enpitu


探偵さんの日常
DiaryINDEXpastwill


2006年09月26日(火) ストーカーに気をつけて

過去に比べてストーカーブーム!

は去りつつある傾向にはあるが、ストーカーという名前こそ無かった

時代にも存在して、現在でも人を苦しめ続けているというのが現状。


探偵さんも、数々のストーカー調査を行い、
常識の範囲では通じない恐怖を目の当たりにしてきた!


映画や、ドラマのような殺傷の実害はないようだけども、
毎日の無言電話、ポストから郵便物を盗んだり、1日中の尾行などなど!

また、本人が知らないうちにストーキングに遭っているというケースは多い。


ストーカーには大きく分けて2つのタイプに分けられる。

^賁楾れタイプで、被害者がまったく知らない相手。

 
元妻や元恋人など、以前被害者と関係があった相手。



,離織ぅ廚脇盡的な性格で、思い込みが激しく収集癖がある。

一方的に好きになった相手のプライベートを、「ガーボロジー」
 
(ゴミから個人的情報を調べる行為)などで徹底的に調べつくす。
 
これによって、ストーカーは親よりも自分を知っているため、

こちらは相手が誰だか見当がつかない。その分気味が悪い。


△離織ぅ廚漏宛鯏な性格で、仕事もバリバリこなし、

学生時代は優等生というケースが多い。

近所でも会社でもかなり評判がよくて、

まさか、ストーカー行為をしているなんて誰も思わない。
 
別れ際にもめて恨まれたっていうならまだ分かるけど、

すんなりと別れたのに今さらナゼ? 

と被害者が困惑するようなパターンで展開することが多い。


どですか?

心当たりのある人はいませんか(笑)


2006年09月19日(火) オモチャの革命

ネットを徘徊していたら、なにやら気になるものを発見!
 
「ウェブ経由で遠隔操作出来る大人のオモチャ」


遠距離恋愛をしている人、ライブチャットにはまっている人に朗報(笑)
なんと、インターネットを利用して遠隔操作ができる
オトナのおもちゃが開発されたそうである。

このオトナのおもちゃの利用者の一人は
「僕の仕事は出張が多いのですが、ずっとラブラブでいたいので、
これを使おうと思いました。100マイル(約160km)離れたところからでも
彼女のおもちゃを操作できるなんて、最高だね。」
と喜びの感想を寄せたそうである。
 
 
気になる商品はコレ↓

遠隔操作バイブ
 
誰か、遠距離してる人 試しに使ってみて!


2006年09月13日(水) 探偵業法

おはようございます。
以前にも、ちょっと書いたんですけども、
近々「探偵業法」というものが施行されます。
 
やっとこれで偽探偵や詐欺探偵、
なんちゃって探偵などがなくなるといいが・・・

この探偵業法、正式名称は「探偵業の業務の適正化に関する法律」
と、長ったらしい名称なのですが、今後、探偵業を営んでいる者は、
営業所毎に都道府県公安委員会へ届出が必要になってきます。
また、無届で営業を行っている場合は処罰されるおそれがあります。

その内容というのはざっとこんなものです。


■届出について
 ̄超判衙茲法内閣府令で定める書類を公安委員会へ届け出ること。
 
営業内容が変更・廃止した際、変更届・廃止届を届出ること。
 
F禄个終わると公安委員会より『届出済書類』が交付されます。
 
そ駝未魃超判蠅坊納┐垢襪海函


■欠格事由について、以下の者は探偵業を行う事は出来ません。
“獣杷塾呂里覆な

過去に一定の違反をした方

K塾話聴の方

ぬだ年者


■法令遵守、違法目的の禁止
〔承疎澆靴龍愡
 
個人の権利利益を侵害しないこと
 
守秘義務の徹底
 

■重要事項説明について、依頼者と契約を締結しようとする時、
予め書面を交付し、説明する義務を負う。
〇疚勝μ松痢代表者について

届出書類に記載されている事項説明

8朕余霾麒欷酲,鮟綣蕕垢襪發里任△襪海

ぜ虍覽遡海砲弔い

ゥ機璽咼稿睛

Π兮に関する事項

Ф眩のやりとりについて

┠戚鵑硫鮟に関する事項

業務上作成した書類、取得した資料の処分に関する事項

 
■依頼者と契約を締結した時の説明義務および書類交付
‐綉の内容

調査期間・内容・方法

0兮の定めがある場合は、その内容

ざ眩のやりとり

シ戚鷁鮟について

 
■教育
ー勸教育を行うこと
 
■名簿の備え付け
―抄醗名簿を備えること

■罰則について
々埓指導があった後の違反「1年懲役/100万」

¬菊蓮μ承疎澆掘Ω安委員会の指示違反「6ヶ月懲役/30万」
 
■経過措置について
ヾに探偵業を営んでいる者は施行日から1ヶ月間は無届で営業できる


みなさんには、訳分からへんことでしょうけど(笑)
ざっと、こんなような法案内容ということです。
 
これで、胡散臭いと言われる「探偵業」が世間に認められるんでしょうか?
「探偵業」の社会的地位が向上するでしょうか?


2006年09月04日(月) 探偵VS弁護士

そう、そう。前に書いた弁護士云々で思い出したけど、
えっとですね、あまりにもやる気がない弁護士が多すぎ!

探偵さんが住んでいる東海地方だけに多いのかどうか知らないが・・・
別に弁護士を敵に回すつもりはさらさらないけど…
これは探偵さんが依頼者からよく聞く話で、
依頼者さんが弁護士に相談に言った時の会話。

依頼者 「不貞の証拠ぎ揃えば浮気相手からも慰謝料取れますよね?」

弁護士 「は?なんで相手から取れるんですか?」

依頼者 「え?でも、ちゃんとした証拠があれば…」

弁護士 「第三者の人からなんて無理ですよ」

依頼者 「…そうなんですか…」


前後の会話は省略してあるけど、こんな会話をしたらしい(笑)

みなさん、どう思います?

こんなふざけた弁護士がいるのも事実。

もちろん、その依頼者さんには別の弁護士を紹介したのですけど。

確かに離婚問題の仕事は儲けが少なく、

あんまりやりたがにい弁護士は多いし、

完全に不貞&離婚に関しては受け付けもしない事務所もある!

そういう仕事は下級弁護士がやるような風潮さえあるようにも聞く。

でも、でもさ、そんな弁護士が増え続けたら依頼者を含め

弱者は誰を頼りにすればいいの?


浮気・離婚・盗聴・ストーカーなどでお困りの方は私達にご相談下さい。
秘密厳守・ご相談お問合わせ完全無料
ご相談フォーム
もしもの時はここ  探偵photo   この子達を捜して!
探偵さん |MAILHomePage

My追加
エンピツ