甲斐犬ジロー通信
DiaryINDEXpastwill


2004年11月30日(火) ジローの七不思議



昨日からお腹ゆるゆるの為食べ物はいっさい口にしていません。
晩ご飯が無いとわかると諦めてまあるくなって寝てしまうので
あんなに食べ物には意地汚いヤツなのにこの諦めの速さは何なのだと
思ってしまいます。

「今日はあっしのごはん無いんでやすね。」

「分かりやした、んじゃ お先に寝かせてもらいますで。」

とサッサと寝床を整えて寝てしまいます。
あんまりあっさりされると ちょいと寂しい気持ちになったりします。


2004年11月29日(月) お腹がゆるゆるです



久しぶりにダンボールの上に上がって鳴いている。
朝散歩時にお腹がゆるゆるだったので おやつも貰えないので
荒れているのかと思ったりしてみたけれど 落ち着き無く
鳴くので 外に連れ出したら突っ走る〜。

突然しゃがんでぴー、ぴー。

お腹が絞れるように痛かったんだ。
口がきければと今日も思った。

ダンボールが潰れるほど訴えていたのに・・・。
慣れない食材のために緩んだものだと思う。
気をつけてあげようと思いました。
今晩は絶食にします。


2004年11月28日(日) 銀杏並木

神宮外苑の銀杏並木を歩きました。
紅葉はもうチョッとかな〜って感じ、昨年から比べると
鮮やかさに欠けます。



よ〜く見ると深緑がところどころ残っています。
急激に冷え込むことが無いままに12月を迎える頃になりました
から・・・。



こやつは顔を枯葉の中に突っ込んだまま なにかを探していました。
こういう所を歩くというか獲物探しが大好きなので大喜びで
焼き芋の皮などゲットして満足気な顔していました。



木漏れ日が差し込むベンチでは恋人同士、お年寄りのお仲間達が
ゆったりオシャベリを楽しんでいました。


2004年11月27日(土) 夜の銀座・・・電飾編

今日は暖かな一日でした。
午後にもジローは日光浴散歩に連れ出してもらい
夜は「美登利寿司」へばってら買いに行くついでに
銀座夜散歩までしました。

銀座はクリスマスの電飾が綺麗でジローと歩きながら
ここがいいねとか言いながら映しました。
松坂屋前の電飾。映していると外人の方がジローと3人の
ショットを撮ってあげると声がけしてくれました



交詢社ビルに最近オープンした「バーニーズニューヨーク」
こちらもクリスマス・クリスマスです。


「ルイ ビトン」の壁は内側から灯りが型を作っています。
金箔を貼ったように見えるので通りがかる人は立ち止まって
携帯でパチリ。


化粧品の「ノエビア」玄関前の電飾の色は紺なんです。


「ノエビア」前の「資生堂本社」の綺麗なこと。
実物の色はもっともっと素敵です。


もう一枚
カメラの機能が限界でくっきり映らないので残念。


街路樹にはお星様


ここは何処だったか忘れました。


ジローと歩く銀座の電飾を求めて。
「やっぱ、銀座は夜だな母ちゃん」


2004年11月26日(金) ジローの冬毛



あっしも色々ありやして、謹慎の身でごじゃりました。
その間、むくむくと冬毛が整い 季節を待つばかりとなりました。
母ちゃんは何を思ってか、あっしの毛の長さを測りました。

「ハイ!38ミリ〜!」

と言いました。
あっしの毛を撫でながら

「増えた増えた〜、ジローはお年だから 何時の日か頭が禿げるんじゃ
ないのかと思ったわ。この分なら 大丈夫!」

なんてこった!
禿げおやじにするつもりか!
わしら犬はな、人間のように禿げないんじゃ!


顎の毛は白くなってりるものの ジローの角ばった顔はまだまだ
健在です。 今日は特に番犬仕事でお客様を驚かしていました。
教えているつもりなんだろうけれどいきなり玄関で吠えられて
みなさんビックリしています。


2004年11月25日(木) 11月ルル子パン教室

お待たせしました。
11月の「ルル子パン教室」のレッスン日でした。
今日も盛りだくさん写真も沢山撮りましたので
ご覧下さい。



コルネパンは細く生地を延ばしてコルネ型にくるくる巻いて行きます。
巻き終わりに卵を塗って焼き上げます。


赤いお目目のうさぎ型をしたクリームパンとオーソドックスな型のもの。


焼きあがるとちょっとおデブなクリームパン。


コルネにはチョコレートクリームとカスタードクリームを詰めて。


美味しそうでしょう〜。チョコレートクリームはビターチョコレートが入った手作りです。


こんな風にハムや野菜スティックを詰めて頂くと朝食にも重宝します。


お楽しみメニューは「ロールケーキ」写真を撮るのを忘れるほど
ルル子ママさんの手際良さに見とれてしまいましたが、真中の渦巻き型が
そうです。 簡単でしかもしっかりしたおやつケーキです。
とっても美味しくて感激しました。

今日も楽しくレッスンを受けさせて頂き、おみやげパンも頂いてオシャベリして有意義な一日を過すことができました。




2004年11月24日(水) 街はクリスマスさ〜



大きなツリーだ!
今年もクリスマスがやってくるぞ。



夜もこんなにクリスマスムードだにゃ。




2004年11月23日(火) 年賀状撮影リベンジ

なかなか上手く映せないものです。
歩いてと言えば走り出すし 止まってと言えば動くし



向こうにいる犬を見つけて暫し止まった瞬間。



ジローって案外バックシャンでしょう。
飼い主だけがうっとり親バカしています。


2004年11月22日(月) すり鉢は強し

料理に使った卵の殻を
180度のオーブンで10分焼きました。



焼きあがった殻をすり鉢で・・・あっという間に
粉になりました。


けんたねぇさんがすり鉢は大丈夫?と心配していましたけれど
ねぇさんこの通りすり鉢はびくともしませんでした。
それに粉になるのがめっちゃ早い。
手で潰していたなんてジロ母も無茶なことをしてました。
ミルサーに代わる兵登場でした。



2004年11月21日(日) 年賀状撮影



今日は来年の年賀状の写真を撮るんだとさ。
なんでも 母ちゃんとあっしのラブラブバージョンを狙って
いるらしいけど、尻尾を引っ張られたり、こっちこっち〜って
何度も何度も呼ばれたり モデルのあっしも疲れやしたよ。
歩いているところを撮るから お行儀良く歩いて〜って
母ちゃんが言ったけど
ククッーー、走ってやりましたよ。
母ちゃん転げそうになって

「ジローーーー!」

思いっきりダッシュしちゃいました。
父ちゃんがそん時の動画撮ったんだけど
母ちゃん死にそうになって走ってた。
ちょいとゴメンネ!



2004年11月20日(土) サッカーおばさん

秋晴れの暖かいスポーツ日和の一日でした。
今日は「全国高校サッカー東京大会」の決勝戦です。
国立競技場を目指す東京の高校が2校決まる日です。

野球は甲子園、ラグビーは花園、サッカーは国立。
天下分け目の決戦なわけです。

7年ぶりに息子達の出身校がB決勝戦に出ると聞き
ジロ母仕事が終わって
即、西が丘サッカー場に向かいました。
過去に何回か応援に来た西が丘サッカー場も整備されて綺麗な芝が
敷き詰められて 恵まれた環境が整ってきたのだと感じました。

第一試合Aの途中にジロ母は着いてしまったので、他所の高校生と
一緒に観戦していましたが、残念ながら健闘虚しく負けてしまいました。
「いい試合してたのに、残念だったね」と場内整理をしている部員に
話しかけたら「応援ありがとうっす」って涙を堪えて唇噛み締め御礼を言ってくれました。
勝つか負けるかどちらかなんですよねスポーツは。
泣きじゃくる部員を
「来年があるだろ!明日からはじまりなんだから・・」って励ます子。
あぁ〜、こういう姿懐かしいなぁと思いました。
「頑張れ高校生、来年があるのだよ!」

次の第二試合は東京B、息子の学校です。
懐かしい父兄にも会えて一緒に応援することになりました。



前半も後半もイレブンは果敢に攻めて動きもとても良かったし
試合運びも順調にみえましたけれど
得点には絡めず0−0で延長戦に突入しました。

「行け〜〜!」
「まわれまわれーー!」
「落ち着いて、形をつくれーー!」
「ボーーっとするんじゃない!良く見ろーーー!」

段々、発する言葉も荒くなってきます。
母親とて 男に負けないくらいの力がはいったコトバがあちこちから
聞えてきます。
もちろんジロ母も喉が痛くなるほど 大声張り上げ力がはいりました。

延長戦では決定的なチャンスを逃した時はどよめきが起こり
ました。しかし、ずっと攻め続けていたのでそろそろゴールが
決まるのではないかと思った瞬間 相手チームのロビングシュートが
高く宙を舞いキーパーの手に触れてゴールの中に・・・・。

「ア〜〜ッ!」

Vゴール方式を取っていたのでここで試合は終了。
呆気なく負けてしまいました。

いくら攻めていたって、チャンスを活かせないのは そこまでの
実力ってことなのよってお隣のママに言われて
「はぁ、そですか〜」って
思いで息子に連絡を入れました。

応援する私も試合中はジロ父のこともジローも息子のことも
仕事のことも すべて頭から消えてなくなっている状態でした。
スポーツの魅力って「頭の中がからっぽ」になることなんです。
それと高校生の礼儀正しい姿は見ていて気持ちよいです。
今日の惜敗をバネに来年も国立目指して精進してください。
サッカーおばさんは君たちのこといつも応援していますよ。



東京代表校 A修徳学園 B実践学園
新春国立で決勝戦を迎えることが出来ますように。


2004年11月19日(金) 危機管理

今日も一日雨降りだった。
例の「オレオレ詐欺」のことで電話が回ってきました。
やっぱり息子の学校の名簿からかけまくっていることが分かりました。
長男の学年だけでも昨日一日でかなりの数になるらしい。
神保町の古本屋で見かけたって情報が学校に入ったそうですけれど
卒業生が売ったってことなのかしら?
なんだか、嫌な気持ちになります。

刑事さんの話だと 家の情報も筒抜けだって言ってましたけれど
いったいどの辺りまで筒抜けなのか 考えただけで恐くなってきました。
危機管理能力はゼロのジロ家ですので これから真剣に考えなければなりません。


2004年11月18日(木) 雨でも元気なジロー



夕方のお散歩時にはかなり雨が降っていました。
いつものように ジロ父と仲良し散歩に出かけるはずだったのに
ジローは「いかない!」と足を踏ん張って外に出ない。
で、ジロ母に行ってくれと父ちゃんが泣きを入れてきた。

なんだなんだ〜、どうした〜!ってジローの顔見たら 
素知らぬ顔してます。
リードを受け取ってドアーを開けると大雨にも係わらず
元気に飛び出した。
あれ〜〜? オイオイ君〜!
グングン歩くこと、雨足が強くなってきたし酒屋さんに
ボジョレーを取りに行って片手には3本のボトルが・・・。
もう、帰ろうよと言ってもノリノリのジローは帰る気は全く無いらしく
先頭きって歩いてます。

雨の日は拾い喰いがしにくいから嫌がるんだって父ちゃんは語ってました。
雨に濡れてビショビショのジローでした。


2004年11月17日(水) オレオレ詐欺再び



今朝、氏神様の境内でくつろぐジローです。
ジローのことを日記に書くつもりでいたのですが、今日再びオレオレ詐欺の
電話がありましたので、そのことを書くことにしました。

前回は10月5日に次男に成りすまして掛かってきましたが、今日は長男の名前を名乗って同じように電話口で泣きながら名前を言いました。
ジロ母は前回で学習をしましたので、今日は冷静に

「声がちがうじゃない〜」

と言い返しました。すると、捨て台詞を言って勝手に切られてしまいました。約1ヶ月の間に2回も・・・、もしかして学校の名簿を見てかけているのではないかと思って 息子達の同級生の家数軒に電話を掛けてみました。
2人の方が電話が掛かってきて一人の方は警察が動いたと言ってその時のことを詳しく話してくださいました。
長男の同級生の親御さんの一人は、「家にも今日掛かってきたわよ」と
仰って今までに3回電話があったそうで、同じ声の人物なので今日は
「あのね、これで3回目だけれど もうやめてね」って言ったそうです。
相手は「3回目?」と不思議そうに語ってでブツブツ言いながら切った
と言うことでした

ジロ母は警察に電話をして報告と次回また電話がかかった時の対策も
聞かせてもらいました。
警察の説明によると詐欺団は 家の家族構成、親の職業、住所など
調べ上げているので 挑発的なことや逆キレするようなことは
一切言わないようにとのことでした。
泥棒に入られた家もあるそうです。
話を聞いて恐くなってきましたよ・・・。
私は名簿のことも聞いたのですけれど、地域で数十件立て続けに電話が
架かることが多いと言ってましたので どこからか情報が流れているとのことです。

皆さんに用心していただく為に息子の同級生の家が遭ったある一件の
オレオレ詐欺のことがあまりにも恐い手口でしたので、参考のために
お話したいと思います。

<オレオレ詐欺恐喝編>
その家は自営業です。
3人の男の子が居て、長男と次男は社会人 三男が大学生です。
三男に成りすまして「○○だけど、今事務所に連れてこられて・・・」
と言って泣きながら電話をしてきました。
事務所の人間に代わり電話口で
「山○組の松○だ。お宅の○○を可愛がってるよ」
とその筋の事務所に連れてきていることをほのめかし
息子が赤信号で止まらずに その筋の車に傷をつけたと話しました。
終始恐い話しかたで 息子の名前、生年月日を言って免許証を取り上げて
読み上げているかのように感じました。
お金を貰わないと息子は返せないどうしてくれると凄まれ、母親はパニックになりどう対応して良いか分からなくなってしまいました。
丁度、父親が仕事中だったので電話に代わってもらいその間に
家のすぐ裏にある警察署に連絡をしてすぐに刑事さんが飛んで来ました。
15分後に300万円を口座に振り込むように指示されたのを父親が
時間引き延ばしをして30分待ってくれるようにと頼んだら30分後に
振込み口座を指定する電話をすると言って切りました。
その間、大学生の息子に連絡が付かず大学に電話をして事情をはなして
呼び出しを頼みましたが、大学側は怪しんで拒否をしました。
仕方ないので警察から連絡をしてもらいようやく本人を呼び出してもらい
安全であることを確認し ここで初めて詐欺であることが分かりました。

30分後に電話が掛かってきました。
しかし、警察は出ないように指示をしました。
なぜかと言うと、捕まえてやりたいけれど相手は黒幕が居て組織で
行なっているのでパシリ程度の人間しか捕まえられないのと 被害に遭った
家族の安全の為に これ以上の関わりはしないほうが良いと言いました。
家の職業や子供のこともかなり調べ上げているので 注意をするように
言われて その後母親は精神的に不安定になり回復するのに時間がかかりました。

以上のことを参考までにと言って聞かせてくださいましたが 本当に
恐かったし 恐怖心が取れなくて寝ていてもちょっとした音で目が覚めて
しまったと言っておられました。
悪質な奴がいます。どうぞ皆様もこういった電話がかかったら
充分気をつけて対応なさってください。


 


2004年11月16日(火) 少し変化が見られます



今朝のジローです。
冬毛がうっすら体を覆っているので 肥ったように見えます。
見えるだけでなくて 少し肥ったのではないかとマッサージしていて
感じます。 これ以上肥らせないように気をつけなければ〜。

悪戯したり悪さをしたりしているジローですが、少し変化もみられます。
夜、ご飯を届ける時 階段を下りるジロ母の足音を聞きつけると
我慢出来なくなって

「ヒンヒン〜」「キャンキャン!」

と甲高い声で鳴き、
ドアーを手でバンバン叩くのですが ここ数日は 大人しく待っているのでジロ母心配になっていました。
朝散歩の時も鍵を開ける時、鳴いて待っていたのが これまた大人しく
しているので 具合でも悪いのかと心配になっていました。
観察していると食べることにもいくらか大人しく我慢して待つことができるように成ってきたらしいので大きな一歩のような気がします。
ガツガツしていた感じが少し取れてきたような。
でも、他所様のお行儀のよいワンコと比べたらまだまだお恥ずかしい
ジローですけれど。


2004年11月15日(月) カルシュウム摂取



ジローの手作りご飯で気をつけているのがカルシュウム。
フードを使っていないので 一番気になるところです。
生肉や骨付き肉が一番摂取しやすいと思うのですが
肉の量ははあまり増やせないので(太るから)その他の食材で
補いたいです。
骨付き肉を毎日与えられないので、代わりに卵の殻を与えることを
教わりました。
先ず、使った卵の殻を取って置いて オーブンで180℃ 10分ほど
焼き 砕きます。 細かく砕いた殻のカルシュウムは小さじ1杯で
1800mg(卵1個分)に相当します。
それに焼くことで市販の卵に塗ってある鉱物油も落とせるそうなので
手軽にカルシュウム補助食が作れます。
新鮮な緑黄色野菜と共にちょっと手を加えてカルシュウム摂取を
してみたいと思います。


2004年11月14日(日) 日本のボージョレーヌーボー



11月18日は今年のボージョレーヌーボー解禁日です。
一足早く、ジロ家には甲州ヌーボーが届きました。
山梨県が誇る国産新酒、甘口だそうです。

お寿司にピッタリ合うそうですのでワインを飲みながら
お寿司をつまむ・・・なんだか贅沢な味わいを楽しみにしています。

そうそう、今日は嬉しいことがありました。
朝○新聞のスクープ、紀宮様のご結婚が決まられたそうです。
ちょっと婚期を逃されたのかしらなどと失礼なことを思っていましたが
誠実そうで立派な方と恋愛結婚をされると知って なかなかお目が高い
宮様だったのだと驚きました。
嫌な出来事ばかりでしたので 明るい灯火が灯ったようで嬉しいです。
おめでとうございます。


2004年11月13日(土) ジロ母神谷バーへ行く

浅草にある「神谷バー」へ一度行ってみたかった。
小さい頃は父に手を引かれて てんぷら屋、けとばし屋、どじょう屋には
連れて行ってもらいましたけれど、神谷バーだけは子供連れではまずかったのでしょうね。一度も入ったことがありませんでした。
浅草へ行く度に「入ってみたいな〜」って思っていましたが
飲める人と一緒でなくては とても付き合ってもらえないですから。

今日は息子の幼馴染のお母さんとちょっとした用事を兼ねて
久しぶりに会いました。
浅草の「神谷バー」へは彼女も行きたい所だと話していましたから
用事が済んで、即 浅草交差点角の「神谷バー」へ。



入店するとボーイさんが
「お席の確保を」と言いました。
言っている意味が理解できなくて ぼーーっと立っていると 再び
「お席の確保をしてください」と言われて・・・恥ずかしながら私達は
説明を求めました。

「ご自分で席を見つけて確保してください。それからチケットを買って
お席の上に置いてボーイに渡してください」

ここでようやくこの店の仕来りがわかりました。
満席なんですよ。 店内を歩き回りながら 空きそうなテーブルに近づき
待つか、空いた瞬間を目ざとく見つけ 速攻着席をする。
店内に入った瞬間から ボーイさんは一切お席の誘導は致しません。
自らの責任と気合が必要なんだわ〜
なんて思いながら席探しをしました。

あった!相席だけど2席空いてる。
友人が 「行こう!」って言って足早に狭い通路を行きました。

「相席させていただけますか?」

とお聞きしたらどうぞどうぞと言ってくれて着席しました。
お隣の男性お二人さんは親切に注文の仕方、お酒の飲み方などを
教えてくださって「電気ブラン」を飲むべきと仰いました。
私達は「電気ブラン」と生ビールを頼んでまずはこんな感じで。


昔は「電気ブラン」と水で酔いを誘う飲み方をしたらしいんですよ。


先ず乾杯して、「電気ブラン」を飲んでみると 
ん?
薬草酒のような感じでそう強くない
生ビール、電気ブラン、水 の順で飲みました。


おつまみもテーブルに乗り切れないくらい素人丸出しで
クスクス笑われてしまいましたけれど
美味しいんだわ〜。


職人さんが仕事帰りにちょっと寄って、サッと帰る
酒飲み師が沢山いる飲み屋って感じです。独特の雰囲気でしたが 
友人もジロ母もいたく気に入りましてね。
次回を楽しみにしてしまいました。




2004年11月12日(金) 脱走癖犬



今日は朝から雨です。
(写真は本日のものではありません)

判決も確定して、飼い主ホッとしております。
今回の事件のお陰で 分かったこともありましてね。
あの時のあれはそういうことだったのか・・・ってなことがありました。

夏にジローは関節手術を受けました。
そのときに 新しいリードを首輪に着けて病院へ預けました。
手術が終わってお迎えに行った時 真新しいはずのリードがボロボロになっていたので 飼い主不思議な気持ちでおりました。
時々そのことが気になって 所々に切り裂いた傷がなんで出来たのか
知りたいと思い次回病院へ行ったらお聞きして見ようと思っていました。

先住猫のシロが通院しているので 受付のお姉さんにそれとなく 尋ねてみましたら 手術前か後か・・・ジローは脱走を企てたようなのです。
足腰は麻酔で麻痺していますから もちろん立ち上がって動くことは
出来ません。しかし、頭はしっかりしているので 繋いだリードをカジカジして喰い切ろうとしたようですけれど 見張りの先生も巡回していますから
食いきる事は出来なかったそうです。
お聞きしたその時はさほど気にもせずにいたのですが 今回の金具外しが発覚してから ジローは脱走を試みる犬だってことが分かり 
要注意な犬だと初めて知るところとなりました。

家の中ですと食べ物を探して盗み喰いだけですが、家以外の場所では
相当気をつけないと 本物の脱走犯になるってこと飼い主肝に銘じて
いかなけりゃなりませんです。


2004年11月11日(木) 判決

被疑犬ジローのスピード判決が確定しました。

被疑犬甲斐犬ジローの判決主文を読み上げます。
被疑犬ジロー、しっかり聴いていなさい。いいですか。


             ヘイ! ようがす。(シンミョ〜)

被疑犬ジローは11月・・・・!!!オイオイ、聴いてるかね。
君、態度が悪いよ。起きなさい!


被疑犬ジロー・・・あっしは、長いものが苦手でね。 主文って聴いただけで眠くなってきやした。

被疑犬ジロー! しょうがないな!主文、判決文を端折って判決を下す!
金具外し及び事務所内の荒らし及び盗み喰いの罪状を認めたが
口が堅く犬業機密を体を張って守り、これ以上の自白は強要出来ないと
認めた。また、ニャンニャン嘆願書も6通届き その内容をみると
被疑犬は猫に優しいとの事 よってここに執行猶予付きの判決を決定いたします。

判決・・・・午前中フェンス内に繋留とする。 
      早速本日から執行いたします。


           誰だ! フォーカスしてるの!

         やってらんねぇな〜。 あくびが出るぜぃ。

           ブツブツ。。。。、グーグー。。。。

こうして、被疑犬ジローは執行猶予付きの温情判決をしていただきました。
本犬は身にしみているのでしょうか?


2004年11月10日(水) ジロ母の好きな写真



今日もお日様がポカポカ、気持ち良いので日向ぼっこのつもりで

近くの銀行までジローを連れていきました。

時間にして10分弱、あちこち寄り道しながら着きました。

「ここで、待っててね。良い子にしてるのよ。」

と言ってジロ母は銀行の中へ。

順番がくるまでガラスのドアー越しに観察しながら待っていました。

以前にもこんな感じの日記を書きましたが、

今日のジローはちょっと雰囲気が違って見えました。

親の欲目かもしれませんが

落ち着いて微動だにせずジロ母が入った自動ドアーを見続けている姿が

ちょっと大人の雰囲気をかもし出しているように感じられました。

時として悪漢金具外し犬となり 時として大人の犬になり 

時として優しい犬になり ジローは飼い主にとって豊かな犬でございます。






2004年11月09日(火) 実況検証2

今日はチェーンチョークをどの様にまたなんで外したのか
被疑犬に聞きます。

君はお父さんと朝散歩から帰り首輪を替えてもらって繋ぎ直しを
して貰いましたね? お父さんは君を繋いだ後 事務所で少しの時間
仕事をしていたけれど”コトリ”とも音はしなかったと言っていますよ。
ジローは寝ていると思ったと言ってました。
君・・・どうかね?

 被疑犬ジロー・・・へい! 確かに父ちゃんはあっしをしっかり繋ぎ
          直ししてましたぜ。
          慎重な人なので外れないように何度も確認して
          さすがだ父ちゃんは。
          あっしは父ちゃんが事務所で仕事をしている間 
          まったりしていましたさ。        
          いつの間にか事務所も静かになって
          あぁ、誰も居なくなったんだと思ったら昨日試した
          金具外しの復習をしたくなったのさ。


          ,海里弔泙澆魄いて外したんだろう?

    被疑犬ジロー・・・へい!おっしゃる通り外しやしたよ。
          
        

△海離船А璽鵑魃笋个垢鳩の口に届きカジカジして外すことが出来る。どの様に外したのかね?歯をどの様に使ったのかね?

被疑犬ジロー・・・外し方? とんでもない そんなこと言えますかい。
        企業にも秘密ってものがあるじゃあないですか。
        わしら犬にも犬業機密ってものがありやしてね。
        歯だけじゃぁないですぜぃ、この器用な手先指先を見て
        おくんなせい。

      あっしら、甲斐犬はちっこいボタンやスイッチを
         見るとぽちっと押したくなるんでさぁ。
         仲間のBebe女将はピカピカ首輪のスイッチを
         倹約のため切りますし、甲斐お嬢はお釜の蓋を
         ポチッと押し開け自ら食べますぜぃ。

         知り合いのチョコラブのチョコっていう若い衆は
         網戸潜り貫けに金具外しをした挙句、体内に
         金具の一部を隠したらしいですぜ。
         決して機密を明かさないのが仁義でね。

 
ジロー被疑犬・・・お、お止めくだされ〜! そんな乱暴な!
         歯を見せろって? なにも隠しておりません。

なかなかしぶとい奴だ。今日のところは この辺で止めておこう。
今度また、仕出かしたら査察が入るので覚悟をしておくように。

ジロー被疑犬・・・ヘイ! 分かりやした。(参った参った、疲れた。)


                



2004年11月08日(月) 実況検証1

昨日の牢名主ジロー首輪抜け事件の実地検証ならぬ実況検証を
いたします。

被疑犬ジロー・・・・甲斐犬9才 山梨県生まれ。
           職業 番犬
           住所 東京の隅田川近く

被疑犬ジローは11月7日午前8時から午後12時30分の間に
番犬仕事を忘れ 新しい半チョーカーにつけられたリードの
金具を犬歯と前歯を使い外した疑い。
外れたことをいいことに 事務所の引き戸を開けて 遊びまわり
いつも猫パンチでやられている事務所猫の「空ちゃん」を追い出し
食べ物を探し 暴れ回り 盗み喰いをした疑い。

以上の出来事を検証していきたいと思います。


|秧Г離疋◆爾ら飼い主のジロ母が入ったときの状況。
リードは綺麗に置かれてまるで人間が外したように見えた。
この時、ジローはワンとも言わず 静寂が漂っていたので
飼い主はジローが誘拐されたと思った。


店の中の通路。外の商品を休日は中に仕舞うので通路は狭いが
犬にとってはらくらく動ける。 この通路の左に事務所が・・・。
きみきみ、こんな風にぐびぐび行ったのかい。
      被疑犬・・・へい!行きやしたとも。


I畸覆魯團織辰畔弔瓩討△觧務所の引き戸。
君、ここを開けたのだね? どの様に開けたか説明しなさい。
   被疑犬・・・へい!わかりやした。


と鏥晋ぁΑΑΔい弔盒婆さんがここの引き戸を開けているのをあっしは観察してましたよ。先ず、前足の爪を引っ掛けて少し開ける。 その次
マズルでこじ開けて その次は体で開けるんでやんすよ。
3秒仕事ってとこですな。


テ颪覆入室した被疑犬は事務所内の屑篭を荒らし 棚に置いてあったカップ麺を床に落とした。
君、他になにを探し出したのか説明しなさい。
   被疑犬・・・へい!カップ麺は何処にあるか知っておりやしたよ。
         棚に置いたって、あっしは甲斐犬ですからねぇ。
         ジャンプは得意中の得意。以前にも机の上に上がった
         実績があるのお忘れですかい。
         社長席後ろの書庫の引き戸には CCレモン飴や
         おつまみ豆なんかあるってーのもちゃ〜んとリサーチ
         しておりやすよ。社員皆様の動きや性格もあっしは
         把握してますからねぇ。

なるほど、起こるべくして起きた用意周到な被疑犬であります。
本日はここまでですが 引き続き チョーカー金具外しの検証も
行なう予定です。      


2004年11月07日(日) 盛りだくさんの一日

今日は朝からジロ家は 「お間抜け事件」連続勃発でございました。
語れば長い長い出来事です。



                    シロちゃん


                    イチローくん
この写真で
誰が見ても違いは分かりますよね。
白ときじとら・・・しかし、飼い主取り違えて病院へ行きました。
バスケットから出して獣医さんが

「は〜い、イチローくん」と声かけをした時

エッツ?イチローじゃないと気付きました。
助手の方も「あれ〜?」と思ったそうです。
あぶら汗タラ〜リ、大急ぎでシロをバスケットに追い入れて
チャリンコのペダルを猛スピードで漕いで帰り
シロとイチローを入れ替える。

何故こんなアホミスをしたかと言うと
現在ジロ家のワンニャンは3匹病院通いをしています。
甲斐犬ジローと猫のシロは「A病院」
猫のイチローは「B病院」と病気の程度で通い分けをしています。
イチローは膀胱炎のため昨日から点滴を「B病院」で受けています。
今日は午前中に連れて来るように言われていたので
ジロ父がシロをバスケットに入れました。
ーーーーこの時点で思い違いをしていたーーーーーー

シロはちょいと重病猫なので、通院頻度が多いため病院と聞くと
ジロ父は反射的に「シロ」と思いこんだようです。
ジロ母は受け取ったバスケットに当然イチローが入っているものと思い
確認をせずに自転車のカゴに乗せて病院へ向かいました。
待合室でワンコと鼻突き合わせているのに気付かなかったジロ母も
かなりの大ボケでございます。
無事に点滴も終わり頭をさげて病院を後にしましたが
チャリンコで2往復をしたため汗ダラダラでございました。

ここからが、2つ目の大事件。
午後になって、今度はジローの様子を見に通路の鍵を開けて
入りました。 ところが、ジローが居ません。
リードの金具を人間が外した状態になっていました。

「ジロー!」と呼びながら事務所に向かうとデカイ顔がにゅうっと
出てきました。


事務所の床はカップ麺が散らばり、作業台の上の物は床に落とされ
屑篭の中のゴミはぶちまけてあり 引き戸を開けて 食べ物を探したようだ。写真はジロ母が清掃をした後に映しましたので、まだマシです。

ミニカップ麺2こ、ビタミンC飴数個、おつまみえんどう豆の袋が
噛み千切られて空っぽになっていました。
ビタミンCを補給したところが笑えましたが、悪いことをしたって
分かっているようで動きが不自然でした。
首輪を持って、いつもの場所へ連れ戻した時
ふと思いました。
誰が、外したの?

                    これが

                    こうなっていた。

半チョーカーを昨日から着けているのですが(洋服をお散歩時に着せているためハーネスは着けられないので)
左のリードに付いている金具のベロをジローは歯で外したようなのです。
そんなバカな・・・とジロ父は言いましたが
実は昨日も 金具が外れているのをジロ母目撃しまして
てっきり自分が金具を掛け忘れていたと思い込んでいました。

金具のベロがあまくなっていたのかと調べてみましたが
他の金具と同じで壊れていたわけではありません。
今日は休日で人の出入りもありませんし 考えられることは
ジローが半チョーカーのチェーンの緩みを利用して
歯で開けたものではと思われます。
首輪に名札を着けると今まで片っ端から噛み砕いていましたので
散歩から帰ると必ず外していましたが、まさか金具を外すとは
思っていませんでした。

今までにも想像だにしないことをしてくれていましたから
飼い主の油断だったと反省しています。
冷蔵庫を開けなくて本当に良かったと思いました。
以前、自宅に居た時には冷蔵庫を開けて牛乳を取り出したことが
ありましたので お店の冷蔵庫を開ける前に気付くことができて
胸を撫で下ろしました。

このカップ麺を2こ食べたってことは175kca×2ってこと。
舐めたら塩分が凄かったので 体は大丈夫だろうかと心配になり
絶食をさせようか否か話し合って居るうちに甲斐犬飼い先輩宅に
お電話までしてしまいました。
様子を見てみることにしていますが、夜散歩時はお腹は大丈夫でしたし
元気もありましたけれど・・・。

明日、チョーカーを着けて検証をする予定です。
長々とした話ですみませんでした。






2004年11月06日(土) 優しいはなちゃん



                微妙な距離。
         向こうに見えるのは黒柴の「はなちゃん」3才。
           とっても優しくて遊ばせ上手な女の子。
    ジローがワン友がいないこと 遊び方がわからないと分かると
         さりげな〜く近づき ジローが後ずさりすると
       それ以上は近づかず距離を保ち暖かく見守る・・・・。


        暫くこんな風にジローが慣れるのを待ってくれて
            ワンコの鏡みたいなレディーです。
           遊ばせ上手で器のでっかいはなちゃん
           今後ともジローを宜しくおねがいします。


   冬の防寒、防腰痛対策の為 Tシャツを着てお散歩をしましたが
  結構気に入っているようで 嫌がりもせず嬉しそうにしていました。
    朝散歩時と夜の冷え込みがきつい日に着せようと思っています。
      本当はルーズソックスも履かせたいのだけれど・・・・。


2004年11月05日(金) ゆったりしたり びっくりしたり

            今朝はお日様を浴びて
       ジローはゆったりと公園の土の上でくつろぎました。
         珍しいな〜、ジローがこんな恰好するの。
           可笑しいと思われるでしょうけれど 
          ジローは外でくつろぐことはしません。
  せいぜいお座りまでですから、伏せて毛づくろいをし始めた時は
            プチ感動ものでした。
       このようなのんびりジローは初めて見ました。











      レンズから見るジローの顔が可愛らしくて・・・。

            午後の出来事です
お客様が入ってこられた時、ちょっとドスをきかせてワンワンしました。
      そのお客様はジローに負けないくらいの迫力で

      「だまれーーーーっ! 吠えるなーーーーっ!」

    吠えてる途中に吠えられた感じでジローは慌てて吠えを止め
             お座りしました。
         すみません・・・とジローはうな垂れて
           帰るまで 吠えませんでした。
 そのお客様、犬飼いさんですが犬はこれくらいしなきゃ舐められるよ
             と仰っていました。
     この次来店の時、ジローはどういう態度でいるだろうか?
               興味津々です。
    この後、ジロ母は黙ってジローをブラッシングしてやりました。


2004年11月04日(木) ジローのお宝



      このするめは今朝ジローがゲットしたお宝です。

      吐かせて取り上げるまでのドラマがありましてね。

       持ち帰って捨てる前に記念撮影をしました。


   ジローの散歩の楽しみの一つは多分「拾い喰い」でしょう。

  はと、すずめ、バッタ、カマキリ、うさぎ などの生きた獲物は

            決して口にしません。

         臭いを嗅ぐと後ずさりして避けます。

        しかし、ラーメン屋のゴミ袋から出た豚骨や

          植え込みに落ちたパン、おむすび

       はたまたネズミやもぐら、小鳥の死骸を見つけると

          素早く口に銜え飲み込んでしまいます。

  今まで、飲み込ませないように吐き出させる事は至難の技でした。

    このするめをゲットした時ジロ母は気付かなかったのですが

            ジロー特有の動きで気付き 

            慌てて”いけない!”と叫び

    ジローの口に手をかけて「あ〜〜んして!」と言いました。

      歯でしっかり何か押さえていることが分かりましたが

       「あ〜〜んして!」と言うと力を一瞬抜きました。

           しかし、またグッと噛み締めます。

         ジロ母とジローの綱引きのはじまりです。

        暫く綱引きをしているとブツが顔を出しました。

          この瞬間が正直ジロ母恐いのです。

      ネズミの足なんぞ出てきたら卒倒しそうなの〜〜。

           見えた見えた、なんの足だ?? 

             干からびてる〜!!! 

              するめの足だ! 

    ジローはまだ諦めないで ジロ母が諦める瞬間を狙っています。

     するめを噛み締めながらジロ母の眼をジットみている

            半分ほど出たときに

       「ジロー、良い子だね〜〜 ダセーーーーーッ!」

          と言って口を両手でこじ開けました。

          すると、”ポトリ” 落としました。

               諦めたようです。

           すかさず、ご褒美おやつを上げてヨシヨシ

    なんだかちっこくって しょぼいご褒美だなって顔しながらも

            尻尾振って喜んでいました。

      こういう時素直に口を開けさせるようになったことが

           進歩だと感慨に耽るジロ母です。






2004年11月03日(水) 新酒ワインまつり



11月2日、3日は日比谷公園で 山梨県のワイナリーが集まって

       「新酒ワインまつり」が開催されています。

前回日比谷公園へ行った時にチラシを頂いたので楽しみにしていました。


         ジローを連れて行ってきましたが
     物凄い人出で傍まで行き着けないくらいの大盛況でした。
        来ている方は皆さん手作りおつまみ持参で
        フランスパン、シチュー、チーズ、ペンネなど 
     本格的なお料理を沢山持ち込んでいるのでビックリしました。

     敷物を敷いて500円での試飲を楽しみながらおつまみを頂き
      語り合う人達の間をジローを連れて歩くのは危険でしたので
          公園を散歩して帰ることになりました。

       食べ物の臭いが漂っている中を通り抜けるのに
                ジローは
   やきとりを銜えそうになったり、パンをパクリと行きそうになったり
     食事をしている所へグビグビ引いていくので危なかったです。
     このような所でもしもリードから離れるようなことが起きたら
            裁判沙汰になるなと思いました。


          ジローを公園の奥に連れて行きました。
       ここは日比谷の杜 静かでさっきの喧騒はウソのよう


             池の周りで 遊ぶジロー


         菊花展やらんちゅう展も開催していました。
       土の上を歩くのは久しぶりだしお日様にあたるのも
          ここ最近雨続きで出来ませんでしたから
          今日は1週間分の日を浴びたようです。

 


2004年11月02日(火) テンションが高い日

   ジロ母は昨晩頭痛と節々に痛みがあったので早めに休みまして

           今朝は起きるのも もたもたして

      いつもより階下の事務所へ下りるのが大幅に遅れました。


          鍵を開けてジローの元へ行きました。

          なんと 運ちゃんがお布団の上に〜。

          散歩前にお漏らしは初めてのことです。

       お腹がゆるくて、お散歩中も2回ゆるゆるが出ました。

        どうしたのかな〜と前日のご飯を思い起こす

             けれど分からない・・・

        ここのところご飯量の多い日が続いていたので

        もしかして胃腸が疲れていたのかもしれません。

   ジロ父と二人で今晩は絶食だねって決めました。・・・その時は。



    日中、ガラス戸の向こうを犬が通ったと言ってはワンワン〜

      バイクの郵便屋さんが通ったと言ってはガウガウッウ〜

   ガス検診のお姉さんがお店に入って来たと言ってはワンワン

         お客さんが入って来たと言っては一吠えワン!

        写真のようにガラス戸の向こうを睨んでいました。

   たまに今日のようにテンションが高く 気合が入る日があります。

    あんまり真剣に番犬しているのでタオルを首に巻いてやりました。



           絶食の予定だったのですけれど・・・

      ついこの間 絶食したばかりだし可哀想な気がするって

      ジロ父が言い出して 結局少しだけおかゆを与えました。





2004年11月01日(月) 虎毛と落ち葉のコラボ



  今朝はジローの体をよーーーく撫で 足腰は手の平でまんべんなく

        マッサージを施してから散歩に出ました。

              雨も途中で上がり 

         20分ほどのお散歩があっという間でした。

           落ち葉の上を虎毛のジローが歩くと 

           とても綺麗で見とれてしまいました。


            ジロー君、綺麗だね〜〜って言うと

             振り向いて急ぎ足で前に進みます。

           テカテカ光る毛皮と濡れた落ち葉・・・・

              う〜〜〜ん芸術だーーー!

         おバカな飼い主とのお散歩は恥ずかしいようです




ジローの母さん |MAILHomePage

My追加