お嬢の日記
DiaryINDEXpastwill


私が見つけたラッキー♪

2024年03月20日(水) 安楽死 

生きたくない人にとっては。
いくらか生きている事になんらかの価値を。
見い出し幸せだと思い込むことは出来ても。
現実は幸せに生きるのは難しい。

気安く安楽死などと口にするのもどうかと。
言うのもあるが…
この機会に考えてみてもいいと思った。
人間はいつかは死ぬ。
そして最後は事故にしろ災害にしろ病気にしろ。
大抵は苦しみを伴って死ぬ。
寿命があるし人にはそれぞれが背負った運命がある。
安楽死を遂げた日本人女性が言っていたが。
決して生きることから逃げたいから死ぬのではなく。
いい生き方をしたと思いたいから最後は。
自分で死期を決めたいと言っていた。
そして何度も自問自答して決断し実行したのだと思う。

私もその言葉の意味がよく理解出来る。
大抵の人は死にたいと思うことはあっても。
実際に行動するかと言った時はやっぱり。
躊躇してしまうと思う。
普通は生きることにまだ未練があるからだろう。
人は漠然と死にたいと思うことがあると思う。
私は自殺も安楽死も否定しない方だが。
よく自分の人生を考えて後悔しないなら。
死ぬ事は悪いことではないと思っている。
そもそも人は自らが望んで生まれてきたわけではない。
だから次世をこの世に残す義務もないと思っているし。
死ぬことも含めて自分の人生を決める権利があると思う。

安楽死によって。
死に纏わる不安、孤独、恐怖、それに伴う家族や。
さまざまな事由を想定することも出来るし。
解決出来ることも多い。
住処の処分や財産の整理、遺体処理の手続きと。
いったことを済ませれば家族も助かるし。
本人も安心してあの世にいける。
資産なども計画して使える。
安楽死が普及すれば年金問題も多少改善する所もあると思う。
だけど死ぬことを目標に生まれてきたわけではないし。
生物は寿命が来るまで全うするのが本来なのだろうが。
そもそも体外受精など生体を超えた域にある医療の進歩と共に。
死期も薬と言う医療でコントロールしてもいいと思う。

あくまで自分の人生を客観的に見て。
後悔しないと思えるなら安楽死はあっていいものだと思うし。
選択出来る世の中になってほしいと願う。
かく言う私は過去に仕事を二か月分先に見越して。
仕事をし、友人にも手紙を書いて旅立つ準備をした。

本気の自死を試みたのだが失敗に終わり。
こうして今も生きながらえているが。
生きてきてよかったとも正直思えない。
あの時踏みとどまってよかったと思えるなら。
それは幸せな人生なのだが。
24時間365日不調を抱えた人にはやっぱり人生は。
しんどいと思う。
そう言いながらも毎日毎日義務をこなしながら。
幸せのふりもいくらかしてこの先もきっと。
生きながらえていくのだ。


お嬢 |MAIL

My追加