KAMMYの日記

2002年05月31日(金) フランス0−1セネガル

○FIFAW杯一次リーグ 5月31日(金)20時30分 ソウル
フランス 0(0−1)1 セネガル
      (0−0)

…いや、当然TV観戦なんですけど。
 今回は、@niftyのサッカーフォーラムの関係者で、川崎市中原区の、等々力陸上競技場近辺にある、某焼鳥屋にスカパー&TV一式持ち込んでの、クローズドサーキットとなりました。
 …こんな試合もあるのね。これがサッカー、と。

 ただ、武蔵小杉から本八幡まで帰るのはあれだけども。

 なお、このクローズドサーキットは、大会中決勝戦を含め、あと2,3回企画されてます。参加しようという奇特な方、私まで問い合わせ下さい(俺が行くかどうかはわからないけど)。



2002年05月30日(木) W杯開幕前日。。

 というわけで、あの1996年5月31日から早6年。夢にまで見たこの日がついにやってくる。しかし、正直言ってなんか気分が乗らない。本当に来るのか?

 幸いにも、俺は日本開催3試合のチケット(日本−ベルギー戦、ロシア戦、利府でのR16)は確保しているが、ここへ来て、「10万で売った」なんていう話を聞くと、うーんと悩んでしまう。

 で、俺が届かないチケットは、水原でのR16なのだが、今日大分のJAWOCから携帯に電話があり、「TSTのチケット届かない分は、現地で引き替えて下さい」って。おいおい、俺はTSTは頼んでないぞ。



2002年05月29日(水) W杯予想

 実は、今日の日記は、6/1(土)AM0時35分に書いている。
 つまり、フランス−セネガルが終わった後に書いているのだが、予想自体はフランス−セネガルの始まる前に書いたものです。

優勝  イタリア
準優勝 アルゼンチン
日本  ベスト8
得点王 オーウェン

 根拠?そんなものはない。ただ、日本は「R16でブラジルに当たりさえしなければ」ベスト8まで入れる、と見た。



2002年05月28日(火) 遂に発表!

 出ましたね。

 ちなみに、現在のODNは、8月以降もODNとして存続するらしい(つまり、ユーザーの皆様に対するサービス等は変わらない、ってこと)。



2002年05月27日(月) 今頃になって気づいたこと。

 昨日(5/26)の話なのだが(って、実際にこれ書いているのは6/1なのだが)。
 「FIFAワールドカップへ行こう!」って本をネットで注文した。で、都民大会に行っている間に、佐川急便から自宅に電話。「持ってきたが留守」。しかし、自宅に帰ってみると、普通不在票の一枚もありそうなものだが、それがない。仕方がないので、着信履歴からドライバーの携帯の番号を調べ、届けるように依頼。
 …で、暫くすると、再びドライバーから電話。俺の自宅の場所が分からないって…マジ?住所は確かに正しいはずだが??

 で、結局本自体は届いたのだが、重大な事実が分かった。

 俺の自宅の住所は、千葉県市川市南八幡X-XX-X、(アパート名称)X0X号室である。しかし、面倒なので通常はアパート名称は省いて書く。
 で、その南八幡X-XX-Xの番地内に、俺の住むアパートと、一軒家が2件と、そのほかにもう一つアパートがあった。しかも、そのアパートにはX0X号室があるから始末が悪い。

 なぜなんだスティーブ!



2002年05月26日(日) 東京都民大会フェンシング競技最終日/その後

○第55回東京都民体育大会フェンシング競技最終日
(5/26,台東リバーサイドスポーツセンター)

・男子エペ団体 14位/26チーム
予選リーグ 北区 3−0 八王子市(俺は4V−3で勝ち)
      北区 1−2 世田谷区(俺は近藤さんに0−5Vで負け)
トーナメント北区 1−2 足立区 (俺は2−V5で負け)

 というわけで、男子総合は立川市(警視庁)が?連覇、女子総合(公開競技)は杉並区が?連覇。北区は結局3年?続けて3種目ともベスト8に入れず、参加点のみの獲得で、26チーム中16位。

 うーん…。この大会の調子を見て、6/30と7/6に行われる、東京都選手権への出否を決めようと思ったが、どうもイマイチ。決定は先送りに。

 で、その後秋葉原のマンガ喫茶(ネットカフェ)へ。何をしようと思ったかというと、W杯チケット申込の控えをプリントアウトして、東京国際フォーラムに持っていこうと思った(5/24の日記参照)のだが、一軒はプリンタがなく、もう一軒はプリンタがあったが、アクセス制限がかかっていたらしく、@niftyとか、ODNWebメールとか、勿論W杯チケットサイトもアクセスNG.…使えねぇ…。



2002年05月25日(土) 東京都民大会フェンシング競技初日/日本1−1スゥエーデン

○第55回東京都民体育大会フェンシング競技初日
(5月25日、台東リバーサイドスポーツセンター)

 とりあえづ、俺が出た北区の結果のみ。相手は敬称略

・男子サーブル団体 11位/20チーム
 予選プール 北 0−3 墨田(俺は川口に3−V5で負け)
       北 2−1 目黒(俺は中島に4−V5で負け)
 トーナメント北 1−2 墨田(俺は河辺に1−Vで負け)

・男子フルーレ団体 16位/24チーム
 予選プール 北 2−1 品川(俺は井出にV5−4で勝ち)
       北 1−2 江東(俺は住田に2−V5で負け)
 トーナメント北 0−2 大田(俺は0−V5で負け)

 明日は男子エペ団体。

○キリンチャレンジサッカー ファイナルチャレンジ
(5月25日、国立競技場 55,418人)
日本 1(0−1)1 スゥエーデン
    (1−0)
 やはり、何がメインかって言ったら、第四審判の柏原丈二でしょう(爆)。



2002年05月24日(金) nakata.net CAFEを行く/仙台二3−2東北

 水曜、木曜といろいろあったんで、今日は定時に上がり。ま、仕事の方もとりあえづ昨日で一区切りついたのと、給料日(とはいえ、俺の手元に残る金は限られてるが)なのも…あまり関係ないか。
 で、マリンに行こうかとも思ったが、明日は自分の試合(フェンシング)なのでパス。会社(八丁堀)から歩いて15分、東京国際フォーラムへと向かう。

 お目当ては、W杯チケットの引き替え。日本で見る3試合は既に手元に届いているのだが、韓国で見る試合(6/16,水原)のチケットがまだ届かない。大体、FIFAのチケットオンラインでは「accepted」の表示がされているのだが、普通受け付けた旨のメールの一通くらい寄こしてもいいようなものだが。
 で、その東京国際フォーラムの地下一階に、クレジットカードの挿入によりW杯のチケットを交換する「チケッティングビューロ」がある。そこでクレジットカードを突っ込んだが、…何も起きない。文句を言おうと思ったが、チケット受付の控えをプリントアウトした紙を持ってくるのを忘れたので、また後日出直すことにした。尤も、営業が19時までなので、行ける日は必然的に限られてくるのだが。

 その後、ウワサのnakata.net cafeへ。しかし金曜の夕方どきだったせいかどうか知らないが、また東京国際フォーラムでMTVの招待イベントがあったせいかどうかわからないが、50席以上ある椅子席は満席。仕方がないので、スタンディングでセットを食べる。
 残念だったのは、インターネット端末があったが、プリンタがついていないので、「上記のチケット受付控えをプリントアウトする」という技が使えなかったこと(つーか、CANONのCMにヒデ中田が出ているんだから、プリンタの一つくらい置いてよ。ちなみに、PCは4台設置)と、J-PHONEユーザーは10%offなのだが、それを証明できる画面の場所がわからなかったので、結局10%offにならなかったこと。

---------------------------------------------------------------
(以下は、伝聞の情報です。念のため)
○春季東北高校野球宮城県大会準々決勝 5/24(金)愛島球場
東北 200 000 000=2
仙台二001 010 00×=3
(東)ダルビッシュ[5]、高井[3]−泉谷、佐藤弘
(仙)小川−川村

 …おいおい、勝っちゃったよ。大型ルーキー・ダルビッシュから5安打2点を奪い同点に追いつくと、6回から急遽右翼から登板した高井から、7回に速攻でスクイズを決め勝ち越し。守ってはエース・小川が被安打6、与四死球2、奪三振8で東北高校を抑え、ベスト4進出!
 二高が春の大会で4強に進んだのは、…江尻(現日本ハム)を擁して優勝した平成7年以来か?そもそも、二高が東北に(硬式野球で)勝ったという話を俺は聞いたことがない(大昔、昭和44年?夏の大会で延長16回で二高が勝つも、その次に仙台工に負けた、というのがあったらしいが)。育英には勝ったことがあるけど。
 というわけで、明日5/25は10時より、愛島球場で準決勝。相手は仙台高。




2002年05月23日(木) 夜のお話。

 朝っぱらから、こんなニュースが飛び込んできて、自分の将来にいささかの???を感じつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。(ちなみに、こんなニュースに対する会社としての現時点での見解はこちら。

 俺はフェンシングを(一応、現役で)やっているのだが、通常の台東リバーサイドスポーツセンター(浅草駅下車、徒歩10分)での練習は毎週水、土曜。で、水曜は通常面倒なので、土曜しか行ってないのだが、今週末の土日が試合なので、珍しく水曜(昨日、5/22)も行こうと思って、Tシャツとかも持参。したっけ、…仕事が珍しく?はまって、結局行けずじまい。

 で、今日は今日で、俺の通っているエスフォルタ赤坂店。通常俺が行くのは、超音波流水マシーンによる、シェイプアップ流水のレッスンがある月曜日なのだが、現在春の脂肪燃焼キャンペーンを実施中で、5月30日までにあと数回行くと何かが貰えるらしい。で、今日そのスタジオレッスンが19時5分からだったのだが、仕事に妙にはまって行けずじまい…。



2002年05月21日(火) 日本ハム 5−6 千葉

・5/21(火)東京ドーム 9回戦(日本ハム3勝6敗)

15,000人

M 021 001 020=6
F 001 201 010=5

(勝)小林宏之 3勝1敗
(S)小林雅英 1勝1敗6S
(敗)佐々木  2勝2敗1S

(千葉)シコースキー[5 2/3]、小林宏[2 1/3]、小林雅[1]−清水将
(日本)関根[6]、佐々木[1 1/3]、芝草[1 2/3]−実松

(本)2回表 初芝 2ラン 4号(関根)
4回裏 オバンドー ソロ 10号(シコースキー)
4回裏 クローマー ソロ 6号(シコースキー)
6回表 ボーリック ソロ 5号(関根)
6回裏 田中幸 ソロ    7号(シコースキー)
8回裏 オバンドー ソロ 11号(小林宏)

 ちょうどドームに向かう橋を渡るところで、ビジョンで初芝の先制HRを見る。勝ちムードでいたのだが、シコの乱調が早めに来た。
 で8回、佐々木が一死から3連続四球を与えると、5番Dメイタイムリー!代わった芝草から、初芝が犠飛で2点差に。その裏、先頭が小笠原だったので、藤田投入か?と思ったら小林宏之続投。先頭の小笠原は討ち取ったが、4番オバンドーがキリンの看板直撃の二打席連続HR!
 最後は福浦のエラーもあったが、二死一、三塁のピンチにライト前の金子の打球を、右翼喜多が好捕して試合終了。

 明日は…今のところはフェンシングの練習の予定だが。

<ピンバッヂ>ミラバル(2個)、建山、野口
+ガチャガチャでFs目覚まし当選。

今季千葉公式戦観戦成績 H1勝5敗 A2勝3敗
次回観戦予定 6月1日福岡戦(金沢)*予定



2002年05月19日(日) 続・スカパーへの道

<前日のあらずじ>
 前日、スカパーを設置しようとしたら、私のアパートのベランダがちょうどスカパーの衛星と反対向きであることが判明。従って、手すりへの設置は不可。

 最後の手段として、「壁に穴を開けて設置する」ということで、不動産屋を通じて大家に打診するも、…NG.


 はーっ…。


<今日の外出>
 AVE関東改め、VEGAS関東(ベガルタ仙台・アウェイサポーターズクラブ)の会合で目黒へ。横断幕を作成しました。三ッ沢での横浜FM戦で披露できるかと思います。

 …関東伊達会との関係?…ノーコメント。



2002年05月18日(土) スカパーアンテナ設置/千葉5−6大阪

 朝からスカパーのアンテナ設置。しかし、実はうちのアパートの部屋はちょうど衛星の向きと逆にベランダが向いていることが発覚。なんとかならないかといろいろやってみたが、どうやら壁に穴を開けないとだめっぽい。
 というわけで、明日にでも不動産屋通じて大家に聞いてみる。

 で、午後からマリンへ。会社で招待券貰ったんで、毬印団BOX(内野自由席2F中央、スコアボード真下)にての観戦。

・5月18日(土)千葉マリン 千葉1勝5敗 13,000人
Bu 101 021 100=6
M  410 000 000=5
(勝)高村3勝2敗
(負)藤田1敗
(S)岡本2勝8S
(勝打)高須(7回)
(本)堀6号(2回ソロ・バーグマン)高須1号(7回ソロ・藤田)

(大阪)バーグマン[5]、高村[3]、岡本[1]−的山
(千葉)加藤[4 2/3]、山崎健[1/3]、川井[1/3]、吉田[2/3]、藤田[2/3]、小林宏[2 1/3]−清水将

…今年初めて、試合開始から終了までの観戦。しかし、(土曜日の割に)右翼席に空席が目立つのは、雨が降ると思ったから?それとも成績不振??

 先発加藤、1回に1失点。しかしその裏、二死満塁からサブローのタイムリー三塁打!続く澤井が二塁打!さらに二回裏、堀の6号!これで決まったかと思ったが…コースケ、点取られすぎ。5回二死での交代もやむを得ずか。
 で、6回に同点に追いつかれ、左−右−左の打線に7回頭から藤田を使ったら、合間の右の高須に決勝HRって、…。

 しかし、全然日に焼けてないのに腕の皮が剥けたのはなぜ?

(ピンバッヂ)14佐藤由紀彦、いや違った57佐藤幸彦

(ラッキーカード)D.メイ
*館山デーで、なぜか?うちわが当選!

 夜はフェンシングの練習。…うーん…。調子がイマイチ上がらない。



2002年05月17日(金) W杯日本代表発表with裏日本代表

 というわけで、本日、日本サッカー協会より、ワールドカップに臨む
日本代表が発表されました。

GK:
1川口能活      ポーツマス
12楢崎正剛      名古屋
23曽ケ端準      鹿島
DF:
2秋田豊       鹿島
6服部年宏      磐田
4森岡隆三      清水
17宮本恒靖      G大阪
3松田直樹      横浜FM
16中田浩二      鹿島
MF:
8森島寛晃      C大阪
15福西崇史      磐田
7中田英寿      パルマ
14三都主アレサンドロ 清水
21戸田和幸      清水
20明神智和      柏
19小笠原満男     鹿島
5稲本潤一      アーセナル
18小野伸二      フェイエノールト
22市川大祐      清水
FW:
10中山雅史      磐田
11鈴木隆行      鹿島
9西澤明訓      C大阪
13柳沢敦       鹿島

…つーわけで、山下の落選は(残念ながら)ある程度予想済みだったの
ですが、秋田とゴンが入るとは…(驚)。個人的には、鈴木隆行も
柳沢もいらないのですが、ここまで来てこの二人を切るわけにもいか
ないでしょう、チームとしての流れを考えたら。
 ただ、俺に言わせれば、鈴木隆行が4年前の常勝寺、もとい城彰二を彷彿させると思うのは俺だけか。ってメールをNACK5に送ったら、大野さんに「今更城を持ち出すのもないんじゃないか」って。浦議(他チーム板)では、「2年前の川崎F時代の鈴木隆行を彷彿させる」って。[3847]

 …それでも、行くよ。国立でのスウェーデン戦、そしてベルギー戦、ロシア戦。

----------------------------------------------------------------

 で、ひしゃくさんのところを習って、「裏日本代表」。
 決して、北信越地方選抜ではありません。

監督 清水 秀彦(V仙台)
コーチ越後 和男(V仙台)
GKコーチディド・ハーフナー(札幌)

GK 高橋 範夫(V仙台)
DF 波戸 康弘(横浜FM)
   小村 徳男(V仙台)
   大岩 剛 (磐田)   
   岩本 輝雄(V仙台)
MF 森保 一 (V仙台)
   名波 浩 (磐田)
   中村 俊輔(横浜FM)
   財前 宣之(V仙台)
FW 久保 竜彦(広島)
   山下 芳輝(V仙台)

控  鈴木 克美(山形)
   名良橋 晃(鹿島)
   小笠原満男(鹿島)
   高原二等兵(磐田)
   小倉 隆史(札幌)

…ありきたりでしたね。以上。   



2002年05月16日(木) 柏 0−1 V仙台(2002/5/15)

 なんか、この試合の記録が出ていないので、今更追記(2009/11/1)。

○第11回JサテライトリーグAグループ 2002年5月15日(水)18時28分 日立柏サッカー場 曇 風:中 17.3℃ 66% 主審:向後隆夫 副審:今武司、牛尾眞一郎 第四の審判員:福岡靖人(4人とも二級審判)観衆:438人 公式記録

柏 0−1(0−1) V仙台

【得点】21分(仙台)菅間 望

【柏】GK22吉田宗弘(→HTGK21清水健太)DF12森川拓己(→82分MF17菅沼実)、20永田充、26近藤直也(→67分DF30市川慎也) MF19杉山新、25藪崎真哉、14落合正幸(→76分MF15砂川誠)、27田ノ上信也、32藤田雄馬、28玉田刑事 FW31菅原太郎(→76分FW29町田忠道)

【仙台】GK1前川大樹 DF2庄司祐貴(→86分12岡田尚)、4飯尾和也、5矢畑智裕、3中島浩司 MF6木戸康史、7千葉直樹、8西洋祐(→86分13斎藤翔)、10中村伸 FW9光岡真也、11菅間望 SUB:GK16萩原達郎

【警告】(柏) 55(C2)田ノ上
    (仙台)29(C1)西、38(C1),84(C1)千葉、51(C2)庄司、70(C4)中島

【退場】(柏) 51玉田刑事(乱暴)
    (仙台)84千葉直樹(警告2)

【シュート数】柏9 仙台11


 覚えてるのは、FLEXで会社途中で上がったのと、帰りに駅まで4人でタクったことくらい(爆)。

(以下、当時メモより)
 得点は仙台右サイドの攻撃、右サイドからのシュートをゴール前混戦で菅間が押し込んでのゴール。その後は主に仙台から見ての左サイド−柏から見ての右サイドを中心とした一進一退の攻防だったが、後半6分メインスタンドの前で仙台・庄司が柏・玉田にラフプレイ。これに怒った玉田が庄司をどつき返し、そのまま倒れ込む。すると主審、庄司にイエローを出した後、ピッチ外で治療する玉田に一発レッド!
 しかし、柏に退場者が出てからは柏ペース。まるでこの前の函館の逆の展開。それでも柏の攻勢を凌ぎ、サテライト3連勝。

 仙台の注目選手は、両SB。右の庄司、初先発ながら溌剌とした動きで、何度もチャンスを演出。一方の左の中島浩司。SBというよりはやや前目に位置するので、4−4−2というよりも3−1−4−2のポジションか(爆)。



2002年05月15日(水) ノルウェー 3-0 日本

・国際サッカー 2002年5月14日(火)17時45分
(日本時間5月15日00時45分)オスロ・ウレバールスタジアム
晴れ 主審:ヘリス 観衆:8,348人

ノルウェー 3(0−0)0 日本
       (3−0)
【得点】72分、77分、84分

【日本】GK23川口 DF5宮本、16中田浩二(→81分6服部)、
22中澤 MF15福西(→45分21戸田)、20市川
(→45分17明神)、25稲本(→85分7小笠原)、26小野伸二、
27中田英寿 FW11鈴木隆行(→85分14三都主)、18久保
(→45分13柳沢)SUB;19山下他

…って、書くには書いたけど、実は試合見てません。0時30分に
寝ました。寝付いたところにメールが届いて起こされたので、TV
をつけたら前半15分で0−0、で寝ました。
 ビデオも撮ってないので、再度見る気もないし。

 案の定、山下(V仙台)の出番はなし。

 W杯本番の登録選手(23名)を考えると、FW枠は4名と考える
のが妥当で、恐らくトルシエ監督の頭の中では、(高原>)柳沢>
鈴木隆行>西澤>久保>山下、なんでしょう。高原は恐らく本番には
間に合わない、西澤は虫垂炎の手術をしたが、何とか本番には間に合い
そう。となると、必然的に山下の出番は、…である。

 実際、今年になって代表でもチームでも点を取っていない鹿島の
柳沢、鈴木なので、非難はごうごうだろうけど、恐らく4人でいく
んでしょうね。はーっ。
 鈴木隆行が、4年前の城彰二にだぶって見えてきた。



2002年05月14日(火) 千葉2-3日本

7回戦 マリン 8,000人 千葉4勝3敗
F 000 012 000=3
M 002 000 000=2
(勝)隼人 3勝1敗
(S)芝草 1敗1S
(敗)シコースキー 1勝5敗
(本)田中幸6号ソロ(6回シコースキー)
   オバンドー9号ソロ(6回シコースキー)
(勝打)オバンドー(6回ソロHR)

(日本ハム)隼人[8 1/3],芝草[2/3]−実松
(千葉)  シコースキー[6],小林宏[3]−清水将

 …5回まではいい試合だったんだけど、ねぇ…。6回、田中とオバンドーの2発で逆転を許し、そのまま。9回裏にはDメイ、澤井、そして代打由紀彦、もとい幸彦の当たりそこねが内野安打を産み、一死満塁と”ぶっちぎりの青春”芝草を攻める。しかし代打吉鶴空振り三振、そしてここんとこ好調の堀もショートフライで万事休す。同点に追いつけば次がキター!だっただけに…。

 ピンバッヂ:信原

 なお、試合終了後外に出ると、日本ハム札幌移転反対の署名を集めていたことを記しておく。



2002年05月12日(日) ナビスコ杯予選リーグ閉幕

 今日は、結局自宅待機、ってことで。TVはESPNをつけながら、
ネットで試合経過をチェック。

◎第10回Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ

A組 室蘭 観衆5,643人 札幌 1−0(1−0)柏
というわけで、「勝てばV仙台が決勝リーグ進出」だったのに…。

A組 仙台 観衆19,118人
ベガルタ仙台 0(0−0)1 ジュビロ磐田
        (0−1)
81分(磐田)河村

…はーっ…。

 一方、D組は駒場 観衆15,637人
浦和 1(0−3)5 名古屋
    (1−2)
で、広島ビッグアーチがドローであれば名古屋が決勝トーナメント
進出だったのに、

広島ビッグアーチ 6,215人
広島 0(0−0)1 鹿島
    (0−1)  87分 アウグスト で、終了。

 W杯中断前のtotoも、V仙台が負け、鳥栖が負け、東京Vが
勝った時点(15時前)で終了。おまけに、ESPNで見ている
福岡ドームは、

M 000 040 100=5
H 420 030 11×=12
(本)1回裏 松中 3ラン 6号
   2回裏 バルデス 2ラン 10号
   5回表 堀 満塁 4号
(M)加藤,小林宏,田中充,山崎健,戸部、川井 − 清水将
(H)杉内,篠原,飯島,吉田,若田部、寺原− 城島
…語るのも疲れた。全てはDメイの怠慢守備。



2002年05月11日(土) 青梅2−3ホリコシ

 話は5月6日、函館での札幌−仙台戦の試合前に遡る。
 前座試合(札幌U18−函館高校選抜)で、札幌サポに対抗して、函館の
応援をしかも川崎Fの曲で応援する一部仙台サポ。で、その光景を見て、
キクチが俺に「地域リーグってこんな雰囲気なのか?」。

 …そういや、地域リーグ決勝大会は見ているが、地域リーグ自体もあまり
見てないし、関東に約7年住んでいながら、関東リーグもまだ見たことな
かったっけ。というわけで、足を運ぶ。

◎第35回関東サッカーリーグ第5節初日
2002年5月11日(土)14時30分 江東区夢の島競技場

青梅FC 2(0−1)3 群馬FCホリコシ
(4勝1敗)(2−2)  (3勝2敗)

【得点】 7分(群馬)蔵川 洋平(左北原CK→H)
    49分(群馬)菅野 賢一(右サイドドリブルでぶち抜き)
    54分(群馬)高山 洋平(蔵川左からマイナスのグラウンダー)
    59分(青梅)野口 陽央(PK)
    63分(青梅)田上 亮介

【青梅FC】GK1西入俊浩 DF4和田匡弘(→63分FW18島尾龍二)、
11菊池完、5榎戸勤、22沼倉大輔 MF32相馬亘、25田上亮介、
7中畑辰弥(→70分MF26関谷拓実)、8松下豊 FW9野口陽央
(→84分FW19穂積一哉)、14梶山宗義 SUB:不明

【群馬FCホリコシ】GK1井坂進一 DF2山村泰弘、3小川大介、
4神田文之、5深田慶太 MF6木村哲昌、7菅野賢一、10北原健二
(→73分FW19奈良進太郎)、14高山洋平(→64分MF16
エヴァンドロ・アントニオ・ベヴィラクア)FW11村田敦夫
(→88分MF13井上賢治)、9蔵川洋平 SUB:GK12道本大三郎、
DF15三本菅崇、MF8清水武士、23?)

【警告】12分(青梅)沼倉 大輔

【退場】59分(群馬)神田 文之

 青梅はサポ約3名。一方、ホリコシはここでも叩かれている通りの、バス3台での「学徒動員」。ま、確かにホリコシ自体、専門学校のチームなのだが。しかし、人数こそ50名くらいいるが、4/5が女生徒なので、太鼓(4台くらい)の音に声が潰されてしまう。
 試合は、これまで負け無し全勝の青梅に、元プロを多数揃えたホリコシが挑むという構図だったが、「どっちが首位チーム?」という展開。試合はホリコシが終始支配、3点目でほぼ勝負が決まった…はずだった。しかし59分、PA内で青梅FWが倒され?これでホリコシのCB神田一発退場。いや、でもこれはシミュレーションっぽいが。そのPKを決めると、その4分後に青梅が2点目を入れ、これで勝負はわからなくなった…って思ったら試合終了。

 …ま、こんなもん?

P.S.青梅FCVS群馬FCホリコシの試合を見に行き、学徒動員マンセーとのたまった…って、マンセーと言った覚えはないが?



2002年05月10日(金) 日本5−0中国台北/OB企画

○第33回AFCU−20サッカー選手権一次予選グループ7
2002年5月10日(金)19時 国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場
日本 5−0 中国台北
 …は、雨のため行かなかった(爆)。

 で、ひしゃくさんとこを見て、宮城県版”OB選抜”ってのを考えてみた。主なネタ元はここ。とはいえ、選手殆ど知らないからな(爆)。

仙台育英・OB選抜
FW:佐藤直樹(電力ノスタルジア)、瀬川誠(V仙台コーチ)
MF:三品佳功(松島ク)、見田雅之(S仙台コーチ)、千葉真也(新潟)、武藤真一(市原)
DF:須藤秀之(元B仙台)、須藤和之(電力ノスタルジア)、荒川祐司(S仙台)、中島浩司(V仙台)
GK:武川忠司(仙台大)
控え:今北威史(オット・ブロン)、佐藤仁(桃山学院大)、齊藤徳宏(北陸)
 …おぉ、それなりの(失礼)メンバーが揃ったじゃん。

東北・OB選抜
FW:相澤清喜(元V仙台)、野中俊介(佐川急便東北)
MF:平間智和(札幌)、今野泰幸(札幌)、小林浩次(国士舘大)、日下友浩(佐川急便東北)
DF:阿部達也(仙台大)、岡嶋裕介(仙台大)
GK:黒澤尚(S仙台)
監督:大森貞雄 場内DJ:本間秋彦
 ここのポイントは、やはり場内DJでしょう。…あ、DFが2人足りないや。

東北学院・OB選抜
FW:加藤望(柏)、菅間望(V仙台)
攻MF:森隆史(大阪体育大)
守MF:土橋正樹(浦和)、橋本淳(S仙台)、千葉直樹(V仙台)
DF:壱岐友輔(UFCインパルス)
GK:小野寺英貴(松島クラブ)
監督:壱岐先生
 …最強のトリプルボランチかよ。でもDFがなかなか。

B/V仙台ユース:OB選抜
FW:齊藤太一郎(元V仙台)、木村孝次(S仙台)
MF:佐々木光宏(中央大)、齊藤紀由(東京農大)、西洋祐(V仙台)、鈴木翔太(東京農大)
DF:佐山敏、秋田勝(1860ミュンヘン)、浅野真市(東京農大)、大森亮(東京農大)
GK:千葉理史
 何とか11人揃ったか。西をどこで使うかがポイントだが。

仙台二・OB選抜
FW:松下直樹(元市原)、渡辺鉄也(前早大)
MF:鈴木武一(V仙台)、千葉修造、小野寺秀徳(講談社)
DF:加藤久
GK:川島
監督:金田 コーチ:今野
 …やっぱり、これをやらないと。とはいえ、誰がサッカー部だったか思い出せないし、確か川島がGKだったというのは覚えているが。千葉修造は応援団有志会。小野寺君には現在、AVE(ベガルタ仙台アウェイサポーター会)の幹事をやってもらってます。



2002年05月09日(木) 柏0−0V仙台



 今晩は>ALL。

○第10回Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグAグループ第五節
2002年5月9日(木)19時 柏の葉公園競技場 曇 13.6℃
主審:柏原丈二 副審:唐木田徹、蒲澤淳一 観衆:4,849人

柏レイソル 0(0−0)0 ベガルタ仙台
KICK OFF   (0−0)

【柏レイソル】GK1南雄太 DF4渡辺毅、23根引謙介、12森川拓巳
MF13渡辺光輝、2萩村滋則、8サンパイオ、24平山智規、15砂川誠
(→75分MF17永井俊太)FW9北嶋秀朗
(→69分FW32宇野沢裕次)、11加藤望(→61分FW町田忠道)
SUB:GK16佐藤大、DF25薮崎真哉 監督:スティーブ・ペリマン

【ベガルタ仙台】GK16小針清允 DF18森勇介、6リカルド、2渡邊晋、
30村田達哉(→77分DF5片野坂知宏)MF27森保一、26村上和弘
(→83分MF7千葉直樹)、8シルビーニョ、14岩本輝雄 FW11藤吉信次
(→72分FW10財前宣之)、9マルコス SUB;GK1高橋範夫、
MF32山田隆裕 監督:清水秀彦

【警告】27分(柏) 平山 智規
    33分(柏) サンパイオ
    54分(仙台)森 勇介 *累積4枚目
    72分(仙台)リカルド
    78分(仙台)リカルド

【退場】78分(仙台)リカルド(警告2)

【シュート数他】SH CK FK
柏レイソル   11  9 33
ベガルタ仙台   7  2 18

【雑感】
 15時20分東京発のバスに乗ろうと思ったら、病院で精算に待たされ
のれずじまい。結局、常磐線で柏へ、いつもの(日立台に行く)調子で
柏駅東口に行ったら、それらしきバスがなく、西口でバス乗り場を発見。
しかも、バス乗り場に向かう道には、柏だけじゃなく、仙台の旗も立っている
用意周到ぶり。16時40分発の直通バス、乗客は7名。
 で、仙台サポは結局50名ほど?前説で「会社休んだ人〜!」って振っ
たら、手を挙げたのが半数くらい。なんだ、みんな同じじゃん(爆)。
 客入りは、柏G裏はほぼ満員に見えたが、立ち見だからある程度入れば
満員に見えるのかな。その他はそれぞれ3〜4割の入りか。

 試合は、前半は圧倒的な柏ペース、しかし柏のフィニッシュに難あり、
結局凌いで0−0で折り返す。後半になると、徐々に仙台もペースを掴む。
主審が柏原「ジョージ」なので、仙台有利かとも思ったが、PA内で倒された
マルコスを流したり、リカルドに黄色二枚出したりと、そうでもなかった。
リカルドの退場後は、直樹をCBに入れてドローに持ち込む。
 この試合から復帰のマルコス。90分動いてはいたが、どうも全盛期の
キレはまだ、といったところか。

 で、仙台サポからは試合終了後声援、柏サポからはブーイング。そりゃ
そうだ、柏にしてみれば3試合連続0−0だからな…。しかし、このドロ
ーで柏がより優位に立ったのは明らかである。



2002年05月08日(水) 日本12−0モンゴル

○第33回U20アジアサッカー選手権予選グループ7
2002年5月8日(水)19時 国立スポーツ科学センター
西が丘サッカー場

日本 12(8−0)0 モンゴル
     (4−0)
【得点】たくさん。今野(札幌)が先制、茂木(広島)が5点。

 ま、予想通りの展開といえばそれまでですが。
 笑えたのは、後半からモンゴルを応援する一団がアウェイG裏に
出現したこと。「モンゴルのゴールが見たい!」って、日本語で
言ってもわからんじゃん。

 そして、ビッグさプライズは、メインで観戦して帰ろうと思って
席を立つと、そこにはなんと岩瀬裕子さん(ミヤギテレビアナウン
サー)!!とりあえづ、挨拶して帰ったけど。
 岩瀬さんといえば、5月1日にトルシエ監督に、記者会見の席で
「代表に呼ばれているが使われていない選手(実名は出さなかった
が、山下のことを指している)についてはどう考えでしょうか」と
迫り、トルシエから
 「全然プレーしていないからと言って、プレーさせるような
視点では考えていない。あえて必要なら使う選択肢もあるが、
精神的な状態のため(選手の不満をおさえるため)に使うこと
は考えていない」
とのコメントを引き出した、宮城県内ではある意味「時の人」
なのだが。

 で、その山下、日本時間で今朝行われた、レアル・マドリッド
vs日本代表戦に後半25分から交代出場。
 最後の15分しか見ていないのですが、うーん…。

 所詮、レアルの100周年記念の花相撲なんでしょ。
 Aマッチにはカウントされないし。
 出場時間20分、雨で最悪のピッチコンディションじゃ評価は難しいか。




2002年05月07日(火) GW総決算/祝・村上A契約

○GW総決算。
 当然、ある程度カードで払っているのだが。
 細かい点のツッコミは勘弁ね。

・ANA
4/27 羽田−鹿児島 17,000(株主優待)
5/2 羽田−伊丹  10,000(超割)
5/3  伊丹−仙台  13,500(株主優待)5/6 函館−羽田  13,750(株主優待)
株主優待券     27,000(@3,000×4,@2,500×6)自宅−羽田      1,680(3回)
伊丹−新大阪      920(2回)

・その他交通費
4/27 鹿児島−大阪 12,000(高速バス)
4/28 大阪−東京  13,250(ひかり)
5/5 仙台−函館  11,000(コアサポバスツアー)

・試合チケット
4/27 磐田5−1仙台 2,500
4/28 大阪5−1千葉 800
4/29 日本1−0SLO 3,000
5/1 千葉3−2福岡 1,000
5/2 日本3−3HON 3,000
5/3 仙台1−0札幌 2,500
5/4 仙三11−1電波 500
5/5 みちのく    3,500
5/6 札幌1−1仙台 2,500

 とりあえづ、上記だけで139,400JPY。…絶句。

○祝・村上和弘、A契約(出場時間要件)達成。
…って話を、http://www8.plala.or.jp/mura-kazu/index.html
で書いたら、よりによってソシオBBSでその話題が。
 なんじゃそりゃ。(2chのベガスレでやるならまだわかるが)







2002年05月06日(月) 札幌1-0函館/札幌1-1V仙台

 今晩は>ALL。

 「コアサポツアー」ということで、仙台スタジアムを5日21時に出発。
なぜか?一番前の席に座らせられ、幹事の皆様と一杯やりながら、世之介
とかポーキーの思い出話(爆)に花が咲く。で、結局バスの中では「極道
の妻たち」(工藤静香が出てるやつ)ずっと見ていて、寝れずじまい。
 青森0250発のフェリーに乗り込んで、やっと少し寝る。

 函館0630着。早速朝市に直行。田中義剛のオールナイトでおなじみ、
「函館朝市味の一番」を探すが見つからず。…ネットで予習するべき
だった。

 で、0830会場着。1030開場。
 ちなみに、札幌ポラリスの存続署名をやっていたが、全然やる気が見
えずじまいだったので、署名せずに終わる。

【前座試合】
コンサドーレ札幌U−18 1−0(0−0) 函館高校選抜
…トップチームと同じく、フィニッシュに難あり。30分ハーフ最後に
かろうじて先制点が決まった。
 なお、メンバー等の場内アナウンスが全くないのには閉口。

 で、コンサドールズの今年のBGMが、ディドハーフナーGKコーチの
現役時代のテーマと同じなのは狙ったのだろうか?

◎第10回Jリーグヤマザキナビスコカップ予選Aグループ第4節
2002年5月6日(休)13時 函館市千代台公園陸上競技場 晴
17.3℃ 主審:砂川恵一 観衆:8,263人
第42回toto支持率(締切時点) 札幌16.97% その他27.79% 仙台55.24%

コンサドーレ札幌 1(1−1)1 ベガルタ仙台
          (0−0)

【得点】29分(札幌)小倉 隆史(PK)
    31分(仙台)森保 一 (ミドル)

【コンサドーレ札幌】GK1佐藤洋平 DF22吉川、14古川、18曽田
MF2田渕、26吉瀬、15森下、6大森、13平間
(→20分FW25新居)FW17小倉、16堀井(→78分FW23相川)
SUB:GK30阿部、MF20和波、7酒井 監督:柱谷哲二

【ベガルタ仙台】GK1高橋 DF18森、4小村徳男、6リカルド、
30村田(→75分MF7千葉直樹)MF27森保一、8シルビーニョ、
26村上、14岩本輝雄 FW10財前(→32分DF2渡邊晋)、
11藤吉(→71分FW29大友慧)SUB;GK16小針、MF32山田
監督:清水秀彦

【警告】40分(仙台)森 勇介

【退場】28分(仙台)小村 徳男(阻止(他))

 前半28分、札幌G前で札幌がファウル気味にボールをインターセプト、
そのまま速攻で攻め上がり、小村が玉砕覚悟でタックルに行ったところが
一発赤紙。いや、このプレーには札幌G前で札幌がハンドしただろうが!
ま、セルフジャッジした仙台にも責任はあるが。(主審・砂川は流した)
小村のタックル自体は、左エルボー入ってるらしいので、それ自体は
一発赤紙でも仕方ないか。
 で、それで得たPKを小倉が決めて先制。しかしその2分後、森保が
怒りのミドル一撃で同点!
 その後は、仙台は1名少ないハンデを感じさせない戦いぶりで、
何度もあわやの場面を作るも、結局攻めきれずに1−1でドローで終了。

*他会場の結果 柏の葉 柏0−0(0−0)磐田

*現時点でのAグループ順位表
     試 勝 分 負 勝点 得点 失点 得失差
1 磐田 4 1 3 0  6  5  1  +4
2 柏  4 1 3 0  6  1  0  +1
3 仙台 4 1 2 1  5  4  7  −3
4 札幌 4 0 2 2  2  1  3  −2

 つーわけで、次節で
◎磐田−札幌×、◎柏−仙台×となると、磐田・柏の予選リーグ突破が
決まります。

 …というか、別のことで疲れました。以上。
 別のことについては、気が向いたら明日書きます。
 なお、帰りは函館空港からANAでした。



2002年05月05日(日) みちのくプロレス

 GWで帰省してるんで、みちのくに行ってみました。
 会場のニューワールドホテル仙台は、「とりあえづ仙台大観音を目指せ
ばいいか」と気楽にバイクに乗ったのですが、進めども進めども出てこず。
泉中央から野村、パークタウン、長命ヶ丘(後から思えば、ここで曲がれ
ばよかったのね)水の森北山と進み、大学病院まで出て仕方ないのでGSで
道を尋ねると、行き過ぎだとの指摘。…とりあえづ北山駅経由で進むと、
あら着いたよ。

(ちなみに、私がここで前に見た試合は、96年9月29日、
冴夢来プロ?)

 試合は、

「みちのくプロレス GWシリーズ”ルード・オブ・ザ・リング”最終戦」
2002年5月5日(祝)14時 ニューワールドホテル仙台テニスクラブ
観衆:500名(目測)

 リングアナはパンチパーマした人(パンチ田原ではない)。

・第一試合 1/15
△ヤス・ウラノ(時間切れ引き分け)Hi−69△
 Hi69の左膝を攻めるヤス、しかし時間切れ。

・第二試合 1/30
○つぼ原人(9分8秒 パプアニューギニア式珍ぐり返し)北海珍念×
…お約束って、こんなの?

・第三試合 1/30
○カレー・マン、パブロ・マルケス
 (カレー 15分2秒 片エビ固め ジョディ)
新崎人生、ジョディ・フラッシュ×
*スパイシードロップ

(休憩)

・メインイベント 1/無制限
○ディック東郷、折原昌夫、石井智宏、日高郁人、マッチョ・パンプ
 (東郷 15分58秒 エビ固め 湯浅)
ザ・グレート・サスケ、グラン浜田、タイガーマスク、西田秀樹、湯浅和也×
*0.1トーン

 サスケ、終了後マイクで「今日は勝ちを譲ってやった。
 明日の5対5では全勝して、正規軍・招待選手によるみちプロを復
興させる。」

…って、今日のカード、明日のカードの5対5を10人タッグにしたのと、
第三試合でライガーと怨霊を抜いただけじゃん。

 全試合終了15時50分。サスケは川崎球場(WEW旗揚げ戦の
メイン、15時試合開始)に間に合うのだろうか?
 俺はこれから函館。



2002年05月04日(土) TBC開局50周年/仙台三12-1仙台電波高専/CASA VEGALTAを行く

○TBC開局50周年
 TBC東北放送が今年開局50周年を迎えまして、特番の一つくらい
あってもいいようなものですが、全然なし。ディズニーランド招待だけ
が50周年だと思っていないだろうな?
 で、今日「福井弘文のニューミュージックキラリ」が、特番(と
いうか、QR制作のこどもの日特番の穴埋め)で一日だけ復活。
 http://www.tbc-sendai.co.jp/

○仙台三12−1仙台電波高専
 で、高校野球仙塩地区リーグ戦。三高は、別に俺の母校でもなんでも
ないのだが、浪人・大学時代にはよく(応援に)遊びに行ったんで。

仙台三  155 10=12
仙台電波 000 10= 1
…三高、勝つには勝ったが、うーんな試合でした。攻めが雑。
 向こうのミスにつけ込んで勝った感じ。

 それ以上にうーんなのが、応援団。一応、幹部はいるのだが、
すっかり「野球部主導」の応援に任せっきり、って感じ。大体、
応援歌は一番で終わるし、やたら(テンポが)早いし、勝っても
エール交換(といっても相手は応援団いないが)はないし、勝利
(あ、三高では「凱旋」か)もないし。そもそも
コンバットマーチにカントリーロードを使うのって、ねぇ…。

仙台三高・甲子園への道:http://kuro.vis.ne.jp/ball_no3/index.htm

○CASA VEGALTA
 4月25日に、ベガルタ仙台チーム初のオフィシャルショップである、
「CASA VEGALTA」が泉中央にオープンしました。
 で、今日やっと行って来ました。

・グッズ類:ある程度揃ってます。但し、チームTシャツ、タオルマフラー
類は在庫切れの模様。山下13の代表ユニ型Tシャツもありました。但し、
FUZYとかHIRO,FIVE STARSのたぐい(順に藤吉、財前、岩本のオリジナル
ブランドTシャツ)はなし。あと、経営が藤原屋なので、地酒とか、ワイン
なんかも揃ってました。

・フード類:大型スクリーンに、客席は全部で30くらいかな?選手の
等身大パネルとかもありました。スクリーンではキリン杯スロバキア戦、
その後は鹿島−仙台戦を流してました。メニューはまーいろいろありま
すが、ベガルタバーガー680円(ポテト付)は少々高いと思ったのは
俺だけか?

・その他:ユニフォームのナンバリングもしてくれるとV仙台公式HPには
あったのですが、尋ねたら連休明けとのこと。また、totoの販売マシンも
あったのですが、同じく連休明け、とのこと。
 カウンターにはなぜか?CASA VEGALTAのロゴで、育成部長と監督の
名刺?が並んで置いてありました。

 場所は泉中央駅から、さらに仙スタと反対方向に歩いて5分くらいかな。
遊食館2の1F.ちょっとわかりにくいところかもしれません。

HPはhttp://www.casa-vegalta.com/

 グッズショップは11:00-20:00、カフェは11:30-23:00。



2002年05月03日(金) V仙台1-0札幌

 今回は、nifty:FRADIO/mes/10 に書いたネタを中心に。

 というわけで、神戸から新大阪まで新快速で戻り、ホテルに
泊まったのが5/2の夜。今日は朝6時40分のバスで伊丹へ。
某氏が、ANAのSignetラウンジに招待してくれるということ
で期待していたのだが、その某氏の乗った電車が人身事故起こ
して飛行機の出発もぎりぎりに。というわけでなし。その代わり
といってはなんだが、昨日地下鉄で会った某女性が、俺の斜め
後ろの席だった。まーそれだけだけど。

 サッカー第10回ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第3節、
ベガルタ仙台は5月3日、仙台スタジアムにてコンサドーレ札幌
と対戦し、1−0で勝利しました。これで、通算成績を1勝1分
1敗、勝点4で札幌を抜いてAグループ3位になりました。

 試合開始前には、4月の月間MVPの表彰が行われ、月間M
VPに選出された山下芳輝選手が表彰を受けました。山下選手
は、前日神戸ウィングスタジアムで行われた、日本対ホンジュ
ラス戦にベンチ入りしたものの、出番はなく、仙台サポーター
内では「飼い殺し」状態なので、何とかしたいと思っていたら、
声援を送る絶好の機会を頂いたことになりました。山下選手も、
試合の翌日、朝一番の飛行機で伊丹から仙台まで飛んできたの
でしょう(私も同じルートで、神戸から仙台入りしたのですが、
会社が違ったのか、見かけませんでした)。
 なお、山下選手は5月7日からの日本代表欧州遠征にも選出
されたようです。

 また、ガリッとさんが深川から来仙され、私の神戸みやげ
(神戸ビールと京都抹茶パックンチョ)と、ガリッとさんの
北海道みやげ(月刊コンサドーレと、白い恋人と、深川団子)
との交換会となりまして、北海道みやげは私の回りの仙台
サポの間で分け合いました。ごちそうさまでした。

 で、試合は正FWの2名(マルコス、山下)を欠く仙台
が攻めあぐんで前半を0−0で終了、しかし後半交代で
入った藤吉信次選手が、札幌DF4名を振り切っての見事
なループシュート、そしてゴールパフォーマンスは「ど根
性ガエル」でした。結局仙台が1−0で勝利しました。

 仙台のナビスコ杯での勝利は、1997年に初参加以来、
これまで0勝3分15敗。特に初参加の1997年は、
同じ準会員だった札幌が予選リーグを突破したのに比較
すると、随分なんだかなぁな戦績だったわけですが、こ
れで少しは溜飲が下がったものです。

 次節のナビスコ杯は、5月6日(祝)13時より、函
館にて同じくコンサドーレ札幌と対戦します。北海道文
化放送、仙台放送で時差録画中継がありますが、この
試合の解説をするのが元札幌の平川弘氏。平川氏とい
えば、1999年5月のこのカード(札幌−仙台)の
解説で、仙台をボロクソに批判して賛否両論を浴びた
人であり、それ以来の仙台戦登場となります。


○第10回Jリーグナビスコ抔予選第三節 2002年5月3日(祝)13時 晴
20.0℃ 仙台スタジアム 主審:吉田寿光 観衆:16,641人
第41回toto支持率(締切時点)仙台71.85% その他18.02% 札幌10.13%

ベガルタ仙台 1(0−0)0 コンサドーレ札幌
KICK OFF    (1−0)

【得点】69分(仙台)藤吉 信次

【ベガルタ仙台】GK16小針清允 DF17飯尾和也、4小村徳男、
6リカルド、5片野坂知宏 MF27森保一、26村上和弘
(→78分MF7千葉直樹)、8シルビーニョ、14岩本輝雄
FW10財前宣之、19光岡眞矢(→67分FW11藤吉信次)
SUB;GK1高橋範夫、DF2渡辺晋、32山田隆裕 監督:清水秀彦
サイン会:GK22前川大樹、FW24菅間望

【コンサドーレ札幌】GK1佐藤洋平 DF22吉川京輔、14古川毅、
18曽田雄志 MF2田渕龍二、26吉瀬広志(→78分MF19中尾康二)、
15森下仁志、6大森健作、13平間智和(→65分MF7酒井直樹)
FW16堀井岳也(→79分FW25新居辰基)、17小倉隆史
SUB;GK29井上敦史、MF20和波智広 監督:柱谷哲二

【警告】30分(仙台)シルビーニョ*累積1枚目
    48分(仙台)片野坂 知宏*累積1枚目
    63分(札幌)吉川 京輔
    67分(札幌)吉瀬 広志
    89分(仙台)千葉 直樹 *累積1枚目
    89分(札幌)中尾 康二

【シュート数他】SH CK FK
ベガルタ仙台  11  7 22
コンサドーレ札幌 9  3 23

【ホームMVP】藤吉 信次

【敢闘賞】   片野坂 知宏

*他会場の結果 磐田 13,293人 磐田0−0(0−0)柏

*現時点でのAグループ順位表
     試 勝 分 負 勝点 得点 失点 得失差
1 磐田 3 1 2 0  5  5  1  +4
2 柏  3 1 2 0  5  1  0  +1
3 仙台 3 1 1 1  4  3  6  −3
4 札幌 3 0 1 2  1  0  2  −2

 なお、試合前の前説についてはこちらを。



2002年05月02日(木) 日本3-3ホンジュラス

◎第23回キリンカップ第2戦 2002年5月2日(木)
19時22分 神戸ウィングスタジアム 晴 主審:パク・ソング
観衆:38,190?人

日本 3(2−3)3 ホンジュラス
KICK OFF(1−0)

【得点】(日本)25分中村、41分中村(CK),75分三都主(PK)
(ホンジュラス)14分ビネダ、26分、44分パボン

 メンバーは省略。しかし、山下の出番はなし。

 今日(5/2)の朝、デイリースポーツで以下のトルシエのコメント
を読んで、「まさかな…」とは思いましたが。

>「全然プレーしていないからと言って、プレーさせるような視点では考
>えていない。あえて必要なら使う選択肢もあるが、精神的な状態のため
>(選手の不満をおさえるため)に使うことは考えていない」

 …で、結局山下は出番なし、と。

 今度の欧州遠征のメンバー発表は、5/3(祝)16時だそうですが、
先輩(山田)を見習って、「出番がないなら行かない」とでも言い出す?
 今回の遠征メンバーが28名だそうなので、キリン杯メンバーは全員
行けるんじゃないか、とは思いますが。

 さて、明日は仙台…。



2002年05月01日(水) 千葉3-2福岡

 今晩は>ALL。

 4/30だけ仕事に出て、今日5/1は会社の創立記念日で休み。
 今年初めて、試合開始前からマリンに行ける、と思ったら、家で寝てて
気づいたら16時30分。一回秋葉原まで出て、週刊プロレス買って行っ
たので、マリンに着いたのは18時20分。藤波辰巳の始球式見逃した。

・5回戦(千葉1勝4敗)5/1(水)18時15分 千葉マリンスタジアム
主審:橘 観衆:14,000人 試合時間:2時間59分

H 000 001 100=2
M 000 010 011X=3

(勝)小林宏之1勝1敗(負)飯島2勝2敗1S(勝利打点)喜多1
(本)小久保9号(7回ソロ・加藤)

(千葉)加藤[8]、小林宏[1]−清水将
(福岡)山田[7 2/3]、吉田[0]、飯島[1/3]−城島

 千葉は5回、諸積の三塁打、そして渡辺正人の三塁打で先制。
 千葉先発加藤は、5回まで福岡打線を完全に抑えていたが、6回表先
頭の大道に中前打を浴びる。続く秋山を二ゴロ併殺に取るも、鳥越に左
翼線二塁打を浴び、続く柴原の当たりは三塁ゴロ、しかし初芝が失策。
二死一、三塁でここで何と加藤がボーク、同点に。さらに7回には小久
保の一発を浴びて逆転。
 すると8回裏、千葉は二死から澤井が死球。福浦の右前打で二死一、
三塁。ここで代わった吉田から、Dメイが一二塁間を破り同点!さらに
続く初芝に、何と代打!確かに6回の失策といい、4回に一死一、二塁
でお約束の三ゴロ併殺打といいよくなかったが、「ついに初芝に代打
か…」と思ったら、代打に出たのはボーリック。…しかし、さらに代
わった飯島に三振。
 9回表、小林宏之は二死一、二塁のピンチを招くも、城島の打席で
レフトに飛んだフライを、これは諸積がうまくキャッチ。
 さぁ9回裏。先頭の堀が四球、続く諸積の初球、バントでかがんだ
せいで?頭部に死球!当たったかどうかきわどいところではあったが。
無死一二塁で、打者清水将といえば、送りもしかたないか。三塁線へ
のバントは…切れた?と思ったら、どう見ても「ラインに跳ね返っ
て」無死満塁!
 無死満塁で、代打は吉鶴。しかし三塁ゴロ、本塁で堀フォースア
ウト。打順は先頭に戻り、この日初スタメンの喜多が…喜多ー!!!
センター前ヒットでサヨナラ!!!!!

 しかもピンバッヂも喜多だったし。

 というわけで、明日朝神戸経由で(爆)実家に帰ります。


 < 過去  INDEX  未来 >


KAMMY [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加
エンピツユニオン