鴨河童★備忘録
藤誠



 映画壬生義士伝

映画の壬生義士伝を見てきました。
千葉にある全席指定制の映画館で見たんですが、新しい上に特等席でにこにこでした。
映画は面白かったです!
例の火消しみたいな妙な隊服も見慣れてくるとけっこういい感じ。特に「新選組の決死隊が来るそー!」なんていう薩長軍の怒号とともに向こうのほうから大群で斬り込んでくるシーンとか見てるとかっこいいーvと思います。
中井貴一はやっぱりいいかもです。斎藤役の佐藤浩一はまあ、上手いんですが、彼は今まで二枚目ばっかりやってるせいか、中井に比べると芝居がツマランですの。いや、上手なんですけどね。
テレビに比べて、ストーリー構成や台詞の言い回しなんかは映画のほうが上手いかも。脚本は大河ドラマの脚本も書いているベテラン中島丈博ですね。
中島丈博はお話が面白くなれば何でもOKか?!というような嫌いがあたのですが、この映画の脚本は上手いですわ。
なんていうか、新選組ファンのツボをよくおさえ、小ざかしいエピソードをバサバサ取っ払ってるあたりが凄く好き。
近藤・土方・沖田は必要最低限しか登場しないし、ちょっと出てきていいこと言うねん、これがね。(含笑)
殺陣はいい感じです。一人一人構えに特徴があって、永倉も沖田もちゃんと強そうに見えたです。新選組の皆さんが揃って不逞浪士を斬りに行くシーンはつい「よしよしいけいけー!」とか思ってしまうんだな(苦笑)

沖田が始終へらへらしているのが気に入らないという声も聞きますが、沖田ってきっとこんな感じだったと思う(乱暴な言い草)。
テレビの金子賢君とよく似た役者でしたけども、イサミンと一心同体な感じがよく出ていたし、それでも後継ぎにはなれない冷めたところもよく出ていたし、私は好きでしたね、映画の沖田。

そして土方…モブシーンになると何処にいるのかわからねえ。
永倉も大人数にまぎれてわからなくなっちゃう。
中井・佐藤は何処に居てもすぐ見つけられる、っていうのはつまり、役者としての華の大きさの違いなんですかね。
みんなイイ男なんですけどね。

私、もう一回見にいきたいです。
何度見てもいいと思います。ネタバレになるので詳しい感想はもうちょっと経ってから書きます。





2003年01月27日(月)



 旧幕府。

フフフ。

遂に届きました!旧幕府復刊の復刻版ハードカバー5巻セット!!圧巻です。
何しろ通しノンブルつき索引つきなのが素人に優しくていいです。当分史料要らないや、って感じです。

発行当時の雑誌をそのまま復刻しているので、広告とかもいっしょに載ってて愉しいです。あと挿絵とかもいい感じです。毎号数枚の挿図と史料、思い出話、エッセーが載ってて大鳥圭介の珂楠紀行とかは連載です。毎号拾って読んでいくのも愉しいです。なんたって「次号をお楽しみに」のところをどんどん読み進めるのですから。
面白いネタ拾ったらどこかで紹介することにします。

私が買ったのは通し番号360号でした。当初300冊限定だったから、実は予定数終了後の申し込みだったのですな。ラッキーv

ぱらぱら見ていたら、上野彰義隊の丸毛利恒が近藤勇について執筆しておりました。どういう知己なんだろう?土方歳三つながりなのかしらん?

今日は壬生義士伝の映画を見にいこうと思ったのだけど、雨降ってたので萎えました。来週は横須賀行くしなぁ…


2003年01月19日(日)



 なんと鴨河童没後140周年だというじゃないですか!

いかん。
すっかり来年だと思ってのんびりしてました。
ゆぅちゃんに言われて気がついた次第。ペリー来航150周年に気を取られて肝心の鴨河童をおざなりにしていたとわ!
急遽、鴨河童祭開催決定しました。まずは絵描き掲示板なんか置いてみました(脈絡なし)。あとは日替わりで(週替わりで)鴨河童ネタを下ろしていく感じにしようかな。
清川村に行ったときの紀行も書いてないし、そのあたりから少しずついってみます。
鴨先生についてはゆぅちゃんのサイトが熱いので是非ご覧になってくださいまし。
近藤勇談話会ではゆぅちゃんが講師になって平間重助と芹澤鴨の話をします。
誰でも参加できるのでぜひ!必聴です。こちらは2月の23日…(゚□゚;ハウッ

…浦賀開国史の講演会とバッティングか?(爆)

2003年01月18日(土)



 壬生義士伝

土曜日からロードショーですな、見に行かなくちゃ!
前売り券は1000円なので忘れないように買っておかなくちゃ。(ぎりぎり)
連日松竹さんの壬生義士伝サイトで新選組クイズに填ってまして、30位までにランクインすると特製壁紙がもらえるんですが、3回トライしてやっと食い込むことが出来ました。なかなかマニアックです。ていうか、思わず「シラネーヨ!」と突っ込んでしまうような奇問もあったりして。新選組じゃなくて南部藩に関するクイズになるとちと弱かったりして。

南部藩上屋敷と同じ敷地内に藩邸があったのは次のどこ?
1・長州
2・薩摩
3・会津

…答えは長州ですが(萩藩)。シラネーヨ!(爆)
まあ、当分楽しめそうです。





2003年01月16日(木)



 連休最終日です。

三日も休みがあったのに結局HP更新できず仕舞い。情けない。
で、何をしていたかといいますと、やはり休み初日は神保町に出かけ、古書店巡りをしました。今回仕入れた本は自費出版ものが3冊と、橋本左内の本を買いました。
橋本左内は福井の松平春嶽公のブレーンなので前から興味を持っていたのですが、安政の大獄で処刑されるまでのいきさつなどに興味を持ってちょっと読んでみようと思った次第。なかなか革新派な人だったんですよね。

左内本と一緒に購入したのは広瀬淡窓の小伝。広瀬先賢顕彰会発行の非買品の薄い本なんですが広瀬淡窓の著書や門人などが載っててちょっと調べるのに良いかと。
広瀬門人といえば有名なのは大村益次郎に上野彦馬、高野長英も有名ですね。

浦賀中興雑記。これは明治の中ごろに編纂された浦賀の歴史本なんですが、毛筆書きのものを読み下して解説したもので、幕末期の浦賀について庶民の暮らしや経済や暮らしがわかって非常によいです。干鰯制度の起こりとか、当時営業していた遊郭の話とか。ええじゃないかの様子とか。中島三郎助は浦賀奉行所属の与力なので、奉行所の様子なんか読むととても面白いです。こちらは浦賀古文書研究会の発行。今でも売ってるのかな?

古橋懐古館資料集第一「明治維新の人々」。この本は愛知県にある古橋家所蔵の古文書を読み下し、人物について解説した本です。古文書現物の写真も載っています。ということは、愛知県の古橋懐古館というところに行くとこれらの現物が見られるということなのかしらん? なんだか凄いコレクションなんですけど(汗)
愛知県は先日テレビでもやっていた岩瀬忠震の菩提寺があるところ。彼の直筆もあるらしいです。清河八郎がお家に宛てて送った手紙もあるみたい(これはお土産を発送するときに添えられるはずだった手紙のようです。「お味噌を送るから早く食べてね、あと干しカレイ美味いから20枚送ります。早く食べてね〜」みたいなほのぼの手紙です)高杉晋作や久坂玄瑞、容保様のもあります。凄い。一度訪ねてみたいですねー、この資料館は。どこにあるんだろう?

日曜日は一日ぶらぶらして終わってしまい、十三日は劇団め組ファンの友人宅で鍋パーティしてました。うーん、うーん。



2003年01月14日(火)



 その時歴史が動いたスペシャル〜ニッポン開国

流石今年はペリー来航150周年だけあってHNKも次々とよい番組を展開しています。
今日は2部構成のうちペリー編の途中から見たんですが、学校で習ったのと全然違ってて凄くよく分かりましたよ。(ていうか知らなさすぎだったと痛感)

ペリーが和親条約を結んだあとすぐにタウンゼント・ハリスも来航していて、そのときに全権大使として活躍した外国奉行の井上清直と岩瀬忠震が凄くて、5年前くらいに写真が発見されたらしいのですが、けっこうなオトコマエでしたぞ!(中島三郎助といい、浦賀系の奉行たちは細面が多いみたいです)がぜん興味持ちました。

番組のHPによりますと、
・ハリスの生涯は、坂田精一著『ハリス』(吉川弘文館)に詳しく記されています。ハリス側から見た条約交渉の経緯は、ハリス著『日本滞在記』に記されています。
・また、初代アメリカ総領事館が設置された下田市の玉泉寺(?0558−22−1287)には、ハリス記念館があり、ハリスゆかりの史料が展示されています。
・堀田正睦と通商条約の関わりは、前述の『ハリス』、石井孝著『日本開国史』(吉川弘文館)、土居良三著『幕末 五人の外国奉行』などに記されています。
・井上清直については、前述の『幕末 五人の外国奉行』に詳しく記されています。
・岩瀬忠震については、同じく『幕末 五人の外国奉行』、松岡英夫著『岩瀬忠震』(中公新書)に詳しく記されています。
・また、愛知県の新城市設楽原歴史資料館(?05362−2−0673)には、岩瀬忠震ゆかりの史料が所蔵され、顕彰団体の忠震会とともに、研究が進められています。

とのこと。調べなくちゃ。(といってますます鴨河童から遠ざかる藤誠…すまぬ)

再放送は
1部
平成15年1月12日(日)  7:45〜 8:28 総合 近畿ブロック
平成15年1月17日(金)  0:15〜 0:58 総合 全国(除近畿)

2部
平成15年1月17日(金)  0:58〜 1:41 総合 全国(除近畿)
平成15年1月19日(日)  7:45〜 8:28 総合 近畿ブロック

小栗上野介の再放送は9日の夜12時くらいからだったはず。両方ともチェックです。

番組HP http://www.nhk.or.jp/sonotoki/

2003年01月09日(木)



 おめでとうございます。

新年おめでとうございます。
気がつけば今日はもう5日ですか、早いですねー。
もう明日から会社行かなくちゃいけないんだ…o=(_ _;;;パタ

29日はコミケに行って日ごろお目にかかれない皆様に御挨拶しつつ、夜は草薙若嬢&しま嬢主催の宴会に寄せていただきました。席順をくじ引きで決めるんですが、各人に置かれたカードが凝っていて豊玉宗匠の句とともに来年の運勢が書かれていましたです。私のカードには
「報國の心忘るる婦人哉」
と、土方御大のコメント、および関係者(伊庭八郎さん)のコメントが愉快に書かれておりました。こういう洒落た言葉遊びが愉しいです。
お二方、とても楽しゅうございましたv

30日は創作系サークルを目当てにお昼くらいに巡ってみましたが、最近の創作エリアは凄いですの。アクセサリーとかお人形とか手作りで此処までやるかー、はーすごいなー…と感嘆することしきりです。流石にお人形は値が張っており購入には至りませんでしたが、巷で言うSDサイズのお人形(抱き人形)に粋な着物など着せていたりして、見るだけで眼福です。素晴らしい。趣味人はいるものですなぁ。
あとは少女系創作エリアで気合の入った長編作品を5冊くらいgetしてまいりました。

31日は一日中掃除してました。
元旦は一日中ごろごろしてました。あ、小栗の「またも辞めたか亭主殿」を見ましたな。岸谷五郎は上手い役者さんですな。西村雅彦の勝海舟は可もなく不可もなく、まあ、こんなもんか?という感じで。江戸へ帰った徳川慶喜を囲んで最後の反撃を建白するシーンはめっちゃカッコよかった。小栗ビジョンなので慶喜さんがへっぽこぷーなのは仕方無しですか。(慶喜さんはこんな馬鹿殿じゃないぞ!)
浦賀ドックが出てきたのが嬉しかったなv

2日は一日中ぼーっとしてました。ぼーっとしているあいだにHPの更新をすればよかった…

3日は劇団め組のディープファンが集って、延々9時間に亘りめ組の話してました。
劇団め組は史実に沿ったお芝居をするところで、台詞がオトコマエなのが売りです。台詞を聞いてぐっとくることが多いです。
あと、殺る気満々の殺陣が凄いです。
看板役者が三人いて、美形が1人、凄く上手い役者が1人、存在感たっぷりの大御所が1人。あとは脇役陣もオトコマエ揃いでそこそこ芝居も上手です。
脚本を女性が書いているのですが、どうも司馬遼太郎ファンらしく、客も司馬小説を読んでいることを前提に芝居を書かれているような節があり。知らなければさっぱり分からない台詞も多い。万人に薦められるエンターテインメントな劇団ではなく知るひとぞ知る隠れた名劇団で居て欲しいような。
4月にまた幕末ものをやるんですが、こんどは徳川慶喜だそうです。マニアックです。

そんな訳で、目の前に積まれた未整理の幕末関連本はそのまんま積まれております。榎本、箱館関連が多数あるので、その辺から整理してみるかな。
(なんだかどんどん鴨&清河から離れつつある)









2003年01月05日(日)
初日 最新 目次 HOME