新古今東西お笑い見聞録



OAバトルチャンピオン大会セミファイナル

2003年03月22日(土)

お待たせしました。
OAバトルチャンピオン大会セミファイナル△任后
今回は結果にあまり納得していないので辛口になるかもしれませんが
私的見解なのでご了承下さい。

テツandトモ
今大人気のこのコンビですがネタは相変わらずです。
定番で安心できるといえるのですが、正直これだけ同じものを見せられると
飽きが出てきます。
しかし吉本新喜劇のような予定調和の定番劇と
考えると受けるのもわかる気はします。
またネタの内容を書いていくと、発想はいいとは言えず
まぁどこにでもあるあるあるもので得に強調することはなく
嘉門達男氏の「小市民」の焼き直しといえば
それまでというかんじでいつ次のステップに移れるかが今後の課題だと
感じます。
今絶頂期だと思うので今の内にどれだけ稼げるかだと思います。
数年後の「あの人は今」が楽しみといったところです。

チャイルドマシーン
このコンビの良さはツッコミにあります。
ボケを打ち消さず上手くフォローして、聞き手に説明という感じを
全く与えない流れに乗ったツッコミであることです。
今回に関してはネタがありきたりで今まで演じられてきたものと比べて
強調すべきことが得になかったところが今ひとつ面白さに繋がらなかった
要因なような気がします。
この手のネタは使い古されているので今までのもの以上の
発想力を発揮しないと難しいのですが、今回は所々片鱗は見せるものの
大きく上回っているものはなかった気がします。

まぁ後半に行くにつれて乗ってきたのか面白くなってきたものの
落ちがいまいち読める落ちだっただけに残念だったようなきもします。
あの落ちにするのならそこへ繋げるストーリーをもうちょっと
考えたほうが落語のように上手く下げられたような気はします。
今後の努力に期待といったところでしょうか。

麒麟
素晴らしいです。
最近10分のネタでも安定感は感じるものの面白いとあまり感じなかったのですが
今回のは非常に良くまとまっていて笑いどころも多く
間もテンポも良かったと思います。
麒麟の良さは繋がりの自然さにあると思います。
ネタ中に2つの話題を必ずいれるのですがこの2つのネタ毎回組合せが違います。
この繋がりが非常に自然で毎回この話題から何に繋がるのか
楽しみにしながら見ることが出来ます。
そして最後の落ちの上手さは目を見張るものがあり
今回点数には結び付かなかったですが今の調子で行けば
十分世に残る漫才師になるはずです。

フットボールアワー
今回のネタは昨年末からやっているネタだと思うのですが
後半の話題ははじめて見たときに、らしくない荒いネタだなぁと思ったもので
今回は正直どのくらい点数が取れるかと心配になった部分があります。
結果は納得ができないほどの低い得点だったのですが
この手のネタは口調が受け入れられなければ笑いにまったく繋がらないので
今回は悪いほうへ、悪いほうへ出てしまったというところでしょうか。
構成もテンポも間もよかったのですが最後落ちが弱かったのが
まずかったようなきもします。
それにしてもファイナルに行けるくらいの出来だったとは思うのですが
何が原因だったのでしょうか・・・。

エレキコミック
このコンビの面白さが全くわかりません。
今回のネタもポイントのずれまくった笑いと言ってしまえばそれまでで
ボケもツッコミも見所がありません。
間も悪ければテンポも悪い、そのためにダレてくる。
いったんダレてしまうと次にどれだけ面白いことをしても
笑いに繋がりにくくなります。
落ちも非常に中途半端で終始笑いどころがなかったと思います。

飛石連休
今まで非常に評価してきているのですが、最近はどうもパターンが
固まってきて面白さがなくなってきているような気がします。
このコンビはじめて見たときに関西で天才と呼ばれた
ティーアップに非常に似ていると感じました。
今もそうなのですが、ベクトルをつかませないボケと
出し入れの上手いツッコミが緩やかな中にテンポを作り面白さにつなげています。
今回に関してはネタがありきたり過ぎてもっとボケを突拍子もないものにした方が
良かったような気はするのですが、後半に入ってまとまりも出てきて
落ちに繋げる上手さは出てきたような気がします。
ただこの系統のネタかと思ってしまったのがいまいち大きく笑えなかった
要因ではないでしょうか。

チュートリアル
相変わらずです。
漫才をすると安定して面白いのですが、ネタがいまいち幼稚なときが多々あります。
もともとボケが弱くツッコミで笑いを取るタイプなので
どれだけテンポを良くできるかで変わってきます。
今回のネタはネタ自身で笑わせたというよりもイレギュラーの
アドリブの部分が非常に面白かったような気はするのですが
全体的にまとまっていたと思います。
終盤いい加減になってくるのはいつものことなのですが
もう少し落ちを腰の据わったものにすればもっと面白くなるはずです。

アンジャッシュ
安物の青春ドラマといったところでしょうか。
無理にボケとツッコミという携帯を作らずにシチュエーションで
笑いを取るコントという感じなのでしょうが、そのシチュエーションも
いまいちなので笑いには遠かったと思います。
落ちになる部分も全て何が起こるか読めてしまうので
その点でも面白くなかったと言えます。
ただひとつひとつのストーリーは上手く構成されていたので
これで面白い話しが書けたらいいコントグループになるのですが
残念ながら発想が乏しいようでお笑いとしては今ひとつです。

ペナルティ
ワッキーのコスチュームを逆手に取った良いネタだったと思います。
発想は毎回非常に良く今回も「なかなか」と思わせる発想だったと思います。
中身も面白かったのですがもう少しドタバタと翻弄されるものに
しあがっていればもっと笑いに繋がると思ったところが残念だったのですが
このネタが5分ではなく10分で見られるのなら見てみたいと思いました。
毎回ペナルティのネタは構成が上手く落ちへの流れが
しっかりできており、きちんと伏線も張られています。
その構成を崩さずワッキーの芸達者ぶりも発揮し
アドリブも入れられるのは笑いを良く勉強している結果ではないでしょうか。
今回どういうわけかあまり点は入りませんでしたが私ならボールを入れていました。

スピードワゴン
今回も評価を下げる漫才でした。正直全く面白いと思いませんでした。
理由はテレビの前で先にボケられる発想の乏しさと
テレビの前のツッコミのほうが面白いというツッコミの下手さだと思います。
ネタ的にはM-1の焼きなおしのようなものでしたが
中身のボケも全て読め更にスケールダウンしていたように感じました。
M-1のときが比較的上手くまとまっていると思っただけに
今回のは全く面白さを感じることができませんでした。
今回の問題はボケるまでの時間が長すぎてボケを読めた相手に
先に言わせる時間を作ってしまったというところにあります。
そして落ちも中途半端でいつの間にか終ったような尻切れの感じがありました。
まぁどっちにしろ面白くはなかったです。

さて総評ですが全体的に低レベルだったのではないかと思うのですが
芸人のレベルが低かったのか、客のレベルが低かったのか
まぁファイナル進出者は人気という知名度ではなく実力でつかんだものと
思っているのでがんばってもらいたいものです。

さて今日は決勝がOAされるのですがハリガネが防衛するはずです。
見なくても結果はわかるのですがひとつでもハリガネの牙城を崩せるのではないかと
思えるネタが出てくることを期待しながら見たいと思います。

あとイラク攻撃でつぶれないことを祈りながら・・・。






↑エンピツ投票ボタン

My追加

この日記を読まれる皆さんへ


 < 過去  INDEX  未来 >


ご意見ご感想、リクエストはこちらからメール下さい
PCに関する日記も書いてます
おおかみ
引越し前からの合計のカウンタです
本日は番目のアクセスです。
また昨日は人のご来場者がありました

My追加


古今東西お笑い見聞録が携帯用メルマガで復活します。 登録は下から!
Email:
Email:
お世話になっている企業です。


ホームに戻る