更年期日記
DiaryINDEXpastwill


2009年04月30日(木) ハードデイズ〜紅白〜歌の力

このところとてもハードで、病院から安定剤をもらって、それが予想外に効果があって、そのお陰でやっと生きていられるような感じです。で、昨日はおもしろいテレビもなかったので、思い立ってまたも去年の紅白のビデオを見たのです。これがやっぱりおもしろいのです。以前吉本ばななが気分がスッキリしないときは「ジョーズ」のビデオを見ると気持ちがアップする、みたいなことを言っていたのですが、まさに私にとって紅白はそんな感じです。ちょっとずついろいろなオカズが食べられる幕の内弁当&思いがけないお宝に出会える福袋みたいでいいんですよね。やっぱり私は昭和歌謡的なものが好きなので、秋元順子、徳永英明、コーダクミ(当てはまらない?)、氷川きよし、なんかがお気に入りです。それに、ゲスト審査員で来ていた妻夫木聡とご両親の3ショットにとても心が和むんですよ。そしてなんといっても森山直太朗の「生きてることが辛いなら」が好きです。聴くたびにいつも助けられる気がします。CDを買おうかと検討中。

母親の気晴らしにと、氷川きよしのアルバムを2枚買ってみました。夕方4時過ぎがとても危ない時間なのですが、そんなときに氷川くんのCDをかけています。オリジナルは勿論いいのですが、私が聴いたことのない過去のヒット曲が入っていて、母はそれらを知っているようで一緒に歌っています。なんかそれが脳にいいんじゃないかって気がするんですよ。脳の片隅に忘れられていた、古い記憶に繋がる回路が刺激される感じがして。そのせいなのか、今日母は夜まで私の名前を呼んでくれたのです。これ、普通の人にはなんでもないことでしょうが、今の私にはほんとにこれ以上の喜びはないんです。

紅白のビデオを見て憂鬱が吹き飛ぶ私と、古い歌の記憶で脳が活性化される母。「歌の力」ってすごいなと思います。


2009年04月26日(日) 他人事だったはずなのに

どういうことでも、他人事と思っていると自分に降りかかってくる。飲めない私は当然草薙くんのことを他人事と思っていたら、今日、父が地区のお花見に行って大トラになって(男の人4人がかり)帰ってきました。嗚呼・・。今もトイレに入ってうなっています。死ぬとか言いながら。母はもう期待できるわけも無く、もはや一人で面倒見なきゃいけない私。・・・やはり、酔っ払いは犯罪だと思いました。


2009年04月23日(木) 何がそんなに罪なの?

草なぎくんのこと驚きました。でも、あれって逮捕されるようなことなんですか? 注意すればそれで済むことのような気がするのですが。もっと社会の迷惑になっている人は他に大勢いると思います。鳩山大臣が「最低の人間だ」と言っていたけれど、公の場で一個人を最低呼ばわりする無神経さに呆れます。それに、確か鳩山氏は奥さんのエミリーさんとはもともと家庭教師と教え子の仲で、エミリーさんが18歳のときに結婚したのだったと思いますが、私にはこっちの方がよっぽどスケベったらしくワイセツに感じますが、どうですか? 鳩山大臣は熱狂的草薙ファンに殺されればおもしろいと思う。


2009年04月06日(月) 人として一番やってはいけないこと?

中村雅俊の息子さんが大麻で逮捕ってことで、雅俊が「人間として一番やっちゃいけないことを・・」という言い方をしているのを見ました。大麻とか覚醒剤の犯罪に対してよくそういう言い方をする人がいますが、あれが私にはわからないんですよね。大麻覚醒剤所持って、人として一番してはいけないことなんですか? 単純に私には振り込み詐欺とかの方がタチが悪いと思うし、人としてやっちゃいけないことは他のことだと思うんですよね。ああいう言い方をして人を追い詰めるのはよくないと思う。まして親が子に対して言うなんて「私はこんなに厳しく子供を罰する正しい親です」といってその場を繕っている気がして、嫌な感じがしました。


yuko |MAILHomePage