事勝手に決めるのよ!」
「だって俺一人じゃ無理だし。谷村以上に腕のいいやつなんて他に知らないし。」
やけににこにこしてすりよってきたのは、こういうわけか・・・あたしは思わず頭を抱える。
「それにほら、俺達だけじゃなくて、牧島や相川たちもスタッフに入ってるし」
企画書のスタッフ名簿に目をやると・・・確かに。たのもしき仲間達が名を連ねている。

『ポスター作成・・・相川梢(3−B) 写真部・美術部』

『企画・構成・・・ 市原愛子(3−C) 藤崎千尋(3−B) 牧島瞳子(3−B) 手芸部3年生』

『音楽・・・富田夏樹(3-D) 海藤絵里(3−B) 森本楓(3−D)    軽音部・吹奏楽部』

『メイク・フィッティング 藤崎千尋(3−B) 谷村麻衣(3−B) 笹原美和子(3−D) 手芸部1・2年生』

進学校なのに、自由な校風の城山高校。
全員が必ず部活動をするきまりになっていて、一定の条件を満たせば新しい部や同好会が作れるから、この学校にはいろんな部活がある。

藤崎の話によると、手芸部の部長が文化祭にファッションショーをしたいと実行委員会にもちかけて、その話に乗った実行委員でもある藤崎・とーこさんと手芸部長の市原さんを中心に各部に協力を要請して、このメンバー集結となったらしい。

「手芸部、ってゆーとなんか古臭く聞こえるけどさ、作ってるもんはすげーぜ。これ見てみろよ。」
企画書にくっついていた作品のポラを見ると、和も洋もいろんな服が、しかも結構素敵なデザインのものが並んでいた、自分でも着てみたいと思うくらいのものが。
「手芸部の面子って、将来服飾関係に進みたいやつが揃ってんだって。結構レベル高いだろ?・・・・なあ、面白そうだと思わない?」
「・・・まあ、ね」
「よっしゃ!きまりだな!!がんばろーぜーっ」まるで子供のように喜ぶ藤崎。
「ちょっと!まだスタッフやるなんて言ってないわよ!!」

そう叫びつつも、こういうイベント大好きなあたしは、もうすでにやる気満々だったのだけど。
 
「・・・ふーん、有志によるファッションショー・ねえ。面白そうじゃない」
仕事が終わって戻ってきた由衣姉に、企画書を見せつつ、協力を頼む。
さすがに素人じゃこなしきれないので、由衣姉か誰かに協力を頼めないか、と藤崎が言い出したからだ。
「いいよ、当日あたしも休みだし。
でもやっぱ城山って必ず学年に1人はこういう面白いの出すやつがいるよね、進学校なのに、堅物のがり勉ってあんまりいないよねぇ。」
OGである由衣姉が現役の時も、文化祭や体育祭はかなり盛り上がったらしい。
「それにしても麻衣、あんたいよいよやる気になったんだ。絶対この仕事やらないっていってたじゃない。親父が聞いたら喜ぶよ〜」
由衣姉がニヤニヤしながら言う。
「それとこれとは話が別!第一今回だって藤崎ってやつが勝手に決めちゃったんだから」
「どっちにしたってやる気になったってことでしょ?あんた素質はあるんだからやっぱりこっちの方へ進めばいいのに・・・ま、それはともかく、お手伝いさせてもらうわ」

やっぱりそういう目で見られてしまうんだなあ・・・・
由衣姉が自分の部屋に引っ込んでから、あたしは小さくため息をついた。
親も当然美容師になって店に入ってくれるもの、と思ってるしなあ。
なんだかんだ言っても、将来OLとかしてる自分が想像できなかったりするんだよねえ・・・。
                  (『Teenage Walk』Δ紡海)

2002年10月31日(木)


≪back title list next≫

menu

最新の日記
メール

enpitu menu

My追加

My追加
enpitu skin:[e;skn]

Copyright (C) shi-na, All rights reserved.