更年期日記
DiaryINDEXpastwill


2009年07月22日(水)

父を殺したい。


2009年07月20日(月) 不穏な朝

今日は朝からきつかった。私は起き抜けの母に不審者と思われて「警察を呼ぶ」などと言われる始末。そうまで言われてカチンと来て、ついきつい言い方をしたら余計に興奮させてしまい、薬を与えようとしても「毒だ」と言って飲んでくれない。とにかく自分を落ち着かせて「ご飯食べてください」と言ったものの、殺されると思っている母は臭いを嗅いだりしていてなかなか食べない。さらに「お茶碗が重い」などとなんくせをつけてくる。が、それを逆手にとり「お茶碗変えてくる」といって、別の茶碗にご飯を盛り、その中に薬を混ぜ込んだ。大成功 ! ! ご飯と一緒に薬を食べてくれた ! ・・とはいえ、今後そういう施設に入れることを本気で考えなきゃいけない時期が来たのかもしれない。

そんなこんなで私自身も動悸と頭痛が治まらないのに、西川史子の婚約会見を見て笑ったりしている。自分がよくわからない。


2009年07月05日(日) 擦り切れそうな日々

最近になって母がうっかりすると徘徊するようになり、気が抜けなくなってしまいました。うちにいてもここはどこか他所の家、私は誰か知らない人と思っていて、一日中家に帰りたいと思っているようです。他人のフリで「迎えに来てくれるまで待っていてください」と何度も言うのだけれど、なかなか納得してくれず、目を離すこともできず、父は全く協力してくれないため、私独り日々擦り切れそうになっています。

先日介護認定をお願いしました。といっても、私はとっくの昔に認定はなされていると思っていたのです。最近でも係りの人が2月に来てくれたばかりで、そうなっていると当然思っていたら、それは税金控除のためだった、というのです。・・・。それなら、認定しておいた方がいいですよ、といって勧めてくれるべきだと思うのに、担当者は何を考えているんでしょう? 認定まで一ヶ月かかると言うので、その間に何かあったら困る、と落ち着かないのです。私の不勉強と父との連携の悪さ、それも大きいのですが、やはり介護福祉士(?)の人に不信感を持ってしまいました。

一年近く、親の介護を中心にした日記を他で書いているけれど、やはりそうはいってもそういうのは少数派なのかあまりアクセスがないんですよね。同じような悩みを持つ人とコミュニケーションできれば少しは違うんでしょうけど、自分から近づけないし、いろいろとコンプレックスの多い私は何かと気が引けてしまい、独り悩むばかりでいます。


yuko |MAILHomePage